• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

議院内閣制で成功している国

  • 質問No.5514871
  • 閲覧数188
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 36% (657/1802)

議院内閣制である、日本は行政・政治を行う上で今日において様々な弊害(弊害と言ったら語弊があるかもしれませんが・・・)あって日本国家が窮地に陥っているように思えます。
最も大きな問題は行政のトップである首相の権限の弱さ(権限と言うよりもリーダーシップの無さかもしれません。これは個人の問題でもありますが)だと思います。
やはり、アメリカ等の大統領制に比べると行政トップの力の無さが目に付きます。
ここで質問なのですが、議員内閣制を導入している他国ではどんな状況なのでしょうか?
国家を運営するにあたって、弊害がでていないのでしょうか?

よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 41% (4357/10488)

>議院内閣制で成功している国

         ↓

「英国」
詳細は分りませんが、私の漠然としたイメージと我が国の政治家や評論化が成功モデルとして、良く引用・比較検証されますので・・・
しかし、我が国の現状は、政局政争に明け暮れ→民主党&小沢氏は、姿のみ真似て魂&覚悟は入らずである。

クエスチョンタイム・シャドーキャビネット・マニフェスト・小選挙区制etc。

我が国では
名前だけ、形だけのモノマネで、実態はお粗末な曖昧談合政治が跋扈!

*党首会談を逃げまくり
*論功行賞と情実組閣で器量不足・信望欠如の評論家大臣
*公約破りと実質マニュアル頼り<マニフェストから進展発想出来ず>
*おかしな選挙区割りで1票の格差、比例区との重複立候補等の保険?


何でも取り入れ、日本風にアレンジして組み込んで来たのは、日本人の英知・才だが・・・政治・政治資金・民主主義は命と血をかけて獲得、築き上げて来た英国と、敗戦後にアメリカ&進駐軍から、インスタント占領政策のご都合で与えられた頂き物では、ありがたさ・価値感・覚悟が違うのだろう。

真の議会制民主主義・我が国の民主主義を国民・政治家・マスコミ等が
一緒に本気に、憲法も含め、真の平成維新と政治的な開国(国際信頼に耐える公正さ・スピード・情報開示)を合意形成し、目的&責任の共有を、全員で考え、参画し、国の仕組み、ジャッジメントの適切円滑化を模索構築して行かねばならないと思います。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 60% (927/1535)

イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、
ドイツ(大統領はいるが行政権はない)、イタリア(大統領はいるが行政権はない)、スペインス、ウェーデン、デンマーク、
ノルウェー、ベネルクス3国、フィンランド(直接選挙の大統領だが行政権は議会にある)
等々、 議員内閣制の国家はたくさんあります。
行政権が議会の決定に基づくために、行政側と立法が対立することがなく政策が止まってしまうことがありません。

大統領制は行政トップのリーダーシップによる意志決定の早さがありますが、議会の対立が深刻になると、国政が麻痺状態になる危険があります。
そのため、非常事態のための規定が濫用され、憲法を無視して独裁やクーデターの危険性もはらんでいます(ラテンアメリカ諸国で頻発)。

どちらが良いかの比較は難しいと思います。
 

 
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ