• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

翻訳スクールの誇大広告?

英語の仕事経験ロクになし。(TOEICを持っているだけ) 職務経験は誰でもできるような事務職のみの者です。 有名どころの翻訳学校のHPの説明をいくつか見てみたところ 【例:メディカル翻訳コース】 ・翻訳の実務経験ない方でもOK!TOEIC700点程度あれば始められます! (↑700点じゃ足らんやろ) ・医療のことはわからなくても大丈夫!基本的な知識から易しくお教えします! (↑素人がいくらココで付け焼刃で医療知識を身につけても・・。実際問題、元医療従事者じゃないと仕事ないんじゃ?) ・年齢制限はないお仕事です!子育てが終わってから本校を修了した50代の方も活躍中です!定年後のお仕事にもぴったり! (↑実力のあるベテランはそうかもだけど医療も英語も未経験者で50代はまずいやろ) ・コース修了後は本スクールが提携している翻訳会社に紹介いたします!当校の卒業生が多数活躍しています! (↑そんなうまい話があるか?) そして、実際のメディカル翻訳の求人情報・翻訳会社の登録資格情報をググッてみたところ ・翻訳経験○○年以上の方(医療翻訳経験必須) ・医師・看護師・薬剤師の資格をお持ちの方、製薬会社で治験にかかわった経験のある方 (年齢制限はない模様) ・・・・翻訳スクールの広告、やっぱりウソやん。 実際はどうなのでしょうか?

noname#102842

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数560
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

こんにちは。 翻訳経験はありませんが、医薬系翻訳を主にしている翻訳会社で営業経験を持つ者です。 自分の英語は、TOEIC700少しくらいのスコアです。 翻訳スクールの広告については、嘘ではないが誇大に近いと思います。 翻訳するのに試験のスコアは必要ありませんが、翻訳する分野のバックボーンが必要となります。ということで意思・看護師・薬剤師の有資格者実務経験在りの方を募集しています。(私も翻訳者の募集業務を行っていました) 医薬系の翻訳にも治験に関するものや医師の記載した手書きの文書を翻訳する場合や投稿論文を翻訳する場合など色々ありますが、全て親切に翻訳するべき文章が書かれているわけではないですし、実際には書かれている内容が間違っていることもあります。 内容が間違っているような場合は、執筆者に確認を取りますし、専門書で確認することあります。 在籍していた会社では、その他の翻訳も行いますが、こういった確認作業(元々持っている医薬系の知識で確認することも含め)が、必要とされるところが普通の翻訳とは違う部分だと思います。 会社自体こういった部分が出来ないと(不足していると)仕事を受注できませんので、翻訳者にも仕事が来ないことになるはずです。 余程勉強を集中的にされるつもりでない限りは、他の分野での翻訳分野を目指されることがよいように思えます。 ただしこの分野に進む方法として、翻訳スクールで勉強し、派遣に登録し製薬会社に勤めると経験も積めますしし比較的簡単なルートになる気がします。 派遣での時給でも高いですし、製薬会社に勤務することできれば専門的な知識と英語が堪能な方が必ずいますので自分のためになります。 派遣登録のハードルは某大手派遣会社の場合著しく低いですから。(彼女が派遣会社勤務です) でもこの不況時ですから製薬会社へ派遣・・・難しいかなぁ・・。 まとまらない文章で失礼たしましたが、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 やはり想像通りです。医療の実務経験者・資格者でなければ難しいですよね。 派遣会社で経験を積むことも考えましたが・・・今のご時世難しそうですね。

関連するQ&A

  • 通訳・翻訳スクールに通ったほうがいいですか?

    こんにちは。 私は将来、英語の翻訳家になりたいと思っています。 英文学部を卒業して、普通の仕事をしながら 現在、独学で英語を勉強しています。 英語を使わない職場なので、英語の実務経験はありません。 通訳や翻訳のスクールに通ったほうがいいと アドバイスを受けましたが、スクールには行かず、英語の実務経験をつける職場や 英文事務職に転職して、実践を積みながら英語を身につけて 将来は翻訳家として働きたいと思っています。 でもやっぱりちゃんと学校に行ったほうがいいのでしょうか? 翻訳家としてご活躍の方、将来翻訳家を目指している方、ぜひ、ご意見をお聞かせください。

  • 翻訳家になるには?

    コンピュータ翻訳志望です。現在TOEIC700点位、翻訳経験ゼロ、働きながらなので通信教育考えてます。いい所ありましたら教えていただけないでしょうか?また何でもいいのでアドバイスありましたらよろしくお願い致します。

  • 翻訳スクールのことで教えてください。

    実務翻訳家を目指すための通信コースのあるスクールを探しています。過去ログも検索、その中で紹介されたURLにも行き、いろいろ参考にさせていただきました。フェローアカデミーやDHCはよく聞くのですがビジネス教育学会はネットではじめて知りました。 1、ビジネス教育学会はビジネス英語翻訳試験というのを実施しているそうですが、翻訳業界ではよく知られているのですか。 2、サン・フレアアカデミーでは翻訳実務検定を運営しているということですが、こちらはどうでしょうか。 TOEICは800点以上、英検準一級を持っています。知人に頼まれて、自己流で何度か翻訳したことがある程度です。翻訳のスキルをきちんと学んで将来プロとして実務翻訳ができるようになりたいです。(企業に勤めていませんので、特に得意な分野があるわけではありません。) 3、東京近辺に住んでいますが、私のような場合、どこのスクールにしたらよいのか迷っています。フェローアカデミー、DHC、サンフレア、ビジネス教育学会等、いくつか候補に絞るところまできたのですが、学校の情報やアドバイスをいただけないでしょうか。 どうかよろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • genmai59
  • ベストアンサー率45% (1214/2675)

翻訳の経験はないけれど、製薬業界の経験があるフリーのライターです。その案内は、広告ですから甘い文句が並んでいますけど、ウソとは言えないと思います。 例えば、英語力なんて磨けばある程度はどうにでもなります。仮にTOEIC700では足りなくても、翻訳の勉強と一緒に英語力をつける学習を真剣に続ければ、2、3年後には800台、900台を取るのは不可能ではないでしょう。 また、例えば製薬業界には医療情報担当者(MR)という職業があります。これは製薬会社の代理人として、医師や薬剤師に医療用医薬品の情報を提供する仕事でかなり高度な専門知識が必要なのですが、この職業についているのは、大半が文系の出身者で、入社後半年くらいの研修を受けて仕事についています。専門知識が必要とは言っても、別に診察したり調剤したりするわけではないのですから、がんばって半年なり1年かけて勉強すれば、仕事に必要な知識を身につけるのは、不可能ではありません。 それから、修了すれば翻訳会社に紹介するといっても、誰にでも仕事が来るとは書かれていません。仕事が来るのは、もちろん有能な人だけでしょう。有能なだけではなく、おそらく営業努力や仕事をしながらの勉強も必要だろうと思います。 50代になれば勉強できないだろうというのは、多くの人はそうですが、中には50代、60代で医学部に合格して医師になるような人もいます。それに比べれば、翻訳の勉強などずっと楽でしょう。人それぞれということですね。ともあれ、フリーであれば、有能でありさえすれば年齢や性別は関係ないというのは、真実です。 まあ、一定の素質がある人が大変な努力をすれば翻訳者になれるし、素質がない人や努力が少ない人はだめだということでしょう。 ライターとしての経験から言えば、素質というのは、主に「気づく」能力だと思います。よく「調査力」と言われますが、調査をする前に調査が必要だということに気づいたり、調査したものにどれだけ信憑性があるか気づく能力です。 例えば、あなたは「翻訳の実務経験ない方でもOK!TOEIC700点程度あれば始められます!」で700では足りないだろうと決めつけておられますが、「始められます!」という意味に、気づいておられないようです。「翻訳会社に紹介いたします!」というのも、ウソだと言っておられますが、「紹介します」と「仕事がもらえます」という言葉の違いに気づいておられないようです。 こういう言葉の微妙な使い分けに気づかないのは、翻訳者としてはかなり致命的でしょう。もちろん、訓練である程度鍛えることは可能だと思いますが、こういうことって生まれつきの素質やこれまでの人生経験すべてにかかわってくると思うので、TOEIC700から900にするよりも、ずっと難しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 おっしゃる通り素人でも医療知識は身に付けられるでしょう。この点は元気づけられました。ありがとうございます。 けど、翻訳を発注する側としては候補者の過去の経歴を見るのが当然ではないでしょうか。トライアルを受ける人が殺到している中、その中で誰に頼もうか?と考えた場合、そりゃ「翻訳学校で付け焼刃で医療知識を学んだ人」よりも「医師・薬剤師の資格と実務経験がある方」となるのでは? また、ご指摘の通りくだんの誇大広告の文章が、よく読めば「全員が仕事につけることを保証するものではない」ことは当然読み取れます。 ただ、受講料を取るためにそういう読解力のない人まで誘惑しようとする学校のスタンスが商魂たくましいな~と思ったしだいです。

  • 回答No.2
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11420)

結論から言うと、嘘ではないけれども、たぶんお持ちになっているイメージとはかなり違うんじゃないかと想像します。 >・翻訳の実務経験ない方でもOK!TOEIC700点程度あれば始められます! これはもちろん本当です。むしろ、とかく誤解されがちですが、プロの英文和訳の翻訳者とは「英語と日本語が達者な人」ではありません。それは通訳です。翻訳者は、外国語はそこそこできればいいんです。その代わり、調べ物に手を抜かない根性が必要です。700点あれば、まぐれでない限り、英語の基礎ができているということです。あとは、こつこつと辞書を引き、背景を調べ、長文を時間をかけてひもとく。それができれば英文は読解できます。それに加えて日本語力をつければ翻訳ができます。この調べ物の訓練と日本語力の養成に、学校は力をそそぎます。 >・医療のことはわからなくても大丈夫!基本的な知識から易しくお教えします! >・年齢制限はないお仕事です!子育てが終わってから本校を修了した50代の方も活躍中です!定年後のお仕事にもぴったり! ともに冒頭で述べたとおりです。むしろ年を重ねた人の方が、人生経験に基づいた読解力や調べ物ができ、和文を作製する際にもセンスが出るものです。世間一般でも、とかくお年寄りの方が文章、上手ですよね? ただし、老眼入ってから翻訳を続けるのって、それなりにつらいです。で、要は、#1さんも書いておられる通り、この意外と根性が要るちまちまとした調べ物をやっているうちに、挫折する人が物凄く出るんですよね。 >・コース修了後は本スクールが提携している翻訳会社に紹介いたします!当校の卒業生が多数活躍しています! 紹介は簡単ですよね。「こちらが挫折しなかった○○さんです」と言えばいいだけなんだから。で、何をもって「活躍」とするかですよね。翻訳会社が新人に回してくれる仕事なんて、割の合わないものばかりだから、コース修了まで行きついた一握りの人たちの中で、会社に登録してからも挫折していない一握りの人は、確かに活躍していても不思議ではありません。 >そして、実際のメディカル翻訳の求人情報・翻訳会社の登録資格情報をググッてみたところ 矛盾はしませんよね。経験と資格を「修了証書」でカバーしているわけです。 ちなみに質問者さんはメディカル翻訳にそんなに興味がおありなんですか。私なんて、医療系の文書を見ただけで吐き気がするので、その分野には、まじめに手をつけたことすらありません。もっとゆるい分野の翻訳をやっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#125540

入門コースは確かに700点で大丈夫なんですよ。 600点でも大丈夫だと思います。 勉強を始められることは始められますので、その部分に限っては嘘ではありません。 問題はそのあとで、確かに、おっしゃるとおり難しいです。 本気で翻訳家を目指す人ばかりではなさそうなので(英語学習の一環で通っている人もいそう)、 入門コースで終わりにする人も多いのでしょうし、 上級にいたる前にドロップアウトする人も多いだろうと思います。 基本は「背景知識があってなおかつ英語が出来る人」が一番有利。 ただ、あえて勉強して医療翻訳を仕事にした人の話を読んだことがあります。 当然、数は少ないと思いますけど。そこまでの根性があるかどうか。 私は少し勉強してみただけで、 仕事をしたことがないので経験としては知りませんが、 フリーランスの翻訳者というのは翻訳会社に登録したところで、仕事が回ってくるとは限らないんだそうです。 ※元の仕事の延長線上で翻訳もやるようになったとかいう場合は、受注形態が違うのかもしれません。 トライアルに合格するだけでも大変なようですが、 合格したら仕事が来るかというとそうでもない。 翻訳会社に登録して仕事を請け負う人は、何社か登録しているようですね。 http://www.alc.co.jp/eng/hontsu/enquete/0201.html ただ、個人的には、通学したことは有益でした。 翻訳にはどういうことが必要なのかが分かったし、 自分の英語力がどうなのか客観的に見ることが出来ました。 身近に英語を使う人がいない場合、他の生徒さん達を見て分かることもありますし。 学校から紹介というのは、入り口の1つ、きっかけの1つということなのではないかと思います。 それと、そもそも翻訳会社が翻訳教育をやっているような場合も多いのでは。 年齢制限については先日、関連話題がありました。 通訳の話なので翻訳と違うかもしれませんが、ご参考に。   ↓

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5361109.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 翻訳スクールの選び方

    現在、4月から開講する通学の翻訳スクール(英語)に行こうと考えていますが、学校選びで悩んでいます。翻訳学校に通うのは初めてで、先日、名古屋市内にある通訳翻訳スクール2校の体験授業を受けました。 一つは大手の学校で、コースも豊富。授業内容も緊張感があり厳しい印象。受講したコースは「このレベルでは、訳後の表現の良し悪しについての議論はその後で、まず誤訳をなくすこと、英語の理解スピードを上げることが目的」とのことで、その説明にとても納得できましたが、一方で厳しそう…という印象あり。 もう一つも全国にある学校ですが、名古屋校は小規模。通常はディスカッション形式で、他の生徒さんと意見交換をしながら進んでいく。講師はその学校の卒業生で、現在産業翻訳の仕事をされている方。先の学校と較べるとアットホームな感じ。 今回、仕事との両立になるので、あまりに厳しいとついていけなさそう、という不安があります。かといって、翻訳の仕事は厳しい世界だと思うので、厳しい授業の方がきちんとしたスキルを身につけらそうな気もしています。ということで、どちらの学校が自分にとってよいのかが分からなくなっています。 ちなみに自分の英語のレベルは、TOEICが850で、2年の海外生活経験がありますが英字新聞を辞書をひきひき読める程度です。帰国してから半年以上も経つので、英語力の低下もあり焦りを感じています。今後長く続けられるお仕事として翻訳(産業翻訳)をどうしてもやりたいと思っています。 結局決めるのは本人次第だとは分かりながら、お金も時間もかかることなので、どなたか翻訳の学習経験のある方のアドバイスをいただきたいと思い投稿しました。長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • IT→翻訳:翻訳の仕事は何才まで行えますか?

    IT関係の仕事についていますが、この仕事を何才まで続けられるか不安を覚えています。ITの知識を活かしていずれ翻訳に移ることも考えています。翻訳でも正社員の場合は年齢制限はありますか? またフリーであれば年齢制限はないのでしょうか? ご経験者の方教えてください。

  • 映像翻訳について

    40才女性です。 既婚子無です。 フルタイム正社員で経理の仕事をしています。 今になって、映像翻訳の仕事がしたいと思うようになりました。 しかしTOEICのスコアは550点ほどです。 英会話のスクールには通っていますが、スモールトークがやっとです。 これから、一生懸命勉強して(通信での勉強を考えています) 夢を叶えたいです。 7月にTOEICを受けるので、まずはそこで700点目指します。 同じような道のりでプロになられた方等いらっしゃればお話を伺いたいと思い、 質問立てさせていただきました。 何卒よろしくお願い致します。 浅はかかもしれませんが真剣です。

  • 英語の翻訳者・在宅翻訳・フリーランス翻訳で少しでも稼ぐ為には??

    英語の翻訳者・在宅翻訳・フリーランス翻訳で少しでも稼ぐ為には?? 会社を定年退職となりました。 一応非常勤で籍だけ残るので、年金受給資格の問題も有り、 在宅で出来る仕事を探しています。 特技・資格の無いサラリーマンのなれの果てなのですが、 英語は仕事で 日常的に使っていましたので そこそこ出来ます。 TOEICは 950点+でした。 先ず 簡単な翻訳から始めて 翻訳経験を積んでから 本格的に 在宅の翻訳仕事をしたいのですが、同じような経験を経て 現在 プロになられた先輩の経験談と 助言を御願い致します。

  • 翻訳家になるための方法をお聞きします。

    私は翻訳家を目指してtoeicと英検の勉強に励んでいます。私の英語力はtoeic785点英検準一級で、現在英検一級を目指して毎日勉強に励んでいます。英検一級に合格したら翻訳学校の通信教育で勉強したいと思っています。翻訳学校のコースを修了し一定の基準点を超えると仕事を回してもらえるとホームパージに書いてありましたが実際仕事が回ってくるのでしょうか。高い学費を払うので将来必ずお金を稼ぎたいと思っています。私のような英語力だとどれくらいで翻訳家になれるでしょうか。毎日6時間ぐらい英語の勉強に時間を裂けます。もう二年半毎日5時間くらい勉強を続けているので通信教育を最後までやりぬく自身はあります。また独学は可能でしょうか。独学の場合、翻訳会社のトライアウトに合格できるのでしょうか。

  • 医療翻訳に進む人のバックグラウンド

    文系出身、医療関係はおろか、製薬会社での仕事経験もまったくない、ただの一般企業事務職の者です。  英語もちょこっと仕事で使うこともあるかどうか・・せいぜい勤務先のイントラが英語表記なのでそれを読むくらいしかしていません。会議資料の翻訳もやったことはあるけどたいした高度な内容じゃなかったような・・。 TOEIC900点超えるようになってから、翻訳学校の医療翻訳コースの説明会にいくつか参加しました。当日会場に集まったのは、元看護師、製薬会社勤務OL、海外の大学で解剖学を勉強していた新卒者、などで、私のような経験ゼロの者はほとんどおりませんでした。 ところで、説明会での学校スタッフや講師というものは、じつに甘い言葉をささやいてきます。 「医療のバックグラウンドは必要ありませんよ」 「それだけ英語力おありなら、あとは医療知識を勉強すればいいんです」 ・・・・転職しようと思えばおよそどんな職種でも(ただの事務職でさえ)「前職で経験何年ありますか?」といわれる世の中なのに、翻訳に限ってバックグラウンドなしで医療翻訳に進める人なんているんでしょうか? それに「あとは医療知識を勉強すればいい」って・・・・・確かに私は人体の構造と機能には興味ありますがだからといって・・・ねぇ・・・・・文系で医療の経験ゼロの者が翻訳の仕事に耐えうるだけの医療知識を身につけるのは無理なのではないでしょうか? というわけで入学を迷っています。

  • 中国語、通信講座(翻訳コース)の経験者のかた

    私は中国語の勉強をしはじめてから翻訳の仕事をしたいと 思うようになりました。 そこで英語の翻訳をやっている友人から、翻訳をやるのなら 専門の学校かコースを受けたほうがいいと言われ、探して います。が、今会社に行っている状態で日常会話のコース が有るスクール(そこには翻訳の専門コースはありません) に行っているため、時間的に不規則なのも有りもう一つ学校 にいくというのも辛い状況です。 そこで通信講座の翻訳コースをいくつか見つけたのですが、 はじめて通信教育をするので、どの会社のがいいのか (というか、どんな特徴があるのか)などが解りません。 経験者の方いらっしゃったら、おすすめのところ等教えて もらえないでしょうか。

  • ベルリッツ or 翻訳スクール

    英語を効率よくビジネスで支障ない程度までレベルを上げたいです(外資系企業勤務のため)。読み書きは、辞書をたまに引きながらなんとかこなせていますが、ヒアリング、スピーキングになると途端に英語力ゼロに近くなってしまい、困っています。 ヒアリングについては、話す人が違えば、ぜんぜん聞き取れない人、 おおよそわかる人などかなり自分の耳に差ができます。 3人の米国人と話す機会があったのですが、1人は気を遣ってゆっくりわかりやすい発音でしゃべってくれたのですべて言っていることが理解できましたが、もうひとりは半分くらいしかわからず、3人目にいたっては、全神経を集中しても3割程度しか聞き取れず、殆どコミュニケートできなかったです。スピーキングも口から単語しか出てこなくて、お恥ずかしいばかりです。アジア人(日本人除く)になると、アルファベットの発音すらうまく聞き取れないのです。AとR、MとNなど向こうの発音の問題もあると思いますが、相手のなまりなども含めて理解したいと思います。 自分の英語力がここまでないとは思いませんでした。 英語力としては高校生のときに英検2級をとってから、 TOEICなど受けていないのでわかりません。 読み書きにそれほど支障はない程度です。 語学力を徐々に上げるために、ベルリッツのプライベートコース(10ヶ月で40~60万円くらい?)を検討していたのですが、インターネットでこのようなスクールより、翻訳スクールのほうがクオリティが断然よく品のよい英語が身につく(きちんとした英語)と書いてありました。費用も後者のほうが全然安いですし、翻訳家を目指すわけではありませんが、きれいな英語を使えたほうが後々自分の身を立ててれると思うので迷っています。実際、英語に苦労しない方に質問したいのですが、ベルリッツ(英語をビジネスで使用していた人はみんなここがいいと言います)か翻訳スクールどちらが効率的に語学をアップできるのでしょうか?翻訳学校について、どこがよいのか評判等わからないため、おすすめのところがあれば、教えてください。宜しくお願いいたします。

  • 翻訳家としての道

    翻訳家としての道 こんにちは。私は翻訳職を現在探しているものです。 経験としては、知り合いの伝手で、すこし翻訳を経験しましたが、翻訳会社に正式に入社して翻訳家として働いたことは一度もありません。 企業の書類選考を受ける際、自分の今までの経験を記載していますが、なかなか書類パスにはなりません。 TOEICはもっておらず、英検準一級程度しかありません。最低一級と聞きますが、 実際、どの道の翻訳家になるかはまだ見定まっておらず、悩んでいます。 大体が理系の分野、特許、IT、医学になってしまいます。 そこで翻訳経験者に聞きたいのですが、どのような人を採用する基準になるのでしょうか? 今の就職難から考慮すると、経験もあり資格もある即戦力の人を雇うのでしょうか? 詳しく教えてください。

  • 通訳・翻訳

    こんにちわ。語学学校に通い通訳の勉強をしてる者です。 大手英会話スクールで非常勤講師をしながら通学していますが、秋から勉強に専念する予定です。通訳の勉強を始めてまる2年経ちましたが壁が超えられません。 現在『背水の陣』という状況で(笑)、10月からあと1年程しか集中して勉強が出来なくなると思います。 そこで、語学の道で頑張っていらっしゃる方に質問させて頂きたいのですが (1)通訳と翻訳では今後、どちらの需要が高いと思いますか? (2)ニュースライターおよび放送翻訳を目指していますが、学校は首都圏のみです。無理してでも夢のために通った方が良いでしょうか? (3)医療翻訳にも関心があります。こちらの方面でご活躍中の方から現状を教えて頂けないでしょうか? アドバイスをどうぞよろしくお願い致します。 (既婚/英検1級・TOEIC950点レベル)