• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

時効期間の相続について

仕事の上での相談です。 当社の債務者は倒産しており、2名いる連帯保証人のうち 1名から返済を受けていましたが、この方の資力が最近なくなり 回収が不能となってしまいました。 そこで、もう一人の方に返済をお願いしようと思いましたが、 時効中断の要件となると思われる、債務の承認書をもらってから 既に13年以上経過しています。 この場合、時効となると思いますが、この連帯保証人からは援用が なく、時効自体は成立していません。 ところが、この連帯保証人が2年前に死亡していることがわかりました。 この場合、相続人に返済義務が生じると思うのですが、無くなった 連帯保証人の時効期間が既に10年を越えていたので、相続人に 援用手続きをされたら、時効が成立してしまうのでしょうか? それとも、相続されてから、時効期間がリセットされて相続時から 再度、時効期間を考えるのでしょうか? 時効の中断事由を調べてみると、請求、差押え、承認などありますが 相続はないので、時効期間も相続されるような気がしているのですが それでいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1088
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

> 明確な違いはよくわからないのですが・・・ 何が判らないのか良くわからない。 連帯保証人及び債務者が時効が成立していない時に、連帯保証人が借金の返済をした場合は、両者の借金の時効期間が中断されることになります。 連帯保証人が何人居てもこの原則は有効です。 連帯保証人が時効を主張するには、債務者の時効を援用を主張して、自分の時効ではなく、債務者の時効を成立させなくてはなりません。 連帯保証人の連帯債務は、主債務の効果に従う性質、附従性がありますから、単独での時効成立を求めるものではなく、主債務者の時効の成立によって、連帯保証人の保証債務を消滅させることとなるのです。 今回の場合、長年連帯債務者が返済してきていたので、主債務者は時効を援用しても認められない。 主債務者の時効が成立していないのだから、従属性によりその他の連帯保証人も時効を主張しても認められない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、本当にありがとうございます。 連帯保証人が借金の返済をした場合は、他の連帯保証人の時効期間も中断されるのですね。 悩んでいたものが、解決できました。 死亡した連帯保証人の相続人を当たってみようと思います。 大変お世話になり、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 【できたら至急】時効について

    この事例をもう少し分かりやすく説明してもらえないでしょうか。 「連帯保証人は、自己の債務については債務の承認をしたと認定された事案において、自己の債務について消滅時効が中断され(ただし、 連帯保証人に対する請求によって中断された場合は主たる債務も中断する(458、438条))もしくは時効の利益を放棄した場合は、主たる債務の消滅時効を援用できるとされた。」 あとこの事例の「自己」って連帯保証人ですか??

  • 債務相続人の時効中断の効力

     主債務(又は連帯保証債務)の相続人(複数)の一人が、返済等によって時効の中断を行った場合、その効力は他の相続人にも及ぶのでしょうか。

  • 債権の消滅時効成立時はいつか

    私法上の債権(貸付金:時効期間10年のもの)で、債権発生後3年で債務者が自己破産で免責決定(終結決定→終結公告) 終結公告後、終結公告から10年が経過した後、(債務者及び連帯債務者)の代理人が文書で時効の援用を通知してきました。 この場合、債務者の債務、連帯保証人の債務はそれぞれいつの時点で時効成立するのでしょうか。 (もちろん、時効は成立しているとは思いますので、意味のない議論ですが、その成立時期をはっきりさせたいのです。。代理人によると「破産宣告」で時効が中断し、その後「終結公告」で新たに時効が進行し、終結公告から10年で時効成立と主張していますが、そもそも破産宣告は時効の中断事由になるのでしょうか。中断事由でないなら、債務発生から10年で時効成立とも考えられます。)

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • coQ
  • ベストアンサー率28% (15/52)

消滅時効の起算日は、本件(連帯保証)の場合は履行期に弁済がされなかった場合、その時になります。 連帯保証の場合、主たる債務について考えるので、起算日は主たる債務の履行期が基準となり、誰が履行遅滞をしたかは考えません。 時効は、あくまでも債務についてであり、債務者についてではないとご理解いただけると宜しいかと思います。 連帯債務では、債務が各債務者個々のものなので、個別に消滅時効が完成します。このため、あたかも債務者に係るもののようにも見えます。 この場合は民法第439条の規定により、消滅した債務の分だけ、他の債務者の負担すべき債務は減少します。 しかし、消滅する債務は時効が完成した「その債務」のみで、他の債務者とともに連帯して責任を負っている(いた)債務の全てが消滅するわけではありません。 他方、連帯保証では、債務は主たる債務ひとつであり(※)、これについて生じた時効の完成または中断は、主たる債務と連帯保証人全員に効力が及びます。 ※連帯保証人が債権者と締結した保証契約は、主たる債務とはまた別の債権債務です。紛らわしいですね。 民法第434から第440条までは、第458条の規定により、連帯保証に準用されています。 第440条の規定に詰まっているとのことですが、第434条の規定により、いずれかの連帯保証人に履行を請求した場合、それにより時効は中断します。 よって、相続人に対して債務の履行を請求すれば、時効は中断します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しいなか、ご丁寧に説明下さりありがとうございました。 何しろ、初めてのケースなのでかなり苦慮していましたが、 なんとなくわかってきました。 ご回答いただき、感謝申し上げます。

  • 回答No.4
  • coQ
  • ベストアンサー率28% (15/52)

申し訳ありません。 言葉を誤っていました。 連帯債務と書きましたが、連帯保証が正しいです。頭の中では連帯保証のことで回答したつもりでしたが書き誤ってしまいました。読み替えてください。 ご相談の案件は連帯保証についてでしたので、回答内容としては問題ないかと思います。 連帯保証には、連帯債務のような債務者ごとの個別債務という性質はありません。主たる債務者と連帯保証人のいずれか一人に請求する、またはいずれか一人でも弁済や債務の存在を承認すれば消滅時効は中断します。 連帯保証人の債務を相続した場合ですが、時効は債務者についてではなく、その債務について生じるものであることから、相続を理由として中断(リセット)されることはないと解します。 しかしながら、ご相談の案件では主たる債務者が最近まで弁済していたようですので、時効はその最終弁済の次の履行期からの進行となるので、債務承認書から13年以上経過していても、時効期間はまだ数ヶ月程度しか経過していないのではないかと思います。(最終弁済が数ヶ前にあったと勝手に想像しています)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に御説明いただき、ありがとうございます。 当方も、未熟ながらいろいろと調べてみました。 そこで、民法440条の相対的効力のところで詰まっています。 1人に対する時効中断の効力は、他に及ばない旨とのこと。 本件は、まず主たる債務者の弁済がストップし、その後主たる債務者 が倒産したため主たる債務者からは取り立て不能となっています。この場合、連帯保証人の時効の起算日は、主たる債務者の弁済がストップした日からなるのでなく、他の連帯保証人の弁済がストップした日からなるのでしょうか?   しつこく質問してしまい、申し訳ありません。上司にも説明せねばならないので、苦慮しているところです。

  • 回答No.2

> この方の資力が最近なくなり この方からの最後の返済時点から時効へのカウントが進行します。 最後の返済から10年、商事債権なら5年経っているなら、時効を援用される可能性がありますが、経って居ないなら成立しません。 > 債務の承認書 ただ、この文書の書き方にも左右される。 連帯債務だから、契約者か複数の保証人の誰かが返済していれば、その契約の時効は完成しない。 しかし、その文書が個人を特定する書き方だと、その個人だけの問題となって、契約者や他の保証人が関係なくなってしまうから、他の者が返済していても時効の進行に関係無くなり、時効が成立する。 > 時効となると思いますが よって、思い違いとなるはず。 > 時効が成立してしまうのでしょうか? 前提が間違っているので、成立しない。 > 相続されてから、時効期間がリセットされて相続時から再度、時効期間を考えるのでしょうか? 「連帯保証人の時効期間が既に10年を越えていたので、相続人に援用手続きをされたら、時効が成立してしまう」こちらの考え方が正しい。 > 時効期間も相続されるような気がしているのですが それでいいのでしょうか? そのとおり。 ただ、その死亡した保証人の時効が成立要件を満たしていないので、今回は関係ない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しいなか、ご回答くださり本当にありがとうございます。 私の、書き方が悪く申し訳ありません。 本件は、主たる債務者がおり、それに2名の連帯保証人がいるケースです。この場合も、連帯債務と同じ考えで時効を考えてよいのでしょうか?(いずれかの人の最後の返済から時効のカウントが始まる)ネットで調べてみると連帯債務と連帯保証は微妙に違うように、書かれているので(明確な違いはよくわからないのですが・・・) 相続により、時効期間はリセットされないのですね。 ご丁寧にご回答いただき、本当に助かります。

  • 回答No.1
  • coQ
  • ベストアンサー率28% (15/52)

連帯債務であれば、いずれかの債務者が最近まで弁済していれば、時効は中断しません。 債務の相続は、単純相続であれば相続人に債務が移転し、援用されれば時効が完成します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、大変ありがとうございます。 連帯債務であれば、いずれかの債務者の弁済で、時効は中断しないということは、どなたか弁済しても、期間が過ぎれば時効となるということでしょうか? 書き方が悪くてすみません。本件は、1名と債務契約をしており、2名 が連帯保証している案件です。連帯債務と同じ考え方でよいのでしょうか? 債務の相続が、援用されれば時効が完成するということは、やはり 相続により時効期間がリセットすることはないと考えてよいのですね。 お忙しい中、ご回答本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 連帯保証人の時効について

    債務者が滞りなく返済している場合は連帯保証人に催促はないと思い ますが、そのような状態で時効に必要な期間が過ぎた場合でも、連帯 保証人は債権者に対して時効の援用を申し立て出来るのでしょうか。 また、連帯保証人が担保を提供している時はその担保はどうなるので しょうか。そして、現在その連帯保証人が寝たきりで自分の意思を 伝えられない時はどうでしょうか。債権者は銀行です。どうか、よろ しくお願いします。

  • 相続後の効力と時効について

    こんばんわ* いつもお世話になっております. 聞いた話なのですが,ちょっと興味がある内容なので教えて下さい. 例えば遺産等,法定相続分の相続をした後, 数年後に何らかの債務(例えば借金や,連帯保証債務等)が発覚した場合, その債務はどうなるのでしょうか? 相続した遺産にも依りますが,数年もすれば 殆ど使いきってしまっているという事も在ると思うのです. そんな時に膨大な借金や連帯保証の債務等が来たとしたら 途方に暮れてしまいますよね...^^; こんな場合,この相続人の債務はどうなるのでしょう??? こういった忘れた頃にやって来た債務でも 「負の財産」として相続人は払わなければならないのでしょうか??? それとも時効が成立するのでしょうか? どなたか相続に詳しい方,教えてください!!! 宜しくお願い致します**

  • 時効の援用と連帯保証について

    表題の件に付き、お伺い致します。 現在民法を勉強しておりまして、テキストに「時効援用の効果は相対的であり、主たる債務者による時効援用の効果は連帯保証人に及ばない。時効の利益を受けるかどうかは各人の良心に依るべきだからである。」とあるのですが、主債務が時効により消滅すれば、保証の付従性によって連帯保証債務も消滅する(つまり、援用の効果が及ぶ)と思うのですが違うのでしょうか?(連帯保証人が援用するまで保証債務だけ残るのでしょうか?) どなたかお詳しい方がおられましたら、ご教授頂ければ幸いです。

  • 連帯保証人の相続人の相続人

    連帯保証人が死んだ場合 債務者が破産したら、その連帯保証人の相続人に支払義務があるのは わかりましたけども、 もしその相続人も分割返済の途中で死亡したばあい その相続人に残債務支払い義務が生じますか? 払い終えるまで(相続放棄をしない場合)延々、その子、孫にといくのでしょうか? 不動産が大きいだけに放棄はしない意味で教えてください

  • 債務者が亡くなった場合の借金

    債務者が300万の借金を残して亡くなりました。 その300万の借金には連帯保証人がいます。 1、債務者の家族が相続人ですが、相続人が限定承認をした場合連帯保証人に支払い義務があるのですか? 2、相続人がいる場合は連帯保証人が払う必要はないのですか?連帯保証人は債務者が亡くなったり、支払いをしなくなったときのためにつけるのではないのですか? 理解しづらいとはおもいますが よろしくお願いします。

  • 時効の援用権者 その2

    1.まず、時効の完成というときには、時効の要件を満たしたということであっ て援用までを含んでいないのではないでしょうか? 396条を時効の援用による確定までを意味しているとすれば、債務者は当然に 援用できるとして、物上保証人が援用することが出来るとすると矛盾してしまい ます。 つまり、時効の完成と時効の援用を切り離し、完成については、被担保債務と抵 当権は同時でなければ時効の完成はしないが、援用は私的自治により個々の利害 関係者に任せればよいということではないのでしょうか? 2. >結論から言えば、主債務者と物上保証人は、保証人と異なり、承認も中断も、 物上保証人は無条件で時効中断効が及ぶ。つまり「絶対効」。(これは厳密にいえ ば、少しことなる物言いじゃが、相対効と覚えられるよりましじゃろ。) 相対効とすると396条に反することになるので、絶対効になるということで よいのではないでしょうか? 3. >前の質問でもワシは言うたが、質問者は、物上保証人は、「責任」は負うとる が「債務者」ではない。ということをまず理解していただきたいわけである。 この点について同意いたします。 勿論、物上保証人は当然に債務を負っているわけではないですが、債務者による 承認が時効を中断するとして、それが債務者及び債権者だけでなく物上保証人 にとってもその効力が及ぶか否かはそのことと関係ないことのように思います。 もし、相対効であれば物上保証人との関係では債務の時効中断はなく時効は進行 しますし、絶対効であれば、物上保証人との関係でも債務の時効が中断されるに すぎないのではないでしょうか。 本来は、多数当事者間の関係は、私的自治により、相対効が原則かもしれません が、連帯の特約や担保権の設定のあるものは、一定の制約が働き絶対効が働くの ではないでしょうか? 上記の場合も、148条は相対効が原則ですが、396条により修正されるの ではないでしょうか?

  • 借金の時効と相続放棄

    父が借金を返済返できずに死亡しました。金融機関からの借金であり最終の催促から5年が経過しています。父の資産はすでに任意売却しているため相続する資産はないです。この場合は相続を放棄しないと負債を相続してしまうことになるのでしょうか? 父の借金の連帯保証人に母はなっていました。母は相続放棄しても連帯保証人としての債務は消えないと考えてよいでしょうか? それとも連帯保証人にも時効は成立するのでしょうか? また、父が死亡する直前に父の弟が亡くなったので弟の財産を父は相続する権利があり その父がなくなっているので母と子供(私)に相続権があるということでした。父の弟は独身のため妻子がいません。父の弟の財産を相続するということは父の財産を相続することになり限定承認をしないと父の弟の財産は相続できないのでしょうか? 複雑ですがよろしくお願いします。

  • 連帯保証人と相続について教えて頂きたいです。

    連帯保証人と相続について教えて頂きたいです。 数年前に会社が倒産し、8年ほど前にこちらは破産が終結しました。 会社を経営していたAさんも個人の破産宣告をし、7年前に免責となりました。 また、会社が保証協会を通しての銀行からの借り入れの際、Bさんが連帯保証人となっていました。 (Q1) この時、AさんとBさんの債務時効は成立するのでしょうか。 これに関連して、3年前に、保証協会が担保物件としていた不動産が競売になり、同年終了しました。 (Q2) これは、競売が終了した翌日から5年間を過ぎなければ時効にはならない、と考えるべきでしょうか。つまり今から2年後に時効が成立するということです。 Bさんについてですが、身内の方が亡くなられ相続が開始されました。Bさんは相続人の1人で、協議は円満に成立しま不動産を相続することになりました。 (Q3) Bさんが不動産を相続した時(相続登記した時)、もしAさん(経営していた会社)の連帯保証人としての時効が成立していない時は、相続した不動産は借金弁済の為に取られてしまう、ということになるのでしょうか。 (Q4) もし(Q3)が取られてしまう場合、不動産を相続する為の最善な方法はどんなことが考えられるでしょうか。 説明が上手くできませんが、どうかよろしくお願いします。

  • 債務は相続人と保証人どちらに請求されるものですか?

    叔父がなくなった際に、550万円ほどの債務があり、連帯保証人である叔父の妹(私の叔母)に債権者から叔母へ返済の方法について話がしたいと連絡がありました。 親族のなかでは土地家屋を売却したお金で返済したいとおもい、相続が確定するまで返済をお待ち下さいと伝えたのですが、債権者は連帯保証人に返済を迫っています。 事情があり、相続人が確定できず弁護士と相談しようという矢先なのですが、債権者と交渉すべきでしょうか。 他の金融機関は相続が決定するまで返済を待ってくれると言っています。 まず相続人、相続人が支払い不可能であれば連帯保証人に、という流れだと思っていたのですが。。。 アドバイスいただけますと大変助かります

  • 連帯保証人の時効

    質問させてください。 私の知人に連帯保証人になっている人がいます。 知人が保証している債務者本人は、6~7年前から債務不履行状態になっています。しかし、自己破産はしていません。というのも、極道系の人も絡んでいて、居座っているからです。 私の知人(=連帯保証人)にも当然、債務が発生すると思いますが、どういうわけか、一度も督促状が届いたことはないようです。とりたてても無駄だと諦めているためか、連帯保証人になった時期と住所が変わっているためか、。。。 債務の時効は、金融機関の場合は、5年のようですが、連帯保証人の場合は、いつの時点から起算して5年経過すれば、時効が成立するのでしょうか?