• 締切済み
  • すぐに回答を!

2物体の相対運動

二つの物体がお互いに接近してきて、衝突する問題についてなのですが、 物体Aが速度ua、物体Bが速度ubで接近してきているとします。 従って相対速度ua+ubで近づくとおもうんですが、このような問題の場合、片方(物体B)を固定して 固定した物体から見た運動として考えることはできないのでしょうか? つまり物体Aが速度ua+ubで固定されたBに近づくと考えたのですが、 その場合衝突後の速度ははね返り係数をeとするとどうなるのでしょうか? 運動量が保存するのであくまでBからみた運動と考えると完全弾性衝突(e=1)として考えていいのでしょうか? あとよくこういった2体問題で換算質量を用いられているとおもうのですが、あれの意味はいったいなんなのでしょうか? 素直にそれぞれの物体について運動方程式を考えるだけではいけないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数720
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

>二つのやり方があるということでしょうか? そうですね。今回の問題では衝突時の過渡現象は考えないのでしょうから,相対運動は衝突前後で別に考えればよいと思います。相互作用が変わらなければ時間的に対称な運動になります。ただし,この場合衝突前後で座標系が変わりますので全体の絶対的な運動はこの方法で求めることはできません。 >相対座標系で考える場合、 初期位置、初期速度といった与える情報は全てAとBの相対的な情報となるのでしょうか? 相対座標を用いることで,AとB個別の運動方程式を考えるときに生じる両者の座標のいりまじりを解決することができるのです。あたかも換算質量をもった質点が相対座標にしたがって運動するかのような運動方程式になるので,初期条件はすべて相対座標によるもの(初期相対座標,初期相対速度)でなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 相対運動の考え方

    二つの物体A、Bがあり、Aは鉛直下向き、Bは鉛直上向きに運動し、お互いに接近している運動を考えます。接近し、いずれ衝突し、反発するので、その粒子間の距離が時間的にどのよう変化していくのか知りたいのですが、以下の考えたは間違っているでしょうか? Bを基準としてAの運動を考える。 つまり速度U= Ua-UbでAがBに接近してくる。 Aについての運動方程式 m1 * a = Fをとく Aの位置がBの位置と重なったらAの速度を符号反対にしてe倍(はねかえり定数)する。 衝突後もさきほどと同様の運動方程式をとく Bを基準として考えたので、Aの運動方程式をとくだけでAの位置がもとまり、それがそのまま物体間の距離になるとおもったのですが、どうなのでしょうか?

  • 外力のある相対運動

    物体が二つあった場合、そこに働く力がお互いの相互作用(ばねなど)だけの場合は 換算質量を用いた相対座標系における運動方程式をとくことで、二つの物体の相対位置と相対速度がわかると思いますが、もしも物質AとBそれぞれに働く外力がことなる場合は、このように一つの運動方程式をとくことで相対位置を求めることができないのでしょうか?

  • 2物体の相対速度が0のとき。。。

    ある参考書には 『2物体が動いてるときは、相対速度に注目する。  ・最も近づく(遠ざかる)ときは相対速度0』 とだけ書いてありました。 確かにそうだよなぁ~とは思うんですが、 距離に関係なく2物体の速度が同じであれば 相対速度って0ですよね? こう書いてある意図はなんなんでしょか? どうかみなさん、教えてください!!お願いします!!

  • 回答No.2

>Bを基準としてAの運動を追う、これが相対座標だと思っているのですが、ちがうのでしょうか? そのような特殊な座標系を考えることに意味がないわけではないですが,衝突前後で異なる慣性系に乗り換えることになりますね? 運動の法則が成立するのは終始同一の慣性系においてのみですから,衝突前後で運動の法則が成立しなくなってしまいます。たとえば,衝突現象の解析にとって最重要な運動量保存が成り立ちません。 相対座標による記述は,実は重心系における記述と同値であり,実質的な外力が無視できるような場合は重心系は慣性系にほかなりません。相対位置という特殊な座標を選んだために,「換算質量」なる副作用が現れるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

それでは Aについての運動方程式 Bについての運動方程式 を個々にとき、求めたAの位置とBの位置からA-B間の距離を求めるか 相対座標系を考えて換算質量を用いた運動方程式をといて換算質量を持つ物体の位置(A-B間の距離)を求めるかの二つのやり方があるということでしょうか? 相対座標系で考える場合、 初期位置、初期速度といった与える情報は全てAとBの相対的な情報となるのでしょうか?

  • 回答No.1

>固定した物体から見た運動として考えることはできないのでしょうか? もちろん可能です。運動の解析を簡略化するひとつの手段といえます。ただし,衝突後はもはや「固定」していないので,衝突前後を一貫したBの立場で追うことはできません。 >衝突後の速度ははね返り係数をeとするとどうなるのでしょうか? e=1は運動量保存とは無関係で,エネルギー保存ですね。はね返り係数は衝突前後の「相対速さ」の比ですから,どのような慣性系(静止系や)から見ても同じです。 >換算質量を用いられているとおもうのですが、 相対座標を取り入れたときにその副作用として現れるものです。あたかも「換算質量」μなる質量をもつ仮想物体が相対座標にしたがって運動するような運動方程式となるということです。 >素直にそれぞれの物体について運動方程式を考えるだけではいけないのでしょうか? 基本はこれです。もちろん,この考え方でゴリゴリ押し通してもよいのです。ただし,物体が複数になって複雑な系になると,その解析が物体の数とともに飛躍的に難しくなります。そこで,重心の運動方程式と相対座標の運動方程式に分解する…というような工夫がなされているわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答してくださってありがとうございます。 2つの物体が接近中の運動はBを固定(基準)として考えてもよろしいということですか? (つまりAとBが接近する運動は、Bが静止でAが速度ua+ubでBに接近している運動と同値とみなせる) >ただし,衝突後はもはや「固定」していないので,衝突前後を一貫したBの立場で追うことはできません。 衝突後はBは固定されていないので というのは分かるのですが、Bを基準として考える(B基準の相対座標)ならば、先ほどのようにBが静止でAが速度ua+ubでBに接近している運動と同値とみなせないのでしょうか? そもそも、Bを基準としてAの運動を追う、これが相対座標だと思っているのですが、ちがうのでしょうか?

関連するQ&A

  • 相対速度と運動量(力積)

    大学生にもなって相対速度につまづいてしまいました。 どなたかご教授お願いいたします。 なめらかな床を水平方向に進む重さMの物体Aが、速さVの時、重さmの小球Bを発射した。 その向きは、物体Aの進む向きと逆とする。 小球発射直前のAに対して相対的に測った小球Bの発射速度の大きさをvとし、 かつ発射にΔtかかったとして、その間に小球が受けた平均の力の大きさFを求めよ。 という問いで、 「-FΔt=m(V-v)-mV=-mv」とありました。 物体の外から見て、小球がどちら側へ進んでいるか分かりませんし、 「相対速度」の「大きさ」とあって戸惑ってしまいました。 全てが「速度」とあれば、深く考えることは無いのですが…。 相対速度を用いた運動量(力積)をいまいち理解していないためだと思います。 どうか助けてください。

  • 振動する台上における相対運動

    水平の台の上に物体が乗っています。 台と物体の間には摩擦が働き、 摩擦係数は物体の速度(v1とします)に比例しμ = kv1と表せます。 ここで、台が変位H(t)、物体がh(t)の変位で運動したとします。 この運動を台上から観測したとすると、 物体の相対的な変位はh(t)-H(t)となりますよね。 これを新たにS(t)とします。またこれからは、慣性系に対する物体の速度をV(t)、加速度をA(t)とした場合 V(t) = dS(t)/dt = dh(t)/dt + dH(t)/dt -----------(1) A(t) = d^2S(t)/dt^2 = d^2h(t)/dt^2 + d^2H/dt^2 -----------(2) となると思います。 で、h(t) = H(ω)exp(iωt) ----------(3) H(t) = Lexp(iωt)  ----------(4) が与えられているとき、 H(ω)を求めよって問題なんですが、これがいまいち分かりません (前置きが長くてすみません) 摩擦力は速度に比例するので、 f = mgkv1 = mgk×dS(t)/dt ----------(5) となりますよね。これを運動方程式に代入した場合、 ma=f ですので、 m×d^2S(t)/dt^2 = mgk×dS(t)/dt この式を、変数分離して物体の相対速度が求まりました。 また(3)、(4)を(1)に代入しても相対速度が求まります。 これを連立させると、H(ω)が求まったのですが、虚数が出てきてしまいました。あっているのかも分かりませんが、どんな運動をするのか、どなたかわかる方教えてください。 あと今までの過程に正直自信がありません。間違っていたらそこも指摘していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 【高校物理】 二物体の衝突

    ふと疑問に思ったので質問させていただきます。 【問題】 質量がMの小物体A・Bがある。 Aを初速度VでB方向に打ち出し、 その後、AとBは完全弾性衝突しBは動き出した。 衝突後のA・Bの速度を求めよ。 但し、この運動は一直線上でのみ行われるものとする。 【自分の考え】 衝突後のそれぞれの速度をV(A),V(b)とする。 まず二物体は完全弾性衝突をしたので力学的エネルギーが保存されるので、 (1/2)MV^2=(1/2)M{V(A)}^2+(1/2)M{V(B)}^2 V^2={V(A)}^2+{V(B)}^2…(1) また、運動量が保存されるので MV=MV(A)+MV(B) V=V(A)+V(B)…(2) (2)を(1)に代入して整理すると、 V(A)*V(B)=0 ここで衝突後Bは動き出したので、V(A)=0 (2)に代入し、V(B)=V この考え方であっているでしょうか。

  • 相対速度について

    数ある類似の質問から同じ質問を見つけられずにすいません。 相対速度についてのごくごく基本的な質問です。 基準となる物体Aの運動が0↑、対象Bの速度がVB↑であるとき、相対速度V↑=VB↑-0↑は成り立ちますか。

  • 非弾性衝突で運動量はどうして保存されるのでしょうか?

    非弾性衝突で運動量はどうして保存されるのでしょうか? 物体A(質量m1,速度v1)と物体B(質量m2,速度v2)が非弾性衝突をする時、(v1とv2は同じ向き、外力無視) 運動量は保存されるのに、運動エネルギーが保存されないのは何故だろうと思って調べてみると、 「運動エネルギーは、衝突による音や熱や変形などで消費されるので、保存則が成立しない」 という説明があり、すごく納得できました。2年前の話です。 そのことを今日思い出し、ふと思ったのですが、逆に、 運動エネルギーが保存されないのに、どうして運動量は保存されるのでしょうか? 音や熱や変形などによって確実に「何か」が消費されたのですから、 運動エネルギーだけでなく運動量も減る気がするのですが………。 別の訊き方もしてみます。 AとBの重心の速度をVとすると、  V=(m1v1+m2v2)/M  (M=m1+m2) AとBの運動量の和Pは  P=p1+p2=m1v1+m2v2=MV となり、 AとBの運動量の和は、速度Vで運動する質量Mの仮想物体Cの運動量に等しいということになりますが、 AとBの運動量が保存されるということは、Cの速度が一定ということですよね。 どうして一定になるのでしょうか?

  • 三物体が衝突するときの運動量保存

    三物体が衝突する場合、運動量保存はどうなるのでしょうか たとえば三物体をA,B,Cとし、 AがBにぶつかり はねかえったAがCと衝突するときは 衝突前のAの運動量=Cと衝突後のAの運動量                +Aと衝突後のBの運動量                 +Aと衝突後のCの運動量 とすればよいのでしょうか? またこの例題の原点周り(X,Y)座標 の角運動量保存を求める場合のBについては Aと衝突する地点のYと 衝突後のB´(Y=0)の地点のXが数値で与えられているとき どのようにしてとけばいいのでしょうか 長文、乱文ですみません

  • 衝突寸前の相対速度

    二つの質量m_1,m_2の物体が、相対距離に比例する引力を受けて運動する。相対距離aの位置から静かに離したとき、衝突する直前の相対速度は? と言う問題なのですが・・・。 引力はだんだん弱まっていくので微小時間Δtの間に進む距離を考えてやったのですが、式がめちゃくちゃになってしまいました。どのように考えればよいでしょうか。分かる方回答お願いします!

  • 相対運動と相対速度について概念が解らなくなったので教えてください。

    相対運動と相対速度について概念が解らなくなったので教えてください。   (1)物理学上、宇宙空間と時間の進行だけがある場合、そこで座標を定義することは    できますか?(幾何学的な仮想座標系ではなく)   (2)この宇宙空間に宇宙船Aが一機だけあるとします。    このときは宇宙船Aのどこかを原点として座標系を展開できます。    ただ宇宙空間にぽつんと一機あるだけなのでAが空間に対し動いているか否かは不明です。        この場合自分自身の座標系上で、ある時間内に自分が元の位置から相対距離でどれ    くらい動いたか?を計れますか?    (予め加速などから逆算できるような計測装置は積んでいないとして)    それとも原点の位置に別の何らかの目印を置いてからでないと無理ですか?   (3)宇宙船Aに宇宙船Bが近づいているとします。     AB相互の相対距離と接近の相対速度は相互の座標系で計れるとします。     このとき宇宙空間から見た場合、          a. Aが静止でBが速度Vで接近している。          b. Bが静止でAが速度Vで接近している。          c. AもBも動きながら接近している。それぞれの速度はVa、Vbである。              の何れかを判定する方法はありますか?     また宇宙空間に対してAとBが動いているか否かを知るにはどうすればよいですか?   (4)もし宇宙空間に原点が見つからず座標を定義出来ないとすれば、宇宙空間に対して     何かがどれくらいの速度で動いているということをどうやって計測すればよいですか?        (5)宇宙では「銀河系」が「銀河団」に引き寄せられその「銀河団」がまた「超銀河団」に     時速XXkmで引き寄せられていると聞きました。         このときの時速XXkmとはどこの座標系を基準にで計ったものですか?

  • 相対速度式について

    すれ違いの相対速度を求める式は厳密に表すと、 相対速度V、すれ違う物体の速度をそれぞれv↓a,v↓b 、光速をcとして、 V=(v↓a+v↓b)/1+((v↓a・v↓b)/c^2) となるらしく、 相対性理論の話が関わっていそう なのですがどのような理由で上式が立つのでしょうか? また、並走する場合の式はどのようになるのでしょうか?

  • 運動量が0になると、運動エネルギーはどうなるのか

    例えば簡単に、質量mの2つの小球が速さvで右向き・左向きでそれぞれ運動していて、その2球がお互いに正面衝突したとします。運動量保存則よりmv+m(-v)=0となりますが、完全弾性衝突をして(右辺)=m(-v)+mv=0で反射するか、もしくは非弾性衝突してどちらもv=0でその場で静止するかだと思います。完全弾性衝突の場合は完全に速度が保存されているので、運動エネルギーは衝突前後で変わらないはずですが、v=0で2球が静止した場合は運動エネルギーはどこへ行くのでしょうか。衝突の際に物体の形を変える仕事か何かですか?