• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

海に因んだ言葉を調べています。外国語(どこの国でも構いません)。

海に因んだ言葉を調べています。外国語(どこの国でも構いません)でユニークな表現・響きのよい言葉・素敵な言葉がありましたら教えて下さい。(読み方・意味があると助かります) よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2617
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ドイツ語で、 「ヒトデ」のことをSeestern=ゼーシュテルン(単数)、Seesterne=ゼーシュテルネ(複数)と、言い、 直訳すると、海(See)の星(Stern)=「海の星」と言う意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • どこの国でもいいので外国語を教えてください

    友人とチームを組むときのチーム名を外国語の中で雰囲気や ゴロがいいものがあれば使ってみようと思い質問する事を思いつきました。 『似たもの同士』、『こだわり』、『工房』 の意味を持つ外国語をどこの国の言葉でもいいので、 教えていただけないでしょうか? 3つともじゃなくて このうちの1つでもいいので 教えていただきたいです。 こんなこと書いてるところから察して頂いてるとは思いますが カタカナで読み方も教えてください(^^; 宜しくお願いします。

  • 海に関する外国語について

    海にかんする外国語&読み方を教えてください。 只今、教えてほしいのが、 海、大海原、大波、小波 の三つです!! よろしくお願いします!

  • いろんな言葉の外国語での意味

    キャラクターに名前を付けたいと思っています。 それで、イメージにぴったりな名前を探しています。 ・憂い ・光 ・白 ・残酷 ・誓い 等の意味で、外国語でかっこいい読み方の名前を探しているのです…。 意味と響きが良ければ何でもいいので答えていただけないでしょうか? お願いします。

  • 「海」を外国語で

    ラテン系の外国語で「海」を表す言葉を教えてください。カタカナ表記もお願いします。 また「海の呼吸」「海のリズム」のような言葉があれば教えてください。

  • 外国語の好きな言葉を教えて下さい

    貴方の好きな外国の言葉と意味を教えて下さい。よろしくお願い致します。私の好きな外国語で、すぐ思いつく言葉は(カタカナ表示で失礼します)、スペイン語の「アミーゴ」(友達)、イタリア語の「マンマミーア!」(なんてこったい!)フィンランド語の「キートス」(ありがとう)などなどです、言葉の発音の響きが特に好きです。

  • 雪割草を外国語で……

    雪割草(ゆきわりそう)の外国語での呼び方(綴り)と読み方を教えてください。 翻訳サイトで調べると読み方がわからないので……。 名前を付けるのに響きの良い言葉を捜しているので、何語(古語など)でも結構です。 また、花の名前とその外国語が一覧になっているようなサイトをご存知でしたら、 そちらもあわせて教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • いろんな言葉の外国語

    キャバクラの名前を考えています イメージにぴったりな名前を探しています 響・夜空・蝶・輝・愛嬌・未来・誇り・光・星 等の意味でキャバクラっぽい外国語でかっこいい読み方の言葉教えて頂けないでしょうか? 意味と響きが良ければ何でもいいのでよろしくお願いします

  • 各外国語で

    you are my life (あなたは私の人生) を他の外国語で表現していです。 どの国の言葉でも良いので教えてください。 特に、ラテン語で、どう表現するのか知りたいです。

  • 外国語で「やじろべえ」を教えて下さい

    昔ながらのオモチャ「やじろべえ」を、外国語で訳すとどんな言葉になるのか分かりません。 英語は a balancing toy なのですが、イタリア・フランス・ハワイ語など他の言語で言うとなんと言うのでしょうか?本屋さんで外国語の辞書を見てものっていませんでした。 どこの国の言葉でも構いません。 スペルと読み方を、ぜひ教えて下さ~い!

  • はいりやすい外国語/でやすい外国語

    最近歳のはなれたスウェーデン人の友人から彼が留学した日本の大学の話を聞きました。そこでは大学生が外国語について、はいりやすい/にくい、でやすい/にくい外国語という区別をしていたそうです。私の大学時代にはこの区別はもうなかったので、知っている方がありましたらなんでも教えてください。とくにどの時期にどのようなニュアンスで使われていたのかが知りたいです。 例えば、ドイツ語は「はいりにくくでやすい」外国語なのだそうです。暗記事項が多く、簡単な文を正確につくるのも難しいのですが、一度覚えるべきことを身につけてしまえば、ニュアンスまで表現できるかは別として、難しい内容を表現する場合でも正しい文がつくれるようになるという意味だそうです。 反対に英語は「はいりやすくでにくい」言語で、簡単な文章を作るためにはそれほど知識が要らないのに、すこし込み入った内容を表現しようとすると例外の多い複雑な文法に取り組まなければならない、というわけです。 外国語をこのように捉える考え方自体は、今もあるものですが、「はいる」、「でる」という言い方は一度も聞いたことがありませんでした。とても的を射た表現だと思ったので、質問します。どの外国語がはいりにくいか、でやすいかではなく、この表現自体について何か知っていることがあれば回答をお寄せください。