• 締切済み
  • 暇なときにでも

英文法、どこまで必要か?

こんにちは。日本の英語教育は文法と訳読に偏りがちです。そしてよく、英語を覚えるのに文法は要らない という人もありますが、文法を知っていたほうが、会話を覚えるしても上達が速いとも聞きます。 しかし、学校で教わる文法には 不要な項目もあるはずです。 例えば、「譲歩」というのは 簡単なことを指しているのに ただ単に難しい用語を用いているだけだし、5文型はあまり合理的な考えだとも思いません。また、「仮定法」に関しては用語だけが一人歩きし、英語の教師でさえ根本的概念を上手に説明できる人は多くありません。 そこで質問ですが、学校で習う英文法はどこまで必要だと思いますか?

noname#97496
noname#97496

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数6
  • 閲覧数688
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#171934
noname#171934

文法より会話を重視する人は結構いますが、結局会話やメールにも役立ってるのを実感してます。会話重視してる人は、ブロークンか文法がめちゃめちゃな英会話になってる人も多いですよ。Kseniaさんが今後英語をどこまで使うかによりますね。 スポーツでも音楽(主にクラシック)でも絵でも天才的な人を除けば、「理論」をある程度勉強しないと、一定レベルに上がらないように、文法ができないと英語のレベルが上がらないという感じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

質問者からの補足

もっと質問の趣旨を深く汲み取って欲しかったです。実は、私は文法は好きな方なんです。日本の英語教育は文法に力を入れているようで、実は不備な点もあるんです。それでは、私が学校英語の文法で不備に思った点を挙げてみます。おそらく、gomame1001さんもここまで考えたことはなくても、ある程度英語が一定レベルに上がっていますよね。 1.文型: これは疑問視する人も多いですね。例えば“He breaks a window.”という文はSVOになりますが、進行形にすると、“He is breaking a window.”となりますよね。その場合、現在分詞を形容詞とちて扱うと SVCという見方もでき、却って混乱します。また、受動態にした場合、能動体では目的語だったのが主語になるのですが、主語だったのは何と呼ぶのか用語がありません。これはフランス語の文法では動作主補語と呼ぶんですが。 2.不定詞の分類:日本の学校では名詞的、形容詞的、副詞的用法と分類するのが好きなようですが、分類の難しいものがあります。例えば “I know how to cook. ”と言った時です。これは、howを名詞と看做し形容詞用法になるのか、副詞を修飾するのだから副詞的用法になるのか、knowという動詞の目的語になっているので名詞的用法になるのか、はっきりしません。アメリカの文法書ではあまり詳しく扱っていませんが、不定詞は動詞が名詞化したものであり、toの働きに還元して考えるようです。 3.動詞の叙法:アメリカの英文法書によると、次の5種類があります。 (1)indicative mood・・・・直接法のことです。最も基本的なのに、というかだからこそ、中学校では言及されず、仮定法と対比する段階になって初めて触れられます。 (2)imperative mood・・・・日本式の英文法では「命令法」と言わず、「命令形」と呼ばれます。 (3)infinitive mood・・・・日本式の英文法では「不定法」と呼ばれず、「不定詞」、または「原形」と呼ばれています。 (4)subjunctive mood・・・・仮定法のことです。しかし、「仮定法」という用語は日本式の英文法では、動詞の叙法を指すのか、構文を指すのか不明確です。 (5)conditional mood・・・・日本式の英文法では用いられない用語ですが、仮に「条件法」と呼ぶことにします。これは多くはwould+動詞の原形で表わされる形で、仮定法とよく混同されます。 4.動詞のアスペクト: これは時制の中に取り込んで考えるのが普通なんですが、大雑把に言えば 普通の形と進行形の対立を含む動詞の様態です。日本の学校では進行形に出来ない動詞というのを習いますが、それでは日本語の「持つ」と「持っている」、「知る」と「知っている」は英語ではどう区別するのかということに関係しています。これは多くの人が見落としているんですが、日本語の現在形は英語の現在形用よりも未来形に対応することが多いんです。例えば友人と喫茶店行って、「何飲む?」と聞く場合は“What do you drink?”ではなく、“What will you drink?”とか “What are you going to drink?” が正しいんです。というのは、drinkのように英語で進行形に出来る動詞の現在形は反復動作や習慣を表すものであり、日本語と違い、一回限りの動作が近い未来に行われることを指すわけではないからです。ところが、学校の英語ではwillを「~だろう」、be going toを「~するつもりだ」と結び付けるので、正しく理解できないことが多くなります。 5:phrasal verb: これは look forやput offのような動詞に副詞や前置詞が付いた形を言います。これは中学校の英語では熟語扱いすることが多いんですが、これだと make up one's mind to のように名詞なども含んで少し長いものまで含まれます。しかし、句動詞とか群動詞とも呼ばれることもありますが、統一された呼び方はないようです。 また、look forのforやput offのoffの品詞は副詞になるのか前置詞になるのか、はっきりしないものが多いです。アメリカの文法書では こう言った一連の語句は particleとして敢えて区別しない場合も多いです。 6.助動詞:英語の助動詞にはdoやhaveのように、疑問文を作ったり時制をあらわす為に使われる auxiliary verbとcanやmustのように意味をを加えるmodal verbとがありますが、日本式の英文法では区別されません。まあ、厳密に区別しなくても大きな支障はないんですが、日本式の英文法では「準助動詞」という用語も使われることがあり、定義がマチマチです。 7.代名詞の格: 例えば“ Me too. ”と言った場合、Meは目的格なのに表しているのは主格の場合が多いです。なぜ、目的格なのに、主格を表わしているのか不条理ですね。これは、一種の強勢形と考えることができます。

  • 回答No.5

No3です。 そんなにご興味を持っていただくほどのことではありませんよ^^ 私は小学校から高校まで今で言う特別支援学校にいました。 一貫教育ですので入学試験はありませんし、様々なレベルの生徒が 集まっているので学習カリキュラム通りには進めません。 大学も入試要らずの某通信制ですので結局受験英語知らずのまま、ここまできてしまいました。 その後参考書などを使って勉強しましたが未だに文法用語(特に受験の為の)はよくわかりません。 ご存知の通り、私は英語で書かれた本で他の外国語のリファレンスも ドキュメンタリーなども読みますが、○○用法なんて知らなくても 理解できますし、それで良いのだと思います。 >つまり、簡単なことを殊更難しくしていることに問題があるのではないでしょうか? これに尽きると思います。 普通に使うことを易しく説明すればいいだけなのに、○○用法だとか ○○構文だとか言われてもピンとくるわけはありません。 I found a killed lady. I found the lady killed. 映像的にも教育的にも良くないですね^^ でも教師がこれと同じルールに則った例文をいくつか挙げ、イラストを見せるなり、動作をしてみせるなりすれば そこにルールがあることに気付かせることは出来るのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度回答ありがとうございます。 >普通に使うことを易しく説明すればいいだけなのに、○○用法だとか ○○構文だとか言われてもピンとくるわけはありません。 しかし、、○○用法だとか○○構文と説明したほうが、文法を体系的に整理できて、項目立てて纏めるのに便利がいいんですよね。でも、これが良いとは私も思いませんが。

  • 回答No.4

Milancomです。補足をありがとうございました。よいお答えになる自信はありませんが、答えてみます。 具体的にどの項目が有用で、どの項目が不要ということはないように思われます。読みたい英文を読んでいて、どうしても納得のいかない部分を読み解く際に利用できたものが、「役に立ったもの」でそれ以外はどうでもよいものです。高校初級程度の文法事項は、あまりこだわらないでざっと流して全体を見てさえおけば、あとは気になるところを参考書として利用しますが、実際には辞書以上に文法書をみることはありません。読みたいことが読めたり、聞きたいことが聞ければ、理屈はどうでもよいのですから…。 わかりにくいでしょうか? すみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度回答ありがとうございます。

  • 回答No.3

こんにちは。 私はちょっと特殊な環境におりましたので中・高校を通して せいぜい中学3年生程度のことぐらいしか勉強しておらず、そのあとずいぶん経ってから自分で勉強しました。 しかも受験英語もわかりませんので、皆さんのように形容詞とか副詞の何とか用法だの、何とか構文だのといったことは言葉として 知っていても実際にどういうことなのかわかりません。 でも英語で書かれた本は読みますし、自分の世界において会話も可能です。 そこで思うことは学校の英語は「初めに文法用語ありき」ということではないでしょうか。 学校教育でどのくらいの範囲がカバーされるのかわかりませんが、 明らかに削れる部分ということで言えば「文法用語の多用」「普通の会話であまり使われないもの」でしょう。 英語で書かれたBasic grammar in useなどは必要最低限の文法用語と英語を活用するのに十分な 項目で成り立っており、本来はそのようにカリキュラムが組まれるべきで、その他の文法用語などは 大学過程からで十分です。 例えば突然「仮定法」なんて出てきても良く意味はわかりませんが、 日本語において「今日もうちょっとお金があったらかつ丼食べるのになぁ」とか 「もうちょっと目がぱっちりしてたらなぁ」なんて普通に言うことですよね。 また、「もうちょっと勉強しておけば良かったよ」と言いたければshould have+過去分詞を使うとか、(説明の上手い人なら「分詞」という言葉もうまく説明してくれるかもしれません) 「使役動詞」なんて「刺激動詞」と言ってくれたほうがよっぽどわかるのになぁ、なんて参考書を読んで思いました。 本当は「言いたいこと・伝えたいこと」があって、「そこにはこんな法則がある」ということを教えなければならないのにシチュエーションとルールが一致していないんですね。 今の例で言えば「仮定法」や「助動詞+完了形」、「使役」という言葉そのものが独り歩きして、用語でつまづいてしまうわけです。 また例えばいつぞやの質問でどなたかがあげてくださった I found a broken pen. I found the pen broken. は実際に教師がその行動をやってみせ、あるいはそういう映像やイラストを見せ シーンと言葉を一体化させたうえでその中にどんなルールが隠れているのかを 説明するいうふうにすればわざわざ難しい用語を振りかざさなくてもいいはずなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >私はちょっと特殊な環境におりましたので中・高校を通して せいぜい中学3年生程度のことぐらいしか勉強しておらず、そのあとずいぶん経ってから自分で勉強しました。 どんな環境か気になりますね。 >例えば突然「仮定法」なんて出てきても良く意味はわかりませんが、 日本語において「今日もうちょっとお金があったらかつ丼食べるのになぁ」とか 「もうちょっと目がぱっちりしてたらなぁ」なんて普通に言うことですよね。 私の叔母がアメリカに嫁いでいて、いとこたちと英語で喋ったりしますが、幼稚園児でも仮定法過去の文は普通に使いますよ。でも、日本の英語教育では仮定法は中学校では習わず、難しい項目に位置づけています。つまり、簡単なことを殊更難しくしていることに問題があるのではないでしょうか? しかも、それにしては日本式の解釈はロジカルさに欠いているんですよね。 >「使役動詞」なんて「刺激動詞」と言ってくれたほうがよっぽどわかるのになぁ、なんて参考書を読んで思いました。 受けますね。こういうユーモア好きですよ。 >は実際に教師がその行動をやってみせ、あるいはそういう映像やイラストを見せ シーンと言葉を一体化させたうえでその中にどんなルールが隠れているのかを 説明するいうふうにすればわざわざ難しい用語を振りかざさなくてもいいはずなのです。 揚げ足を取るつもりはありませんが、こういうのは絶対に無理でしょう。 I found a killed lady. I found the lady killed.

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

私は高校を出てから老年になるまでいわゆる文法書を見たことがないように思います。学校の文法が要らないのではなくて、文法は高校までにあるていどマスターすべきものだと思われます。それ以降に必要なのは基本的には「実戦」です。Newsweek を読んだり、学術文献を読んだり、海外出張したりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 みんながみんな KappNetsさんのような英語のスペシャリストではありません。「実践」を「実戦」と書かれているところに、KappNetsさんのファイティングスピリットを感じます。 多くの人にとっては、英語学習は大きな負担になっていると思うし、 文法だって削れる部分もあるはずです。 KappNetsさんには具体例を挙げて、検証してもらったほうがいいでしょうか。

  • 回答No.1

これは全くの私見に過ぎません。よろしければ、お聞きください。 学校文法は、英文法ではないと思います。英文法というのは、生きている英語という言語の営みの中に、科学的な理論性を見つけようとする科学であって、多くの文法研究者がさまざまな試みを繰り返し、それなりに興味深い成果を上げているにも関わらず、万人が納得する考えはいまだに出ていません。 このような文法の研究成果も踏まえながら、初学者がとりあえずの拠り所とできるもので、能率的な教学ができると判断されてできた教育上の方便が学校文法といえるのではないでしょうか。 教育上の方便というのは、真実半分嘘半分です。すべてを真実にすると難解になって初学者を惑わせる結果になるでしょうから。たとえば、5文型の考えはそれなりに有用です。しかし、すべての文が5つの型に収まるわけではありませんから、こだわりすぎると却って邪魔になることでしょう。 学校文法は、役に立つところだけ役に立てたら、あとはさっぱりと無視するのが、豊かな英語という言語の海を思いっきり楽しむ唯一の方法ではないでしょうか。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ちょっと抽象的なご回答ですが、参考にさせていただきます。

質問者からの補足

>学校文法は、役に立つところだけ役に立てたら、あとはさっぱりと無視するのが 具体例を挙げていただくと助かります。

関連するQ&A

  • 日本式英文法

    こんにちは。日本の英語教育は文法に偏っていると言われています。 しかし、今回はそういった文法偏重の是非ではなく、日本式英文法解釈の合理性についてお尋ねしたいと思います。というのは、英語で書かれた英文法をWebで読んでいたら、conditional moodという用語が出てきたんですが、直訳すれば「条件法」となるでしょうけど、これはフランス語やイタリア語の文法では聞くけど、日本式英文法では用いられない用語です。仮定法とも関係あるようですが、仮定法は英語では subjunctive moodというので、違うらしいです。 また、phrasal verbというのもあるんですが、これも日本式英文法の「熟語」とも違うようです。 そこで質問ですが、その他にも ネーティブの英文法解釈が日本式英文法と違う点があれば、教えてください。また、日本以外の非英語圏では こういう風に解釈しているよ というのがあれば 更に大歓迎です。

  • 英語学習に英文法は不要である ?

    こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「1.英語学習に英文法は不要である」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本人は英語の学習には意欲的な人が多いけれど、文法が嫌いだとか苦手意識を持つ人が少なくありませんよね。そこで、巷では「英語に文法は要らない」というようなキャッチフレーズで英会話の教材を売り込んでいる業者も多いわけです。しかし、大人になって外国語(英語)を学ぶ場合、文法抜きでは効率が悪いし、かといって 学校で習ったような 文法に偏重した方法ではうまく消化できない人が多いし、消化したとしても 知識と理屈だけでスキルとしての英語力が貧弱な人が少なくありません。 そこで質問ですが、英語の文法はどこまでが必要で、どこが不要だと思いますか。私が思うのは、5文型の分類には不合理な点があるし、「仮定法」に関しては中途半端に用語を持ち出しているものの、英文法が大好きな英語の先生さえ 根本的な概念を明確に説明できる人は多くありません。

  • 仮定法 英文法

    日本の英語教育において仮定法過去と呼ばれている文法について、ネイティブの感覚に近い感覚で載っている洋書の文法書はないでしょうか? ハートで感じる英文法など日本語の文法書も読みましたが、納得がいきません。 Grammar in useのようなドリルではなく参考書のようなものがいいです。 注文が多いですがよろしくお願いします

  • 広義英文法、狭義英文法について

    私は狭義の英文法が英語において正しいもので、広義の英文法は間違えでデタラメなものだと思っています。(言い過ぎましたm(_ _)m) 例えば、広義の英文法では使役動詞にforceやgetなどが入っていますが、狭義の英文法では使役動詞に分類されません。確かに、狭義では使役動詞に分類されているhave、letなどとは文法的にも第四文型の補語に原型不定詞をいれるかto不定詞を入れるかで違うものとなっています。これは理解できるのですが、広義の英文法においてのforceなどが使役動詞に入る意味がわかりません。ただ単純に使役みたいな意味を持っている不完全他動詞(ここでは、感覚動詞、使役動物、第四文型をとる動詞と3つに分け、この中で後者をとる)だと思います。動詞の中では、文型によって違う意味を持つ動詞はいくらでもあります。(例:owe、allow、askなど) ここで質問です。(広義の英文法が正しいと思っている人限定) なぜ、広義の英文法は英文法において正しいと思うのですか? また、広義の英文法の良さについての意見も教えてくださいm(_ _)m

  • 学校で習う英文法は中途半端じゃないのか?

    こんにちは。日本の英語教育は文法に重点を置いていますよね。正しく英文を書くには英文法の知識は不可欠ですが、日本の学校で教える英文法は徹底しているようで、論理性や整合性に欠けたりして、不備な点があります。以下、挙げてみます。 1.文型: これは疑問視する人も多いですね。例えば“He breaks a window.”という文はSVOになりますが、進行形にすると、“He is breaking a window.”となりますよね。その場合、現在分詞を形容詞とちて扱うと SVCという見方もでき、却って混乱します。また、受動態にした場合、能動態では目的語だったのが主語になるのですが、主語だったのは何と呼ぶのか用語がありません。これはフランス語の文法では動作主補語と呼ぶんですが。 2.不定詞の分類:日本の学校では名詞的、形容詞的、副詞的用法と分類するのが好きなようですが、分類の難しいものがあります。例えば “I know how to cook. ”と言った時です。これは、howを名詞と看做し形容詞用法になるのか、副詞を修飾するのだから副詞的用法になるのか、knowという動詞の目的語になっているので名詞的用法になるのか、はっきりしません。アメリカの文法書ではあまり詳しく扱っていませんが、不定詞は動詞が名詞化したものであり、toの働きに還元して考えるようです。 3.動詞の叙法:アメリカの英文法書によると、次の5種類があります。 (1)indicative mood・・・・直説法のことです。最も基本的なのに、というかだからこそ、中学校では言及されず、仮定法と対比する段階になって初めて触れられます。 (2)imperative mood・・・・学校の英文法では「命令法」と言わず、「命令形」と呼ばれます。 (3)infinitive mood・・・・学校の英文法では「不定法」と呼ばれず、「不定詞」、または「原形」と呼ばれています。 (4)subjunctive mood・・・・所謂厳密な意味での「仮定法」のことです。しかし、「仮定法」という用語は学校の英文法では、動詞の叙法を指すのか、非現実の仮定の文の条件節を指すのか、構文そのものを指すのか不明確です。 (5)conditional mood・・・・学校の英文法では用いられない用語ですが、仮に「条件法」と呼ぶことにします。これは多くはwould+動詞の原形(助動詞の場合は過去形)で表わされる形で、仮定法とよく混同されます。 4.動詞のアスペクト: これは時制の中に取り込んで考えるのが普通なんですが、大雑把に言えば 普通の形と進行形の対立を含む動詞の様態です。日本の学校では進行形に出来ない動詞というのを習いますが、それでは日本語の「持つ」と「持っている」、「知る」と「知っている」は英語ではどう区別するのかということに関係しています。これは多くの人が見落としているんですが、日本語の現在形は英語の現在形用よりも未来形に対応することが多いんです。例えば友人と喫茶店行って、「何飲む?」と聞く場合は“What do you drink?”ではなく、“What will you drink?”とか “What are you going to drink?” が正しいんです。というのは、drinkのように英語で進行形に出来る動詞の現在形は反復動作や習慣を表すものであり、日本語と違い、一回限りの動作が近い未来に行われることを指すわけではないからです。ところが、学校の英語ではwillを「~だろう」、be going toを「~するつもりだ」と結び付けるので、正しく理解できないことが多くなります。 5:phrasal verb: これは look forやput offのような動詞に副詞や前置詞が付いた形を言います。これは中学校の英語では熟語扱いすることが多いんですが、これだと make up one's mind to のように名詞なども含んで少し長いものまで含まれます。しかし、句動詞とか群動詞とも呼ばれることもありますが、統一された呼び方はないようです。 また、look forのforやput offのoffの品詞は副詞になるのか前置詞になるのか、はっきりしないものが多いです。アメリカの文法書では こう言った一連の語句は particleとして敢えて区別しない場合も多いです。尚、フランスでは postposition(後置詞)として扱うこともあります。 私が思うに、多くの人は上記の理屈を知らなくても、多くの英文に触れながら感覚的に会得されていることと思います。ということは、どうせなら、学校で習う英文法ももっとスリム化できるのではないかと思うんです。むしろ、学校で教えるような中途半端さが余計に英語を分かりにくくしているような気がしますが、皆さんはその点に関してどう思いますか?

  • 英語教育、文法と訳読に偏りすぎ...

    英語教育、文法と訳読に偏りすぎ... こんにちは。ありきたりのつまらない質問です。小学校からの英語教育に関しては賛否両論に分かれますが、このサイトでは どちらかと言えば、反対意見の方がやや上回るように思えます。しかし、それじゃ いっそのこと 英語なんか高校から教えればどうかと言えば、高校からでは遅いという意見が大部分です。 しかし、問題は教え方ではないでしょうか? 日本では英語は訳読と文法にウェイトを置きますが、 これは英語が日本語と全く違う言語だからですよね。その点では 日本人はヨーロッパ人が英語を学習するよりずっと難しいですよね。でも、ここで疑問に思ったんですが、訳読と文法にウェイトを置く方法は ヨーロッパ人に比べたら むしろ 殊更大きなハンディキャップを背負うんじゃないでしょうか? ヨーロッパ人は自国語の文法も小学校からキチンと教わり、また自国語の理屈をある程度英語に当てはめて考えることができますが、日本では 膨大な漢字を覚えるためでしょうか、小学校では文法にはほとんど触れず、中学でもさらりとしか習わず、皮肉なことに、挙句には 日本語よりも英語の文法に詳しくなり、日本語の構文にも英文法用語を持ち出す人もいるほどです。それに、大昔英語を学んだ人たちは一部の知識人だけで、多くは漢文の素養があり、オランダ語から英語に乗り換えた人も少なくなかったでしょうから、外国語の文章を解読することには慣れていたので、理には適っていたと思います。 そこで質問です。英語はどのように教えるのがベストだと思いますか?

  • 日本人の多くは英文法の勉強が足りない?

    ある有名大学と英会話学校で英語を教えているイギリス人の女性と話をする機会がありました。 彼女によれば、「日本の学生も社会人も文法を正確に身に付けている人が少ない。英語に上達するには、文法を徹底的に学んで身に付けるのが最も早道だ」そうです。 「私も英会話学校に通いたい」と言ったところ、「日本には優れた英文法書や問題集があるので、そちらで勉強した方が早いし安い。英会話学校に行く必要はない」と主張していました。彼女は日本語を勉強するとき、文法・文法演習→文章を読んで、暗記する、という順序だったそうです。日本語の単語・文章を大量に徹底的に暗記させられたそうです。日本語をかなり流暢に話せて書くこともできます。 質問は、 01, 日本人は、英語の文法を性格に身に付けている人が少ないと思いますか? 02, 文法を勉強しつつ読解を勉強する、大量に単語・文章を暗記するというのか良い方法だと思いますか? 「日本人は文法ばかり気にするから英語が話せない」とよく耳にしますが、彼女の意見や勉強法は、それとは逆のような気がします。皆さんの意見や経験を教えてください。よろしくお願いします。

  • 英文法用語について

    今、英語で書かれた英語の文法書を読んで英語の復習をしているんですが、まあ、スルーしても支障はないんですが、ふと、疑問に思いました。 先ずは、受動態の文です。 This book was written by my sister. この文で、my sisterはagentと呼ばれているんですが、日本の英文法用語では何と言うんでしょうか? 次に、lessを使った比較の文です。 I prefer less sweet wine. これは、形容詞の inferiority comparativeと呼ばれているんですが、同様に 日本の英文法用語では何と言うんでしょうか? なお、素朴な疑問なので、こんなの覚えてどうするんだみたいな突っ込みはご勘弁ください。

  • 文法と訳読に偏りすぎる英語教育の弊害

    毎度くだらない質問です。 日本の英語教育って文法と訳読に偏っていますよね。 しかし、私たち自身、日本語の文法を体系的に知っていないし、知っていたとしても 英語と日本語ではあまりにも構造の違いが大きいので 対応させるには無理があります。 皮肉なことに、日本語の文法に英文法用語を持ち出す人もいるほです。 さて、例えば「どこに行くの?」は英語で “Where are you going?”であって “Where do you go?” ではありませんよね。そして「分った?」は“Have you understood? ”であって、“Did you understand”ではありません。また、「誰が旗を持つの?」は “Who will hold the flag?”であって、“Who has the flag?”ではありません。 こういうのって、現在進行形とか現在完了とかの文法で説明されても分かりにくいし、 また、訳読に頼った学習法だと 自分で少し変な英作文をしても どこが変なのか気付きにくくなると思います。 そして、文法と訳読に偏った学習法は結局は逆に遠回りしているように感じます。 メリットと言えば、同じ方法でフランス語やドイツ語を勉強した場合 短期間で荒削りながら 難しい文章を読めるようになることくらいでしょうか。 そこで質問ですが、日本の英語教育はどうして 文法と訳読の偏向から抜け出せないのでしょうか?

  • 英文法に関して

    私は阪大法学部を目指している新高3生なんですが、英文法に関していくつか質問があります 自分の学校では英文法の教材としてネクステージを配布し、それを今まで小テストという形でこなしてきたのですが、いかんせん自分には「ここまでやらなくても・・・・」と思えるのです。確かにセンター・二次試験にも通ずるところはあるとは思いますが、あまりにもマニアックすぎる問題もあるため、意味がないのでは?とおもってしまいます そこで聞きたいのですが 1、国公立を目指す人にとってネクステージのような1000題を超えるような問題集をやる意味はあるのでしょうか? 2,国公立を目指す人は私学の滑り止めを受ける際に、文法や熟語面でかなり苦戦することになるのでしょうか? 3,文法でおすすめの問題集があったら教えてください。 上記の質問に答えていただければ幸いです