• 締切
  • 困ってます

戦後の尾崎行雄

  • 質問No.442575
  • 閲覧数204
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 33% (110/324)

憲政の神様尾崎行雄。
彼はもう既に年老いた身であるに関わらず、太平洋戦争中政治批判でつかまっています。

しかし戦後、パタッと名前を見かけません。調べてみると、一応衆議院議員として在籍して1953年の選挙で初落選し、引退とまでわかりましたが、何か行動したかはわかりません。

戦後は何かしらの行動をしたのでしょうか。
無所属だったのですか。登院してたのですか? なぜ53年は落選したのですか?
尾崎の戦後の言葉など気になります。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 戦後は政界の長老だった立場で「世界連邦構想」を打ち出し、そこそこの支持もありましたが、世間が講和形態をめぐり、左右の勢力が激突するようなとき、単独講和に賛成したのが左の勢力が多かった支持者の多くからそっぽを向かれ、落選したと思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~zp8s-ysd/ozaki.html
 世界連邦
http://member.nifty.ne.jp/uwfj/uwfj05.htm 
 戦後の言行は「わが遺言(昭和26)」という書籍で将来の日本を背負って立つ若人向けに「ひとづくり」に対して関心を持ったようでいろいろ述べられています。下記のHPで翁の各時代の言行録がまとめられています。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ