• 締切済み
  • 暇なときにでも

バラの大苗地植え直後の追肥は必要?

3月中旬につるパラの大苗を購入し、地植えしました。 ネットでこの時期はうどんこ病・黒星病の薬を散布すると なっていたので、薬を吹きかけました。 他にフラワーメーカーで追肥となっていたのですが、 地植えする時すでに、元肥でフラワーメーカーと牛フンを混ぜ込んで、 植えたのですが、それとは別に必要なのでしょうか? バラ初心者なのでアドバイスよろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#115647
noname#115647

黒星病(黒点病とかブラック・スポットとも言います。)はこういう症状ですが間違いないでしょうか? http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki08.html 黒星病は大体花後、特に梅雨時あたりから発生しやすいものですが、今頃から発生するというのはどうなんでしょう?。まだ新しい葉が出たばかりだというのに。 いずれにせよ植えつけて間なしから葉が4割枯れたり、枝に障害が見られるというのでは先が思い遣られます。考えられる点をいくつか述べてみます。 ・病気株を購入した。 それも重症で、去年から被害が大きかったものです。また黒星病だけではなく、根頭がん腫病や土壌線虫などによって致命的な根の被害を受けたものもあります。 しかし購入時にこれを見分けられるのは不可能に近いかもしれません。 せめて幹の太いものを選んだり、その色艶の良さで判断します。この事は欲しい品種よりも優先します。いくら欲しい品種でも株が貧弱なものは選んではいけません。 ・土壌の不良。 バラは一般に言われるほどには土質は選びません。しかし排水性の良い土、ある程度腐植質の入った、所謂「肥えた土」が良いことは確かです。 従って粘土質土壌は最悪です。そういう場合はバーク堆肥や川砂などを入れて土壌改良する必要があります。(思った以上に量が必要です。) また苦土石灰等、石灰類を施す場合は少量にとどめます。1平方メートルあたりほんの軽く一握り程度です。 初心者はめったやたら石灰を施す傾向がありますが、アルカリ土壌にしては生理障害を起こしまともに生育しません。バラが好むPH度はあくまでも弱酸性土です。 アルカリ土壌障害を起こすと葉に少し黄ばみが入ります。この点において黒星病と症状が似たようなところがなくもないではありません。 ・植え付け不良。 植穴を掘り、底に元肥を入れ、10~15cmばかり覆土し、苗をすえつけ、根と土の間に隙間のないように(空間ができないように)丁寧に土を入れ戻し、最後にタップリ水遣りしますが、このとき株元の接ぎ木部分(接合部)が地上より3cmぐらいは露出しなければいけません。 接ぎ木部分が地中に入っている状態は、深植えし過ぎです。 (その他。) ・犬猫のトイレにされている。 ・濃い過ぎる液肥を与えた。(初心者が犯しやすいミスです。浸透圧によって、植物内の水分を逆に奪います。漬物と同じ原理です。) ・エアゾール式の殺虫・殺菌剤を至近距離から噴射して、葉などに凍傷を起こさせてしまった。(凍傷部分は回復しませんが、これは救いがあります。) 病気株については返品。もしくはあきらめる。 土壌が悪い場合は土壌改良します。アルカリ土壌障害はやっかいです。酸性の強い無調整ピートモスや鹿沼土を入れて土壌改良するとかですが、あまりにも大量に石灰を入れたならば土の入れ替え作業が必要です。(市販されている多くのピートモスはPH調整済みのものです。ブルーベリー苗をよく取り扱っている店は、無調整ピートモスを置いているかもしれません。) 植え付け不良全般については、植え替えた方が良いでしょう。 濃い過ぎる液肥については、浸透したと思われる土の入れ替え作業が必要でしょう。 いずれにせよ植え替えたあかつきには、春の蕾が出来ても蕾の数を大幅に減らす必要があるでしょう。 犬猫については、知りませんよアタシャ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々アドバイスありがとうございました! 家の庭は高台になっていてフェンスでガッツリ囲ってあるので犬猫の被害はないです。 大苗は某バラ園の店員さんに選んで頂いたので大丈夫かと思われます。 覚えがあるのは肥料(フラワーメーカー)だと思います。元肥に混ぜ込むとき風で飛ばされてしまって余計な量の肥料を入れてしまったのかもしれません。 前にアドバイス頂いた薬剤を散布してみて様子を見てみようと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#115647
noname#115647

>うどん粉病・黒星病と害虫(アブラ虫など)薬は同時期に散布して大丈夫なのでしょうか? よろしいですよ。 殺虫剤はスミチオン乳剤、マラソン乳剤、スミソン乳剤、アクテリック乳剤などが使えます。いずれも1000倍希釈です。 殺菌剤はダコニール1000、サプロール乳剤あたりがお勧めです。(葉が薬液で汚れません。)いずれも1000倍希釈です。できれば殺菌剤は2種類以上用意された方がよろしいです。同じものばかり使うと病菌(ウドンコ病や黒点病などのカビ菌)に薬剤に対する耐性がつきます。つまり薬剤に慣れてしまうのですね。交互に殺菌剤を変えるようにします。 上記した殺虫剤と殺菌剤は混合して散布してもかまいません。 すべて1000倍希釈ですから、例として、水1Lを用意してそれにスミチオン乳剤1mLとダコニール1000を1mLを同時的に加えます。 この割合で1000倍希釈液ができます。2L分作るならば、それぞれを2倍して下さい。 計量は目盛り付きのスポイトでかまいませんよ。あとはダインなどの展着剤を数滴ほど加えてよくかき混ぜます。 噴霧器が必要ですがホームセンターあたりで売っています。電動式よりも畜圧式の方が耐久性においては優れています。 あとはレインコート上下、帽子、ゴム手袋、ゴム長靴、保護眼鏡、農薬用保護マスクを着用して散布します。完全防備ですね。(笑) アブラムシには株元へばら撒くオルトラン粒剤も有効です。1ヶ月ごとにばら撒きます。 殺菌剤でもっとも有効なのは、落葉している冬期に散布する「石灰硫黄合剤」でしょう。10倍に水で希釈して幹枝、株元に散布します。 これをやっておくと、その後の殺菌消毒が補助的なもので済みます。 ただし強い硫黄臭と薬液の付着により白く汚れる点で問題があります。 芽が動き始めて葉の有るうちは散布できません。薬害を起こします。 もし今後、ウドンコ病や黒点病の被害がひどくなるようでしたら、石灰硫黄合剤の冬期散布も検討してみましょう。 お手軽のハンドスプレータイプの殺虫・殺菌剤もありますが、補助的なものとして考えておきましょう。 なおウドンコ病は気温17℃から25℃の範囲で発生しやすいです。 黒点病は株元へマルチングして泥の跳ね返りを防ぐようにしましょう。 http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide01.html http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide02.html http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide08.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!色々勉強になります! 始めて聞いた薬剤で難しそうですが頑張って綺麗なバラを咲かせたいと思います!

質問者からの補足

度々の質問ですみせまん。 今朝もバラの様子を見に行ったら4割ほど 葉が枯れている(黒星病?)ようです。 茎にもさびてる感じのものが・・・。 すぐネットで調べたら「黒星病になった葉を全て落とす」と ありましたが、地植え直後でこれからの時に葉を落としても 大丈夫なのでしょうか? よろしくおねがいします(__)

  • 回答No.1
noname#115647
noname#115647

今すぐは与えない方がよいです。根がまだ活着しておらず、落ち着いていないかもしれません。 植え付け後、2週間ぐらい経って与えた方が良いです。液肥などもそうですね。今はまだ水だけ与えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!下旬ぐらいに追肥しようと思います!

質問者からの補足

今朝バラの様子を見に行ったらアブラ虫がぁ…。すぐ薬剤を降りかけましたが…。 また質問ですが、うどん粉病・黒星病と害虫(アブラ虫など)薬は同時期に散布して大丈夫なのでしょうか?

関連するQ&A

  • バラ大苗の植付け、まだ大丈夫?

    バラ栽培二年目の初心者です。 ネットショップには、まだ大苗が販売されていますが、 4月中旬の今でも植付けは大丈夫なのでしょうか? 基本的に大苗の植付け時期は11月~3月となっていますよね。 新苗を買うより、大苗のほうが早く楽しめるので、 できたら今から植えたいのですが。(イングリッシュローズ) 可能ですか?? バラに詳しい方、教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • バラの肥料について

    バラに関して全くの初心者です。 先日ニュードーンの鉢苗を購入して 11月の中旬に植え付けをしたんですが、 その際に元肥ではなく、間違えて追肥を与えてしまいました。 それから2、3日して、まだこれから咲く蕾もあったにも関わらず 枯れ始めてしまったんですが、これは何か関係あるでしょうか? それとこういう場合、 元肥はいつ頃与え直せばよいんでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • バラの大苗が枯れたのはなぜ?

    昨年の11月20日、バラ【マチルダ】の大苗を店舗で購入しました。 11月23日に庭に地植えにしました。 40センチほどの穴を掘り、牛ふん、バイオゴールド元肥などを入れて、土を少し戻して植え付けました。 ほかにもいくつか大苗を同じように植えて、早春にはみな順調に芽を出したのに、マチルダだけは芽が出ず、茎が黒っぽくなり、不思議に思って掘りあげたところ、根も茶色になって、枯れているようでした。 一体なぜでしょう。 気になったことは、昨年は残暑が長く、大苗が入荷した時点で休眠していると思えなかったことですが…。 どなたか教えてください!

  • バラの黒星病に困ってます。サプロール、マネージ、サンヨールとローテーシ

    バラの黒星病に困ってます。サプロール、マネージ、サンヨールとローテーションで散布してますが全く効きません。この他に何かいい薬はありませんか?

  • バラの植え替え

    6月に購入した修景バラの大苗を地植えにしています。シュートもでてきて元気そうです。 9月中旬に庭の一部を車庫に変えることになり バラを移植をしなければなりません。 6月に植えつけたばかりですが 9月の移植は無理でしょうか? 現在の位置に残す方法もアリなのですが・・。 注意点などがありましたら教えてください。

  • バラの植え替えに関して

    まず、自分はバラ栽培に関しては本当に初心者ですので経験者の方からの的確なアドバイスを御願い致します。 実は先週つるバラの新苗を4株程衝動買いしてしまいました。(インターネットショッピングで来週中に家に着きます)そもそもこれがいけないんですが・・。 でも、よく考えると今地植えしてあるバラ(昨年11月に植えた大苗;現在花咲いてます。)を移動させないとうまくレイアウトできないことがわかりました。 そこで質問なんですが、今この時期にすでに地植えしているバラを動かしても大丈夫でしょうか?その時の注意点は。 あるいはやはり時期が悪いからバラの休眠期まで待った方が良い?(それまで新苗は鉢栽培とかで) それと、今回のつるバラのひとつは若干日照が悪い所に植えることになりそうなのですが、これもある程度鉢栽培で生育させて大きくしてから植え替えた方がいいでしょうか? 長文、多数の質問で申し訳ありませんがアドバイス御願いします。

  • バラが枯れそうです、最後に手立てはありますか?

    大事に育てていたバラ、鉢植えのうららが枯れそうです。 一昨年大苗で買って、去年も花をたくさんつけ、今年の春にもたくさん花が咲きました。 本来、花の色が深紅だったのが、ピンク色になり、多少元気がないと思っていました。 葉がうどんこ病と、黒星病にかかっていましたが、去年もそれでも元気だったので、 時々消毒する程度でした。 加湿が原因のような気がします。 だんだんとしおれてきたので、枝を切り詰めて、一回り小さい鉢に植え替えました。 隣に置いていた同じく鉢植えのマザーズデイもよく似た状態だったので、 同じように枝を切って小さい鉢に植え替えましたが、こちらは、元気になってきました。 植え替え直後は残っている葉は元気だったのですが、3日目あたりから、枝までしおれてきて、 色が枯れたような焦げ茶色になってきて、今は瀕死の状態です。 このまま様子を見ていても枯れていきそうなので、今からできることがあればしたいのですが、 最後の手段として何かできることがありましたら教えていただけますか。 一番気に入っていたバラなので、ショックです。 よろしくお願いいたします。

  • バラの薬剤散布について

    黒星病にかかったバラを現在治療中です。 予防薬はダコニールとオーソサイドを使っているんですが、 ダコニールは暑い時期に使うと薬害が出やすいと聞きました。 なので夏の間はオーソサイドのみ1週間に1度散布しようかと 考えているんですが、これでは耐性がついてしまいますか? 別の予防薬をもう1つ購入して交互に使った方がいいでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

  • バラ(月光)の花の色が薄い

    6年前に庭に植えたバラ(月光)のことで教えてください。 購入した時は濃い鮮やかな黄色だったのですが、年々色が薄くなってきて、今年は「薄~いレモンイエロー」になってしまい、「言われてみれば黄色」というレベルになってしまいました。 どうしたら濃い黄色に復活するでしょうか。 状況は以下の通りです。 ・色が薄い、と気づいたのは購入の翌年から。 ・地植えで、隣のバラとの間隔は約1m、お互いに干渉しておらず日当たりは良好(東南)。 ・丈:約1m(2年前に庭を改造する際、植木屋に依頼して移植。その際、1m近くあったものを30cmにカットしたが順調に成長) ・肥料:2月に寒肥(牛糞と油かす)、4月以降は毎週ハイポネックス施肥。  (バラ用の「ハイグレード」を使用した年もあったが、色に対する効果を確認できなかったので1年間のみで終了、ノーマルタイプに戻した。「HB-101」も使用経験あり) ・剪定:3月初旬に実施。直径2cmほどの太い枝2~3本を残した。) ・土:黒土と川砂のブレンド?(移植の際に植木屋におまかせした) ・他のバラとの比較:ハイブリッド系、オールドローズ、ツルバラの成長に比べ、枝の増え具合や伸長が鈍い。 ・害虫&病気:アブラムシは見つけるたびに薬で駆除。黒星病にかかりやすいので薬を散布している。罹患した枝は早めに取り除いている。(けっこう葉の密集度が少なく、スカスカ。) 以上、よろしくお願いします。

  • 薔薇の葉が枯れてきました。教えてください

    薔薇栽培初心者です。 2月の末に初めて、ネット等で評判の某販売店で薔薇の大苗を予約購入しました。 来てすぐの苗は評判通り元気な苗に感じました。大事に育てていこうと思い、毎日様子を観察しています。 簡単な説明書や、薔薇の本を読んでお世話をしていましたが、最近新芽が芽吹いて葉がいっぱいでてきたのはいいのですがところどころ枯れてきています。 大きい葉、小さい葉、場所もバラバラで今のところ4枚ほどあります。 症状は周りから茶色く変色して枯葉のように枯れていきます。茶色いポツポツもあります。ほかの植物が枯れていくときと似ているように感じます。画像も添付いたしましたが、お詳しいかた、病気、生理現象その他何が考えられるか、ご教授ください。 1、薔薇の品種はローブリッターというオールドローズのつる性の薔薇で、購入店からの説明書ではまだ根が回っていないので、花が終わったころの六月ぐらいに地植え、鉢ましするようにあったので、まだ購入時の鉢植えに植えてあります。 2、水やりは指を中に入れて乾いていたらたっぷりやるようにしてますが、最近ちょくちょく雨が降り、雨が当たるところに置いてあるので水やりはほぼしてません。 3、日当たりは良好で、午前から午後3時くらいまでずっと日に当たってます。薬剤散布は、3月頭に新芽が出てきたのでうどんこ、黒星病、アブラ虫などの予防ができると書いてあった、重曹を原料としたスプレータイプの予防薬剤を散布しました。肥料も説明書通りに3月の頭に追肥、それから一月ごとに追肥予定です。 4、黒星病を疑いましたが、本では黒いポツポツから、黄色く変色して落葉するようでしたが、うちの場合、茶色く変色して、ほんとに枯れているように感じます。 思いつく限り情報を書いてみましたが、お詳しいかた、原因がわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。