-PR-
締切済み

ゴルフでの俗語チョコレートの語源

  • 困ってます
  • 質問No.54557
  • 閲覧数2548
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 5% (1/17)

森首相のゴルフで有名になった俗語のチョコレートですが、賭け事での現金の隠語だということはわかったのですが、そもそもどこから来た言葉なのでしょうか。

よろしくご回答お願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/1)

あれは、チョコレートを買うことができるくらいの、100円とか、200円とか、それくらいのわずかなお金をかけて、遊ぼうといういみで、過去に某政治家が行っていたピーナッツなどの隠語とは異なり、大金を指す隠語ではなく、森さんもいっていたように、努力目標といった意味がふくまれているのです。


  • 回答No.2

 その昔、実際にゴルフでチョコを賭けていました(←これがチョコレートをカケに使った発祥かどぅかは判りませんが・・・・)。
 昔はゴルフ場にゴルフボール型(実寸大)のチョコが売られてまして(2つ割で中にデッカイアーモンドが1コ入ったミルクチョコで、ホンモノソックリの箱入りでした)、これを賭けていました。
 やがてダイレクトに現金!を賭けてしまう様になり、チョコもいつのまにかゴルフ場から姿を消しました(おいしかったのにマコトにザンネン・・・・)が、「チョコレート」とゆぅ言葉だけが賭けゴルフの意味として残りました。
 ウソの様な話ですが、恐らく昭和30年代~40年代にゴルフをやられていた方は、ご経験があると思います。
お礼コメント
chierena

お礼率 5% (1/17)

大変、貴重なご回答ありがとうございました。助かりました。私の大事なお客様から質問があり、どこで調べてもわからずに困っていたのです。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-22 07:34:57
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

そもそもゴルフは賭け事好きなイギリスの生まれなのに日本では賭け事をするような人間は蔑まれたものなのです。
・・・とは云え、これは建前で本音は森総理の言う「努力目標」は昔からあって、1950頃は「ハーシー」の板チョコと言うのが有名でした。

大学にゴルフ部の前身らしき愛好会が、日大や早稲田に出来たのもその頃で、生意気にも「ハーシー」何枚勝ったなんていう調子でやり取りしていたもんです。

それ以前は、余程恵まれた方が旧軽井沢にある「旧ゴルフ」などで家族・友人でプレイされていたようで、そういう場合は[KISSチョコ]というものを賭けていました。
(KISSチョコ:ベイごまを1円玉くらいの大きさにしたような三角錐のチョコレートに銀紙をまいたもの)
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ