• ベストアンサー
  • 困ってます

会社員41歳の生命保険

夫、妻(38)、長男(11)の三人家族です。生保の事で〇ニー生命のFPの方に相談したところ死亡保障に5000万はつけるべきだと言われました。 現在の加入状況は下記の通りです。妻の私としては支出から考えると2500万位に抑えたいのですが、FPの方に言われると無理でも増額すべきかと悩んでいます。それに10年更新だと次回の支払額が大きくなりますよね・・・。 やはり終身払いがいいでしょうか? 色々と各社パンフレットを読んでいますが、なんか混乱するばかりです。 どうかよいアドバイスをお願いします。 共済  終身      死亡保障  500万円 (災害特約) 500万円   10年更新    死亡保障 1000万円 (災害特約) 1000万円    (5月からの予定) 給与天引き          死亡保障  300万円  災害死亡  600万円  郵便局          学資保険  500万円  医療保険とがん保険は10年更新に加入しています。             

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数78
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • jay
  • ベストアンサー率27% (207/741)

生命保険の必要補償額は、家庭によって千差万別ですが、 「夫の死亡後の支出-夫の死亡後の収入」 で計算してみて下さい。だいたいの目安が分かると思います。 夫の死亡後の支出 ・葬式費用 ・妻の生活費 ・子の(成人までの)生活費など 夫の死亡後の収入 ・遺族年金 ・夫の死亡退職金 ・妻の収入(給与、老齢年金)など そして、必要とされる補償額は年々変わります(具体的 には減っていきます)ので、最低限の終身保険以外は、 保険料の安い定期保険でまかなうのが良いでしょう。 10年後の更新時にはお子さんも成人しているわけですから、 補償額を減らせばいいと思います。 なお、保険会社所属のFPは、保険を売る事が仕事ですので、 そのつもりで参考にされたらよいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 FPの方は売るのがお仕事ですよね。 当たり前の事なんですけど 『老後にこれだけの保障は必要なんです』と 断言されるとしなければいけないような気に なってしまって・・・。 よいアドバイスありがとうございました.

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

このまま自動更新で大丈夫と思います。病気死亡5000万増額は不要と思います。(実際の40才代の方の平均加入額は病気保障でこのくらいです) FPさんの5000万の根拠に納得いかなければ、お財布と相談して保障額はお決めになるといいでしょう。 家族収入保障特約は保険金の分割支給です。保険金支払い時に2重に税金がかかりますのでご注意を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お返事ありがとうございました。 >実際の40代の方の平均加入額は病気保障でこのくらいです。 というのは,死亡保障5000万ということですか? 家族収入保障特約に税金が2倍かかるとは知りませんでした。 それに分割収入といわれると、普通ですね(^^) とても参考になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • reimen
  • ベストアンサー率46% (185/400)

>FPの方に言われると無理でも増額すべきかと悩んでいます。 無理に増額する必要はないと思います。 保障期間内にご主人に万一の事があれば遺族保障は万全かもしれませんが、 無事にすごされたらどうなさるおつもりでしょうか? 保険を増額することにより貯蓄が出来なかったとしたら、ご子息の学費は 用意できますか? 老後資金は用意できますか? マイホームの資金は 貯められますか? 生存する可能性の方が高いのですから「無理に」増額することより、遺族保 障は最低ラインに抑えて(#4の回答者様のいうとおりいろいろな選択肢が あります)貯蓄ができる保険料の範囲で保険を買うほうがよろしいと思います。 更新時に保険料が上がることを心配されているようですが、それまでに貯蓄が できれば、その分を必要保障額から差し引いて設計することもできますよ。 FPの言いなりではなくいろいろな制度について、ご自分でも少し調べて みてはいかがでしょうか? なお、「保険会社所属のFPは基本的に保険を売ることが仕事」という指摘は 当たっていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございました。 そうなんですよね。あれこれパンフレットを見ていると 「いつ,万が一?」ってことばかり考えてしまうんですが、 実際は生きてる可能性の方がずっと高いですよね(^_^) それに、10年後はもっとニーズにあった商品が出てるかも(?) と少し期待もあります. ただ 【家族収入保険】 というのは、 なんかいいような気がするんですか。 あまり聞きなれてないんですが、人気ありますか?

  • 回答No.4
  • Pigeon
  • ベストアンサー率44% (630/1429)

こんにちわ。 仮にもFPなら根拠無く弾いた必要保障額ではないとは思いますが、相談の時の要望等でも変わってきたのではないかとも思います。 死亡保障は残された遺族の生活費を考えるものです。現在と同水準を望めばそれなりの保障額を提案される可能性は十分あります。 例えば家の問題ですが、ご主人に万が一があっても絶対買うと言うのであれば当然住居費も含めて考えますし、賃貸の場合も含めて考えます。(お子さん連れて実家に戻ると言うのであれば必要な保障額は低下します。) また、遺族年金がどの程度入るか、貯蓄がどの程度あるかでも必要な保障額は変わりますし、あなた自身がパート等に出て年間100万の収入を得れば20年で2000万にはなるのです。こう言う考えであれば現在検討中の保障額でも十分かもしれません。 必要な保障額の逓減に合わせて逓減定期保険や収入保障保険を考えると保障に対するコストは数万もかかりません。 ご主人の万が一の後にどう言う生活をする(したい)か、と言った事を考えてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 そうですよね。 まずは統計より個人の数字ですよね。 逓減保険もサンプルを出してもらったんですけど 期間10年で初年度は1500万円の保証でも 5年で半分9年で300万円となっていて これなら今の全労災の10年満期の方が得な気がするんですよね。

  • 回答No.2
noname#21649
noname#21649

保険の目安は. 死亡等で収入が無くなったときに.借金を0にできる程度 です。残された家族だけならば.パートと母子手当てでなんとか暮らすことができるでしょう。 これ以上かけても.収入に対してのふたんになるだけですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 万が一の場合も大変だけど あと数万円掛け捨てを増やすというのも大変です(~_~;)

  • 回答No.1
noname#4772
noname#4772

(1)ご主人の現在の年収、(2)所有の不動産(住宅ローンの有無)、(3)その他保有資産(or借金)等を総合して○ニー生命のFPが持ってきたプランだと思いますが、医療とがん保険に加入されているとすると、ご主人の終身保険に加入する目的(支払い保険金額)に対する考え方だけだと思います。一般論ですが、サラリーマンの収入はデフレ環境下の日本経済からすると、年齢的に今後上昇しないし、むしろ減収することも念頭に置かなければいけない時代になっています。また、健常者が死亡する確率から考えても、家計の支出負担の無理のない範囲内で済ませるのが妥当と考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 現在、社宅に入っており、マイホームは定年後ぐらいに考えています (^^ゞ 年収は700万円位です. この年齢で10年払いというのは、50代で支払いきついですかねえ。 同年代の平均が知りたいなあ。

関連するQ&A

  • 生命保険・・・教えて下さい。

    結婚して2年になります。 夫31歳・妻32歳。 子供はいません。 夫が会社で、24歳から加入している生命保険があるの ですが、担当の方が1年の間にころころと変わり、 そのたびに新しい保険を勧められるのですが、 毎回説明がバラバラで良く分かりません・・。 (私の勉強不足もありますが・・) 契約日   平成9年 保険種類  特定疾病保障定期特約        定期保険特約つき5年ごと利差配当付・終身保険 払込期間  60歳 月 払   12、927円                ・毎月 団体月払特約付              ・定期保険特約満了後  1、480円 災害死亡  4500万円 非災害死亡 4000万円 死亡(終身) 120万円 特定疾病保障期間中の悪性新生物など 1000万円 特約: 定期保険特約(15年)     2880万円     特定疾病保障定期特約(15年) 1000万円     傷害特約(15年)       500万円 今、加入している保険はこのような感じなのですが、 現在の私達に必要な保険なのでしょうか・・・? もう少し月払いが安いプランにするか(毎月厳しくなってきました・・)、 もしくは、解約して他の保険にしようか、迷っています (担当者がころころ変わるのも不安です・・) アドバイスどうぞよろしくお願いします。

  • 生命保険選び。教えてください。

    現在、保険の見直し中です。 夫29歳サラリーマン 妻29歳専用主婦 子供なし(これからほしいです) 現在、大手生保の保険に加入中です。 しかし、独身時代に生保のおばちゃんから 勧められるままに加入し、本当に必要なものなのか 分からない状態です。 今回は夫の保険相談です。 現在加入中=がん入院のみ終身で(日額5,000円) あとは、やたらと特約がついたもので、 月に1万円くらいの保険料です。 何かあったときのためにはいいのですが、 更新があるのがネックです。 健康な今のうちに終身の保険に・・ と思っています。 ■終身医療保険 日額5,000円の120型くらいのもの (長期入院のリスクを考えて) ■終身がん保険or定期がん保険 (高額治療が予想されるガンに対しての保険。  定期か終身か悩みます) ■終身死亡保障 500万程度 ■定期死亡保障(これは、子供ができてからでもいいかな         と思っています) 以上を考えているのですが、 これだと、保険料の負担が多くなってしまいます。 まずは必要な保険を考えてから、 (優先順位を考えて) 現在の収入から保険にあてる額を考えていこうと思います。 ★現在の大手生保の保険は解約?? →かなり悩みます。 どうかアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険の見直しを考えています。。。

    現在、主人30才 会社員 年収500万程度 2000年に5年ごと利差配当付終身保険に加入  死亡保険金額 1000万円 災害保険金額500万円  災害・疾病入院給付日額 一万円 80才まで。 2000年から10年間の生命共済に加入。  死亡・重度障害共済金 1500万円  災害特約共済金 1500万円  妻 30才 パート 年収100万程度 2000年から10年間の生命共済に加入  死亡・重度障害共済金 500万円  災害特約共済金 500万円 同じ所で医療共済にも加入 入院日額5000円  持ち家有り。住宅ローン有り。月10万程度返済 主人名義で住宅ローンの保険に加入しているため、主人が亡くなった場合ローンの心配はありませんが、私が亡くなった場合、収入減により、ローンの返済が大変だと思われます。 1)主人の終身保険を解約し、2千万程度の逓減定期保険  に加入する。 2)夫婦共にそれぞれ終身医療保険に加入する。   (日額5千円か一万円か悩んでいます。) 3)妻の死亡保障を1千万程度に上げる。  もしくは、妻も逓減定期保険に加入する。 4)出来れば外資系のガン保険にも加入したい。 上記のように考えております。 ちなみに子どもは6才、4才、2才と3人いるので、我が家の生活はキツイです。。 なるべく無駄のないようにと考えたつもりですが、いかがでしょうか?どなたかアドバイスを頂けますと助かります。

  • がん保険と生命保険

    がん保険などの加入を考えています。 現在は医療保険・生命保険ともに何も入っていません。 夫(34歳)私・妻(30歳)子供はいません。 マンションを2年前に購入済み。 貯蓄はありません。 夫→会社員(年収500万) 妻→専業主婦 私の母が、現在癌で闘病中の為、がん保険には必ず加入したいと思っています。 生活費に余裕がないのでできれば15000円以内で夫婦二人の加入を考えています。 ※アフラックのがん保険フォルテ(終身) 日額10000円のプラン。 ※SBIアクサ生命の死亡保障(10年定期) 2社に加入を考えています。 悩んでいる点は、 ・がん保険フォルテに医療特約をつけるかどうか。 ・がん保険に医療特約をつけず、SBIアクサ生命の医療保険に  加入するかどうか。 ・医療保険を終身にするか定期にするか・・・ ・死亡保障は2000万円くらいを考えていますが妥当かどうか。 月々の保険料が多くならない様になど考えていたら 色々と混乱してきてしまいました。 それぞれの家庭やライフスタイルなどによって変わってきてしまうとは思いますが、アドバイスいただけると嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 生命保険の更新時期の疑問と選び方

    私は妻と2人暮らしです。入籍に伴い、新規に保険に入るのを考えています。医療保険は終身型の保険に加入し、毎月、一定額を払おうと思いますが、生命保険は悩んでいます。私は20代後半の年齢ですので、死亡した時は妻の今後の生活を考え、1500万円くらい残せたらと思います。しかし、生命保険の終身型は1500万円の保険をかけると、高いですし、私が50歳や60歳になってから死亡しては1500万円も必要ないと思っています。500万もあれば良いのかなと。という事で、1年や10年更新の保険に加入し、その年齢に応じて必要な保障額を変えたいと思っています。例えば、30代は1500万円の保障、40代は1000万円、50代は500万円といったように。  仮に最初に10年の期間の1500万円の生命保険に加入し、更新時期の10年後に1000万円の生命保険に加入するのが良いのかなと考えています。更新で唯一のメリットは健康状態の悪化でも引き継き、加入できるという事と聞いた気がします。この際は保障額が変わってしまうので、再度、審査等が必要なのでしょうか?更新ができないのでしょうか?  また、このような考えで生命保険を選ぶ際はどうしたらよいのでしょうか?教えていただけたらと思います。

  • 生命保険見直しで迷い、不安があります

    夫婦共に第一生命の定期特約付終身に入っていて、主人つい最近、妻私2年前に減額して更新しました 考える暇無く更新してしまったのですが、今後を考えて保険料を安くしたいのと子供無しなのでシンプルなものに見直したいのと、終身医療保険に変えたいと思っています 現在他に夫婦共がん保険と私が個人年金保険に入っていてこれは続ける予定です 主人42歳私43歳子供無し、、持ち家ローン残り10年 共働きで月収手取り40万 以下のように考えています 二人共 保険会社で 定期死亡保障500万円 終身医療入院一日5000円 と 県民共済2型で介護特約付き \合計 死亡保証1500万円(病死だと900万円) 介護特約で長期入院もカバー 私が同じ金額なのはローン残の返済が心配だからです 迷っているのは、 ・主人死亡保障少な過ぎ? ・ローン残10年で心配し過ぎ?妻の死亡保障多過ぎ? ・終身医療保険一日5000円と共済の医療保険では老後が心配? ・定期死亡保証期間は? ・収入保障保険も気になるが必要か? そして今までの第一生命は払済にすればいいのでしょうか あちこちに残っているのが面倒ですが解約は損ですか 解約すると終身死亡保険は無しという事になります 無知な者ですがアドバイスお願いいたします

  • 生命保険の更新について

    明治生命時代の夫婦保険ウェルシ-に入っています。来年の2月末で加入後10年になり特約の更新の通知がきました。 いつもお世話になっている保険の営業からはこのまま同条件で更新すると掛け金も上がる事から毎年保険の条件が変更できるLAへの転換を進められています。LAに転換するにしても同条件だと掛け金が上がる事には変わりありませんがその時の状況にて毎年見直しができるLAの方が良いのではと言われています。掛け金の上昇を極力抑えたいとの希望もありどうすれば良いか思案にくれています。このまま更新するか、LAに転換するか、解約して他の保険にするかどうか? 保険屋さんからは手続き上12/24までに返事をと言われています。 当方45才のサラリーマン。39才の妻と10才と6才の2人の子供がいます。 現在加入の保険の内容 保険料払込期間35年 終身保険:150万円 連生終身:50万円 被保険者A(私) 定期保険特約:3800万円 手術保障特約100万円 傷害特約:500万円 災害割増特約:500万円 入院C3.0倍:5000円 退院給付特約:25000円 被保険者B(妻) 定期保険特約:1000万円 傷害特約:500万円 手術保障特約100万円 災害割増特約:500万円 入院保障特約A:5000円 女性医療特約:5000円 退院給付特約:25000円 毎月の掛け金:約21000円 同条件更新後の毎月の掛け金:約32000円 となっています。 このまま更新しても10年後には更に保険料は上がる事 も考慮して考えるとどうすればよいか。良きアドバイスをお願いします。

  • 生命保険の見直しについて

    いつもお世話になっております。28歳(夫)、29歳(妻)の夫婦の生命保険の見直しを考えています。 【現在】 夫は死亡(終身)500万円 三大疾病保障特約500万円 災害・医療関係特約 特約は20年払込で以後更新され、現在の保険料は9,648円/月です。 妻は(契約内容は夫とほぼ同じ)60歳まで保険料は変わらず、一律で 11,860円/月です。 【見直し後】 夫は従来の保険の特約をすべて解約して死亡(終身)500万円のみに変更し、さらに新規で 医療・がん(終身)入院1日目より5000円/日 三大疾病   初回200万円(再発5回まで100万円/一回)  災害・医療関係特約 病気による身体障害 200万円 要介護状態60万円 死亡高度障害(一時金490万円 生活保障120万円×10年) この保険を契約する。合計の保険料は19,385円/月 (従来の保険を全て下取り(死亡終身保険を解約)したら1万円程度と思います。) 妻は従来の保険を下取りして医療・がんの終身保険を新規契約します。 災害・医療関係特約、三大疾病・病気による身体障害・要介護状態は夫ほぼと同じ 死亡高度障害    一時金1590万円 この保険を契約する。合計の保険料は12,223円/月 ---------------------------------- です。保険はすべて本人型で、我が家は共働きです。(現在子供2人。(2歳、0歳)) 悩むところは夫の死亡終身保険500万円(5,740円/月)を残すべきか否か、 それとも下取りに出して夫婦とも死亡終身保険を解約して医療終身に乗換えるべきか、 はたまた現在のまんまの保険でいいのだろうか?とても悩んでいます。保険料は合計3万円以内に抑えたいのが本音です。 無駄・足りないと思うところなど、お気づきの点がありましたらご指摘していただけませんか? よきアドバイスをお願いします。

  • 生命保険更新

    結婚してすぐに契約した生命保険の更新時期が来ました。 疑問点がいくつかありますのでご意見をお聞かせいただけると幸いです。 私(夫)46才 年収1500万円。厚生年金加入。  妻 47才 専業主婦。 子 10才と7才。 自宅は持ち家(マンション)で平成19年購入。ローンなし。 今回更新の生命保険(漢字生保会社) 27才契約 定期付き終身 終身保険(主契約と中途付加の終身特約)     60才払込満了  2000万円 保険料 363,830円 定期保険特約(47才まで)  1000万円  保険料 41,100円 災害割増特約(80才まで)  1000万円  保険料 5,500円 傷害特約(本人型)(80才まで) 1000万円  保険料 7,700円 新災害入院特約(本人型)(80才まで) 日額5,000円   5日目から 1回入院120日まで 合計600日まで 保険料 3,940円 新疾病医療特約(本人型)(80才まで) 日額5,000円   災害入院と同条件            保険料 17,485円 合計保険料(年払) 449,555円が22年3月の更新で定期保険(60才まで)が75,700円となり 合計保険料 484,155円となります。 おおざっぱなライフプランとして、3000万円の死亡保険金のうち2000万円を上の子の養育費、1000万円を妻の生活費の一部と考えていました。 この10年で子供名義の預金を年100万円ずつ貯めて1000万円になりました。今後も同様に預金をして、教育費として必要な分はその預金でまかなおうと考えています。つまり、教育費の増減を考慮せずに一定額貯金するようにしていく予定です。 今回の更新で、 1)預金が1000万円になったので1000万円の定期保険を解約しようと思います。 2)災害割増特約は不要(ケガで死亡しても1000万円余計に必要である理由がない) 3)入院特約は条件の良い医療保険があれば解約しても良いが、年21,000円ほどで怪我と疾病両方をカバーする保険はなさそう(?)なのでそのまま継続  以上のように考えています。ご意見をお聞かせいただけると幸いです。 その他の保険契約は、 定期付き終身(漢字生保) 39才契約  終身保険(主契約) 1000万円、定期保険特約 2000万円       年払保険料 391,390円 学資保険(かんぽ) 2人分同様  10万(12才)+10万(15才)+100万(18才)  年払約67,000円 を2人分  1,206,000円払い込んで120万バックでは割が良いとは言えませんがこのまま続けます。 10年確定年金保険(年金額約45万円)  年間保険料 12万円(所得税住民税対策です) 所得保障保険(月額50万円、1年間)  月額保険料 約7000円 妻の保険 終身保険(5日目からの入院特約付き)(漢字生保)平成9年契約(転換)  (終身の主契約のみ)1600万円 年払保険料 約14万円 終身共済 平成5年契約  終身の主契約のみ 1000万円 年払保険料 132,000円 15年確定年金共済 平成9年契約  年金額50万円  年払保険料 約15万円 こうみると保険料だけでかなり支払っていますね。なおかつ年間200万程度貯蓄しているうちの妻はスゴイかも?