• 締切済み
  • 困ってます

位相の問題が分かりません。

次の問題をどなたか解いていただけないでしょうか? 特にRにユークリッド空間として通常の位相を入れた場合に、 ①「一般の位相空間における内部の定義」と「ユークリッド空間R^nにおける内部の定義」が同値であることを示せ。 ②「一般の位相空間における閉包の定義」と「ユークリッド空間R^nにおける閉包の定義」が同値であることを示せ。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数132
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • Caper
  • ベストアンサー率33% (81/242)

●「 … が同値であることを示せ 」というのがどういう意味なのか、私にはつかめませんでした。 ●「 R^n から任意に選んだ 1つ の部分集合 M の内部 」とは「 M の内点全部の集合 」のことであると、私は認識しています。   そして、「 M の内点 a 」とは「 適当な正の数 ε を選べば、『 a 自身 』および『 a との距離が ε より小さい点全部 』を M に含めることができるような点 」のことであると、私は認識しています。   そして、「 R^n の開集合 M 」とは「 M と『 M の内部 』とが同じとなる集合 」のことであると、私は認識しています。   freedomdn さん がお求めになっている回答とは、次のようなことになりますでしょうか。   R^n から任意に選んだ 1つ の部分集合を M と表わすとき、「 M の内部 」が M に含まれる最大の開集合になっていることの証明。 ● その証明でしたら、次のようになるではないかと、私は思います。ただし、以下の証明は上記の私の認識が土台となっています。  「 M の内部 」が M に含まれることは、R^n における内部の定義より明らかなので、それを示すことは省きます。  「 M の内部 」から任意に選んだ 1つ の点を a とします。適当な正の数 ε を選べば、「 a 自身 」と「 a との距離が ε より小さい点全部 」を M に含めることができます。   いま、「 a 自身 」と「 a との距離が ε より小さい点全部 」を要素とする集合を B(a;ε) と表わすことにします。   B(a;ε) ⊆ M   R^n における内部にかかわる定理 (*1) により、「 B(a;ε) の内部 」は「 M の内部 」に含まれます。   (B(a;ε) の内部) ⊆ (M の内部)   R^n における開集合にかかわる定理 (*2) により、「 B(a;ε) の内部 」は B(a;ε) と同じです。   B(a;ε) ⊆ (M の内部)   ゆえに、a は「『 M の内部 』の内部 」に含まれます。ゆえに、「 M の内部 」は「『 M の内部 』の内部 」に含まれます。   (M の内部) ⊆ ((M の内部) の内部)  「『 M の内部 』の内部 」が「 M の内部 」に含まれることは、R^n における内部の定義より明らかなので、それを示すことは省きます。   以上の結果より、「 M の内部 」と「『 M の内部 』の内部 」は同じになります。   (M の内部) = ((M の内部) の内部)   ゆえに、R^n における開集合の定義により、「 M の内部 」は開集合になります。   次に、M に含まれるすべての開集合から任意に選んだ 1つ の開集合を N と表わすことにします。   N ⊆ M   R^n における内部にかかわる定理 (*1) により、「 N の内部 」は「 M の内部 」に含まれます。   (N の内部) ⊆ (M の内部)   N は開集合ですから、R^n における開集合の定義により、「 N の内部 」は N と同じです。ゆえに、N は「 M の内部 」に含まれます。   N ⊆ (M の内部)   ゆえに、「 M の内部 」は M に含まれる最大の開集合である。 ● 上記における (*1) (*2) は証明が必要かもしれません。もし必要ならお知らせください。   もっともらしく私は記述してまいりましたが、その内容の確かさについて私は自信が持てません。まちがっていましたら、ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 位相

    数学科2年のものです。 位相空間についての授業が始まったのですが、演習問題で、わからない問題があります。 初歩的な問題かもしれませんが、どなたか解答お願いします。 集合S={1,2,3,4}に部分集合族Lを L={Φ、{1}、{1,2}{1,3}{1,2,3}、S} により与える。Sの部分集合{1,2,4}をTとおく。 (1)(S,L)は位相空間であることを示せ。 (2)位相空間(S、L)においてTの内部を求めよ。 (3)位相空間(S、L)においてTの閉包、境界を求めよ。 特に(1)の位相空間の定義の、「Lに属する任意個の和集合がLに属すること」の確認の仕方に自信がないので、お願いします。

  • 位相

    Rに対して、O={(a,+∞)|a∈R}∪{φ、R}という位相空間を考える。 A:={0}に対して次を示せ。 (1)-1∈Aの閉包 (2)1はAの閉包に含まれない という問題なのですが、Aの閉包がどのようになるのかとくに説明していただければありがたいです。 明日までなので急いでいます。 どなたかお願いいたします。

  • 相対位相について教えて下さい!!!!!!!!!

    (X,O)を位相空間、A⊂X、O|AをAの相対位相、X=R,Oを1次元ユークリッド位相、A=[0,1]とする。 部分位相空間(A,O|A)で、Aの部分集合B=(1/2,1]の内部と閉包を求めよ。 という問題なのですが・・・。相対位相がイマイチ分かりません(。。;) BもAの相対位相になるんじゃないんですか・・・? 分かる方お願いしますm(__)m

  • 回答No.1
  • rinkun
  • ベストアンサー率44% (706/1571)

(1) 1. 「一般の位相空間における内部の定義」を記述する 2. 「ユークリッド空間R^nにおける内部の定義」を記述する 3. 「1の内部の定義」による条件を仮定して「2の内部の定義」の条件を一つ一つ確認する 4. 「2の内部の定義」による条件を仮定して「1の内部の定義」の条件を一つ一つ確認する (2) 「内部」を「閉包」に置き換えて(1)と同様のことを行う この手の問題に難しいところはありません。定義の条件を丁寧に確認していくだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 位相空間の問題です.

    位相空間の問題です. Xを位相空間としたとき,X上の点列x_nが収束することの定義について (1)∀N:xの近傍,∃n_0 s.t. n>n_0⇒x_n∈N (2)∀N:xの開近傍,∃n_0 s.t. n>n_0⇒x_n∈N (1),(2)が同値であることを証明せよという問題なのですが、どなたか解説お願いします。

  • 位相空間

    位相初心者です。次の問題がよく分かりません。 問.実数直線R1の位相をTとする。   BをTに各無理数についてそれだけを元とするRの部分集合を   すべてつけ加えたRの部分集合族     B=T ∪ {{x}:x∈P}   とする。このBにおいて生成されたR上の位相T_Mに対して、   位相空間(R,T_M)をMで表す。     このMについて、次を求めよ。(証明付きで。)  (1) i(Q)、i(P) (iは内部を表す。)  (2) Qの閉包、Pの閉包 (1)は、Qは有理数全体の集合だから、Qに含まれるMの開集合全体の 和集合は、Φ となる。 (2)も同様に、Qを含むMの閉集合全体の共通集合はQである。 こんな感じでいいのでしょうか。もっと適当な証明があれば、 教えてください。

  • 稠密と相対位相

    次の問題なのですが、どう示せばいいのかわかりません。 「位相空間の部分集合A⊆Bを考える。AがBの中で稠密ということと、相対位相を考えたBの中でAが至るところ稠密ということは同じであることを示せ。」 もちろん、前者は、A⊆cl(B)となるのはわかりますが、(cl(B)はBの閉包を意味するとします)後者がどう示せばいいのかわかりません。そもそも、相対位相の取り扱い方が慣れていません。 やさしく教えてもらえれば嬉しいです。よろしくお願いします。

  • lim[x→∞]f(x)の位相での定義は?

    よろしくお願い致します。 『0<∀ε∈R,0<∃δ∈R;0<|x-a|<δ⇒|f(a)-f(x)|<ε』 は 『2つの位相空間(X, T)、(Y, S) と map f;X→Y と L:={b∈Y;∀ε∈nbhd(b),∃δ∈nbhd(a) such that f(δ)⊂ε}(a ∈X)に於いて、 L≠φ の時、f(x)はLに収束するといい limf(x):=L x→a と表記する。そして、L=φの時、f(x)は発散すると言う』 という具合に一般で定義できると思います。 『0<∀ε∈R,0<∃δ∈R;δ<x⇒ε<f(x)』や 『0<∀ε∈R,0<∃δ∈R;δ<x⇒-ε>f(x)』 に就いては、 『Bは位相空間(X*,T*)の部分集合Aの開被覆である』 の定義は 『T* の部分集合Bに於いて、A⊂∪[b∈B]b』 『位相空間(X*,T*)の部分集合Aはコンパクトである』 の定義は 『X* の部分集合Aの任意の開被覆B(⊂T*)に対し、∃{b1,b2,…,bn} ⊂B (n∈N) such that A⊂∪[i=1 to n]bi』 『位相空間(X*,T*)はコンパクト空間をなす』 の定義は 『位相空間(X*,T*)の部分集合X* はコンパクトである』 『位相空間(X,T)が位相空間(X*,T*)の中で稠密である』 の定義は 『X⊂X* 且つ φ≠∀A∈T* に対して,A∩X≠φ』 『位相空間(X*,T*)は位相空間(X,T)のコンパクト化である』 の定義は 『X* はコンパクト空間 且つ XはX* の中で稠密である』 従って、『x→∞』の定義は『xをa∈X* に近づける』を意味す るので εとδを使うと、 2つの位相空間 (X,T)、(Y,S) と map f: X → Y があり、位 相空間(X*,T*)は(X,T)のコンパクト化である時、 L:={b∈Y;∀ε∈nbhd(b,(Y,S)),∃δ∈nbhd(a,(X,T)) such that f(δ)⊂ε}(a∈X*)に於いて、 L≠φ の時、f(x)はLに収束するといい lim f(x):=L x→a と表記し、 L=φの時、f(x)は発散すると言う。 例:実数体RではX*はR∪{+∞,-∞}に相当し、a∈{+∞,-∞} と定義してみたのですが、 どんな位相空間(X,T)やコンパクト化(X*,T*)では良いという訳ではなく、 夫々に何らかの条件を付け加えねばならないような気がします。 どのような条件を付ければ 『0<∀ε∈R,0<∃δ∈R;δ<x⇒ε<f(x)』や 『0<∀ε∈R,0<∃δ∈R;δ<x⇒-ε>f(x)』 の一般での定義が完成しますでしょうか?

  • 直積位相

    X、Yを位相空間とする。 『W⊂X×YがX×Yの開集合⇔任意の(x,y)∈Wに対して、x∈XのXにおける開近傍U⊂X、y∈YのYにおける開近傍V⊂YでU×V⊂Wとなるものが取れる』 と定義することにより、X×Yは位相空間になる事を示せ。 という問題です。 X、Yが位相空間なので、それぞれの位相をO(X)、O(Y)としてX×Yの位相をO(X×Y)={Uλ×Vλ;Uλ∈O(X)、Vλ∈O(Y)}とおいて証明しようとしたのですが、これでは上記の定義が満たされていないと注意され詰まってしましました。 どなたかアドバイス(もしくは証明)していただけませんでしょうか?

  • 集合と位相

    (1)X,Yは位相空間とする。A,BがそれぞれX,Yの開集合であるときA×Bは直積位相X×Yの閉集合であることを示せ。 (2){Xλ}λ∈Λを位相空間の族としてAλ⊂Xλ(λ∈Λ)とする。 この時直積位相空間Πλ∈ΛXλにおいて以下を示せ。 (閉包のバーの書き方がわからないのでclと表記します) (a)cl(Πλ∈ΛAλ)=Πλ∈ΛclAλを示せ。 (b)Λは無限集合であるとき、Int(Πλ∈ΛAλ)≠φであるための必要十分条件は有限個のIntAλ≠φであり、かつその他のλについてはAλ=Xλであることを示せ。 (1)は以下のように考えたのですがわかりません。 Aの補集合、Bの補集合はそれぞれX,Yの開集合となる。 よってA^c×B^cは直積位相X×Yの開集合となる。 また(A×B)^c=(A^c×Y)∪(X×B^c) ここで詰まってしまいました。友人に聞いてみたら、 「生成する」位相という言葉の定義がわかってないと言われました。これはどのような意味なのでしょうか? 例えは直積位相の定義にもありました。 X,Yが位相空間でそれぞれの位相をЦx、Цyとした時に Цx×Цy={O1×O2|O1∈Цx,O2∈Цy}が生成する位相を直積位相という。 また位相を「入れる」ということはどういう意味なのでしょうか? (2)(a)は次のように考えてみましたがどうでしょうか? (⊃) ∀x∈Πλ∈ΛclAλを取る。∃λ∈Λ s.t. x∈clAλであるから xの任意の近傍はAλと交わる。したがってxの近傍はAλよりも大きい集合Π(λ∈Λ)Aλとも交わるので、 xはcl(Π(λ∈Λ) Aλ)の点になる。 (⊂) ∀x∈cl(Π(λ∈Λ) Aλ)を取る。 xの任意の近傍とΠ(λ∈Λ)Aλは交わるから、 あるAλと任意の近傍は交わる。これよりx∈clAλ よってx∈Πλ∈ΛclAλ (b)はわかりませんでした。アドバイスお願いします。

  • 位相の問題教えて下さい><

    この問題教えて下さい↓↓ (X,O)を位相空間とするとき (A∩B)^i=A^i∩B^i, (A∪B)^a=A^a∪B^a を示せ。 A^i・・・Aの内部 A^a・・・Aの閉方です。

  • 位相空間と写像について学習している者です。

    位相空間と写像について学習している者です。 位相空間における閉包の概念等の理解に苦しんでいます。。。 では、質問させていただきます。 位相空間(X,Т)の二つの部分集合A,Bについて、 cl(A∩B) ⊂ cl(A)∩cl(B) ※cl(X)で集合Xの閉包(closure)を表すとします。 を証明したいのですが、過程が分かりません。 以下で、証明できていますか? x∈cl(A∩B) ⇒ x∈cl(A) かつ x∈cl(B) ⇒ x∈cl(A)∩cl(B) x∈cl(A) かつ x∈cl(B)にたどり着くまでの過程が足りない気がしています。 ご教授よろしくお願いいたします。

  • 位相空間論の問題です

    Aをn次元ユークリッド空間(R^n,d(n))の開集合とし、 部分位相空間(A,O(A))とするとき、次の(i)(ii)を示して下さい。 (i)Aの弧状連結成分は開集合であること (ii)Aは連結ならば弧状連結であること どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 位相

    定義:群Gが位相空間Xに不連続に作用するとは、GがXに作用しており、Xの任意の2点x,yに対し各々の近傍U,Vを適当に取ると、 #{Gの元g|gUとVの共通部分が空でない}が有限 が成立しているときを言います。 そこでXが局所コンパクトならば、上の定義の後半部分は、Xの任意のコンパクト集合A,Bに対して #{Gの元g|gAとBの共通部分が空でない}が有限 と同値なんですが、なぜ同値かわかりません。 どうぞよろしくお願いします。。