• ベストアンサー
  • 困ってます

休憩時間

  • 質問No.5107676
  • 閲覧数289
  • ありがとう数3
  • 回答数2

お礼率 44% (4/9)

具体例を挙げますと、22:00~4:00までの
6時間のアルバイトでは、休憩時間は不要でしょうか?
15分間の休憩時間を取られてしまうのでしょうか?
宜しくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 59% (13/22)

結論から申し上げますと、「休憩時間は不要」です。
別の方が書いておられますが、労働基準法の中の休憩時間に関する
規定では、『労働時間が6時間を超える場合は45分』の休憩時間が
必要になります。
労働時間が6時間ピッタリの場合は、6時間を「超えて」いません
ので、休憩はいらないということになります(もちろん、事業者の
計らいで付与することは構いません)。
ですので、労働時間が6時間を少しでも超えれば45分の休憩時間を
労働時間の途中に付与する必要が生じます。
具体的には、契約労働時間が22:00~4:00であっても、定時で上がれる
なら休憩時間は不要ですが、残業があることが想定されるならば、
事業者はあらかじめそれを見越して、休憩時間を付与しなくては
いけないということになります。
お礼コメント
cruiser80

お礼率 44% (4/9)

とても、詳しく分かりやすかったです。
ありがとうございます。
強制的に、15分の休憩を取らされるのは、合法なのでしょうか?
また、休憩時間を拒否できたり出来るのでしょうか?
良かったら教えてください。
少しでも、時間を削ろうとされています。
投稿日時:2009/07/08 18:37

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
労基法第34条1項「休憩は労働時間が6時間を越える場合は45分以上。8時間を越える場合は1時間以上与えなければならない」とあります。
お礼コメント
cruiser80

お礼率 44% (4/9)

ありがとうございました。
6時間内で休憩を入れられるのは合法でしょうか?
また、休憩を拒否したり出来るのでしょうか?
 経営者は、時間を削ろうとしています。
投稿日時:2009/07/08 18:42
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ