• ベストアンサー
  • 困ってます

会社設立初年度の必要経費について

お世話になっております。 会社設立初年度の必要経費について教えてください。 今月、会社を設立しまして、会社設立に伴い、いろいろな備品を購入したのですが、その中で10万円の領収証を越えるものが幾つかあります。 平成20年3月31日まで、30万円以下の資産については、一括して経費に計上できるとのことは、ネットを検索していて出てくるのですが、それ以降については通常通り10万円までしか経費として一括計上できないのでしょうか? 以前どこかで、会社設立初年度は、10万円を超えるものでも経費として一括計上できると聞いたことがあるのですが、真偽をご教授下さい。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数340
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

設立初年度でも、平常時において金額的に固定資産へ計上すべきものについてはむしろ、固定資産計上しなければなりませんヨ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そんな特例はないんですね。 でも、特例期間が延長されていたので安心しました。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>それ以降については通常通り10万円までしか経費として一括計上できないのでしょうか? 確か、30万円以下のものについての特例が延長されていると思います。 このページの真ん中あたりに書いてありますよね。 http://maedakaikei.tkcnf.com/pc/free2.html 設立初年度は~、については不勉強のため存じ上げません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うっかり、10万円以上の領収証を切ってもらってしまったので、どうしようと思っていました。 特例が平成22年3月31日まで延長されていたんですね。 安心しました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 会社設立前の経費

    飲食業のコンサルティング会社を設立しました。 今帳簿を見直しているのですが、会社設立前に結構な金額を使っています。 会社設立前の領収書は個人名でもらっていますが、設立後の経費と同じように考えていいのでしょうか。 また、交際費の取扱いも同じでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 会社設立の経費に関しまして

    株式会社を設立するにあたり (1)会社設立以前にその代表となるものが、個人名義で事務所又は店舗を借りた場合に、取得費用を会社設立後に経費としては認められるでしょうか?あくまでも個人で契約した場合ですが。もしできるとすれば、その契約者名を法人に切替える必要はありますか?それとも代表者名で契約していれば、名義を変更する必要はないのでしょうか? (2)上の(1)で経費として落せる場合、何ヶ月前まで適用されますか?数年前では無理だと思うのですが、1年以内とかなにか制限等ありますでしょうか? (3)店舗取得費用の内訳として、法人の経費として認められるのは限りがあると思うのですが、具体的にどれが経費として償却できて、何ができないのでしょうか?(敷金・礼金・保証金・前家賃・店舗での保険(火災等)・設備・室内備品・通常家賃など) (4)経費を証明する上での領収書の名前は上様ではだめでしょうか?やはり、会社名か代表者名でしかだめなのでしょうか? (5)会社設立後に、必要となる経理・帳簿の付け方など、小企業ができる限りのことをする場合、何を参考にしていけばよいでしょうか?無料でそう言うことを御指南いただける機関等ありましたら教えて下さい。 その他ホームページなどございましたら。 (6)最後に 有限会社と株式会社では、年間の維持費にはやはり差はあるでしょうか?同じ年商の同じ数の従業員とした同条件の場合。

  • 設立前の経費

    会社設立を目指して2年がかりでいろいろ準備してきて、ようやく会社設立にこぎつけました。設立準備中にいろいろ経費がかかっています。消耗品や研修費、水道光熱費、バイト代などなど。これらの経費は個人名で全て領収書をもらってあります。会社設立後に会社の経費として計上できるでしょうか?一般的に会社設立前にかかった費用は通常、何年前ぐらいの領収書の分まで、会社設立後、会社の経費として計上できますか?

  • 会社設立に伴う費用

    会社設立を考え、色々準備にとりかかっています。 会社ホームページの作成、ロゴマークや名刺の作成、パソコンの購入、税理士との相談等々このような費用は、会社設立後に経費として計上できるのでしょうか? できるようにするにはどのような方法があるのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願い申し上げます。

  • 住宅ローンと会社設立

    今年、会社を設立したものです。初めての事が多く、いろいろ四苦八苦しております。皆さんの知恵をお借りできればと思います。 実は、今住んでいる住宅を兼会社として使用しております。(一人会社です)減価償却費として経費を計算できるとありますが、住宅ローンの控除を受けていると計上できないとありました。最初に住宅を購入してからの会社設立だった為に、住宅ローン控除を受けました。この場合、減価償却としては計上できませんよね?また、仕事場のスペースは、部屋のほんの一部分です。ほとんどが、住居です。 計上されない場合は、確定申告の際は減価償却欄は、空欄という事になるのでしょうか?もちろん今後いろいろ備品の購入はあると思いますが・・・。 こんな事も分からず、会社経営しているのか(怒)と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご指導いただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 会社設立前の機材購入を経費にできるか?

    経費にお詳しい皆様にお聞きしたいことがございます。 1、2ヵ月後に株式会社の設立を考えております。 本当は今すぐにでも作りたいのですが、諸事情により設立が遅れております。 そして、会社設立前に、会社の事業をするにあたり必要な機材を購入しようとしているのですが、このような機材は、会社設立後、会社の経費とすることが可能でしょうか? 可能な場合、領収書の宛名は社名でなく個人名でよいのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 法人設立前の仕入れ経費と領収証

    会社設立前の経費は開業費とのことですが、 販売する為の商品を仕入れた場合も開業費ですか? 設立後なら「仕入れ/現金預金」だと思うのですが・・・ また、計上時期はいつにすればよいでしょう? 登記前に登記予定の会社名で領収証をもらって問題ないですか? やはり個人名でもらったほうが無難ですか?

  • 必要経費について

    有限会社を設立したのですが、場所は自宅です。自宅ですが借家ですので、家賃の一部、パソコンを使用しているのでその電気代というか光熱費、電話(会社用に番号を持っています)などが、必要経費に計上出来ると思うのですが、どうでしょうか? 正確な金額が出ればいいのですが、事務所を構えていないので難しいです。通常、何割くらいなら必要経費として認められるのでしょうか?教えて下さい。

  • 外国での会社設立について

    外国での会社設立について 現在、日本で会社を経営しておりますが、今度、外国で会社を設立したいと思ってます。 会社形態としては有限会社で、日本側から出資するのですが、現地法人、支店、合資会社など手続きや費用、時間など大変なので、現地の信頼のおける人物の名前で起業させようと考えております。 現地の経費は全て日本側で負担しますので、設立時において、定款に日本側より出資を受け、日本側の代理店として設立する。日本側より毎月、必要経費が支払われる等等。。 という支店のようで総代理店のような・・・このような会社を設立するということは可能でしょうか? それとも総代理契約という形であれば問題ないのでしょうか? 財務処理は、現地で徴収した売上は、そのまま日本側へ送金し、その後、日本側から現地へ経費を支払います。 どなたか法律に詳しい方のご意見をいただければ助かります。

  • 会社設立前の経費(人件費)について

    会社設立前の経費(人件費)について 6月末に会社を起こす予定なのですが、設立前の6月頭から先行して働く人間の人件費(給与)を支払うことは可能なのでしょうか? 難しい場合は、代わりにどのような名目で給与を渡すことが可能でしょうか? なお、給与を支払う予定の人間は無職(前職との在籍期間が被ることはありません)です。 お手数ですが、ご教授お願い致します。