• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

断熱材の配置

長さLの円管の外側に熱伝導率がそれぞれλ1、λ2の断熱材を施工する場合。一定量の断熱材がある場合、どちらの断熱材を外側に施工したら断熱効率がいいのでしょうか??ただしλ1>λ2です。理由も含めて教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数328
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

熱伝導率は熱の伝わりやすさを表します。熱伝導率が大きい方が熱が伝わりやすい。 断熱は熱を伝えにくくするのだから、熱伝導率の小さい材料で保温/保冷すればよい。 式を書けば、 q=(t1-t2)/(l/λA) です。 q:熱流量[W] t1:高温側温度[℃] t2:低温側温度[℃] l:断熱材厚さ[m] λ:熱伝導率[W/(m・K)] A:伝熱面積[m^2](円管なら対数平均) 断熱はqを小さくしたいのだから、λが小さい方がよい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解けました。なるほど。どうもご丁寧にありがとうございました。

質問者からの補足

どちらか一方ではなくて、必ず両方使わないといけないのです。内側にλ1、外側にλ2のものを施工するか、内側にλ2で外側にλ1を施工するか。どちらが効率がいいのでしょう??

関連するQ&A

  • 断熱材について

    スチール板に断熱材を付けている際に 内部側から600℃の熱が発生する時、 断熱材を通りスチール板に到達した時の熱は 何℃になっているのでしょうか?? 断熱材50mm 表面積:0.3m2 熱伝導率0.10W/M・k また、到達した時の熱が50℃以上の場合 断熱材の厚みをいくつにすれば 50℃以下にできるのでしょうか?? 宜しくお願い致します。

  • 断熱材について教えて下さい

    断熱材を探しています。 条件としましては、 1.寸法精度が良い 2.硬度がありもろくない(半導体製造装置に使います) 3.熱伝導率が低い(t5mmで300℃を常温まで断熱できるような材料) どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さい。 また、断熱鋳鉄というものがあると聞きました。 断熱鋳鉄についても何か情報がございましたら、ぜひお教え下さい。

  • 断熱材の効果について

    機械設計者1年目の初心者です。 断熱材の効果についての質問なんですが、 発熱体(アルミ)に直接取り付ける部品(アルミ)で、 あまり温度が上がってほしくないものがあります。 その対策として、部品と発熱体との間に、 断熱アダプタを取り付けようと考えました。 部品を作っている余裕が無いので、 熱解析で解析してみたのですが、 その断熱アダプタを熱伝導率0.1(W/m・℃)にして解析してみても、 50%ほどしか温度が低下しませんでした。 私のイメージでは、 例えば熱した鉄板の上に木などの熱伝導率の低いものを置くと、 木の上はほとんど暑くならないような気がします。 熱伝導率が0.1の物質でもこの程度しか効果が無いものなのでしょうか? この解析結果があっているとしたら、 ではこの方法では対策できない為、 他の方法を考えなくてはなりません。 ちなみに熱解析も使い始めたばかりで自信がありません。 宜しくお願いします

  • 樹脂の成形機に使用される断熱材の役割について

    樹脂の成形機に使用される断熱材の役割について 断熱材の使用目的は熱を伝えにくくする事だと思うのですが、断熱材がないと何か問題は起きるのでしょうか? また、最適な断熱材を選定する際、熱伝導率が小さく、圧縮強度が強い以外考慮すべきことはありますか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

    断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。 グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk 空気 λ 0.02 W/mk なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

  • 断熱材の表面温度の計算

    断熱材の表面温度を計算したいのですが、計算方法がわかりません。 外気温20℃ 高温部 1400℃ 熱伝導率 0.55(W/m/K) 断熱材厚さ 0.1 (m) 低温部の表面温度はどう計算したらいいですか? また、断熱材厚さを変数とした低温部温度の式も知りたいです。

  • 床下の断熱材

    床下の断熱材の下側は断熱材がむき出しのままになっていますが、落下防止のために合板を打ち付けて何か問題はありますか。それに上側の合板と下側の合板で断熱材をサンドイッチ状態にした方が熱効率が良さそうな気がするのですが。。。どなたか教えて下さい。

  • 注文住宅の断熱性能について判断したい

    注文住宅を検討しています。現在、2社まで絞り込み、あとは契約先を決めるだけという段階に来ました。 家を建てるにあたって、なにより重視しているのは断熱性です。 元々理系頭なので、スペックを数値で見せてほしいと頼み、出てきたのが以下のようなものでした。 (A社) 壁のみ外張断熱+天井断熱+床断熱 壁断熱材:アキレスボード25mm(熱伝導率0.024 R値1.04) 床断熱材:押出法ポリスチレンフォーム3種40mm(熱伝導率0.028 R値1.42) 天井断熱材:グラスウール16K 100mm(熱伝導率0.045 R値2.22) フル樹脂サッシ R値0.60 Q値1.9が標準 第三種換気 (B社) 壁は充填断熱+天井断熱+床断熱 壁断熱材:アクリアマット14K 90mm(熱伝導率0.038 R値2.37) 床断熱材:アクリアマット14K 75mm(熱伝導率0.038 R値1.97) 天井断熱材:アクリアマット14K 90mm(熱伝導率0.038 R値2.37) 複合樹脂サッシ R値0.47 省エネルギー等級4(IV地域=Q値2.7?)が標準 第三種換気 客観的に数値だけを見ると、B社のほうが上に見えます。 しかし、広告ではA社のほうが大々的に暖かさを謳っているため、疑問としてA社にぶつけたところ、 ・木材の部分が熱橋にならないので、断熱材のR値だけを見ると劣っているが家全体として暖かい。 ・また、外張り断熱は現場の技量に大きく左右されずに隙間を少なくすることができる。B社より気密性は高いはず。 ・フル樹脂サッシと組み合わせれば、エアコン一台で家中暖かいレベルになる。B社より暖かい自信がある。 ・グラスウールは、数値だけ良くても実際の施工がグダグダで内部結露、隙間だらけという例をたくさん見てきた。 という回答を得ました。 次に、これを持ってB社に行ったところ、 ・そもそも、きちんと施工すればC値1.0台は内断熱でも簡単に実現可能。 ・内断熱が寒い、結露するというのは、断熱材の固定や防湿シート貼りを確実にしていないから。 ・内断熱の弱さを克服するため、断熱性の性能と厚さを計算している。トータルのR値は大差ないはず。 ・施工に関しては、住宅性能評価を最高ランクで受けており自信がある。 という回答でした。 A社の意見もB社の意見もまともな気がしており、ではどちらを選ぶのか?で悩んでいます。 A社 → Q値1.9の割に壁のR値が小さすぎる、何かありそう・・・。(ボード厚を40mmにするオプションもあります) B社 → 数字上はよく見えるが、省エネルギー等級4というのは最低限レベルなので実際住むと寒いのでは・・・。 数字で納得して決めたいのですが、なにぶん素人ゆえ、ご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。