• 締切済み
  • すぐに回答を!

土地の購入を考えておりますが、この土地は問題ないのでしょうか?

購入予定の土地は数年前に売主が資材置場として造成(最大高さ6mの擁壁を建築)した場所で、その一部を切り売りしてもらう予定です。 仲介する不動産会社から擁壁は建築確認を取った法的にも問題ないと言っておりますが資材置場の擁壁と住宅建築の擁壁は同じものなのでしょうか? 擁壁自体はかなり大きな土地(約1200m2)利用の為なのですが、当初の建築確認の際は開発行為に当たらない状況で築造されています。 開発行為では無く建築確認はあると矛盾しているように思えるのですがこの土地を購入し住宅は問題なく建築できるのか不安です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数339
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4
  • nsan007
  • ベストアンサー率30% (914/3024)

擁壁自体は申請の許可があるなら理論上は大丈夫です。 しかし、6メートルもあると土の質、想定外の地震などで僅かですが傾いたりする可能性があります。 僅かでも傾けば土は下がり基礎の不動沈下が起こる可能性はあります。 阪神淡路大震災直後いやと言うほど見ました。 私的には2mを超える擁壁が必要な所に家を建ててはいけないと思います。 それ以前に6メートル以上の埋め立て部分があると言うことは、建物の 基礎はおそらく、杭を必要とします。 安い土地でも基礎工事費が膨大になる可能性もあります。 お近くの構造に詳しい建築士に現地を見てもらいご相談される事をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 開発行為

    都市計画法での開発行為の定義は4条12項で『この法律において「開発行為」とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行なう土地の区画形質の変更をいう。』となっています。 では建築行為を伴わない宅地造成は開発行為となるのでしょうか? その土地は市街化調整区域ですが既存住宅団地内で登記簿上の地目は現在原野です。道路より2mの高さの擁壁を設置し盛土整地までの予定です。建築の予定は未定で5年や10年先まで建てるつもりもありません。またこの土地は30年前に住宅団地として開発された一部で土地も区割りもされ道路(市町村道として認定されています)にも接道しています。 人によって言葉や法の解釈が異なり迷っています。詳しい方宜しくお願い致します。 ちなみに開発の許認可権者(都道府県)は開発行為ではないと主張し、当該市町村担当課は既存住宅団地内を宅地造成(建築行為が無くても)するのであれば開発行為だと主張しています。

  • 宅地の造成

    宅地の造成をする場合に、都市計画法の開発行為にあたる場合や、宅地造成等規制区域内に該当する場合には、許可によってその技術的水準が担保されると思うのですが、上記に該当しない場合には、建物の建築確認による敷地に関する確認事項によるのみになるのでしょうか?

  • 再度追加質問です(土地購入)

    現在土地購入の質問をさせて頂いてますが追加での質問をさせて頂きます。2年目に宅地造成で販売された団地内にその時売り出しにならない土地がございまして(建設会社の資材置き場兼資材置き場)で有った為の場所が最近他の場所に事務所と資材置き場を用意できた為土地の売却になりまだ販売前なのですが不動産会社に問い合わせた所区画図面はあるのでという事で頂きました。そこで私の希望の場所が取れると言われましたがライフラインがいまいち分からなくて聞きましたが土地は現状の砂利があるままの販売でガスは前面道路までは来ているらしいです。 ますは建築設計時に住宅メーカーにしてもらった方が安く上がりますよと言われました。私の想像では一般的に宅地造成の形での話(土を入れた感じ)でしたが違うみたいです。他の土地は全て一括で建売メーカーに話をしているみたいです。(建売メーカーは教えてもらえませんでした)この様な話なのですが大丈夫なものか心配です。 また皆様のお力お貸し下さい。

  • 回答No.3
noname#78261

工作物申請を受けているんですね。 しかも新しい。大丈夫ですよ。 20坪の住宅だって、ひろ~いショッピングセンターだって、高層ビルだって建築確認申請です。ま、これは工作物ですがね。 宅地造成や開発にかからない大規模工事は工作物申請になるのです。 ただ、地盤の地耐力があるかというとそういうことではありません。 一度掘り返しているので何らかの改良が必要になると思っていた方がいいです。(べたでいければいいのですがね)特に擁壁の近くは底盤があり杭などは打ち込めないこともありますので申請書が見れるなら一応擁壁の地下部分の形状は把握して建築士に情報を流し地盤調査をして安全や計画に無理がないかを確かめながら計画してもらいましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ちょっとほっとしました。 現在、売主さんのほうで地盤の調査をしてもらっていますので確認して購入に進もうと思います。

  • 回答No.2

1200m2であってもその土地を一区画として、道路の築造や設備の埋設等がなければ市街化区域なら開発行為にはなりません。また宅地造成法の規制区域内でなければ宅造許可も必要としません。(私の地域ではそうです)擁壁工事の申請内容はお手元にある申請書及び検査済みでも宅造でも開発でも基本的に基準は一緒です。また2年前なら中間検査や完了検査も厳しく行っていると思いますので、大丈夫ではないでしょうか? 但し今回の切り売りに際して、土盛りや位置指定道路の築造等あれば、今回開発行為に該当する場合はあります。所有権移転後建築確認が降りないといった場合もありますので、まずは不動産業者に役所関係を確認させて、その報告に基づき不安であればご自分でもご確認ください。 道路に沿ってただ分筆するだけなら、大丈夫だと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 大変参考になりました。 安心して購入へ進めそうな気がします。(もちろん慎重に)

  • 回答No.1
noname#78261

擁壁には、 工作物確認申請(確認申請と同じ受け付けになると思います) 宅地造成法許可(宅地課など) 開発による許可(宅地課、都市整備課など) などの許可等を受けた物件である可能性があるので必ず、各担当課で確認をとり無許可でなく安全に作られたものであることを確かめましょう。 また、許可等を取っていても、老朽化が激しく専門家がみて設計当初の強度が発揮できていない場合には、取り壊しの必要や、安全距離離れた建築が必要になります。写真と案内図や地番情報などを持って役所にいって確認してくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 不動産業者より工作物確認申請は受けており確認の書類も見せてもらっております。その書類から特段強度には問題ないと言われております。 ただ、上記でご説明いただいた宅地造成法許可・開発による許可は受けていないと・・・ 全体で1200m2もある土地に擁壁、造成を行ったのに普通の建築確認だけで作れてしまっている事が不安です。こういう事は可能なのでしょうか? 擁壁自体は2年前に作ったもので綺麗で立地もいいので気に入っているので余計不安でして・・・

関連するQ&A

  • 市街化調整区域内の土地を買いたいのですが・・・。

    今現在、資材置き場として使っている土地が公園となるため、市のほうから立ち退きを求められています(自分の土地)。代わりに土地を探しているのですが、白地を1000m2以下なら開発行為にならない、ということで「田」を買うつもりです。先日1400m2のよい土地があったのですが上限を超えていました。ところがたまたまこの土地が4筆に分かれていて、そのうち3筆を買うなら該当するようです。但し真四角な土地ですので、後々こちらで買い足すという話にしたいのですが、どのくらいの期間をおいたら問題が生ぜず買うことができるでしょうか。またこのような法律等が無料で相談できるところがあったら教えてください。

  • 土地の選択について教えてください

    先日、土地(市街化調整区域、地目は宅地)の申込みをしてきました。    重要事項説明書の下部ページ4/11ページの  4 都市計画法・建築基準法に基づく制限の概要の    b 開発行為等の制限    建築許可→ 建築許可 要    開発行為をする場合→許可 要    開発行為完了の場合→工事完了公告 有    (要・不要の説明)    ○○県指令第3-○○号(昭和62年○月○日)開発許可    に基づき、昭和62年○月○日に検査済み証が発行されています。   というように記入されています。   同時に別の不動産業者とはこの土地に住宅を建築する基本契約もしました。   宅建業者が言うには検査済み証が発行してあるので   建築確認申請は問題ありませんと断言していましたが大丈夫なのでしょうか?      どなたか詳しい方がいましたら良きアドバイスをお願いします。

  • 都市計画法 33条1項2号 開発行為の箇所で…

    「主として、自己の居住の用に供する住宅の建築の用に供する目的 で行う開発行為以外の開発行為にあっては、…… 道路、公園……、公共の用に供する空地が 災害の防止上、通行の支障がないように配置されなければならない」 という、かなり主語が長い条文があるのですが。 このはじめの2行 「自己の居住の用に供する住宅の建築の用に供する目的 で行う開発行為以外の開発行為 これは、別荘とか、アパート、マンション建築用の造成工事のことを 指しているのですか? 主語がはっきり、リアルにイメージできなくて困っています。 詳しい方、ご指導ねがいます。

  • 造成途中の土地で先行しての建築確認について

    造成完了前の土地に建築予定。土地を引き渡し前なので建築確認を先行して業者が申請とのことですが、問題点、注意点があればお願いします。 造成が遅れているため、間取り等のプランには十分検討し、納得しています。造成完了したらすぐに着工に向けられるようにするには、業者名で建築確認を申請するしかないようですが、のちのちなにか問題がでてはこないかと心配しています。なにかあるなら、完成が遅れてでも、土地の引渡しをまってから、建築確認を施主名で出すのですがアドバイスお願いします。

  • 土地購入したが、その土地での建築は一年後?

    新築を建てます。土地購入からはじめ、気に入った土地を見つけました。そこの土地は工務店が所有している土地であり、宅地登録ではなく資材置き場として登録されている土地でした。資材置き場の登録期間が来年3月までとなっているため、今土地を購入しても家を建てるのは来年3月以降との条件で土地購入しました。が、知り合いの建築業者に確認したところ、資材置き場の登録を変更して家を建てることは来年3月まで待たなくても可能ということでした。その情報が本当なのかも含めて今週末、土地所有の工務店を訪問します。 上記の内容について分かりやすく解説してあるようなサイト、知りませんか?また、工務店と知り合いの建築業者でどちらの言い分が正しいのでしょうか?

  • 今年は土地が高い?

    教えてください。 今年は土地や不動産の値段は高いのでしょうか? 建築資材の値上がりや建築確認の規制が厳しくなって 戸建住宅の売れ行きが良くないとか聞いた覚えがあります。 マンションの売れ残りもあるようなので、 これから正直どうなっていくのでしょうか? 先々を考えれば高齢化になって土地や中古住宅があまる世の中に なるような気がするのですが・・・ 私の住む地方でも毎年坪単価が2万円くらい上がっています。 物価と土地の値段は比例するのでしょうか? それから今の土地価格はバブルの頃と比較してどれくらいの 値段なのかも教えてください。 よろしくお願いします。

  • 土地の擁壁について

    造成地の擁壁についての質問です。 現在建築中なのですが、造成地に雨水が流れやすいように西から東へ全体的に傾斜がついています。 自分が買った土地が一番低い場所で、西側の土地の水が入り込んできてしまっています。 各土地ごとの境界(北と西側)に擁壁はなく水をせき止める方法がありません。 そこで質問なのですが、我が家の西側を購入される方の雨水が入り込んできそうなのですが、西側の方に擁壁(雨水が入り込まない程度の高さ)を作ってもらうことは可能でしょうか? 住宅屋さんに聞いたところ、土地の高さの高いほうが低いお宅に迷惑のかからないよう擁壁を作るのが住宅業界の暗黙のルールだとは言っていたのですが。 そんなルールあるのですか? はじめての書込なので、うまく表現できませんが教えてください。

  • 分譲地が1000m2以上の場合の開発行為許可申請費について

    分譲地が1000m2以上の場合の開発行為許可申請費について 分譲地が1000m2以上の場合、開発行為にあたり、都市計画法上の 開発許可申請が必要になるとのことですが、これをする場合はコスト的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?土地の造成費以外の価格です。わかりましたら教えてください。

  • 簡易プレハブ倉庫の建築は開発行為になりますか?

    700m2ほどの(500m2以上で開発行為です。)土地にプレハブ程度の倉庫を建築する予定です。この場合開発行為となるのでしょうか? 特に銀行からの借り入れもせず建築予定です。 自分で勝手に建てることも可能だと思うのですが・・・ よろしくお願いします。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    初めて質問します。 擁壁のある全戸13戸の開発地をハウスメーカーの紹介で購入し、木造の自宅建設を予定している者です。 土地の形は南北11m×東西10mのほぼ真四角の土地で東側が開発道路で土地とはほぼ同じ高さ、西側に4mの擁壁、底盤も同じ長さのL字型擁壁でその部分は盛り土となっています。 開発は昨年ですが、土地を仲介した不動産会社、土地を開発した売り主に聞いたところ「本開発地の擁壁建設を行った際は、岩盤の地山を造成している。擁壁上の盛り土以外はすべて岩盤で底板の真下もすべて岩盤に接している。」との回答があり、地盤改良は必要ながらも、さほどの負担はないものと安心し、この土地の北側約3/4に東西にまたがる形でほぼ正方形の家を建てるつもりでいました。 ハウスメーカーの方で擁壁工事の書類を精査し県の建築基準等、構造に問題がないこと、売り主の言は嘘がないことを精査した上、SS法で地盤調査を行いました。私が目で見ただけでも確かに擁壁上の盛り土以外は岩盤が表面に出ているのが分かり、SS法による地盤調査時も岩盤側は測定ピンが何度打撃を加えても20センチほどしか入らないぐらい堅い岩盤であったことを自分の目で確認しています。 間取り確定後、ハウスメーカーから「地盤改良工事の見積もりが200万を超える」との回答があったことから、不審に思い、なぜこんな高額になったのか質問したところ、「擁壁側に14本鋼管杭を底盤の上にのせる形で打ち、岩盤側もすべてのバランスを取る意味から、大きな木ねじのような杭を18本打つためこのような金額になった。」と答えたことから、納得できず直接この土地を仲介した不動産会社に確認したところ、「お宅以外の他の土地はすべて擁壁の有無にかかわらず、住宅建設に際して地盤改良は行うことはない。この中にはすべて盛り土のみの土地も含まれており、それでも10年の地盤の保証もでてすべての土地で建築確認もとれている。ハウスメーカーの回答には疑念が残るので地盤調査の結果書をハウスメーカーから受け取り見せてほしい」との回答がありました。 いったいどっちを信じていいのでしょうか。子供の転校のこともあり、時間は余りかけられない現状があるため困っています。 よろしくお願い致します。