• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アトピー治療薬(子供)

  • 質問No.4949878
  • 閲覧数809
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 94% (17/18)

二児の母です。
三歳女児と六歳男児のアトピー治療で悩んでます。
今年に入ってから二人とも症状が悪化してたのですが、今までの
皮膚科に行ってもステロイドばかりが処方され改善がみられないので
思い切って二月頃から脱ステを自己判断でやってしまい
長男の手首付近が皮膚が厚くなり亀裂が入ってかわいそうな状況だったにもかかわらず、どうにか体質改善を図ってできればステロイド治療は
やめたく、それ以外の方法で治してくれるというお医者さんの情報を
人づてに聞き、評判というところに思い切って受診しに今月の8日に
いきましたがすごい田舎のところの診療所で不安を抱きましたが、
向かいの薬局でさぐりを入れたところやはりその診療所でした。
でも中には患者があふれていました。
疑問符がいっぱいのまま二人の子供を診察してもらい
できればステロイドはつかわないで欲しいといったところ
女医にすごい勢いで怒られ思わず閉口してしまいました。
そこでは漢方も処方しているということでしたので。
まずは炎症を抑えるほうが優先ということで、ふたりの体に白い軟膏を
全身に塗られ腕を包帯で覆われ処置されました。
なんの薬かきいたら保湿剤とのことでしたが、処方されたくすりも
強力なマイザー軟膏と内服ステロイドでした。
そうとう強力で次の日には湿疹や炎症もきれいに治りましたが
あとが怖くて、怖くて心配です。初めて処方されたお薬ですので
このままそこで治療を続けていくことに大変疑問に思うのですが、
皆さんのアドバイス頂けたら幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 32% (528/1642)

まず、医者の怒りは真っ当だと思います。
炎症を収めないと、治るものも治りませんよ…。
逆に、炎症・かゆみさえ治まれば、治り易くなります。
あくまで、昔、アトピー持ちだった私の経験上ですが。

ちなみに、体質改善は治療ではありません。予防です。
もちろん、体質改善でも軽度の症状なら治るかもしれませんが、
重症であれば掻き癖がつくので悪化はしても治りませんよ。

ステロイドと聞くと、noru0さんのように強烈な拒否反応を起こす人がいます。
ですが、使った方が良いケースもあるということだけ理解してください。
正しく使えば、デメリットを最小限に抑え、治療することが可能ですから。
状態をきちんと把握し、親御さんでもビシっと叱れる先生なら、
信用しても良いのではないでしょうか。
きっと、その先生はご自身の治療方針にポリシーもあるのでしょうし。

なにより、一番辛いのは子どもです。
掻くなと言われても、無理ですよ。大人でも掻いてしまいますし。
また、悪化させ、放っておくと、跡が残る可能性もあるでしょう。
ステロイドを拒否せず、ちゃんと治療し、
体質改善で今後のアトピー発症を予防するのが良いのではないでしょうか。
お礼コメント
noru0

お礼率 94% (17/18)

ご回答ありがとうございました。
ここで相談できたことで冷静な意見をもらえたので
だいぶ落ち着けました。
今まではステロイドの副作用のデメリットだけの知識が先行してて
調べるほどに怖くなったりで医師の指示なしに自己判断で症状が
良くなると勝手に中断してたので、ぶり返してたのかも知れませんね。
今回は既にステロイド治療も始まってますので、信用して治療に専念
していきます。
これが子供に苦痛を与えない最善のやり方かもしれませんね。
あとは症状がよくなったらそれを維持していく体質改善等に取り込んで
みます。

ステロイドの副作用等の回答がつくまえに回答を締め切ります。
ありがとうございました。
投稿日時:2009/05/12 11:29

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 63% (77/122)

ステロイドを使用する事を強くお勧めいたします。

アトピー性皮膚炎にもっとも効果を発揮する薬はステロイドです。
ステロイドは一般に副作用が怖いなど、使用することが怖くなってしまいがちですが皮膚の炎症を抑えるということでは一番有効的であり、一般的な治療法です。

ステロイドを使用して炎症が段々と鎮まってきたら、医師の判断によりステロイドの量を1日1回などから2日に1回や3日に1回などというように調整してゆき、医師も長期使用による副作用はなるべく避けたうえでの処方をいたします。
ステロイドの効き目が強かろうと弱かろうと副作用による症状は出るときは出ます。
ですが、変化をきちんと観察し早期に医師による適切な処置を受ければ直ぐに治ります。
"弱い効き目のステロイドだから安全"ということは一切なく、ステロイドを使用するということで副作用を意識しておかなければいけないことは一緒であり、他の薬でも同様です。

その変化をきちんと観察し、医師に伝えることは6歳児のお子さんには出来ません。
お母さんの役割です。
まずは医師の治療方針を最優先にし、炎症がとりあえず引いてからお薬の相談をすることが望ましいでしょう。

ステロイドは適切な量を適切な回数使用すればとても良い効き目を発揮してくれるお薬です。

また、アトピー性皮膚炎の重症患者の約90%は生活指導に問題があるとされています。
入浴では、頭皮のフケや体のアカを綺麗にしてあげる。
かさぶたなどもきちんと洗い流し、使用した外用薬も落ちるよう洗い流します。
フケ、アカ、かさぶたの洗い残しなどは皮膚に汚れを残す原因となりますので、様子を見てやさしく体を洗ってあげましょう。
また、入浴後の保湿も大切です。
医師からは保湿クリームにステロイド薬を調合してあるクリームを頂くこともあるかと思いますが、薬剤師から指導を受けお子さんの皮膚の保湿を心がけましょう。

また医師から指導を受ける場合もありますが、まずは医師の治療方針に従い落ち着いてから徐々にお薬のご相談をなされることを強くお勧めします。
お礼コメント
noru0

お礼率 94% (17/18)

ご回答ありがとうございました。
私自身 冷静で居られなかったのでここでご回答頂けて
よかったです。
既にステロイド治療も始まってますので今回こそは
信用して治療に専念して行くしかないので、自己判断で中断しない
ようにします。
ステロイドの副作用についての知識ばかり先行してしまい
疑心暗鬼になってる自分も嫌なので、子供の生活にもいっそう
気を配り、先生と相談しながらやっていきます。
冷静かつ的確なアドバイスありがとうございました。
投稿日時:2009/05/12 11:10
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ