• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特許法について

いま大学で特許法について学んでいます。条文を一つひとつ見ていっているのですが、条文の中に[審査]と[審判]というのがあり、その違いがよくわかりません。また、審査は請求すると行われるみたいですが、特許を取得するためには必ず審査請求が必要なのでしょうか。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数98
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

 出願だけして審査請求をしないと特許としては登録されません。期限は忘れましたが、放っておくと「みなし取り下げ」ということになり、出願を取り下げたのと同じことになります。  出願はしたものの、それが登録になるまでの費用、および後々権利を維持するための費用に対して得られる権利の価値が小さいと判断される場合には審査請求をしないでおくという手もあります。また、出願だけして意識的に放っておくとその技術は公知の技術となるので、自己の実施権が確保できるという意味もあります。この場合は排他権はないので他者も実施できることにはなりますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許法 条文の解釈

    細かいところで申し訳ありませんが・・・・ 特許法 第163条(同前)   第48条、第53条及び第54条の規定は、前条の規定による審査に準用する。この場合において、第53条第1項中「第17条の2第1項第三号」とあるのは「第17条の2第1項第三号又は第四号」と、「補正が」とあるのは「補正(同項第三号に掲げる場合にあつては、拒絶査定不服審判の請求前にしたものを除く。)が」と読み替えるものとする。 という条文なのですが、ここでの準用は、拒絶査定不服審判の場合ですので、「拒絶査定不服審判の請求前にしたものを除く」というのは当然で必要ないのではと思うのですが、何故付けているのでしょうか。

  • 特許法164条2項に関して

    特許法164項2項において、「前置審査において、特許査定をしない場合は補正却下の決定をしてはならない」とありますが、これは裏返せば、「特許査定をする場合には、補正却下の決定ができる」ということになりますが、拒絶査定不服審判請求から30日以内に行った補正が却下されるのに、何故、特許査定ということが有り得るのですか?矛盾していませんか?どなたか明快は回答をお待ちしています。

  • 特許取得と特許公開の取り扱い

    達人の皆様、お知恵を貸してください 1)その発明が「特許公開中」の場合、その特許に関連する内容と同じまたは類似するモノを販売することは、特許に抵触しますか?(特許公開までタイムラグがありますよね) 2)特許公開中で、審査請求が出された場合はいかがでしょうか?(特許取得までタイムラグがありますよね) 3)審査請求が通り、特許が取得された場合、取得日以前の販売物について、実施料などの請求はあり得ますでしょうか? 以上、宜しくお願いします

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3456/9590)

特許は出願しただけでは権利として認められず、審査官による審査を通らないと特許権という特権はあたえられません。 そして、この審査は自動的には行われず、出願人から請求されたものだけ審査されます。 特許権を取るための手続 - 特許庁 http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm このような特許の審査・拒絶などについて、特許庁の判断に異論ある場合には、審判を起こすことができます。 例えば、審査で特許にできないと拒絶されたものに対して、それに反論して特許登録を目指す「拒絶査定不服審判」、特許になるべきではないものが登録特許になっているので無効にすべきだという「無効審判」などがあります。 審判請求書等の様式作成見本・書き方集 - 特許庁 http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/sinpan/sinpan2/sample_bill_sinpan.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 よくあるケースを簡単に説明したいと思います。 こちらは特許庁の公式サイトにある図です。 http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/images/tokkyo_f.gif まず、特許出願というのは、特許権を得ることを目的にしない場合があります。 それは、たとえば、自分が出願した特許を公知例とすることにより、他社が同様の特許を出願したときに、その特許を成立させないという意味があります。 こういう手法を「防衛出願」とか呼びます。 そして、自分が出願した特許を本当に成立させたい場合は、審査請求します。もちろん、出願と同時に審査請求するパターンが多いですし、とりあえず出願しておいて、様子見や検討をして後で審査請求する人もいます。 以上が「審査」の説明となります。 >>>特許を取得するためには必ず審査請求が必要なのでしょうか。教えてください。 そのとおりです。 特許が審査されると、9割以上の確率で特許庁から「拒絶理由通知」というものが来ます。 「あなたが特許にしようとしているものは、すでに前例がありますよ。」 ということです。 そこで、出願者は、請求する権利を縮めたりして再度審査してもらいますが、それでもダメだと二度目の拒絶理由通知だったらよいのですが、「拒絶査定」というものが来る場合があります。 拒絶査定が来ても、さらなる抵抗をするには「審判請求」をします。 それが、特許権を得るためのラストチャンスとなります。 特許庁は、審判(審理)をします。 以上が「審判」の説明となります。 ご参考になりましたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許の料金について教えて下さい

    特許庁のHPを見て特許を申請しようとしたところ 以外にも値段がかかることを知りました 1.出願料 2.審査請求料等 3.審判請求 4.特許料・登録料 5.その他の手数料等 6.特許微生物寄託等に係る手数料 この項目全てにお金がかかるのでしょうか? 詳しい方ご教授くださいませ。

  • みなし取り下げになった特許の再出願

    特許の出願を5年前に行い、審査請求をしないまま公開され、みなし取り下げとなりました。 今回この特許内容を元に事業を起こそうと思うのですが、ここで質問です。 ・再度出願し、審査請求は可能なのか?  「みなし取り下げは、再出願の機会を付与するため」との条文があるのですが、これに該当するのでしょうか? ・発明者の不一致に関して 出願時は発明者を2名の連名で行ったのですが、今回そのうちの1名で出願する場合、もう1名に宣誓書をもらえばいいのでしょうか?この宣誓書は法的に効力のある文書である必要があるのでしょうか? ・法的保護 特許としての権利取得が無理な場合、実用新案等他の方法は可能なのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 特許法23条の主体

    弁理士受験生です。 特許法23条の主体についての質問です。 質問1: 特許法5条の主体は「特許庁長官、審判長又は審査官」なのに、 23条3項では、「特許庁長官又は審判長」なのはなぜなのでしょうか。 質問2: 23条3項では「特許庁長官又は審判長」なのに、 1項2項では「特許庁長官又は審判官」なのはなぜなのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 特許について

    平成15年に特許出願(審査請求済み)を行いましたが、未だに登録(認可)されません。 違う特許(平成16年出願)の特許は既に登録されました。こちらは早期審査請求を行 いましたせいか早かったです。 そこで、お聞きしたいのですが早期審査請求は弁理士を通さずとも可能なのでしょうか? 手数料で10万円くらい?要したので、出来ればこちらで行いたいのですが、手続きの 方法などご存知の方おりましたご教授下さい。 ※ 特許出願自体は、弁理士を代理人に出願しております。 宜しくお願い致します。 ※ 代理人に聞くと言う選択し以外で教えて下さい。 宜しくお願いいたします。

  • 特許法の審査前置について質問です。

    拒絶査定不服審判の請求と同時にした補正で、前置審査官が補正を却下し、特許査定をする場合がありますが、却下をして特許査定とはどういう事なのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 特許法69条2項2号の「物」への特許権の効力について

    この規定の解釈は以下で宜しいですか? (1)甲の特許出願S(物Aの発明)の前に、乙の製造した物Aが日本にある場合は、 乙の物Aには甲がその後取得した出願Sによる特許権Pの効力は及ばない。【条文通り】 (2)甲の特許出願S(物Aの発明)の後に乙が物Aを製造し、それが日本にある場合は、 その物Aは甲が特許権P取得後に特許権Pの効力(差止請求/損害賠償請求等)を受ける。【条文の反対解釈】 (3)上記(2)が正だとすると、わざわざ補償金請求権を認める必要もない事になりますが。。。 宜しくお願いいたします。             

  • 特許法 優先権の主張について

     弁理士試験に向けて勉強中の者です。  特許権の国内優先権の措置についてどうしても分からないところがあるので質問させてください。  「先の出願」について優先権を主張して「後の出願」をしたとします。この場合に優先日から1年3ヶ月以内に「後の出願」について審査請求がなされた場合は39条2項(同日に同一の発明があった場合)の適用がなされて「先の出願」と「後の出願」に対して協議命令が出るのでしょうか?  また、最初から審査請求がなされていた「先の出願」について優先権を主張して「後の出願」を主張した場合も同様の協議命令が出るのでしょうか?  まだ、勉強を始めて3ヶ月ですので的はずれの質問をしていたらすいません。分かる方、ご教授願います。  

  • 審査請求していない特許について

    特許を検索できるサイトで、公開特許をいろいろ見てみると、審査請求していないものがかなりありました。 審査請求をして特許が成立したものについては、第三者がその技術を使う時にはロイヤリティが発生すると思うのですが、登録特許でないものについては使い放題なのでしょうか? (審査請求するには費用がかかるため、出願特許全てを審査請求するわけにはいかないとは思うのですが、)そうすると、一つ疑問に思うのですが、審査請求をしないのであれば、最初から出願しないほうが良いのではないのでしょうか? 出願しても審査請求しないということは、自社技術を外部にだだ漏れさせているだけにも思うのですが、、、それとも、他社に先に特許を取られないために、(つばつけということで)とりあえず出願だけはしておくということでしょうか?

  • 特許審査請求のタイミング

    特許の審査請求のタイミングについて教えてください。 絶対的な、有効な特許は、特許公開或いは出願と同時に審査請求を行い、他社から特許使用料を得られることができると思います。 しかし、他社にまねをされない目的なら、世の中の状況を見て判断する、と言う考え方もあり、審査請求料金、特許年金支払いのコストを考え、審査請求期限ぎりぎりまで待つのも良いと思いますが、いかがでしょうか?  大量生産/少量生産で事情は違うと思いますが。

  • 特許法の審判に関する参加人

    初歩的なことかもしれませんが。 特許の審判において、請求人と被請求人は、それぞれ、訴える人と、訴えらえれた人だと思うのですが、参加人ってなんでしょうか。 たとえば、特許無効審判の参加人て、どんな目的で参加を申請するものなのでしょうか。 知ってる人お願いします。

専門家に質問してみよう