• ベストアンサー
  • 困ってます

発音と文字、カタカナについて。

外国語を読んだり、発音するために、 カタカナに無理やり当てはめて(変換して?) 原語の発音にならない言葉が日本にはたくさんありますが、 このように、外国語を自国の言葉(文字)に無理やり変えて 読んだり、話したりしている国は日本以外にどこがありますでしょうか? 英語を勉強中ですが、カタカナが苦手です。 また、カタカナで英語を覚えても 英語圏内で使えたことがありません。 なので、他の国ではどうなんだろう、 と疑問に思いました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数396
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • nebnab
  • ベストアンサー率34% (795/2317)

>このように、外国語を自国の言葉(文字)に無理やり変えて >読んだり、話したりしている国は日本以外にどこがありますでしょうか? この質問にストレートにお答えすると、私の知っている範囲では中国、台湾(中国語)、韓国(韓国語)があります。 中国語では、外国語そのままを書きたいときは、それに近い音を持つ漢字を当てて表記します。 もっとも最近はアルファベットが一部混じったりしますが。 韓国語でも、外国語起源の言葉は日本語のかなと同じく、それと発音が近いハングルで表記します。日本の地名人名も、日本語読みに近いハングルで表記し、読みます。 あと、推測ですが、アラビア語圏とか、タイとか、アルファベットと違う文字体系を使っている国はすべてそうなのではないでしょうか。私はアラビア語もタイ語もできないのであくまで推測ですが。 外国語起源の言葉で、動詞形容詞普通名詞は自国語固有の語彙に訳してしまうことが可能でしょうが、固有名詞は音をまねするしかないですから、自国語で音が近い言葉・文字を当てはめて読むしかないでしょう。 質問のご趣旨はこういうことでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>質問のご趣旨はこういうことでしょうか? はい、そうです。 その国でしか通じない文字を使っている国は ほとんどのようですね。 どうもありがとうございます。

関連するQ&A

  • なんと読んだらいいですか?発音を教えてください。

    今、ある外国のサイトを日本語向けに翻訳するお手伝いをやっています。 英語の部分は全てカタカナに直すのですが、私は英語以外の外国語の発音が全くと言っていいほど解らなく、あるドラマーの名前をカタカナに変換する事ができなくて困っています。 その方の名前は、 Juan van Emmerloot です。 (Dutch-Indonesian musicians)と書かれているので、オランダとインドネシアの国籍を持っている?のか?という感じでどこの国の名前になるのかなど、詳しい事はまだ不明です。 日本語で、誰か紹介していないか探してみましたが見つかりませんでした。 どなたか、正確にカタカナに直したらどのようになるのか発音と表記を教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • カタカナって、必要ですか?

    カタカナって、必要ですか? 漫画や小説などの擬音だけはカタカナが合うと思いますが、 それ以外のカタカナ単語はほとんど外国語由来ですから、 最初から外国語として覚えれば、変な発音になったりしないし有用な語彙も増えると思います。 日本人にしか通じない外国語をカタカナで作るとか、理解に苦しみます。dot を ドッ「ト」言うのは日本人だけです。 みなさんどう思いますか?

  • 発音問題

    英語ではよく発音問題(アクセントも含めて)が出題されますが、他の言語ではあまりないように思います。ドイツ語にしても、フランス語にしてもかなり規則的なので、発音問題自体が成立しないのだと思います。 日本で行われている外国語の試験で、発音問題が出る外国語はありますか? また、日本でではなくても、一般に発音問題がよく出題される外国語はありますか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#125540

お話を読んでいても、どういう場面で困るのか今ひとつ分からないのですが、「カタカナ表記で日本語として通じるようにする」のと、「英語を話す場合に英語圏で通じるようにする」のは、別作業です。 前者は日本語化しているのでカタカナ語(日本語)として日本人に通じれば良いのですが、後者は英語として通じる程度の範疇に入っていないと通じません。 たとえばdangerous カタカナでは「デンジャラス」ですが英語的には「デインジャラス」のような感じ。 radioはラジオ、レイディオ ladyはレディ、レイディ。 面倒くさいですが、ある程度使い分けないと仕方が無いと思います。 「和製英語」ですとか、日本語化して違うニュアンスで使われている英単語がありますので、そのへんの注意も必要です。 これって日本語?それとも英語?と確かめないとよく分かりません。 お悩みの主旨と違ったらすみません。 http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GZHZ_jaJP229JP230&q=%e5%92%8c%e8%a3%bd%e8%8b%b1%e8%aa%9e ただですね、たとえアルファベット表記したところで、英語とそれ以外の言語では発音が違いますから、スペイン人やフランス人が英語を話す場合には、やっぱり英語式に発音を変えますよ。 自国語に無い発音を発音しなければならない、というのも同じです。 あのへんの言語ではHotelが「オテル」ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。

  • 回答No.6

発音を文字で書き表すのは、不可能です。せいぜい近似的な表現しかできません。 発音記号というものがあります。これを使っても正しい発音は表せませんし、近似の程度を上げようとどんどん複雑になって行くようです。 同様に英語やフランス語の発音をカナ文字で正確に表すのも不可能です。しかし、近似的なヒントにはなるでしょうし、悪いやり方ではないと考えます。RとLの区別をするためにカタカナとひらがなを混ぜるとか、子音だけで母音はないよと云うことをハッキリさせるためにローマ字を挿入するとか、個人個人が工夫をしてゆけば十分に使えると考えていなす。 right ライt、light らイt 日本語を正確に表すにも、カナだけでは不可能ですね。「ン」の発音にも多くの差がありますね。悍馬カンバと云う時には唇は一旦閉じます。賛同サンドーの時には唇は開いたままです。とんがり帽子トンガリという時には舌の後ろの方が持ち上がるでしょう。 私の回答:外国語のカナ表記は不完全である。発音記号も不完全である。日本語のカナ表記も不完全である。完全なものはないから、我慢と工夫で使っていけばよい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。 Native speakerに教わった英語を 日本語流?の発音に変えてからでないと 相手に言葉をわかってもらえないことがほとんどです。 どうやってカタカナで書けばいいかも悩みどころです。 どうもありがとうございます。

  • 回答No.5
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

外国語学習において外国語を自国の文字で書き自国の文字を読むように外国語を読んでしまう、ということなのか、他の方が挙げている外国の固有名詞や外来語を自国流に読んでしまう、ということなのかご質問の意図が判断できかねますが、後者の場合なら自国流に読んでしまいます。 綴りまで含めると Muenchen が英語では Munich になるような歴史的背景があるものは発音も大幅に変わり、比較的新しいものは綴りはそのままでできうる限り原音を反映しようとしているようでも、やはり自国語にない音は変わってしまいます。それは取り込んだ時点で自国語の一部になってしまうのでそこだけ原音というわけにはいかないのです。日本語の中に英語起源の単語が混じるときそこだけ「正しい英語」の発音をすると非常に変です。 Zuerich - Zurich (語頭に /ts/ が来ることがない、ue という母音はない、ウムラウトは使わない、 r は英語とドイツ語では違う、ch の子音はない、こういう理由で発音は変わります) 北京 - Beijing (綴りはピンインのまま。しかし無声無気音は発音できないのでペイチンではなくベイジンとなってしまう) 前者については学習者の求めるレベルでいろいろあります。英語話者向けの外国語会話の教材で、初心者向け旅行者向けのものではフランス語の Qu'est-ce que c'est ?(およそ発音はケスクセという感じ)に kess-ker-sey のような「ふりがな」をつけているものがあります。これは英語を母語とする人なら間違いなく同じように発音する(また、発音できる)つづりを使っているのですがこのまま読めば「ケッスカ~セイ」のようになり通じはするでしょうが原音とは離れてきます。これなどまさにカタカナ読みのようなものです。 高いレベルを求める人は本格的な発音を学ぶでしょう。 これは日本でも同じと思います。カタカナは必要以上に悪者扱いされていないでしょうか。確かに cat を kyatto、book を bukku と発音するような調子では通じないケースも多いでしょう。しかしこれは「キャット」「ブック」というカタカナが悪いのではなく発音の基本や綴りと発音の基本的な関係といったことを学んでいないまたは教えていないからです。その基本がないからカタカナで覚えたらカタカナをそのまま読むように発音するしかないわけです。 基本があれば combat に「コンバット/カンバット」とフリガナがついていてもネイティブ並みとはいかなくても(これはどの国の人も同じ)通じる発音はでき、konbatto などと発音することはないのです。フリガナがついているだけでダメな教材と切り捨てる人がいますが、そもそもカタカナをそのまま読んでも全然外国語らしくならないのは当たり前ではないですか。発音を別に学べばいいのです。発音がマスターできればよほど特殊な単語以外は発音記号はいりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> 外国語学習において外国語を自国の文字で書き自国の文字を読むように外国語を読んでしまう の逆もあり、それも悩みのタネです。英語ですが。 > kess-ker-sey のような「ふりがな」をつけているものがあります。 このフリガナがその国の文字であるのか、、、。 ということです。 説明不足で申し訳ありません。 どうもありがとうございます。

  • 回答No.4
noname#118466

質問の意味がよく分かりません。 まず英語を勉強するのにカタカナは不要です。(カタカナが苦手とは???) 外国ではカタカナのような便利な補助的な文字はありません。英語の読みは発音記号を使うか自国語風に発音することになります。 発音記号が読めても発音できないあるいは非常に難しい発音が国ごとにあるでしょう。 スペイン語を母語とする国では語頭にSがくると発音できません。英語と語源が同じ単語で示すと: station→estacion study→estudiar Stop→estop(外来語として) またshの発音が出来ない(苦手)のでshowはチョーと発音されます。 Thank youはTank youと発音されますが日本人のSank youよりは通じるようです。 今日、英語は国際語として民族間のコミュニケーション手段として使われるので民族語の訛りが色濃く反映されて普通です。発音は大事ですが、もっと重要なのは英語的発想で話しが出来るかどうかでしょう。いくら発音がきれいでも日本語的発想で英語を話せば「何がいいたいの?」となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>外国ではカタカナのような便利な補助的な文字はありません。 やはりそうですか。 仕事で、カタカナを英語に変えていくことに疲れています。 どうもありがとうございます。

  • 回答No.3
noname#111031

英語国では英語的に、ドイツ語国ではドイツ語的に発音するのが普通でしょう。 例えば、スイスのZuerich(ueはuのウムラウト付き)は英語では Zurich(ズーリックみたいな発音)日本語ではチューリッヒなりますね。 どちらもドイツ語の発音からは遠いものです。 このようなことを考えておられるのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明不足でした。 例えば、人名の Morgan を日本語、次に、カタカナ、に変えていくと、 モルガン となりますよね、世間では、、、。 自国の「文字」ということです。 失礼しました。

  • 回答No.2
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19584)

  ぁ、ピンインが正しく表示されませんね xin1 jia1 po1 です  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19584)

  全ての国が自国の発音で喋ります。 英語圏であるオーストラリアでも アメリカはAAI・・・「エイ、エイ、アイ」と発音しますが オーストラリアではAAI・・・「アイ、アイ、オイ」と発音します。 中国ではシンガポールは新加坡と書き「xīn jiā pō」と発音します。 だいたい、他国の発音を真似できないのだから、自分の発音に直すのは当然です、東京の人が「姫路」を正しく発音できないのと同じ。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

関連するQ&A

  • カタカナ発音の英語は、ピジン語ですか?

    ※ここでは、借用語や和製英語という日本語の語彙として定着してるものではなく、カタカナ的に発音される英語のことを指すことにします。 高校生等が、試験勉強の時に、よく完全なカタカナ発音で英単語を覚えたりします。 本当は発音が良い先生達も、語彙や文法の詳しい説明をする時、あえてカタカナ発音に切り替えたりします。帰国子女の人達も、まわりに合わせるためにあえてカタカナ発音を習得するといいます。 つまり、日本ではむしろカタカナ発音の英語がスタンダードなのでは?という気がするのです。 ということは、言語学的には、カタカナ英語は、 ● アメリカ英語の語彙と文法を持ち、日本語の音韻体系を持ち、英語ともローマ字とも違う独自のつづりルール(symbol-sound correspondence rules)を持つ。 ● カタカナ英語のネイティブスピーカーは存在せず、試験勉強等の特定の状況で、日本人同士でのみ使う。よって、クレオール語まではいかず、まだピジン語の段階。 という解釈はできるでしょうか? 補足すると、文化的に強いアメリカ人の言語が上層言語、日本語が基層言語。 こういう状況では、語彙が一番変わりやすく、発音が一番変わりにくいというので、発音だけは基層言語の日本語の特徴を残したまま、ということでしょう。 いえ、全然トンチンカンだったらすいません。

  • タケカワユキヒデさんの発音

    タケカワ ユキヒデさんの発音は、外国に長いこと居た私が聞いても完璧だと思うのですが、 (彼が歌う英語は、日本人が歌っているとは思えない。 彼ほど完璧な発音の日本人は、聞いた事がない) のですが、なぜ彼はこんなに完璧な英語の発音が出来るのでしょうか? 彼が東京外国語大学出身であることは知っています。 しかし、例え外大で、英語や文法を学ぼうと、発音は別の話なので、日本において、なぜあんな発音が身に付けられるのか分かりません。 しかも30年以上前の話です。  英語圏に住んでいた、もしくは小さい頃から英語発音に触れる環境にいたのでしょうか? それとも彼がたんに、生まれながらの例外的な天才だったのでしょうか? (信じられませんが)。 例え学生時に数年の留学経験があったとしても、あそこまではいかないと思います。

  • 英語の発音について

    英語の発音について 英語初心者です。英語の発音について質問です。海外旅行に言った際、外国(英語圏あるいは英語圏以外)でカタカナ読みで発音した場合、どの程度分かってもらえるものなのでしょうか? 例えば、Where is the rest room? → ウエア イズ ザ レスト ルーム? また、本格的な発音を身に付けたほうがいいでしょうか?本格的な発音を身に付けるには、どのようにするのが近道でしょう

  • 日本人からして、英語をネイティブの発音どおりに話す

    ヨーロッパの人たちは恥ずかしげもなくペラペラ喋っておりますが、日本と同じように英語を話すことが恥ずかしいと感じてる国って他にもありますか? 「恥ずかしいと感じてるのは君だけだ」などの回答は不要です。 一般的な日本人は恥ずかしいはずですので。その理由として、日本には英語をカタカナで表記して日本語として使っている言葉がたくさんあるから、だと思っています。また、日本ではネイティブのように英語を発音して笑いをとるような例が多くあります。 そういった冷やかす感じはいい加減やめて、真面目に英語を勉強しなければ日本はだいぶヤバいと思うのですが。。。 そして発音ができないからいつまで経っても喋れるようにならないのだと思います。 他にもこういった国はありますか?

  • フランス語の発音をカタカナでお願いします

     今後時間をかけて本格的にフランス語を勉強しようと考えているのですが、とりあえず発音だけでも知りたい、という言葉がありますので、カタカナで、日本語にない発音は、「息を鼻から抜く感じで」とか、「舌を口の天井につけて」とか、「歯で唇を噛んで」とか、いろいろ説明つきで、次の言葉をどう発音すればよいか、教えて頂けますでしょうか。 Le Système International d'Unités (国際単位系)  仏和辞典は持っているのですが、“d'Unités”などの部分がよく分かりませんので、上の言葉を続けて読む場合、どのように発音すればよいか、ご教示をお願い致します。 (それから、英語のようにアクセントがあるのであれば、どこを強く発音するか、も、お願いします)

  • 外国の英語教育

    よく日本の英語教育が批判されますが、外国ではどのような英語教育をしているんでしょうか? どこの国でも英文法を学び、英語を自国語に訳す練習はすると思うんですが、日本だけがそんなにひどい英語教育をしているわけではないように思います。 外国の英語教育事情に明るい方、回答をお待ちしております。ただし、英語圏の国は英語は外国語としてではなく、国語として学習するので除きます。

  • イラッとするカタカナ英語、外国語の発音

    カタカナ英語や外国語は時としてとても便利で私もつい使ってしまいます。 ただそれらを何故か難しく発音したがる人がいてイラッとする時があります。 こういう方々は語源がフランス語かイギリス英語かも理解していないと思います。 同じ日本人同士の会話で何故ひねりたがるのでしょうか? 「それってどういう意味?」とか「英語うまいね」って聞かれたいのでしょうか? 例 カレー→カリー ピザ→ピッツァ ビュッフェ→バフェ キッシュ→キッキュ ボーカル→ヴォーカル ホイール→ウィール ビレッジ→ヴィレッジ エキップ→エクイップ 後者の方がより本来の発音に近いのはわかりますが使ってる人ほど英語が出来ないです。 耳にすると「ネティブのつもり?どちらにしろあなたの発音では通じないよ」と思ってしまいます。 であれば日本人同士なんだから昔から使われている簡単な前者で良いと思います。 うちのおばあちゃんなんか後者は殆ど理解できません。 より正しい発音に近い方が良いという考えなのでしょうがだったらこちらも留学経験があるので チョコレート、ホイップクリーム、プリンなど市民権を得たカタカナ英語を正確に発音してしまうと 聞き取れなく会話が途切れると思います。

  • 外国語で「ベートーヴェン」

    外国語で「ベートーヴェン」はどのように書くのでしょうか。 その言葉の文字とカタカナで発音を書いてもらえるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 非英語圏で英語を中学から必修で習わない国や地域ってありますか?

    非英語圏で英語を中学から必修で習わない国や地域ってありますか? こんにちは、毎度くだらない質問です。言うまでもなく日本では外国語と言えば、英語が別格的な地位にありますよね。他の非英語圏の国も英語を別格とまでは行かなくても、どこでも英語をNo1に位置においているようです。そして、昔は第1外国語として フランス語やロシア語を教えていたところも英語にシフトしているようです。どうせ外国語を覚えるのなら 世界で最も広く使われている外国語を学んだ方が役に立つからでしょう。 さて、このような流れの中で 非英語圏の国や地域で中学でも必ずしも英語を必修で習わないところってありますか?

  • フランス語(及び、他外国語)の発音

     こんにちはGarsuwです  4月から、独学でフランス語をやっているのですが、発音が綺麗にできません。言葉を覚えるだけなら、覚わるのですが、ネイティブの人と同じ様に発音できるようになりたいです。  1音、1音だけなら、大分発音出来る様になってきたのですが、言葉や単語になると全く駄目です。テキストには、リエゾンやアンシェヌマンなどを考慮した、話し言葉での発音記号が載っているのですが、それとCDの発音とが一致していないような気がします。  CDを聞いてるとき、無意識のうちに、カタカナに置き換えたり、近い音を探ったりしています。それもエに近いイとかアとかでなく、かなり複雑にです。例えば「この音はツァとツェの間の音。発音のはじめにかすかにm音とP音があって・・・」などです。テキストはカタカナ表記ではなく、発音記号表記になっています  外国語を勉強なされているかた、あるいは取得された方々、ネイティブに近い発音が出来る様になりましたか? なったとしたら、それはどのような勉強方で、毎日どれくらい発音を聞き、どれくらいの歳月をついやしましたか?  あと、英語やフランス語って日本語からみたら、かなり発音が微妙で複雑ですが、ネイティブの人たちは、いつもちゃんと正確に発音できているのでしょうか?