• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

特許の基本を教えてください

特許庁の電子図書館を見たのですが、ものすごく細かいというか、 どうでもいいような特許が多くてびっくりしました。 特許が物ではなく、構造、回路、ソフトアルゴリズムなど細かすぎて 絶対チェックできないのではないかと思いました。 物作りをする人たちは、これを全部チェックして違反していないことを確認してから製品を作っているのでしょうか? また、世の中で目につかない特許が多く、これはもしかして、 取得者が許可もしくは自分で使わない限り、特許技術が期限まで世の中に出ることはないのでしょうか? どうしても知りたいことはここからで、これを逆手にとって、 特許製品を百万で売りに出し、誰かが特許チェックの漏れで、特許侵害するのを待ち、その特許違反部分のある別製品を他者が1000円で1万人に既に売っていた場合、 その別製品を買った人が1千万の特許取得者の製品を買う機会を失ったとして、100億円などの損害賠償が成立してしまうのでしょうか。 もしそうだとしたら、この特許、経済発展から考えてもどうしようもないシステムだと思い、質問に来ました。 人口から考えて、エジソンも100人いると思うと、早いもの勝ちのシステムもどうなんだろうと思ってしまいます。 そんな馬鹿システムでは無いとは思うのですが、自力で納得できるように調べきれません。このあたりどうなっているのか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数205
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3457/9591)

まず、基本的には、自分が実施していたら儲かった(逸失利益)か、ライセンス料として手に入ったはずの金額までしか請求できない点をご理解ください。 ご質問の場合、1千万円で売ったものの利益が1千万円を超えることはありませんので、損害賠償は1千万円以下を超えることはありません。 特許侵害に対する救済措置の拡充について 特許庁(日本) http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/siry02_3.htm アメリカの訴訟の件を想定されているならば、アメリカとは法制度が異なる点をご理解いただかねばなりません。アメリカでも遺失損失の範囲で賠償責任がある点は同じですが、以下のために逸失利益そのものが大きくなる(キズが深くなってから問題になる)ことがあります。 大きな点では1つに、アメリカの昔の特許出願(審査してもらうために申請したもの)は公開されていなかったため、何十年もかかって特許が認められてから世の中に公表されてしまった、といういわゆるサブマリン特許の問題があります。 さらには特許権が、特許が認められてからの年数で規定されていたため、出願時には普及していなくとも、普及するまで特許査定の時間を引き伸ばし、侵害品の販売量を大量にしてから行使しようという不徳の輩が出てきたのです。 現在では、アメリカでも出願も公開されるので予防でき、権利期間も出願からの起算になったので審査を引き伸ばすメリットはなくなりました。 外国産業財産権制度情報 特許庁(日本) http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/fips/mokuji.htm なお、アメリカ特許法で残っている大きな特色としては、先発明主義(出願した日ではなく発明された日が早ければ勝ち)、意図的な侵害があれば侵害額が3倍課せられる(懲罰的賠償、三倍賠償)があります。 このために、実は我等が先に発明していたから現在大量生産しているものの侵害による賠償をしろ、という訴訟に巻き込まれ、公開されていない資料の日付の立証に手間取り、ただでさえ高い弁護士費用がかさんでしまって、とんでもない訴訟費用がかかることがあるのです。それだけ何十年も訴訟をするくらいなら、億単位でも一時金で和解したほうが安くつく、という判断をしてしまう日本企業も多かったのです。 最後に、世界的な特許制度の統合とともに、アメリカの先発明主義などの独自制度が変わる可能性もあります。出願の公開化もこういう流れによるものです。 国際動向|経済産業省 特許庁 Japan Patent Office http://www.jpo.go.jp/index/kokusai_doukou.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 かなり知りたい部分が見えてきました。 取得者が請求できる損害額は、侵害者の販売額までであること、 そして、それを悪用して取得者をつぶそうと安く製品をばらまく ことを阻止するために3倍賠償などがアメリカにはあるということですね。 特許は取得者を守るものだと理解できました。 最初、特許庁で特許一覧を見たとき屑のたまり場に見えたのですが、ゴミのような特許を取得している人たちが可愛く思えてきました。 自分が価値のあるものに見えないだけ、というのにも限度があります。 最近マイクロソフトがTABキーを押したらリンクを順番にジャンプして 表示する機能で特許を取ったのを知り、これは酷いと思っていました。 フリーソフトで特許を取得していないものは技術の宝庫ですね。 TABキーのは、これからものすごい技術に変える、又はすでに見えている、特許の片鱗だと解釈しておきます。 だいぶ理解できてきました。がまだ資料からも読み取れていない部分があります、 >自分が実施していたら儲かった(逸失利益)か、 の部分、やはり取得者が100万円で販売していたら、侵害者が1000円で売っていても、上限が1000円*侵害販売数ではなく、 100万*侵害販売数になってしまう可能性があるということでしょうか? そういう判例がないとしても、恐ろしくてやはり何も作れないと思うのですが。 国家資格の弁理士に通していれば、万が一漏れていても救済されるようにはなっていないのでしょうか?

関連するQ&A

  • すでに特許が取得済みになっている、

    すでに特許が取得済みになっている、 システムやサービスの開発や提供を行う場合は 特許庁などへの手続きなどはあるのでしょうか?

  • パチ 遠隔の特許を確認 遠隔は合法?ある?

    パチの遠隔操作の特許を発見しました。特許庁の電子図書館にあります。ググったらすぐ出てくると思います。確率を変更する。とおもいっきりかかれています。 特許を取るには、公序良俗に違反していないことが要件なので、特許があるということは遠隔は合法ということなのでは?また、特許を取るには数十万かかり、維持費も毎年十万ほどかかります。 違法で使えないなら登録しておくのはおかしいので、やはり・・・ これを見つけてから不信感があり、パチをやらなくなりました。 また、遠隔はだめという明確な法律もないようです。 遠隔は普通にありますか?皆さん教えてください。 長期的にデータを取ったりしてる方いたら、経験的にどう思います?

  • 特許番号による特許検索方法

    こんにちは. 先日,ある製品の特許について調べていたところ, 「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」 とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました. しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした. そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います. ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html このサイトに載っていました. よろしくお願いします

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • kougan
  • ベストアンサー率61% (39/63)

追加質問の内容が分かりにくいのですが・・・、 特許権者が特許技術を使用しないで販売していた商品を、後から特許技術を使用した商品に改良して、既に販売した分に対しても特許技術を使用していたと主張したらどうか? という理解で回答します。 別に損害賠償請求訴訟でそのような嘘を主張するのは自由です。 しかし、それに対して相手は当然反論するので、単純にそういう主張だけで販売数量を確定させることは不可能でよう。 但し、相手が訴訟能力を全く持たないような場合は、嘘の主張が認められる可能性はあります。 また、日本に限っていえば、特許を利用して稼いでいる判例はないと思いますし、少なくとも私は知りません。 なお、仮にそんなことができるならば、休眠特許を安く買って訴訟をしかけるパテントトロールがたくさん存在するはずです。 最後に、日本の特許訴訟は、質問者さんがご想像するような甘いものではないと思います。 疑問をお持ちなら、納得するまで判例をお読み下さい。

参考URL:
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0020?action_id=search&hanreiSrchKbn=07&recentInfoFlg=1&term=30

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

文章がへたですいません。 後から改良しての嘘の主張ではなく、販売する能力があることを主張するためのもので、 裁判で販売能力がないとされても、その後からでも正式に改良してその数量を確定するということです。 もしこれが確定すれば取得者がそれだけ売ることができたのだとして、侵害者が販売した人数分は、 もう同じものを買う必要がなく、取得者の製品を買う機会を失ったとしての損害賠償は可能なのではないかと思ったのです。 もちろんこれを成立させるためには特許部分を特許取得者指定の製品に組み込んだ場合は無料で改良し、 個別に特許を使用する場合は100万円で使用料を販売するとしたら確定すると思ったのです。 嘘の主張が通ったらどんでもないことで、法律の枠内で抜け穴があるのではと思ったのです。 が、100万円の特許単品では誰も買わないので販売能力の数量が確定出来ても今度は損害賠償金が一つ100万円を請求できなくなってしまうので納得できました。 判例は一般に公開されているのを知りませんでした。気がすむまで読みたいと思います。ありがとうございました。 件数もとても少ないことに感動しました。無駄に資本主義は詰将棋状態でもうどうしようもないのかと悲観的になっていました。 数量の確保は理解できました。が、 ソニーに振動コントローラの使用で、特許取得者が独自でPS2の台数分を販売しているのではないのに、 多額の支払命令が出たのはなぜなんでしょうか? これは明らかにPS2の販売台数から算出したものではないのでしょうか? 日本とアメリカで法律が違うのが問題なのでしょうか?それともやはり損害を成立させる抜け道があったのでしょうか?

  • 回答No.1
  • kougan
  • ベストアンサー率61% (39/63)

確かにご質問のように100億の損害賠償が成立する可能性はあります。しかし、仮に利益率が100%だとしても、現実問題としては、成立する可能性の方が少ないと思います。 なぜなら、特許法102条1項で規定しているように、損害額として認められであろう範囲は、「特許権者が販売することができた数量」に、「利益の額を乗じて得た額」ですし、「特許権者が販売することができないとする事情があるときは、それに相当する数量に応じた額」が除かれるからです。 つまり、自分でほとんど販売していないような者は、大抵、販売能力を持たないと予想されるので、侵害者の販売数量の全てを販売することができたとは、認定されないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 その特許法の部分で気になったのですが、特許権者が販売することができた数量は、たとえば、 1万件販売済みの特許侵害を取得者が発見した場合、 これを損害賠償を成立させるために、既に大量に販売もしくは、 販売済みのシステムの一部に特許部分を組み込むなどをして、販売数量を確定させることは可能なのでしょうか。 考えただけでも山のように思いつききりがありません。 完璧な法律は存在せず、世の中も悪と法律のイタチごっこなのではと思うのですが。 実際、特許を利用して稼いでいるとは絶対言えない判例などはなく、もちろん法的にクリアしているのだとは思うのですが、 利用したと解釈しようと思えばできる判例はどれぐらいあるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 開放特許という言葉を耳にしまして・・・・・・

    現在、特許公開されまして、売り込みを行っているのですが、売り込みの他に、最近開放特許という言葉を耳にしまして・・・・ 私の公開中の特許も開放特許の掲示板に登録し、開放しようかと悩んでおります。 そこで、お聞きしたいのは・・・・ 新しい公開が毎日たくさんあると思いますが、 企業の知財部の方は、特許庁の電子図書館をどの位の頻度でチェックしているものなのでしょうか? また、開放特許の掲載されているサイト等もチェックしたりしているのでしょうか? 開放特許のサイト等も見ておられるのでしたら、オススメのサイトや企業側からの注意点等があれば、教えて頂けないでしょうか? あと、もし特許を開放するとなれば、色々な開放するサイトに登録しておく方が、良いものでしょうか? お暇な時で結構ですので、教えて頂けませんでしょうか、宜しくお願い致します。

  • ビジネスモデル特許の取得について

    はじめまして。よろしくお願いします。 当方、業務の一端として今度、新規に展開するビジネスについて ビジネスモデル特許を取得せよという命令を受けたのですが、 私に特許についての知識が無く困っております。 業務の内容の詳細は明かせないのですが、 ある業務でネットを使った課金システムを構築し、それを基にビジネスを展開していく というものです。(抽象的すぎて申し訳ないのですが…) 私なりに色々と調べてみましたが、ネット上での大体の行き着く先が 弁理士のサイトというのが殆どで、詳しく調べる事ができませんでした。 (特許庁のサイトや個人のブログ等も見ました) そこで下記の点をご質問させていただけますでしょうか。 1)ビジネスモデル特許は、普通(?)の特許(発明)と同じような申請書類を 作成することで、特許庁へ申請することができるのでしょうか。 何かビジネスモデル特許特有の申請書もあるのでしょうか。 2)1)で申請書類が一緒であれば、発明の部分を新しいビジネスのやり方や 自作で作成したシステムの事を記載して、提出すればよろしいのでしょうか。 3)その他、ビジネスモデル特許を取得するにあたり、気をつける点や 普通(?)の特許と異なる点があればお教えください。 4)ビジネスモデル特許を素人が取得するにあたり、参考になる書籍やwebサイトがありましたらお教えください。 一応、普通(?)の特許の取得の仕方の書籍は購入し、目は通しております。 いかに新しく作成した物を言葉で説明するかが、凄く難しいと感じました。 ご経験者や詳しい方がいらっしゃいましたらご教授いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 特許出願して損することのことの方が多いのでは

    特許出願には、権利化まで100万円ほど掛かると言われています。 また、権利化しても、侵害の事実を裁判で実証しなければ、損害賠償を勝ち取れません。 さらに、どこで誰が侵害しているかを発見することが、個人はもとより、大企業さえも大変困難です(世の中の特許関連製品をバラス必要がある)。 さらに、日本での特許権は外国では通用されないため、外国でも特許権を取得する必要があります。 こんな制度は、大企業以外は活用できない制度だと思います。個人出願なんて、無意味だと思われます。 皆さんのご意見をお聞かせください。

  • 新製品 特許にした方が良いのか しないほうが良いのか

    現在新製品を開発中です。 これまでも自社製品を販売してきましたが、今までは特許について詳しくなく、又特に新規性が高い製品でもなかったので、特許について何もしてきませんでした。 今回はまだあまり世の中には無い様な製品なので、特許が取得できるかどうかはともかく、他社から真似をされても困るし、他者が特許化してしまっても困るので、防衛的な意味で特許の申請は行なった方が良いのかなと思っています。 又、製品をOEMで供給する場合に「第3者の特許を侵害していない事」と言う契約書にハンコを押す事が多くなっており、今は、実は調べてもいませんが、ハンコを押しているのが現状です。特許の申請して、もし 特許が取れれば、自分たちの権利として認定されるので、偽り無くハンコが押せるのではないかと思っています。  ただ、申請のデメリットとして、特許の申請をして、内容が公開されると、実は他社の特許を侵害していた、と言う事を、わざわざ証明してしまうような事になっても困ると思っています。 いくら当社で全くオリジナルで開発したと言っても、同じ様な技術は多分以前からあり、技術者であれば、同じ様な内容は考え付くものだと思います。 気になって、特許の本を買ってきて、IPDLと言うHPで特許検索する事が出来るようになったのですが、文献は余りにも膨大だし、今の開発中の製品と、他社の特許のどこにどれだけ、抵触するのか、解ったものではありませんし、調べて回避しながら、と言うのは現実的に無理です。 こういった場合、特許事務所に相談すると、他社の特許に抵触しているかどうか、ある程度判明するものなのでしょうか。 又費用はいくらくらいなのでしょうか。

  • 実用新案の『早い者勝ち』

    実用新案の『早い者勝ち』 はじめまして。当方のアイデア既に実用新案の登録されております。 既に特許電子図書館にも掲載されております。 私のアイデアが登録された時点では、弁理士にも調べてもらいました。 結果同じアイデアは電子図書館のサイトには載っていませんでしたし、 そのアイデアで作られた製品はこの世の中にはまだ売られていないものでした。 しかし忙しくまだ「技術評価書」の提出がまだされていません。 今日提出します! さて、知っている人は分かると思うのですが、特許庁の電子図書館は、検索したらいくらでも掲載されているので、 私のアイデアが他の人に読まれて、ちょっと書き換えられて「登録」されて、さらに評価で「合格」されていないか非常に不安です。 先に登録された私の方に権利あることにかわりないですよね? (評価書の結果が「そんなのできて当たり前だ」という場合はしょうがないとあきらめます。が、他の人にその権利が発生しないか非常に不安です。)

  • 特許分野を初心者が効率的に理解するにはどんな仕事がよいですか?

    弁理士として後々資格をとることを考えた場合、あるいは特許全体をよく 学べるためには下記の業務でどれが重要度が高いでしょうか?いくつでも よいのでピックアップお願いします。ちなみに下記の業務は求職サイト から抜粋しました。 ・自社特許システムの開発 ・お客様から依頼された発明と似たものを、データベースを使って 見つけだすお仕事 ・特許明細書の作成及び中間処理 ・知的財産権に関する調査・分析・評価 ・医薬品関係の特許調査、薬事申請関係業務 ・特許明細書等の英訳及び和訳、OAの翻訳  ・特許系システムのWeb系開発   ・外国特許の技術翻訳及び、特許庁提出書作成  ・関連特許の調査、マップ作成   ・市場動向(特許等)調査  ・グローバルな知的財産管理    ・競合他社に対する特許権行使(警告、訴訟など)      ・他社特許権に対する予防措置(調査、交渉など)      ・特許に関する各種企画、情報発信、社内研修         ・特許戦略の立案・実行 ・特許業務(自動車部品)      ・特許出願及び権利取得 維持管理業務          ・特許契約に関する業務      ・発明奨励に関する業務 ・意見書/補正書の作成 ・翻訳、抄録作成         ・データ加工、編集等の主としてマネジメント全般(品質の工程) 及び企画、立案業務 ・知的財産権に関する調査のアシスタント業務/データ処理業務 (調査・分析・評価のサポート)  ・特許出願の代理業務。企業又は個人の発明を説明する書類を作成し、 本人に代わって特許庁に出願する。出願後は、特許庁の審査に対して 本人に代わって応答書類を作成する。

  • コンピュータシステムの入れ替え

    製品A1(A社が製造販売特許取得済み)を使用したシステムをB社がC社からの依頼で工事と設置を行ってきました。 このほど、通信インフラを提供するD社の都合により、製品A1はA2へモデルチェンジしましたが、B社はA2が高価なためC社へ薦めることができません。 B社はD社やA社の都合により振り回されるのを嫌い、自社の製品B1を開発しようと考えています。ただし、A1の特許内容を一部ふくんでいます。(A1の特許内容はごく一般的な技術者ならば思いつく内容です) B社は従来通りC社からの仕事にB1を使用したいと考えていますが特許使用料は必要なのでしょうか? B社はB1を個体製品として不特定多数に販売する場合は特許使用料が発生しそうですが、システムの一部に使っているのであれば問題ないような気がします。

  • 契約書有効期限

    会社の契約書について質問です。 弊社をA、関係する相手企業をBとします。 A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。 (内容) (1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。 (2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。 上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。 問題の特許は、昭和50年に日本の特許庁に登録されております。 ここで質問したいのは、この契約書は今でも有効なのでしょうか。特許の有効期限は20年ですが、有効期限のない契約書しかも債権の話でもない契約書がいつまで有効なのか知りたいです。 いわゆる、「解除申し込み」による解除をしなければならないのでしょうか。そうなると、「寝た子を起こす」ことになり、到底、受け入れてはくれないと予想されます。 契約書を締結したA,Bの社長は現在では在籍しておらず、またこれらの問題にかかわった関係者も会社を去っています。 昨今、海外からの対象製品に関する引合いも多く、いつまでも「契約書があるから。。」で断っているほど、弊社も余裕はない状況です。できれば正々堂々、商売をしたいと思い、質問させていただきました。 回答をお願いいたします。

  • 営業権&実施権の仕訳について

    今回、同業者からある製品について製造販売権を取得しました。 内容はスペック案件を含めた取引先情報および製造権(意匠・特許含む)&独占的販売権です。 一般には、勘定科目として「営業権」でよいのでしょうが、当社が使用しているシステムでは「営業権」がなく、さりとて新たに「営業権」を登録したくもありません。 現行の勘定科目で近いのは「無形固定資産」「その他繰延資産」「権利金」ですが、あてはまるものはどれでしょうか? また、これを償却する場合の相手科目としては「減価償却費」「雑費」などが考えられますが、どちらが正解に近いでしょうか? また、上記とは別に、製造技術の非独占的実施権も取得しました。 これについても明確には判断できていません。 よろしくお願いします。

  • 特許公開の基本的質問

    超初歩的質問で大変申し訳ありません。 特許公開というのは、既に特許を取得してるものも、特許を出願中のものでも公開される聞いております。 ある特定の特許が、特許を既に取得したかどうかを確かめるにはどこを見ればよいのでしょうか? 書誌を見ると、 【発行国】 日本国特許庁(JP) 【公報種別】 公開特許公報(A) 【公開番号】 特許公開200○-○○○○○ 【公開日】 平成1○年○月○○日(200○.○.○○) 【発明の名称】 ○○○○○○○ 【国際特許分類第7版】 (省略します。) 【FI】 (省略します。) 【審査請求】 未請求 【請求項の数】 10 【出願形態】 OL 【全頁数】 11 【出願番号】 特許出願200○-○○○○○ 【出願日】 平成1○年○月○○日(200○.○.○○) 【出願人】 【識別番号】 ○00○02○○○○ 経過情報には、 出願細項目記事   査定種別(拒絶査定) 審判記事登録記録  査定不服審判200○-○○○○○請求日(平1○.○○.○○)審判(判定含む) こんな感じで掲載されてるのですが、これは既に特許取得済なのでしょうか?