• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

なぜ熱いものは上に上がるのか、科学的な説明も含め、教えて下さい。

『なぜ熱いものは上に上がるのか』科学的な説明を含め、教えて下さい。 また、『収縮すると熱を発する』というヒントをもらいました。 『燃やすとどんな色になるか』ということも含めてご説明いただけると幸いです。 自分なりに調べてわかったことは 『収縮する→分子の運動量が上がる→温度が上がる→膨張し密度が下がる→軽くなり、上に上がる』です。 ただ、分子の運動量が上がり温度が上がるということは、膨張し密度が下がると分子の運動量が下がり、 温度が下がってしまいそうな気がするのですが、どうなのでしょうか? これらをどのように文章にしていったらいいか、悩んでいます。 どうぞアドバイスをよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数213
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1547/5615)

熱いということはどういうことか意味を考える必要があります。 熱いとは分子運動速度が速く圧力が高くなると言うことです。 圧力が高くなれば広がって体積が増えて密度が下がります。 この状態で外部との圧力が釣り合うまで体積が増えま温度は少し下がりますが、やはり周囲よりも温度が高く密度は低い状態です。 この状態で分子運動速度が下がるのではなくて密度が下がったために温度が低く測定されると言うことです。 燃やすとどんな色になるか、と言うことは高温になった時のガスが発生する特有の温度に関係しています。 ガスが発生する色に関しては物性の表等を探せばすぐに見つけることができます。 赤い色が多いのは熱輻射と言われる燃える時の温度によって全ての物質が出す光成分が多いからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 調べてみます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

まず >『なぜ熱いものは上に上がるのか』 という問題設定自体が曖昧です。 どういう場面で、どういう現象を考えておられるのでしょうか。 いつでも成り立つ現象ではないはずです。 科学的な説明を要求する前に、現象を科学的に記述する姿勢が必要です。 >また、『収縮すると熱を発する』というヒントをもらいました。 こういう見当違いのヒントに振り回されてしまうのは、ご自身がはっきりと現象を理解しておられないからです。 >『燃やすとどんな色になるか』ということも含めてご説明いただけると幸いです。 関係のない別の内容の質問を並べて書いていれば何が本当に知りたいのかが分からなくなります。(この質問も内容のハッキリしないものです。何を燃やしたときの色ですか? 燃やしてみればわかるでしょう?) >『収縮する→分子の運動量が上がる→温度が上がる→膨張し密度が下がる→軽くなり、上に上がる』です。 収縮して、膨張すれば元に戻るだけです。 ・「収縮する理由」は何ですか。 ・「収縮すれば分子の運動量が上がる」のはどうしてですか。 後半の >「温度が上がる→膨張し密度が下がる→軽くなり、上に上がる」 は認めておられるのですね。 であれば一番最初の質問 >『なぜ熱いものは上に上がるのか』 は分かっているということではないですか。 質問は別のところにあるのではないですか。 >分子の運動量が上がり温度が上がるということは、膨張し密度が下がると分子の運動量が下がり、温度が下がってしまいそうな気がするのですが、どうなのでしょうか? これが質問の中身ですか。 >「→温度が上がる」 と矢印が付いていますから「温度が上がる仕組み」が知りたかったのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>『収縮する→分子の運動量が上がる→温度が上がる→膨張し密度が下がる→軽くなり、上に上がる』 >ただ、分子の運動量が上がり温度が上がるということは、膨張し密度が下がると分子の運動量が下がり、温度が下がってしまいそうな気がするのですが、どうなのでしょうか? ある塊が外部からエネルギーをもらったり、外部に与えたりしない状態では、 『収縮する→密度が上がる→重くなり下に下がる→分子の運動量が上がる→温度が上がる→膨張し密度が下がる→軽くなり、上に上がり→結局、元の状態に戻る』 ということでしょう。  考察過程の中で条件、状態が抜けると、思わぬ方向に結論がでます。 思い込みが推論を時として思わぬ方に走らすことがあります、注意ながら、結論を導くようにしましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。 もう一度、頭の中をクリアにして考えてみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 暖かい空気はなぜ上に昇るの?

    お風呂のお湯でもそうですが、暖かい空気塊は上に昇り、冷たい空気塊は下にたまる・・・という現象は、暖かい空気塊の分子は熱によりエネルギーをもらい、自分の運動エネルギーに変えて激しく運動するため、単位体積当たりの密度が下がり、いわゆる‘軽くなる’ため、上にあがるという事を学んだ記憶があるのですが、でも何で軽くなると上に昇っていくのしょうか。 分子運動のレベルで考えて、激しく運動するとだんだん上に昇っていく原理が分かりません。 どうかこの論理についてご存知の方教えて下さい。

  • 原子は絶対零度?

    熱とは分子の振動だとすれば、温度とは分子の運動量を測っているわけであり原子そのものに温度は無く、絶対零度のままである?1000℃の鉄でも原子自体の温度は絶対零度?

  • 主系列星から巨星へ

    主系列星は長期にわたり安定に水素の核融合反応を続けるが、反応の結果生じるヘリウムが星の中心部に核をつくり、反応を行う部分はしだいに外側へ広がっていく。これとともに中心部は密度と温度が上昇し、核融合反応は活発になる。その結果、星の外層部は膨張し、半径の大きな明るい星へと移行を始め、(赤色)巨星または超巨星へと進化していく。 これに関する補足説明なんで、さっぱりわからなく、困ってます。 星の中心部のヘリウムの核が増大していく途中で、核に急激な収縮が起こるため(1)、星の内部での均衡に変化が生じ、外層部が膨張して表面温度が低下する。(2)しかし、4000Kほどに温度が下がると外層部では対流(3)による熱の運搬が行われる状態になって、再び明るくなり(4)(赤色)巨星へ進化する。 (1)増大していく途中で収縮、この増大と収縮という正反対の現象が同時に起こるという意味がわからないんです。 (2)膨張するのはなぜなんでしょうか。また、なぜ膨張→表面温度の低下なんでしょうか。 (3)温度低下が対流をひきおこすのはなぜなんでしょうか。 (4)対流が起こると明るくなるのはなぜなんでしょうか。 この文章から次から次へと疑問がわいてきます。どうか教えていただけないでしょうか。

  • PP材の熱膨張・収縮について

    PP材の熱膨張・収縮について下記3点について教えてください。 1.成型後の製品で使用温度にて熱膨張する際に成型品はどのような変位をするのでしょうか 製品全体が熱膨張し均一に変位するのか? それとも部位ごとに変位量に違いがあり  まちまちに変位するのか? 2.マイナス温度(-30°等)の使用環境においてPP材は収縮するというのは わかっているのですが成型後の冷え固まった製品が、マイナス温度環境においてさらに 収縮するのはなぜですか? 原理が知りたいです。 3.上記熱膨張と収縮については金型設計する際に考慮しているものなのでしょうか?  当方金型設計の経験がなく、どのように配慮しているのかが知りたいです。

  • 熱影響による歪み(変形)の科学的説明と、冷却によ…

    熱影響による歪み(変形)の科学的説明と、冷却による効果について。 溶接によるひずみに悩まされているのですが、金属は、どうして熱によって歪むのでしょうか? 光熱によって、分子の結合が変化するということでしょうか? 科学的な説明をご存知の方、よろしくお願いいたします。 また、ガス切断機を使って歪み取りをしますが、 炎による熱し後、もしくは熱し中に、水による冷却を行っているのをみます。 あれは、どういった効果があるのですか? 冷やすことにより、熱し効果を大きくしてるのでしょうか? それとも、急速冷却することでの、時間の短縮でしょうか?

  • 温度分布の異なる流体の挙動

    流体(たとえば水や空気)を熱すると温度の高いものはうえに上昇するのは日常よくみかけることですが その理由を考えると自分では答えがでませんでした。 友人に聞いてみると熱せられた流体は分子の運動が激しくなり密度が低くなるから上に上昇するのだと答えてくれましたが 気体の場合は液体のような分子間力がないために個々の粒子について考えてみると 温度の高い低いに関係なく同じ大きさの重力が働くだろうから上に上昇する説明ができないような気がします。 たぶん空気のような密な気体を個々で考えるのは間違っているのでしょうけど 集団としてかんがえるとどうなるのかがわかりません。 なぜ温度の高い流体が上に集まるのかを教えてください。 また、無重力環境下ではどうなるのでしょうか? 上述のような分布の偏りは起こるのでしょうか(対流と関係あるような気はしてるですが) 基本的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

  • 気体の粘性と水の粘性

    「気体の粘性率は一般に温度とともに上昇する」というのは、気体分子の熱運動が温度とともに激しくなり気体分子間の相互作用が大きくなるためであるということはわかるのですが、水の場合はなぜ温度とともに粘性率が減少するのですか?分子間力と水の密度になにか関係があるのでしょうか?教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします

  • 熱応力って・・・

    いつもお世話になります。 現在、部品間の膨張収縮で悩んでます。 熱応力っていうのは、 単に 線膨張係数、弾性率、温度変化 で考えればいいのでしょうか? 個人的には、硬さなども 考慮しなければならないのではと思うのですが・・・ 一番利くのは、やっぱり線膨張係数なのでしょうか? どのようなお話でも構いませんので、 熱応力に関するアドバイスを御教授下さい。

  • 液体の密度と温度について

    実験でエタノール水溶液の密度を測定したのですが、 温度を上げていくと→熱運動によって液体の個々の分子がより広範囲で動けるようになる→体積が増える→密度が減少する。 だと思ったのですが、エタノールのように揮発性のある液体の場合、液体が気化したら体積はは減少するので密度は増加しますよね?同様に温度を上げたことによってその液体が蒸発したらやはり密度は増加すると思うんですが、「温度を上げて行くと、液体の密度は減少する」というのはその液体が蒸発しはじめるまで。と考えてよいのでしょうか??

  • お料理レシピを科学的に説明できないのか?

    「料理・グルメ」カテに行けと言われそうですけど、ちょっと話を聞いてください。 僕は料理のレシピなどをみてイラつくことが多いです。 食材の分量が書いてありながら、調味料は「適量」だの「少々」だの「お好み」だの、結局どれぐらい入れて良いのかの規準が分からなくてロクな仕上がりにならないのです。 先ほども某サイトの特集記事で「美味しい焼きそばの作り方」とあったんですけど、途中で「ここで麺を入れてください。麺は引っ付きやすいので注意しながら炒めてください」とありました。 注意しながら~? どう注意すれば良いんじゃい!? 何がどうなったら引っ付くのかもわからんのに、注意して引っ付くところを確認したところで対応なんかできるかボケーッ! と思ってしまいました。 正直、世の男性で料理に挫折する人って、こういう曖昧な部分にではないでしょうか? 男ってだいたいはっきりとした数字が大好きですよね。 料理って科学だと思うんですよ。 熱を加えて調味料と化学反応を起こし、一つの結果に持っていく。 レシピに「適量」やら「少々」やらの言葉が使われるのも分かります。 気温や食材の大きさ温度、体調による味覚の変化などを考えると「これ」という数字を出せないのでしょう。 個人の好みもあるでしょうから「お好み」ともするんでしょう。 でもね、それならそれで、気温は何度、食材の大きさは何cm角で温度は何度、これに対して塩○グラム・・・とか、先生の感覚で一つの基準は決められると思うんですよ。 味の好みに個人差があるって言ったって、「先生はこの味を完成品とした」という一つの基準を示せると思うんですね。 あとはその数字を基準に、各々でそれこそ「好みの味」に調整すれば良いだけで・・・。 でも、適量だの少々だの、ましてはお好みだのでは、どこから始めて良いか分からないわけです。 「料理研究家」なんて名乗ってる人が多いですけど、科学の研究者みたいな本格的なものじゃないですよね。 どなたか理系研究者で、料理を科学的に研究している方はいらっしゃらないんでしょうか? 道具の使い方から・・・例えば、鉄のフライパンを使う時には「油返し」というのが必要なんですけど、「これは鉄の分子が・・・」とかその仕組みと必要性を説明できるような研究をしてる人とか。 料理やってる人はこの油返しが必要とは言っていても、なぜそれで食材が鍋肌にくっつかなくなるのかとかまでは説明できないんですよね。 食材が焦げ付く仕組みとか、フライパンに入れる油がなぜ大さじ○杯なのかの理由と調整するための条件とか。 こういうこと細かな部分を科学的に説明してくれるような、「科学者が教える料理教室」みたいなサイトでもあれば、料理に挑戦しようとしている男性は喜ぶと思うんですけど、どなたかやってもらえないんでしょうか?(^_^; 宇宙だとか環境エネルギーだとか、もう本当にすごくて人類にとって必要な研究がたくさんあることは分かりますよ? でも、こういう一番身近なことに目を向けて研究してくださる科学者の方がいても良いと思うんですけど・・・。 料理は科学的に説明できないものでしょうか? 科学であるための条件の一つに「再現性」というのがあると聞きました。 料理はまさにこれがないとダメなのに、レシピは不充分に感じることが多い。 感覚的なものにばかり頼っているからだと思います。 男も料理をして当たり前の時代、料理の世界にも科学の協力が必要なんです。 できないもんですかねぇ・・・?(^_^;