• 締切済み
  • 困ってます

3次関数について

一般に3次関数で、3個の実数解をもつための条件は関数f(x)が極値をもち、極大値と極小値が異符号となること。 問題  x^3+px+q=0 (p,qは実数)が3個の実数解をもつための必要十分条件を求めよ。 この問題に対して、私はx=sのとき極大値をもち,x=tのと極小値を持ち f(s)>0,f(t)<0  (s<t) ならばいいと判断したのですが、 教科書では f(s)×f(t)<0という条件をもとに,答えをだしているのですが、 x^3の係数は正なので、なぜそのような条件になるか分からないのですが、分かる方教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数177
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#86290

http://oshiete1.goo.ne.jp/user.php3?u=826002 釣られた..、俺とした事が…。 もういいからさっさと締め切れよ。 満足だろ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 3次関数が極値をもつ必要十分条件

    3次関数f(x)が極値をもつ⇔f'(x)=0が異なる2つの実数解をもつ なんですよね? これは、f'(x)=0が実数解α、β(α≠β)をもつとき、f(α)、f(β)は極値となる、ということにはならないんでしょうか? 例えば、 3次関数f(x)=ax^3+bx^2+cx+dがx=0で極大値2をとり、x=2で極小値&#65293;6をとるとき、定数a,b,c,dの値を求めよ。 という問題で、 x=0で極大値2をとり、x=2で極小値&#65293;6をとる⇒f'(0)=0、f'(2)=0 つまりf'(x)=0が異なる2つの実数解をもつのだから、しかもf(0)=2、f(2)=&#65293;6という条件も代入しているのだから、a,b,c,dを求めた後に確認をする必要があるというのが理解できません…

  • 3次関数f(x)=x^3+ax^2+bxの

    3次関数f(x)=x^3+ax^2+bxは極大値と極小値をもち、 それらを区間-1≦x≦1内でとるものとする。 この条件を満たす実数の組(a,b)の存在範囲を図示せよ。 教えてください。 一度質問が出てる問題なのですが、 解説で 題意から f'(x)=0 が -1≦x≦1 に相異2実数解をもてばよいので -1<-(1/3)a<1 かつ f((-1/3)a)<0 かつ f'(-1)≦0 かつ f'(1)≦0 ⇔ -3<a<3 かつ b<(1/3)a^2 かつ b≧2a-3 かつ b≧-2a-3 となっているのですが、 軸の x座標を 示している条件 -1<-(1/3)a<1 はどこからでてくるのでしょうか。 この条件の意味するものはなんでしょうか。 それと、どうやって思いつけばよいのでしょうか? ( その他の条件 b<(1/3)a^2 ・・・ 導関数が解を2つもたなければならない。 かつ b≧2a-3 ・・・極大値 x=&#65293;1にあるとき かつ b≧-2a-3 の ・・・極小値が x=1 にあるとき) はわかるのですが・・・・・・ よろしくお願いいたします

  • 3次関数の微分の問題

    こんにちは。 数研出版「ベーシックスタイル三訂版」の163、164の問題です。 解説が無いので分からず困っています。 [163] 3次関数f(x)=x^3-ax^2が、0<x<1で極値をもたないための実数aに関する条件を求めよ。 [答え] a≦0、3/2≦a [164] 関数f(x)=1/3x^3-a^2x-1(a>0)の極大値と極小値との差が9/16となるaの値を求めよ。 [答え] a=5/3 以上です。 どちらか一方だけでもかまいませんので、分かるかたよろしくお願いします。

  • 回答No.6
  • take_5
  • ベストアンサー率30% (149/488)

>(2) f(s)×f(t)<0 (s≠t)ここではsとtの大小関係はわからない 誤解するな。私が書いた下記の事は >以上の点を踏まえて、x^3の係数の正負に関わらず、 >(1)相異なる3個の実数解を持つ条件は、f(s)*f(t)<0 >(2)重解を含む3個の実数解を持つ条件は f(s)*f(t)≦0 >(3)実数解を1個のみ持つ条件は f(s)*f(t)>0 換言すると、 以上の点を踏まえて、x^3の係数の正負に関わらず、 (1)相異なる3個の実数解を持つ条件は、極大値*極小値<0 (2)重解を含む3個の実数解を持つ条件は 極大値*極小値≦0 (3)実数解を1個のみ持つ条件は 極大値*極小値>0 という事だ。従って、sとtの大小は当然にも前提されている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#86290

結局は同じ事を言っている。 f'(x) = 0で得られる解をs,t(s≠t)とすると、 f(s) f(t)のうちどちらか一方が極小値、極大値である事は 明らか。f(s)f(t) < 0というのは 極大値×極小値は負と言ってるのと同じ。 だから、極小値<極大値なので、 そうなるためには、明らかに極大値 は正 極小値は負 つまり、s < tとするとこの例では、f(s) > 0 f(t) < 0 になる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

みなさん、ありがとうございます。代表してここに書きたいと思います。 みなさんの考え方から、 f'(s)=0 f'(t)=0 (1) s>tのとき f(s)>0かつf(t)<0 (2) f(s)×f(t)<0 (s≠t)ここではsとtの大小関係はわからない。 (1)と(2)は同値であること。という解釈をしました。 ここで(1)ならば(2)はこれは明らか。(2)から(1)を示すにはどうすればいいですか?

  • 回答No.4
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 なぜ? がご質問ですよね。 グラフで考えると、わかりやすいと思います。 まず、 f(x)が3個の実数解を持つためには、 y = f(x)= x^3 + px + q のグラフがX軸と3回交わらないといけない、ということはおわかりかと思います。 x^3 の係数が正なので、 y = f(x)= x^3 + px + q のグラフは、 1.はるか左下の遠くから右上がりに上ってきて、 2.X軸を横切って(1回目) 3.x=s で極大になって進路を右下方向に変え、 4.X軸を横切って(2回目) 5.x=t で極小になって進路を右上方向に変え、 6.X軸を横切って(3回目) 7.はるか右上へ向かっていく、 という進路をたどります。 上記の3では、f(s)>0 上記の5では、f(t)<0 です。 マイナスとプラスをかければマイナスになるわけですから、 f(s)・f(t) < 0 です。 なお、 f(s)・f(t) < 0 となるのは、別に x^3 の係数がプラスである場合に限りません。 y = f(x)= -x^3 - px - q でもよいのです。 その場合は、y=f(x)のグラフが上記に対し、X軸に関して線対称なグラフになります。 そして、 上記の3に相当するところでは、f(s)<0 上記の5に相当するところでは、f(t)>0 です。 ですから、やはり f(s)・f(t) < 0 です。 以上、ご参考になりましたら。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#70519

s<t という条件が与えられているならば、質問者の答えでよいのですが 条件が、f(s)>0, f(t)<0 の二つになるので、 一つに纏められる方が、スマートだ、ということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

おそらく解答ではs,tを導関数の異なる2つの零点と定義しているのではないでしょうか? 解答で解と係数の関係を利用すると思うのですが、その際に2つの解の大小関係に関する条件は必要ありません。 なので、大小関係を仮定しなくても異符号だとわかる条件を使用したのではないか、というのが私の推測ですがどうでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • take_5
  • ベストアンサー率30% (149/488)

求める条件を出すだけなら、君の答えで間違いではない。 しかし、当然にもpとqの条件を出す事になるが、教科書のようにf(s)*f(t)<0‥‥(1)とした方が出しやすい。 これは、x^3の係数の正負に関わらずそのようになる。 f(x)=x^3+px+q=0 を微分すると、f´(x)=3x^2+p=0より、f´(x)=0の2解をsとtとすると、解と係数の関係から、s+t=0、st=-p/3を(1)に代入すればよい。 君のようにしてしまうと、この問題では簡単だが、一般には面倒になる事が多い。 ところが、解と係数の関係を使うと解きやすいという利点がある。 それだけの事。 以上の点を踏まえて、x^3の係数の正負に関わらず、 (1)相異なる3個の実数解を持つ条件は、f(s)*f(t)<0 (2)重解を含む3個の実数解を持つ条件は f(s)*f(t)≦0 (3)実数解を1個のみ持つ条件は f(s)*f(t)>0 と、覚えておくと良い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分の問題

    方程式x^3-3ax+a=0が異なる3個の実数解を持つとき、定数aの値の範囲を求めよ。 異なる3個の実数解を持つ為の条件が (1)f(x)が極値をもつ(2)極大値と極小値が異符号 というのはわかるのですが、 (1)の条件としてa>0というのがわかりません。 お教えください。

  • 極値の条件から関数決定

    3次関数f(x)=ax^3+bx^2+cx+dがx=0で極大値2をとり,x=2で極小値-6をとるとき,定数a,b,c,dの値を求めよ。 教えてほしいところ この問題でa,b,c,dの値が求まった後、その値で本当に極値をとるのか見当する必要があるらしいんですが理解できません。 f`(α)=0→f(x)がx=αで極値をとる これがなり立たないのは理解できます。なぜなら,f`(x)=0でD=0の可能性があるからです。 しかし、今回の問題ではf`(x)=0の解は2つあるという条件を組み込んでいるので、D=0の可能性は消えます。 つまり、f`(x)=0の解がα,βで(α>β)→f(x)がx=αで極値をとるということは成り立つはずです。 さらに、どちらが極大で極小をとるという保証もf(0)=-6,f(2)=0で十分なはずです。 よって逆の確認は必要ないのでは??? ご意見ください。

  • 3次関数の極値

    3次関数f(x)=&#65293;2x^3+9x^2&#65293;10のグラフをCとする。f(x)の極値を与えるC上の2点をA、Bとする。線分ABの中点MはC上にあることを示せ。 という問題で、疑問なのは、解答では、 f'(x)=0からx=0,3を求めた後、増減表を書いてから、増減表がこのようになるから点A、Bの座標は…としているのですが、増減表を書く必要はあるのでしょうか? 『3次関数f(x)が極値をもつ⇔f'(x)=0が異なる2つの実数解をもつ』なのだから、f'(x)=0の異なる2つの解が求まったらそれがA、Bのx座標に決定すると思うのですが、違うのでしょうか?

  • 微分(数学II)

    aを定数として、xの3次関数 f(x)=x^3+3/2(a-2)x^2-6axについて考える。 f(x)が極値をもたないのは、a=アイのときである。 a≠アイのとき f(x)が正の極大値と負の極小値をもつ必要十分条件は a<ウエ、オカ/キ<a<ク、ク<aのときである。 という問題です。 f'(x)=3(x-2)(x+a)だから、a=-2のときf'(x)=3(x-2)^2≧0となり、極値をもたない。 f'(x)=3(x-2)(x+a)より、f'(x)=0と解くとx=2,-a 題意を満たす条件は2つの極値、f(2),f(-a)の積が負になることである。 f(2)=-6a-4 f(-a)=(1/2)a^3+3a^2 より、(-6a-4)*{(1/2)a^3+3a^2}<0 -12a^4-72a^3-8a^3-48a^2<0 -12a^4-80a^3-48a^2<0 3a^4+20a^3+12a^2>0 a^2(3a^2+20a+12)>0 a^2(3a+2)(a+6)>0 ここで、行き詰まりました。a^2で両辺を割ろうとしましたが、a=0かもしれないので、出来ませんでした。 どなたか教えて下さい。

  • 「f(x)=x^3-3ax+b(a,bは定数、a>

    「f(x)=x^3-3ax+b(a,bは定数、a>0)という 3次関数について f(x)がx=αで極大、x=βで極小となるとき f(α)-f(β)を求めよ。」という問題の解答に、 「f'(x)=0の解がα、βであり、 x^3の係数1は正であるからα<β よって、α=-√a, β=√a」 とあるのですが、 「x^3の係数1は正であるからα<β」と言い切れるのは何故ですか? 理屈というか、そうなる理由がよくわからないので教えて頂きたいです。よろしくお願いします。 ※質問文でわかりづらいところがあれば出来る限り 対処しますので、指摘をお願いします。

  • 高校の解の存在の問題

    3次方程式x^3&#65293;x^2+px+q=0が相異なる3つの正の解をもつ実数p、qの条件を求めたいのですが・・・。 極大、極小をとるxの値をα、βとすると計算があふれてしまいます。 なにかいい方法ないでしょうか。

  • 関数決定問題について疑問です

    3次関数f(x)=ax^3+bx^2+cx+dがx=0で極小値0をとり、x=2で極大値4をとるようなa,b,c,d,の値を求めよ。の問題で解き方は分かるのですが、解説のところでf'(0)=0,f'(2)=0,f(0)=0,f(2)=4は必要条件であって逆を調べる必要があると書かれているのですが、3次関数の場合2つの条件f'(0)=0,f'(2)=0があるので必ず極値は存在する、よって逆を調べる必要がないような気がするのですがどうなんでしょうか?それと 次の条件を満たす3次関数f(x)を求めよ。f'(2)=3,f'(1)=-2,f(1)=1,f(2)=1,という問題では逆を調べる必要があると書かれていませんでした。なぜこっちの問題だと逆を調べる必要はないのですが?わからないので教えてください             

  • 三次関数

    三次関数f(x)=x^3+ax^2+bx+cはx=1で極大値1をとり、x=3で極小値をとる。このときa,b,cの値と極小値を求めよ。 という問題です。答えa=-6,b=9,c=-3,f(3)=-3 答えだすのは問題ないんですけど、丁寧な模範解答にこう書かれていました。 「y=f(x)がx=1,3で極値をとるならばf’(1)=f’(3)=0が成立します。(f’(1)=f’(3)=0をそれぞれ計算し、a,bの値をだした後)、 a,bの値を出した直後はまだ必要条件だから、実際に x=1,3の前後でf’(x)の符号変化が起きているどうかを確認しておくべきです。十分性の確認というやつですね」 そこで質問ですが、問題文に「x=1で極大値1をとり、x=3で極小値をとる。」とあるんだから、普通に前後で符号の変化が起こることが分かるのに、なぜわざわざ確認しないといけないんですか? 極値と、そこで傾きが0になる、は同値ではないことは理解しています。 だれかご教授お願いします!

  • 3次関数に関して

    f(x) = x^3 + 3px + 3q の関数が増加関数であるための必要十分条件をpを使ってあらわすときは、 f'(x) = 3x^2 + 3p ≧ 0 から 0 - 4*3*3p ≦ 0 ←(1) -36p ≦ 0 よって p ≧ 0 でいいんでしょうか?とすると、なぜ、判別式を持ち出して (1)のような不等式を立てるのでしょうか? よろしくお願いします。 ちなみに、極値を持つための必要十分条件をpを用いてあらわす場合のヒントをいただけるとありがたいです。

  • 微分の問題

    3次関数f(x)=x^3-ax^2+ax-3aがあり、g(x)=f(x)-xf´(x)とする。ただしaを定数とする。 (1)g(x)を求めよ。 g(x)=-2x^3+ax^2-3a (2)a>0とする。g(x)の極大値、極小値をaを用いて表せ。 極大値(5/27)a^2-3a 極小値-3a (3)a≠0とする。方程式g(x)=0が異なる2つの実数解をもつとき、定数aの値とその時の実数解を求めよ。 (1)(2)はあってますか? また、この問題の(3)を教えてください。