• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

文法的解釈ができません。

下記は他の方が質問として投稿された文章ですが、 Of all living writers he is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject. 質問の内容は 【 (1)文頭のofの理解 (2)the one の後すぐthe peculiarとなって前置詞がない (3)of whose の理解 教えてください。】 でした。 上記投稿の回答例として、 >Of all living writers は「すべての今生きている作家の中で」 >とある通り,最上級 best と結びついています。 >文末においてもいいのですが,修飾関係を明確にするためと, >強調のために文頭にきています。コンマで区切ってもいいで >しょう。 He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject of all living writers. とすると、意味が変ってきませんか? He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject, of all living writers. ですと、of all living writersが文頭にある以上に違和感を感じるのは私だけですか? >He is the one(= the writer). >+ >The peculiar turn of his mind best fits him to write on this >subject. >と 2 文に分けて考えるとよいでしょう。 >ここで his が whose に変わっただけです。 >後の文は,The peculiar turn of his mind >までが主語で,「彼の精神の独特な傾向」 >fits が動詞で,fit O to do で「O を~するのに適するよう >にする」のような意味になります。 >「性質」のような語を無生物主語にすることが多いでしょう。 >単純に >The peculiar turn of his mind >↓ >The peculiar turn of whose mind >となっているだけです。 >関係詞は先頭に出るという原則があるはずですが, >the A of B という順序を変えないパターンもあります。 >of whose mind the peculiar turn とすることも可能ですが, >避けた方がいいと思います >He lives in a house whose roof is red. >=He lives in a house the roof of which is red. >というパターンはご存じでしょうか。 >所有格の whose 代わりに of which を用いると,このよう >な形になります。これも of which the roof とすることもで >きますが,前者の方が普通です。(といっても,of which 自 >体まれです)この the roof of which も,the roof of it(= >the house)の it が which に変わっただけで,which を >前に出していません。 ここで質問ですが、 He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject.  上記のwhoseをwhichで書き直すと、上記の例題からすれば、 He is the one the peculiar turn of of which mind best fits him to write on this subject. となるのが自然なような気がしますが・・・と言うのも上記例題は whose=of which で whose=whichではないはずです。 上記の文章は文法的に理解に苦しむ文になりませんか? 私の理解に間違があればご指摘頂ければ幸いです。

noname#202629
noname#202629

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数227
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9

There is a man the sleeve of ( ) shirt is red. 先行詞は a man です。sleeve の方ではありません。 a man を「彼」と受けて,「彼のシャツ」his shirt の代わりが whose shirt です。 「その人のシャツ」となり, the sleeve of whose shirt is red で「その人のシャツの袖が赤い」とつながっていきます。 the sleeve of / whose shirt is red でなく, is red の主語は the sleeve (of whose shirt) です。 which という「もの」を受ける関係代名詞にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうごさいます。 お陰様で理解ができました。 重ねて御礼申し上げます。

その他の回答 (8)

  • 回答No.8

There is a man the sleeve of whose shirt is red. は正しいです。 The man the sleeve of whose shirt is red is my father. だとより自然になります。 (といっても,通常はこんな言い方しませんが…)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お忙しい中ご回答ありがとうございます。 もう少しお時間をいただけますか? >There is a man the sleeve of whose shirt is red. は正しいです。 There is a man the sleeve of which shirt is red. は如何ですか?

  • 回答No.7

ふと感じたのですが,先行詞がすり替っていませんか。 He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject. の時点で,先行詞が turn に感じていませんか。 それで of which と感じてしまう。 だとしたら,the one はどうなってしまいますか? あくまでも,the one が先行詞なのです。 He lives in a house the roof of whose color is red. にしても,the roof の方が先行詞とはなりません。 the roof の方が先行詞になってしまったら,この前の house はどうなってしまいますか? これもやはり,house の方が先行詞になってしまいますので,おかしな英文になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

He lives in a house the roof of whose color is red. もおかしいですね。 何の色かというと,「屋根の色」なのでしょう? でも,この英語では whose の先行詞が直前の roof にはなりません。 a house / the roof of whose color is red で,先行詞は house になってしまいます。 「その家の色の屋根が赤い」のような支離滅裂な内容になります。 a man / the roof of whose house is red 「その人の家の屋根が赤い,そのような人」 なら文法的に正しくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 私の質問は文意ではなく構文として文法的な意味合いでしたのですが、 He lives in a house the roof of whose color is red. が意味が通らないとすると先生の仰るように There is a man the sleeve of whose shirt is red. は正しいのですか?

  • 回答No.5

the roof of which の方が倒置というのが気になります。 あと,of which roof でなく,of which the roof です。 the roof of it がもとの語順です。 まあ,これはよしとしましょうか。 He lives in a house the roof whose is red. He lives in a house the roof of whose is red. これはいずれも正しくありません。 関係代名詞の所有格 whose は whose father, whose name, whose roof のように,必ず後の名詞とセットになります。 「誰のもの」という疑問詞の場合のように単独で用いる用法はありません。 he is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject. にもどりましょうか。 便宜上,Of all living writers はいったん,無視しておきます。 he is the one. The peculiar turn of his mind best fits him to write on this subject. の 2 文が正しいことはおわかりだと思います。 結論的にはこれらの 2 文をつなげると,his を whose に変えて, he is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject. とするだけで正しいのです。 a house the roof of which is red が納得できているのであれば,これもまったく同じことです。 これを書き換えるのなら,of which でなく,of whom です。 前に出すのであれば, He is the one the peculiar turn of of whom mind best fits him to write on this subject of all living writers. だと,of が続くのも変ですし,一番先頭に出して He is the one of whom the peculiar turn of the mind とすべきで,やはり,mind に the がつきます。 人が先行詞であれば,whose でなんら問題ありませんので,of whom にして,ややこしくすることはありません。 書き換えられるはずだ,とおっしゃるのであれば, of whom は一番先頭に出ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>He lives in a house the roof whose is red. >He lives in a house the roof of whose is red. >これはいずれも正しくありません。 そうですね。私も同意いたします。 それでは He lives in a house the roof of whose color is red. は如何ですか?

  • 回答No.4

He lives in a house whose roof is red. =He lives in a house the roof of which is red. から行きましょうか。 He lives in a house. に対して,a house を it で受けて所有格 its にして, Its roof is red. にします。 この 2 文をつなぐと He lives in a house whose roof is red. となります。 一方,of を用いて, The roof of it is red. として,2 文をつなげてみましょう。 it を which に置き換えます。 すると,He lives in a house the roof of which is red. となります。 a house と the roof のつながりがピンとこないかもしれませんが, He lives in a house / the roof of which is red. という切れ目があるのです。 He lives in a house of which the roof is red. として,of which を前に出す手もありますが,これは「まれ」と書いている辞書もあります。 この of にしても,a house of ~とは決してつながりません。 the roof of ~というつながりから,前に出たものです。 この of which については一般的に言われていることです。 http://www.rain.hyarc.nagoya-u.ac.jp/~tsuboki/ronbun/detailed_points_eng/relative_pronoun.html >a house of which the roof は文法的に意味をなします。これが倒置され a house the roof of which も理解でき、a house of the roof whoseも正しい英文です。 whose → of which ですが, its → of it と同じ感覚です。 it で受けるべき「もの」がないと,whose → of which は成り立ちません。 単純に「もの」が先行詞で which が用いられるということを思い出してください。 a house of which the roof で,a house of とはつながっていません。 the roof of which → of which the roof と,of which が前に出た形です。 a house of the roof whose は正しくありません。 whose の後,どうつながるのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 私は最初から申しているように He lives in a house whose roof is red. He lives in a house the roof of which is red. He lives in a house of which the roof is red. の文章になんの違和感もありません。手元の文法書も上記の文章は正しいとしています。 そこでwhichとwhoseの使い分けなのですが He lives in a house the roof whose is red. は専門家の考えとして、正しい文章ですか? もし間違いであれば、 He lives in a house the roof of whose is red. はどうですか?

  • 回答No.3
  • Sam69
  • ベストアンサー率67% (19/28)

いちおう基本的なことを言っておくと、whoseはここでは人を先行詞としますから、of whichとはなりません。 先行詞が物だったとしても、 語順はof of which mindではなく、of the mind of whichですね。of whichはwhoseがかかる名詞の後ろに置かれますから(whoseが消えると無冠詞になるからmindの前にtheを置く)。 いずれにせよ、原文の先行詞と関係詞の距離がすでに長いですから、そういう書き換えは可能でも悪文とされるでしょう(先行詞が分かりにくいし、ofが二つも間に入るし)。ただ純粋に文法的に言うと可能だと思います。 元の文を解釈する場合、the peculiar turn ofを's peculiar turnと書き換えると理解しやすいかと思います。つまり、 He is the one whose mind's peculiar turn best fits~. この文は He is the one. His mind's peculiar turn best fits~. の後ろの文のhisがwhoseに変わって二文をつないでいるわけです。 元の文でも同じことです(his→whoseで二文をつなぐ)。 the one ときた後に、the peculiar turn of~と続く形は、たしかにちょっと力技っぽいですね。でも、文法的には問題ないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 御回答のように He is the one whose mind's peculiar turn best fits~. であれば文法的に正しいと考えますが、 He is the one the peculiar turn of whose mind best fits~. 私はこの文法が間違っていると考えています。 と言うのも、文法的に He lives in a house whose roof is red. のwhoseは of which と置き換えられる ↓ He lives in a house of which roof is red. (正しい) ↓ He lives in a house the roof of which is red.(と倒置も文法的に出来る。だからhouse〔名詞〕とthe roof〔名詞〕が続いても文法的に問題はない。正しい文章) 質問は 1)He lives in a house the roof whose is red. は正しい文章ですか? 2)He lives in a house the roof of whose is red. ならば正しいのですか?

  • 回答No.2

>上記のwhoseをwhichで書き直すと、上記の例題からすれば、 He is the one the peculiar turn of of which mind best fits him to write on this subject. となるのが自然なような気がしますが・・・ 面白い質問ですね。でもそれほど頭を悩ませるものではないのではと思いますよ。 He is the one the peculiar turn of mind of whom best fits him to write on this subject. とすれば一応格好がつきますが、原文の方が自然でいいですよね。 参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 質問の趣旨は He is the one the peculiar turn of mind of whom best fits him to write on this subject ではなく、 He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject of all living writers. が正しい構文なのですか? です。 He is the one the peculiar turn のone はwirterであり名詞になりますが、その後にthe one the peculiar turn ofと名詞(句?)が付 ますが、この場合前置詞が必要ではないのか? の質問に the peculiar turn of whose mind best 関係代名詞の whoseがあるために文法的に正しい・・・・ 例題として >He lives in a house whose roof is red. >=He lives in a house the roof of which is red. でa house(名詞)のあとにthe roof(名詞)と同じように構文があるではないかと・・・ 確かに、この構文は理解できます。何故なら、回答者がご指摘をされているように whose=of which と置き換えるとができるからです。 a house of which the roof は文法的に意味をなします。これが倒置され a house the roof of which も理解でき、a house of the roof whoseも正しい英文です。 上記の構文と下記の構文が同じであるために、名詞と名詞がつながれていても良いと言う理論であれば(文法は理論にしたがっていると解釈します。) He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject of all living writers. whose はof whichと書き換えることができなくては、おかしいです。 質問ですが、生徒さんが He is the one the peculiar turn of of which mind best fits him to write on this subject of all living writers. と自由英作文を提示したとき、貴方はこの英作文に○を付けられますか?

  • 回答No.1

こういう質問のなさり方は明らかに削除対象かと思いますが,一点だけ申し上げておきます。 He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject.  この whose を which に書き換えられるとは言っていません。 この whose と,後の whose は別です。 後の He lives in a house whose roof is red. が,He lives in a house the roof of which is red. と書き換えられるというだけです。 この whose はものを先行詞としており,whose はものも先行詞にできるのですが,of which で書くこともできます。 たまたま,同じ whose ですので,錯覚されるかもしれないとは思いましたが, the one the peculiar ~というつながりが, a house the roof ~と似ているので例として挙げました。 しかも of whose と of が出ているので,さらに紛らわしいですが, 単純に whose → of which であり, of whose ~のような場合,which で書き換えることは無理です。 しかも,先行詞は「人」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 前の方の投稿での回答者として参加させていただいたのですが、その中で上記の質問をしては失礼に当たるのかと思い、新しく質問とさせて頂きました。この半年ほど、gooの投稿で武者修行をしてまいりました。専門家方々を相手に、シドロモドロで正解率50%そこそこです。お陰様でよい勉強になりました。お時間があればもう少し教えていただければ幸いです。 >He is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject.  この whose を which に書き換えられるとは言っていません。 如何して書きかえれないのですか?

関連するQ&A

  • 英文解釈教えてください

    Of all living writers he is the one the peculiar turn of whose mind best fits him to write on this subject. 今生きている作家の中で、彼はその精神の独特な傾向から言って、この問題について書くのに最もふさわしい人である。 (1)文頭のofの理解 (2)the one の後すぐthe peculiarとなって前置詞がない (3)of whose の理解 教えてください。

  • この英文の文法的解釈

    Find the house the roof of which is blue. 文型は何ですか?the houseとthe roofのつながりがわかりません。whichがthe houseを指すのは分かります。よろしくお願いします。

  • この2つの文を関係詞を使って一つでまとめたいのですが

    ・You can see from here the roof of a black building. ・What is that building? この二つの文を関係詞を用いて一文にまとめたいのですが、疑問文にするにあたり躓いています。 わからないので、根拠もなくなんとなく3通り考えてみたものの 1. What is that black building whose roof of black you can see from here?  →whose roof of black (which) you can see from here って事で有リ? 2. What is that black building of which roof you can see from here?  →which roofじゃ、「どの屋根」の意味になるから違うだろうな… 3. What is that black building the roof of which you can see from here?  →じゃあ roof をof which の前に出したらどうだろう   でも What is that black building で文章が出来上がってるので、この後に続く the roof of which~がどうも納得いかない   いや、この the roof of which~は building を修飾しているから有リかもしれない とあやふやなまま試行錯誤しています。 考えた3つの文章の中に答えがあるかないかもわかりません。 この二つの文を一つにまとめる手順がわかる方、ご教示願えませんでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 書き換え可能かどうか教えてください。

    書き換え可能かどうか教えてください。 In the suburbs there is a rocky hill, on the top of which an ancient castle stands. 上の英文の on ~ stands 部分を on whose top an ancient stands と書き換えることはできるのでしょうか。よく the roof of which を whose roof で書き換えることはできますが…この場合はどうでしょうか。

  • all because の文法解釈について

    添付ファイル文章: And three weeks ago, Dmitri seized him by the beard in a tavern, dragged him out into the street and beat him publicly, and all because he is an agent in a little business of mine.”に関する質問です。 all becauseが文法的にどうなっているのか理解できないです。 これは、 it is all because he is an agent in... のit isが省略されていると解釈していいのか、それとも all is because he is an agent in... のisが省略されていると解釈していいのか分からないです。 また、それ以外の文法ルールに従っているのか分からないです。 解説お願いします

  • 文法問題

    ( )に入る番号を 教えて下さい! (1)Straford-upon-Avon is the town( )Shakespeare was bon. (1)which (2)where (3)why (4)which (2)( )you may say,I won't change my mind. (1)Whoever (2)Whomever (3)Whatever (4)Whenever (3)I bought a new book yesterday,( )I found very interesting. (1)that (2)which (3)what (4)who (4)The subject in( )I was came interested in my school days is mathematics. (1)which (2) that (3)where (4)when (5)This is ( )we came to understand each other. (1)which (2)who (3)for which (4)how (6)We stayed in an old house,( )roof was covered with snow. (1)which (2)who (3)whose (4)whom (7)Who the person to ( )you were speaking yesterday? (1)who (2)whom (3)that (4)whose (8)( )leaves the classroom last should switch off the light. (1)Whoever (2)Whatever (3)Whichever (4)Whenever (9)( )such a beautiful flower before,I was excited. (1)Seeing not (2)Not being seen (3)Not having seen (4)Not having been seen (10)( )along the street,I met John. (1)Walk (2)Walking (3)To walk (4)Walked (11)This medicine,if( )by children,will do them harm. (1)take (2)to take (3)taken (4)taking

  • 関係詞 合っていますでしょうか?

    教えてください 1). This is the way (  ) Mr. Kato mastered English.    正解(1) in which   (2) of which   (3) on which   (4) which (1)が正解ですが、 This is the way.とMr.Kato masterd English in the way. の二つの文からできていると言う事で合っていますでしょうか? 意味は、「この方法でMr.Katoは英語をマスターした」 で合っていますでしょうか? 2). The building the roof (  ) is red is the post office.    (1) who     (2) whose    正解(3) of which   (4) which   (3)が正解ですが、 of which ってのは roof の事ですよね? (4)のwhichだと思うんですが、なんでofがついているのでしょうか? また、なんであえてこのような複雑な文ができるのでしょうか? The building the roof of red is the post office. でいいじゃん。と思います。まぁ問題なのでこのようにしているのかも? と思いましたが、実際このような文が出てくる場面ってあるのでしょうか? 3). Who is there (  ) knows that?    (1) which    (2) as      正解(3) but     (4) who (3)が正解ですが、 これはさっぱりわかりません。thereを先行詞にとって、knowsの 主語になるから(1)whichにしてしまいましたが、意味がさっぱりです。 whichだったら、「そこで、あれを知っているのは誰?」みたいな訳かなと思ったのですが。。。

  • 英文の解釈

    They speak well of him.の受動態は回答を見ると He is well spoken of by them.となっていますが、 なぜHe is spoken well of by them.ではいけませんか?

  • 文法問題をおしえてください

    日本語に合うように、英語を並べ替えた場合、選択肢の中のどの順序になるか。 問1:誰が電話に出たのですか? (answered,telephone,the,who)? (1)The telephone answered who? (2)The answered telephone who? (3)Who telephone the answered? (4)Who answered the telephone? 問2:そこで誰にあったのですか? (did,see,there,who,you)? (1)Who did you see there? (2)Did you there see who? (3)Who you did see there? (4)You did see who there? 問3:誰のコップが割れたのですか? (broken,cup was, whose)? (1)Whose broken cup was (2)Whose cup was broken? (3)Cup was broken whose? (4)Whose was broken cup? 問4:彼は、私が何を読んでいるのか尋ねた。 (asked,he,I,me,reading,was,what). (1)He asked me what I was reading. (2)He asked me what was I reading. (3)He asked me I was reading what. (4)He asked What I was reading me. 問5:セリーナはどの文章が最も大切だと思ったのですか? (did,document,important,is,most,which,Serena,the,think)? (1)Serena did think which most document is the important? (2)Did Serena think which document is the most important? (3)Which cocument did Serena think is the most important? (4)Which document is the most important did Serena think?

  • 次の文に出会いました。文法的に解説していただければ助かります。

    次の文に出会いました。文法的に解説していただければ助かります。 Please help me with the following sentence. せめて、二三年は使えるのは、ペンティウム166以上、メモリ32メガ以上のものでしょうか。 The one able to use at least two or three years is which having Pentium of 166 or more and memory of 32 mega or more.