• ベストアンサー
  • 困ってます

社会保険料の計算基準

社会保険料の「標準報酬月額」ですが、その年の4~6月の3カ月間に支給した給与および通勤手当などの諸手当の総額の 平均が、計算基準になると聞きました。 当方、決算月を6月に設定しようと考えており、6月は決算賞与を予定しております。 当然決算賞与も社会保険料の計算基準に反映されますよね? てことは決算賞与を考えている会社は、4月~6月に決算月設定することは社会保険料の負担が大きくなる 可能性があるという解釈で宜しいのでしょうか? もちろん、決算賞与が出せる場合ですけどね。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数968
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#104909

解釈のとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

了解しました。2点再度確認です。 仮に6月末決算と仮定して、未払い計上で7月に賞与支払いの 処理をするとします。この場合は、4月~6月の支払い基準から 外れるのでしょうか?あくまでも事業年度の未払い費用ということで、 支払い基準内で計算されてしまうのでしょうか? 通勤手当も該当するとありますが、6ヶ月分定期などの大きい額は、 なるべく4月~6月の支払いを避けたほうが社会保険料の軽減効果があるという解釈で宜しいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 社会保険料「標準報酬月額」

    社会保険料の「標準報酬月額」ですが、その年の4~6月の3カ月間に支給した給与および通勤手当などの諸手当の総額の平均が、計算基準になると聞きました。 当方来年の4月~7月で起業を考えております。 決算月は、2年間の消費税免税を有効利用する為、設立月の前月にする予定です。 すると決算賞与や半期賞与が4月~6月に発生する予定があり、 社会保険料の「標準報酬月額」に該当してしまいます。 4月~6月に決算月を設定することって社会保険料負担から考えるとメリットないですよね。 何か、良い方法ありますかね? 例えば、 4月末決算-決算賞与 6月-定期賞与 とかにすると「標準報酬月額」が大きくなっちゃうので… 逃げ道あればと思いまして。 宜しく御願いします。

  • 社会保険料の負担について

    質問させていただきます。新米の社長です。 今回はじめて社員を採用するので、社会保険、労働保険に加入することになりました。 仮にですが、社員への年間支給額を576万円(通勤手当除く)とした場合、 次の(1)と(2)とでは、労使双方の社会保険料負担はどのように変わるでしょうか。 (1) 毎月48万円 を払う。通勤手当は2万円。賞与なし。 (2) 毎月36万円 を払う。通勤手当は2万円。賞与は夏冬それぞれ72万円を支給。 詳細を計算すれば良いことですが、おおよその傾向として質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。

  • 給与からひかれる社会保険料について

    給与からひかれる社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料)は、 4~6月の3ヶ月間の給与から標準報酬が決められ、それに負担割合を乗じて算出され、その年の9月から適用されると記憶していますが、 転職した場合は、どうなるのでしょうか? 10月に転職し、年俸制の月50万の給与です。 月の途中入社のため、最初の給与は日割り計算で34万程度でした。 しかし、社会保険料は月50万の額に対する割合でひかれていました。 今の会社は10月中旬からで、4~6月は前の職場になりますが、 こういう場合は入社時の契約した給与(つまり50万)から 社会保険料が計算されるのですか? ちなみに前職の給与は、月42万でした。 月42万で算出された社会保険料が、 転職後も引き継がれるわけではないのでしょうか? ご存知の方、宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#104909

あくまでも支給基準ですから7月に支給した場合は反映されません 定期で6ケ月分支給の場合は1/6で1ケ月分に換算する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>あくまでも支給基準ですから7月に支給した場合は反映されません そうなんですね。であれば、7月支給がよいですね。 >定期で6ケ月分支給の場合は1/6で1ケ月分に換算する。 なるほど、であればそれほど大きな影響はないですね。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 社会保険料を抑えるための3~5月の働き方

    派遣で月15日働くものです。社会保険料はその年の4~6月に支払われる給料(実働3~5月)を基準に計算され、9月からその保険料に切り替わると聞きました。 まさに今その保険料の基準になる月(4月)に該当するので教えてください。 (1)有給休暇を使用しようと思うのですが、有休もその計算に含まれますか? (2)実際基準月の給与が1万円違うと社会保険料はどのくらい変わるものなのでしょうか? 是非ともアドバイス宜しくお願いします!!

  • 社会保険料

    社会保険料のことで質問ですが、日給制の会社で4~6月の平均した標準報酬月額が18万だったとします。 その場合は9月~翌年8月までその標準報酬月額が18万を基に保険料が計算されますよね? それで仮にもし、11月の給与が16万程しかなかった時に、その場合も18万を基に保険料が差し引かれるんでしょうか?? それとも16万程しか給与を貰わなかった場合は、その時だけ一時的に16万を基に保険料が計算し直されるんですか???

  • 賞与の社会保険料について

    6月に支払った賞与の社会保険料は 6月に払った給与分の社会保険料と同時に引き落とされるのでしょうか?

  • 社会保険料の算定の仕方について

    今、勤めているところで賞与の計算をしなければいけないんですが社会保険料は、毎月払う保険料ではなく賞与の額で決定するのかよくわからないんですが、また、1年間分の賞与の合計で社会保険料を計算するんでしょうか?社会保険料は、1年ごとに見直しをするみたいですが、どなたか詳しい方教えて下さい。

  • 社会保険料の計算について

    月の途中で入社した場合、給与は契約時(月給)の日割り計算で算出しているのですが、この場合社会保険料はどうなるのでしょうか? 契約時(月給)の標準報酬等級に基づいて控除するのでしょうか、それともその月の支払額から標準報酬等級を算出するのでしょうか? また、月額給与が変わった場合は申請が必要ですが、残業代でプラスされて、標準月額等級が変わった場合も申請が必要なのでしょうか? 残業代が月によってかなり違うため、かなり頻繁にしないといけないなと思っています。 よろしくお願いします。

  • 社会保険料率の変更について

    昨年度より社会保険料率が変更され、賞与時の保険料率が上がり月々の給与の率が下がったのですが、社員の給与を決める際、賞与を低くして、給与を高めに設定するということをした方が良いのでしょうか?ある人に聞くと、一定の年収まではそのような操作をしなくても結局支払う社会保険料は一緒なので必要ないと言われたのですが・・。よくわからないので教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 社会保険料の料率を間違って計算してしまった

    昨年12月支給の賞与に係る社会保険料(健康保険・厚生年金)を、改定前の旧料率で計算してしまっていました。 というのも、使っている給与計算ソフトの中の社会保険料率を設定する項目で、昨年10月の改定時に給与に係る料率は変更したのですが、賞与に係る料率の方を見落としていたようで・・・ 全く気がつかなかった私の責任なのですが、この場合どういった対処をすればよいのでしょうか?やはり社会保険事務局に届け出るべきでしょうか。社保局からは、現時点では特に何も指摘されてはいません。

  • 社会保険料額について

    社会保険料額を決める標準報酬月額が4・5・6月の支給額から算定されるということですが、通勤費も含まれるというのは本当でしょうか? 例えば、通勤費が2万円位支給されている場合、かなり保険料が高くなると思いますが。

  • 給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、

    給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、 月々の給与から引かれる保険料の保険料を見る表(健康保険厚生年金保険料額表) からおなじようにみればいいのでしょうか?それとも賞与にかかる社会保険料は 別の計算方法があるのでしょうか?あと配偶者特別控除申告書の必要経費のところに 65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 決算時、賞与の社会保険料は未払費用計上し、給与の社会保険料はしない理由

    経理初心者です。 前任の社会保険料についての仕訳を見て混乱しています。 平成20年を例に仕訳させていただきます。 ※6月中間決算です。 ※給与支払時、源泉税と住民税は預り金勘定を使用しますが、社会保険料は法定福利費勘定を使用しています。 ※7月に昇給があるだけで、残業手当は一切ありません。つまり、税率の改定が無ければ7月以降の給与は不変です。 6月~7月 ■賞与  (6/19)賞与支払    賞与 / 法定福利費[6月分]  (6/30)決算仕訳    法定福利費[6月分] / 未払費用  (7/1)決算仕訳戻し    未払費用  / 法定福利費[6月分]  (7/31)社会保険料引落し    法定福利費[6月分] / 当座預金 ■給与  (6/25)給与支払    給与 / 法定福利費[5月分]  (6/30)社会保険料引落し    法定福利費[5月分] / 当座預金    ※月末が休日の場合は、未払費用計上し、翌月初に振替えます。  (6/30)決算仕訳    なし  (7/1)決算仕訳戻し    なし  (7/25)給与支払    給与 / 法定福利費[6月分]  (7/31)社会保険料引落し    法定福利費[6月分] / 当座預金 (1)決算仕訳で、賞与は未払費用を立てるのに、給与はなぜ立てないのか。 (2)給与の保険料引き落としで、月末休日の場合は未払費用を立てるのに、何故決算仕訳を行わないのか。 なんとなく以下になるイメージがあります。 6/30(休日で無い場合)  法定福利費[6月分(賞与)] / 未払費用  法定福利費[6月分(給与)] 知人に聞いたところ、「給与の保険料支払いが年間連続してるからじゃない?」と 教えてもらったのですが、意味がどうしても分かりませんでした。 混乱してとんちんかんな質問をしているかもしれませんが、宜しければご教示下さい。