• ベストアンサー
  • 困ってます

振動する台上における相対運動

水平の台の上に物体が乗っています。 台と物体の間には摩擦が働き、 摩擦係数は物体の速度(v1とします)に比例しμ = kv1と表せます。 ここで、台が変位H(t)、物体がh(t)の変位で運動したとします。 この運動を台上から観測したとすると、 物体の相対的な変位はh(t)-H(t)となりますよね。 これを新たにS(t)とします。またこれからは、慣性系に対する物体の速度をV(t)、加速度をA(t)とした場合 V(t) = dS(t)/dt = dh(t)/dt + dH(t)/dt -----------(1) A(t) = d^2S(t)/dt^2 = d^2h(t)/dt^2 + d^2H/dt^2 -----------(2) となると思います。 で、h(t) = H(ω)exp(iωt) ----------(3) H(t) = Lexp(iωt)  ----------(4) が与えられているとき、 H(ω)を求めよって問題なんですが、これがいまいち分かりません (前置きが長くてすみません) 摩擦力は速度に比例するので、 f = mgkv1 = mgk×dS(t)/dt ----------(5) となりますよね。これを運動方程式に代入した場合、 ma=f ですので、 m×d^2S(t)/dt^2 = mgk×dS(t)/dt この式を、変数分離して物体の相対速度が求まりました。 また(3)、(4)を(1)に代入しても相対速度が求まります。 これを連立させると、H(ω)が求まったのですが、虚数が出てきてしまいました。あっているのかも分かりませんが、どんな運動をするのか、どなたかわかる方教えてください。 あと今までの過程に正直自信がありません。間違っていたらそこも指摘していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数236
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>摩擦係数は物体の速度(v1とします)に比例しμ = kv1と表せます。 摩擦係数というなら通常v1は,すべり速度(相対速度dh/dt)であるのが現実に近そうですが,絶対速度でよいのでしょうか? >H(ω)が求まったのですが、虚数が出てきてしまいました。 虚数になること自体は問題ないと思います。振動因子exp(iωt)自体が虚数ですから,現実の変位は両者の積から実数部をとればよく,H(ω)が虚数になることで台の振動からの位相のずれが表現できることになるのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >摩擦係数というなら通常v1は,すべり速度(相対速度dh/dt)であるのが現実に近そうですが,絶対速度でよいのでしょうか? そうですね、すべり速度だと思います。ですから、初めからdh/dtで良かったのですね。 >虚数になること自体は問題ないと思います。振動因子exp(iωt)自体が虚数ですから,現実の変位は両者の積から実数部をとればよく,H(ω)が虚数になることで台の振動からの位相のずれが表現できることになるのではないでしょうか? 虚数部は位相のずれを表していたのですね。知りませんでした もう一度、この分野について勉強しなおしてみようと思います。 ありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>慣性系に対する物体の速度をV(t)、加速度をA(t)とした場合 V(t) = dS(t)/dt = dh(t)/dt + dH(t)/dt -----------(1) A(t) = d^2S(t)/dt^2 = d^2h(t)/dt^2 + d^2H/dt^2 -----------(2) H(t),h(t)は慣性系に対する変位ではなかったのですか? だとすると,相対変位S(t)は慣性系に対するではなく台(加速系)に対するものですよね? で,上でS=h-Hとして,どうしていきなりS=h+Hになったのでしょう? このhとHの扱いがぐちゃぐちゃになっています。 もともと与えられた問題と,あなたの考察とを分けて書いていないので,理解できない展開になっちゃってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >H(t),h(t)は慣性系に対する変位ではなかったのですか? 失礼しました。仰るとおりで、台に対する運動でした。 慣性系では、 台に働く力は、速度に比例する摩擦力のみなので加速度を h(t)で二階微分したものh''(t)、力は垂直抗力mgに摩擦係数であるh'(t)をかけたものでよかったでしょうか mh''(t) = -mgh'(t)  >H(t),h(t)は慣性系に対する変位ではなかったのですか? これも、おっしゃっる通りです。ただ単に間違えてしまいました。 与えられた問題は整理しますと、 摩擦係数 μ 物体の変位:h(t) = H(ω)exp(iωt) 台の変位 :H(t) = Lexp(iωt)  が与えられた時、H(ω)を求め、 ωが極端に大きくなった場合と極端に大きくなった場合の物体の動きを 求めよという感じです。   

質問者からの補足

すみません、2つ目の >H(t),h(t)は慣性系に対する変位ではなかったのですか? これも、おっしゃっる通りです。ただ単に間違えてしまいました。 は、 >上でS=h-Hとして,どうしていきなりS=h+Hになったのでしょう? に対する回答です。

関連するQ&A

  • 相対速度と運動量(力積)

    大学生にもなって相対速度につまづいてしまいました。 どなたかご教授お願いいたします。 なめらかな床を水平方向に進む重さMの物体Aが、速さVの時、重さmの小球Bを発射した。 その向きは、物体Aの進む向きと逆とする。 小球発射直前のAに対して相対的に測った小球Bの発射速度の大きさをvとし、 かつ発射にΔtかかったとして、その間に小球が受けた平均の力の大きさFを求めよ。 という問いで、 「-FΔt=m(V-v)-mV=-mv」とありました。 物体の外から見て、小球がどちら側へ進んでいるか分かりませんし、 「相対速度」の「大きさ」とあって戸惑ってしまいました。 全てが「速度」とあれば、深く考えることは無いのですが…。 相対速度を用いた運動量(力積)をいまいち理解していないためだと思います。 どうか助けてください。

  • 相対速度の求め方

    ある慣性系から見て速度vaで移動している物体Aと速度vbで移動している物体Bがあるとき、物体Bの慣性系から見た物体Aの相対速度は、光の速度を無視できる場合なら、va-vbになると思いますが、光の速度が無視できない場合にはどうなりますか? 初歩的な質問ですみません。

  • 外力のある相対運動

    物体が二つあった場合、そこに働く力がお互いの相互作用(ばねなど)だけの場合は 換算質量を用いた相対座標系における運動方程式をとくことで、二つの物体の相対位置と相対速度がわかると思いますが、もしも物質AとBそれぞれに働く外力がことなる場合は、このように一つの運動方程式をとくことで相対位置を求めることができないのでしょうか?

  • 2物体の相対運動

    二つの物体がお互いに接近してきて、衝突する問題についてなのですが、 物体Aが速度ua、物体Bが速度ubで接近してきているとします。 従って相対速度ua+ubで近づくとおもうんですが、このような問題の場合、片方(物体B)を固定して 固定した物体から見た運動として考えることはできないのでしょうか? つまり物体Aが速度ua+ubで固定されたBに近づくと考えたのですが、 その場合衝突後の速度ははね返り係数をeとするとどうなるのでしょうか? 運動量が保存するのであくまでBからみた運動と考えると完全弾性衝突(e=1)として考えていいのでしょうか? あとよくこういった2体問題で換算質量を用いられているとおもうのですが、あれの意味はいったいなんなのでしょうか? 素直にそれぞれの物体について運動方程式を考えるだけではいけないのでしょうか?

  • 相対速度について

    数ある類似の質問から同じ質問を見つけられずにすいません。 相対速度についてのごくごく基本的な質問です。 基準となる物体Aの運動が0↑、対象Bの速度がVB↑であるとき、相対速度V↑=VB↑-0↑は成り立ちますか。

  • 2物体の相対速度が0のとき。。。

    ある参考書には 『2物体が動いてるときは、相対速度に注目する。  ・最も近づく(遠ざかる)ときは相対速度0』 とだけ書いてありました。 確かにそうだよなぁ~とは思うんですが、 距離に関係なく2物体の速度が同じであれば 相対速度って0ですよね? こう書いてある意図はなんなんでしょか? どうかみなさん、教えてください!!お願いします!!

  • 衝突寸前の相対速度

    二つの質量m_1,m_2の物体が、相対距離に比例する引力を受けて運動する。相対距離aの位置から静かに離したとき、衝突する直前の相対速度は? と言う問題なのですが・・・。 引力はだんだん弱まっていくので微小時間Δtの間に進む距離を考えてやったのですが、式がめちゃくちゃになってしまいました。どのように考えればよいでしょうか。分かる方回答お願いします!

  • 相対速度式について

    すれ違いの相対速度を求める式は厳密に表すと、 相対速度V、すれ違う物体の速度をそれぞれv↓a,v↓b 、光速をcとして、 V=(v↓a+v↓b)/1+((v↓a・v↓b)/c^2) となるらしく、 相対性理論の話が関わっていそう なのですがどのような理由で上式が立つのでしょうか? また、並走する場合の式はどのようになるのでしょうか?

  • 微分積分を用いた力学

    質量mの物体が一直線上を運動している。この物体には、変位xに比例する復元力F=-kxが働いている。kは正の定数である。時刻t=0のとき物体の変位はx=0、速度はvoであったとする。この物体の運動について次の各問いについて教えてください。 (a)この物体の運動方程式を求めよ (b)(a)の運動方程式の解として時刻tにおける物体の変位xはx=Asinωtと表されるとする。ただしωとAは条件によって決まる定数である。この式を運動方程式に代入し初期条件を用いるとω、Aの値が定まる。ωとAはどんな値になるか。 よろしくお願いします。

  • 物体に摩擦力が働く調和振動

    <<問題>> 水平な床の上を、ばね定数kのばねで繋がれた質量mの物体が運動する場合を考える。ばねの自然の長さからの変位をxとし、x軸を右方向が正となるように選ぶことにする。時刻t=0においてx=X(X≧0)で静かに手を離す場合の物体の運動について、次の問いに答えなさい。動摩擦係数をμ 重力加速度をgとする。 摩擦力が働いている場合、運動方程式は非同次方程式となる。その特別解をx=Aの形に仮定し,xが解となるようにAをμ,g,m,kで表しなさい。 <<解法>> 摩擦力が0の場合の一般解を求めて、それを摩擦力≠0の時の運動方程式に代入していくと  2 mω (Acosωt+Bsinωt)=-k(Acosωt+Bsinωt)+F ここまでは分かるのですが、ここからどのようにして Aを表していけばいいかがわかりません。 お願いします。