-PR-
解決済み

放射性物質の残存期間は・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.50916
  • 閲覧数1638
  • ありがとう数23
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 92% (151/164)

約55年前に原子爆弾が広島、長崎に落とされましたが、学生時代に習った放射性物質の半減期の長さから推測すると未だに残存放射能があるのではないでしょうか?ずっと気になっていました。教えて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

放射性同位元素は、崩壊するときに放射線を出します。
短い時間でたくさん崩壊する(=半減期が短い)ものほど、たくさん放射線を出します。

したがって、半減期のとくに長いもの(たとえば未反応のウランやプルトニウム)は当時拡散したままほとんど減ってはいませんが、当時も今も放射線の量は少ない。

一方、半減期の短い核反応生成物は、投下直後に大量の放射線を出したけれど、もはや残っていない。

そのように解釈できると思います。
お礼コメント
cavok

お礼率 92% (151/164)

半減期の短い物もあるのですね。参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-17 13:31:44
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

 「半減期」は「半分になる」までの期間だから、その2倍なら4分の1、3倍なら8分の1、半分半分・・にはなっても、ゼロにはなりませんね。  放射性物質自体がどれだけのこっているか、によっても変わってくる(「死の灰」が堆積しているか拡散しているか)と思いますが、レベルとして問題があるほどのこっていないということではないですか。 ...続きを読む
 「半減期」は「半分になる」までの期間だから、その2倍なら4分の1、3倍なら8分の1、半分半分・・にはなっても、ゼロにはなりませんね。

 放射性物質自体がどれだけのこっているか、によっても変わってくる(「死の灰」が堆積しているか拡散しているか)と思いますが、レベルとして問題があるほどのこっていないということではないですか。
お礼コメント
cavok

お礼率 92% (151/164)

早速のご回答ありがとうございました。
投下直後はきっと高いレベルだったのでしょうね。
投稿日時 - 2001-03-13 20:15:32


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ