• 締切済み
  • 暇なときにでも

起業家になりたい

近畿大学経営学科1回生です。起業家を志しています。 大学生の僕ができることは、しれているけど大学生しか出来ないこともあると思います。例えば、リアルタイムで巷の流行っているものがわかることです。サークルもつくりました。(イベントサークル)商経学部1回生で1番大きい と思います。それでも起業家を目指している人、ネットベンチャーについて話の出来る人もいないです。 ぜひ先輩方の意見を聞かせてください。それと若者の意見も聞いてみてください(笑)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
  • wallys
  • ベストアンサー率0% (0/0)

どうもです。 僕も近畿大学に通ってます。 サークルを自分で作ったんですかすごいですね。 僕も起業についていろいろと考えています、周りにそのような事を話せる人もいないので結構困っていますが(笑) 起業するのに一番大切なことは人脈だと思いますそれがかなり多くのメリットを含んでいると先輩の学生起業家を見ていてつくづく思いました。 あとはどれだけいいパートナーとめぐり会えるかではないでしょうか。 僕も今のサークルを通していろいろと活動していこかなと思っています、今まで一人でネットを通してサービスを創りだそうと活動してきたんですがなかなか一人では大変でして....笑 またよかったら同じ近畿大学ですし会って話しませんか? 話すことでお互いいろいろと学ぶこともあると思いますし。笑

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

一応インターネット使って仕事しているから、僕も「ネットベンチャー」なんだろうか(^。^;) 一応有限会社創ったし、起業家と言えない事もないですな。 結論から言うと、起業家なんて志すほどのものではありません。行動を起こしさえすれば、もう「起業家」です。 その昔、バブルの頃でしょうか、学生起業家が世間をにぎわせた時期がありました。けど、彼らのその後の話は最近まったく聞きません。 辛口モードで申し訳ないですが・・・ 実のところ、大学生にしかできない事なんて、そんなにないと思います。最近の流行なんてインターネットの御陰でかなり低コストでリサーチできます。起業自体も更に簡単になりました。(法の改悪で法人を造るのは難しくなったけど) 本当は、「大学生にしか出来ないこと」じゃなくて、「自分にしか出来ない事」にかけるべきだと思うのです。 アメリカとかで学生が起業するとき、まず技術的なものなりアイディアなりがあって、それを支援するような仕組みがあって、あーゆー結果が出てくるわけですよね。何か一つ、「自分だけ!」の何かがないと、支援する仕組みの確立されていない日本では、かなり辛いことになりそうです。 atsutomo4Mさんのやる気をそぐ気はありません。むしろエライと思います。学生のうちからソーユー事を考える人って、これからの日本にもっと必要だと思います。起業家精神というかフロンティア精神とでも言うのでしょうか、もっとそんなものを持った人がいてもいいはずです。 ただし、周りの「IT革命!」などの声に振り回されて、何か出来る気になっているだけでは成功は難しいです。 起業家といえど、要はお仕事ですから、やっぱり地道な努力って必要なんです。始めに述べたように、起業すること自体は簡単です。しかし、経営していく事はめちゃくちゃ大変です。もとがのんびり屋の僕には特にそうです(T^T) きっとatsutomo4Mさんは「自分だけの何か」を持っていらっしゃると思います。それをより具体化する事が、「起業」ではなく「成功」の近道なのでしょう。 自分も「成功」するかは分からないのデカイ口をたたきました(^^ゞ 参考になればということで・・・ 本当に応援してます。

参考URL:
余談:よくdeagleさんと、かぶるんです。似たキャラなのかも・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 俺の意見は当てにならないことも多いですからね、その点だけ気を付けてもらわないと(笑)  歳はですね。今、23です。誰も信じてくれないけどホントに23なんですよ(笑) いやホント(←ここまで言うとうそっぽい)  ちなみに、俺の友人で一人、会社作れ作れってうるさいのがいるので(と本人に言ったら殴られるかも知れませんが(笑))、そいつとか引き入れてベンチャービジネスでも始めてみようかなぁ、というもくろみがあったりなかったり(^_^;  一応、今、フリーのプログラマーなんでですね。その方面でやってみようかなと思ってますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 とってもいいことですね。  今まであちこちの人から聞いたんですが、やっぱりどの人も、会社をおこすんだったら若いうちからまねごとくらいは出来るようになってないと駄目だと言います。  俺も、今は自分で起こすんじゃないけど、おじさんが新しく起こす会社の手伝いなんかやって、それを足かせに自分の会社を作ろうと思ってます。  やっぱり、自分の特技をいかすための起業ですからね。何でもやってみればいいと思いますよ。最初はサンドイッチ屋でもいいんですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご意見ありがとうござうました。参考になりました。もしよろしければ、 > もっといろんな事を教えてくださいね。ヒマな時でいいんで。 > >  あともしよろしければ、お歳とか、今してはることとかぜひ聞きたいです。 > 早速サークルを作って何か企画したいと思います。実は既に作ったんですけど( > 笑) > とにかく返事ありがとうございました!!!!!!!

関連するQ&A

  • 起業を起こしたいと思います。

    はじめまして。 将来的に起業を起こしたいと思ってる高校3年生です。 ジャンルはオンラインゲームに目をつけています。 プログラム・ネットワーク関係を勉強してる友人が多いので、大学でオンラインゲーム等をつくっていきたいと思っています。 私は指揮をとる人間になりたいと考えているのですが、私自身の技術を磨くか、経済・経営学科に進むか、どちらがいいのでしょうか? 起業を起こすなら、経済・経営に進むべきだと思うんですが、皆さんの意見を聞かせてください。

  • 起業のタイミング・・・

    私は現在高校3年生です。 推薦入学で既に東京理科大学の工学部第一部経営工学科の入学が決まっています。 将来はITベンチャーを起こそうと思っていて、大学で経営工学を学び、独学で情報工学(計算機工学)を勉強する予定です。 そこで質問なのですが、私のような"起業を目的とする者"は、どのタイミングで起業をすればいいのでしょうか。 大学卒業後か、大学院卒業後か、それとも他の企業で働いて時期を見るか。 大学を卒業したら(知識がついたら)すぐに起業したいところのなのですが、私が考えているのは"週末起業"のような軽いものではなく、株式公開を視野に入れている本格的な"起業"なので、お金や経験が必要となってきます。 やはり、大卒でいきなり起業というのは厳しいのでしょうか。

  • 起業するには大学に行くべき?

    起業を目指す場合、 経営を学ぶために大学の経済学部や経営学科などで勉強をした方がいいのでしょうか? 普通の経済学部でも大丈夫でしょうか? それともそれほど大学で学ぶ経営の知識は必要ないですか? どなたかご存知の方は教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 将来起業したい。

    今、大学4年生の男子学生です。 5~10年後を視野に起業したいです。 それまでに会社の運営や経営について学びたいです。 どうするのがおすすめでしょうか? 会社に就職しながら社会というのを見ながら準備を進めていきたいです。 そうすると大企業よりは中小企業やベンチャーに入社したほうがいいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 起業と経営

    将来、僕は起業や経営に興味があることがわかり、大学では何学科ないし何学部に入ることが必要でしょうか。考えているのは経済学部・経営学部・心理学部(行動心理)です。大学では時間があるので、自分で何か(本とか読む)勉強しなければならないものってありますか。また、紹介した三つの学部のうち独学で学べるものってありますか。参考になる本とかも紹介してくれれば幸いです。どうかアドバイスをお願いします。

  • 起業するため通信教育を受けようと思うのですがどこかいい経営学科のある大学はないでしょうか?

    起業するため大学での通信教育を希望しています。 経営学科を希望しているのですが探しても中々みつかりません。 レベルがなるべく高い大学の通信教育を受けたいのですが どこかいい大学はありませんでしょうか? お願いいたします

  • 起業を視野に入れた就職(新卒)

    こんにちは。今まで見ているだけでしたが、思い切って質問します。 就職活動中の大学生女子です。 以前から温めていることがあり、5年以内の起業を目指しています。 社会人経験を積むためと、起業資金を貯めるのを目標として、 就職活動をしているのですが、悩むのは、 ベンチャーに就職するべきか、一般企業に就職するべきか、ということです。 給与や福利厚生の面を考えると安定している企業の方が魅力的ですが、 ベンチャーに就職した先輩の話を聞くと、 自分の仕事の結果が即会社に反映されるのでやりがいがとてもあると言っていました。 できれば起業まで同じ会社で働きたいと思っています。 将来、起業が目標の場合、どちらで働く方がより自分のためになるのでしょうか。 アドバイスお願いします。

  • 起業を考えているのですが、大学を中退するか悩んでいます。

    私は、将来的に起業したいと考えています。 私は日本大学の一年生です。学費が年間120万円なのですが、実家の所得が著しく低いため有利子の奨学金を自分で払っています。アパートの家賃、食費、光熱費などの生活費も自分で払う必要があり、奨学金の借りる額が大きく、負担になっていますし、将来、確実に余裕を持って返せるかも、不安です。 また、私が今いる情報システム解析学科は、数学やプログラミングを勉強する学科です。 出身は文系で、数学IIICをやっていないため、数学が苦痛です。 そもそも、起業するのであれば、大学で勉強をするよりも、中退して、規模は10人以下でも良いのでベンチャー企業に就職し、早めにビジネスの経験を積んだ方が良いのではないか、と考え始めました。 大学の学費が、一年で120万の、残り三年で360万で、利子も含めれば450万円くらいです。 これだけの金額であれば、起業資金にも出来る額です。 私は、今のままの考えだと、大学を卒業しても、ベンチャー企業に就職すると思います。 成功している若手の起業家の経歴を見ても、ベンチャー企業で経験を積んでから起業されている方が多いですし、大企業に行くよりもベンチャーに行く方が、若い内に成長出来る可能性が高いと考えています。 起業するのであれば、業種は、漠然とですが、今のところネット業界を考えています。(決めつけてはいません) インターネットや、パソコンや携帯など、IT全般が好きですし、ネット産業は今後10年、20年でまだまだ伸びる業界だと思うからです。 以上が、起業に魅力を感じる理由と、中退を考える理由です。 とはいえ、中退を躊躇してしまう要素があります。 まず、ベンチャーに就職し、経験を積みながら、ビジネスモデルを練ると思うのですが、私は、これならいける、という確信がなければ起業しないと思います。 起業は中途半端なビジネスモデルでは失敗する可能性が高いと思うからです。 そして、雇用者として働く場合、そのままベンチャー企業で働くのか?という問題があります。 その会社が大きくなるかはわからないですし、潰れてしまうかもしれません。 一生勤めるとなると、ベンチャーは大手企業に比べて条件が悪い場合がほとんどでしょうが、大学を中退していれば、新卒採用も第二新卒採用も応募対象外となり、大手企業に入社するのは困難だと聞きます。 そうなると、雇用者として働くなら大卒資格を得るべきだった、と後悔してしまうかもしれません。 そこで、色んな要素が絡まっているのですが、自分の今後の進路決定のためいくつか質問があります。 すべてに答えて頂かなくても結構です。 お手数ですが、ご自身の考えをお聞かせ下さい。 1 御自身が私の立場なら、大学を中退しますか。考えをお聞かせ下さい。私が学費を自分で払う必要があること(あと三年間で利子をつけると450万円)も考慮して下さい。 2 一般論で考えると、リスクとリターンを考えると、起業するよりも就職する方が、得な生き方なのでしょうか。 3 起業する場合、大学を卒業したか、中退かは影響がありますか。あるとすれば、どんな影響ですか。 4 中途採用で大企業や中堅企業を狙う場合、日大中退と日大卒業では、採用時の有利不利や、所得、出世に影響してきますか. 5 ベンチャー企業で働く場合、大学中退と大学卒業では給与や出世などの扱いは変わってきますか。それとも、実力のみで決定されるのですか。 以上です。長文を読んで下さり、ありがとうございました。 それでは、よろしくお願いします。失礼いたします。

  • 起業塾とやらに150万以上取られました。

    長文失礼します。 私は一人暮らしの地方の学生で、 以前起業塾という起業家を育てるスクール に大学の先輩に入らされ、入塾料だけでなく、 いろいろとお金を取られました。 塾のテキストがあって色々教わるんですが 結局心構えみたいなものだけで起業は 成功しているとこから成功事例をひっぱって くればできると言っていて今思えば、 そんな単純じゃないと思えるのですが、 インストラクターの理論武装がすごく 塾全体が宗教化ごとくなっていたので 納得していました。 そして大学にビジネスサークルを作らせられ 大学生から勉強という名の名目で 半年3万以上の会費でメンバーを 集めさせられていました。 自分は誘ってくれた先輩が部長のサークルで やっていて当時はやる気に満ち溢れていたのですが、 サークルの人が思うように増やせずだんだん 気持ちが落ちていきました。 ある日先輩がいきなり東京に行くとか行って 逃げるように大学を休学し、自分にサークルを任せ 塾の東京校のインストラクターになりました。 そしてかってに塾と顧問契約してたらしく(自分が副部長になる時の書類の一つに 契約書が入っていたようです。)、 塾がサークル顧問費とうたって どうやったらメンバーを増やせるか 個別指導するオプションが任意であったのですが 月6万を別に一年間請求させられていました。 それからというもの自分は大学生活を サークルに捧げてて塾にも大金を払って いたので、引くに引けずしかも そんなことになっていることを親に言えませんでした。 そして落ちぶれてたサークルは人も増やせず 自分はバイトとサークル、大学、塾と両立し お金が足りない分は親をごまかしつつ多めに仕送りをもらい なんとかして地獄のような生活を一年していました。 最後の方は親に疑われてお金が足りなくなり、 春休みに泊まり込みの出稼ぎに行ってなんとかお金を 作りました。 その出稼ぎ先では今までの地獄から解放されました。 そこの社員のおじさんに相談すると、色々話してくれて 塾をやめる決心がつきサラリーマンになることを決めました。 出稼ぎが終わって塾をやめたあとは頭がまっしろになり、 それまでお金を稼ぐことに必死だったのでこれから どうすればいいかわからなくなりました。 そういうことがありましたが、 今だに大学に通っています。 ここからが教えて欲しい事なんですが、 無理やり契約させられた契約で払ったお金は 取り返せないですか? 先輩に問い詰めると契約書があるから無理だよ と言われました。 一年払った72万という大金の一部でも戻ってきて欲しいです それに罠にはめた先輩が許せません。 もし裁判を起こしたら勝てるでしょうか? 長文失礼しました。

  • 起業家教育とは政策的なものなのでしょうか?

    近年、大学においてベンチャー企業を多数輩出する意図で、MBAコース等で行われている「起業家教育」とは、政策的に意義のあるものなのでしょうか?又、幼少期~青年期(小学生~高校生)の段階で「起業」を学ばせようという教育も始まっているようですが、こちらは成果が出ているのでしょうか?みなさまのご意見・知識をお借りしたいと思います。