• 締切済み
  • すぐに回答を!

建設業の工事台帳について

経営審査に工事台帳の提示があるのですが。 作成するうえで分からないところがあります。 労務費と人件費についてと、人件費以外の経費についてです。 それぞれの違いについて分かりません。 現場の監督員や自社労務者、又は外注労務者についてはどこに入れれば いいのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数5473
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

現場の監督員:経費の人件費に入れてください。 自社労務者:労務費に入れてください。 外注労務者:労務費のなかの「うち労務外注費」に入れてください。 以下、完成工事原価報告書内の関連項目について説明します。 労務費:工事に直接従事して作業を行う直傭作業員の賃金等 うち労務外注費:外注契約ではあるがその大部分が労務費であるもの 経費:工事現場における管理業務に従事する職員の給与等

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 建設業経理です-2-

    先日、経営事項審査がありました。 当社では工事科目の外注費は殆ど使わず、材料費か労務費・経費に振り分けていたようです。(引継ぎ1年未満) 引き継いだ通りに仕訳伝票を起こしてきましたので、外注費を使う仕訳はひとつもありませんでした。 それが、担当官の言われるには労務費、労務外注費、外注費とあって、「これなんか、外注費でしょう?」と言われるのですが、どの辺りを基準に識別すれば良いのか今ひとつ釈然とせずに終わりました。 経審は通りましたし、今年度、特に厳しかったのかもしれませんが、やはり文句を言われない報告書を作成したく、評価点への影響も含めてベテランの方にお聞きしたいのですが・・・。

  • 建設業~工事費~

    会社には事務員や社長等がいて、現場で働いていない人の給料とか事務費や税金、保険、車検など色々経費がかかりますよね。 そういう膨大な経費はどこから出ているのでしょうか? 1つ例をあげます。 100万の工事で(材料費)50万(現場労務費)30万(諸経費)20万とします。この諸経費20万の中から社長の給料、税金、保険等を払っているのでしょうか?

  • 工事台帳について

    建設業の個人事業です。 工事台帳の記入で材料・外注費・交通費などは、金額は分かるのですが 固定給の人件費はどの用に金額を記入していいのか分かりません。 粗利を25%目標は高すぎますか?

  • 回答No.2

経営事項審査で工事台帳を提示するんですか?工事経歴書ではないですか? いずれにせよ、労務費や人件費などが問われるのは、経営事項審査の中の1つである「Y」と呼ばれる経営状況分析における、財務諸表の中の、さらに「完成工事原価報告書」(様式第16号)だと思います。同報告書は、 ●完成工事原価報告書 ・材料費 ***千円 ・労務費 ***千円 ・(うち労務外注費) ***千円 ・外注費 ***千円 ・経費 ***千円 ・(うち人件費) ***千円 ・合計 ***千円 となっています。 ご質問に即しますと、 ・現場の監督員⇒経費に加え(うち人件費)にも計上 ・自社労務者⇒労務費に計上 ・外注労務者⇒労務費に加え(うち労務外注費)にも計上 となります。なお、経費の中の(うち人件費)というのは、給料だけではなく、福利厚生費、法定福利費なども含みますし、期中に辞めた人の退職金も、現場に従事した分はこの(うち人件費)に按分します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

直接の回答ではないのですが、下記URLが参考になるものと思います。 http://www.ciic.or.jp/tebiki/tebiki06-5.pdfhttp://www.ciic.or.jp/index.html より)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 完成工事原価報告書について

    完成工事原価報告書について教えて下さい。 完成工事原価報告書において、 「経費(うち人件費)」とありますがこれは何をさすんでしょうか? 工事現場の人のお給料は労務費や外注費、事務所内の従業員(直接工事に係わらない)のお給料は販管費で計上するものと考えておりました。 また、個人事業の場合はこの完成工事原価報告書を作成する義務はないのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいですがどなたか御教授お願いします。

  • 建設仮勘定に於ける自社の工事費

    当社は建設業関係の小さな会社です。 この度社屋の建設を行っており、設備工事については、自社にて施工することになりました。 そこで、自社の工事費を費用として計上するには、要した原価費用(材料費、労務費、経費等)を完成時に資産計上して、減価償却して行くのは分かるのですが、当社は、厳密な建設業簿記を採用しておりません。 工事原価科目としては、材料仕入と外注費のみで労務費勘定(労務費は一般管理費の給料科目で計上)は有りません。それ以外の費用は全て、販売費及び一般管理費で処理しております。 そこで 建設仮勘定で自社の工事費を資産計上する必要が有るのですが、上記の理由で詳細に拾い出すのが困難な状況です。 何か簡単な計上を方法が有りましたら、教えて頂ければ有りがたいのですが宜しくお願いします。通常なら貸方は出金科目になるのですが・・・・ 建設仮勘定****/ ****

  • 建設業の経理、労務費の取り扱いについて。

    小さな小さな工務店の経理に配属されました。 建設業経理は初心者でして、前任者から、当社の売上は、工事が完成してから発生しますので、工事完成まで事実上売上原価(完成迄に発生した原価分は未成工事支出金科目で資産計上し、完成後、原価に振り替えます?)も発生せず、因って売上総利益も完成引き渡し迄の間は0です、との説明を受けましたが、理解出来ず、会計事務所の職員の方からも説明を受けましたが、良く理解出来ず、質問させて戴きました。 以下の工事がありますが、社員大工の労務費の取り扱いを如何したら良いか分からず、全く漠然抽象的な質問で申し訳ありませんが、どなたかお教え下さい。 当社の決算期は5月末で、試算表には製造原価内訳なる科目があり、その中には、材料費、労務費、外注費、現場直接経費があります。 A住宅新築工事 予定工期:平成26年12月10日~平成27年4月20日 契約額:20,000千円(税別) 実行予算額  見積材料費(原価変動費):4,500千円                (材木・建材等)  見積外注費(原価変動費):7,000千円                (基礎屋、屋根屋、電気工事店、水道屋等)  見積現場直接経費(原価変動費)              :500千円                (廃材処分費、仮説電気・水道、現場小屋レンタル等)  当社社員大工労務費配賦予定額(原価だけど固定費になるのでしょうか)              :4,000千円  見積原価合計:16,000千円  売上総利益予定額:4,000千円です。     当社には社員大工が5人おりまして、5人の毎月の給料は総支給額で合計2,300千円で、給料締め日が毎月月末で、支給日は翌月の10日です。     社員大工全員がこの工事に携わる訳ではなく、工事担当の社員大工も一月間、この工事だけではなく他の現場で作業したりし、手の空いた他の社員大工もこの現場に応援に行ったりするようです。 材料費や外注費、現場直接経費は、その工事に対する変動費だと思うので、未成工事支出金科目に計上するのは、何となく理解出来るのでですが、同じ原価でもある労務費(社員大工の給料分)はどうしたら良いのでしょうか。 過去の試算表での労務費科目には、社員大工の総支給額、社会保険料、厚生費など賃金台帳の金額が計上してあるようです。 試算表上、売上総利益が赤字の月があるかと思うと、ある月はとても大きな売上総利益があったりして、理解が出来ずにおります。 言葉足らずの質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

  • 建設業の利益率?について教えてください

    建設業の利益率?について教えてください。よく建設会社の方が「この工事は10%利益を出さないといけない!」というような話を聞きます。この場合、粗利率をさしていると思うのですが、 自社の人件費・その他諸々の経費を引いた【手元に残る完全な利益】の事を、何利益と呼ぶのですか? 又、建設業の場合、この【手元に残る完全な利益】の受注金額に対する%は、何%あれば儲かったと言えるのでしょうか? 分かりづらい表現で申し訳ありませんが、ご教授宜しくお願いします。

  • 建設業を営んでいる会社の自社・従業員用の駐車場を作った時の処理について教えて下さい。

    自社の駐車場を従業員が作りました。その労務費や材料費、外注作業費はどのような勘定科目で処理すればよいのでしょうか?

  • 建設業の決算について

    建設業に勤めているのですが、初めて決算を任されてパニックになってます。 工事が完成し引渡しが完了すれば売上げを立てますよね。完成工事にあげた現場はその期に経費も全て上げないといけないのでしょうか? わが社は3月末が決算なのですが、カード支払の経費が少しあって、3月分の使用明細が届くのが2ヶ月先位になるんです。明細も届かないので未払い計上も出来ないし… そうすると、その現場は締めれなくなるのですがいいのでしょうか? 売上げだけあげて、ちょっと残った経費はそのままなんて、大丈夫なんでしょうか? 税理士の先生にも聞いて見たのですが、工事台帳をしめなかったらいいよ。っと軽く答えられたのですが、いいのでしょうか?

  • 建設業、安全協力費の勘定科目は

    工事代から差引される安全協力費ですが、相殺されたほうはどの勘定で処理すればよいのでしょうか。 現場の原価でよいのでしょうか。 ちなみに当方原価の科目は外注、材料、労務以外に工事経費(工事給料、工事事務用品費、、、と原価用に各費用の前に、工事 をつけた各勘定)があります。

  • 建設業の公共事業の雰囲気?

    現場代理人兼職人でございます。 約2年ほど前に県の工事を請け負った時なんですが、 建築、電気(請負金額約320万)、設備(請負金額約500万)と それぞれ分離発注されてそれぞれ県から請け負っていました。 その際、設備屋さんは施工中から竣工まで書類を一切作らず 竣工検査を受けたんです。 (工事内容も建築が遅れたおかげで設備、 電気業は振り回されて大変でした。 設備担当の監督員代理の方が書類作成の指示も 出さない方のようでした。 電気の監督員代理は反対で県内でも有名な監督員代理です) 検査終了後、検査棺は「異常なし」と言って結局工事は無事終了。 後で書類を作成し完成調書などを現場内に保管する事と言って終わったんです。 結局設備屋さんは、作成の仕方が分からず作成出来ず、そのままで終わったそうです。 (先日、久しぶりに設備屋さんとお会いして確認しました) そこで、私が言いたいのは検査棺、監督員など 威張っている方がいますが 発注者側と請負業者が協力しなければ良いものも出来ないわけだから、 監督員が書類作成のいろはを教えることも大切なことなのではないでしょうか? よって、発注者側も威張ってばかりいられないのでは? と疑問に感じています。 皆さんの所、または発注者側の方、どうでしょうか? 公共事業の雰囲気教えていただけないでしょうか? ちなみに私は、宮城県です。

  • 建設業の経理仕訳について

    建設業を営んでいる個人事業主です。初めてフリーソフトで試算表を作成しているのですが、普段行っている仕訳が合っているのか不安になり、皆様にアドバイス頂きたいです。   借方       貸方      適用 外注費     / 工事未払金  (A社大工工事) 未成工事支出金 / 外注費       〃 工事未払金   / 現金        〃 完成工事原価  / 未成工事支出金(N邸改修工事) 材料費、労務費、経費も上記の様に工事完成後、未成工事支出金を工事原価に振り替えています。 1、工事原価に入るものは全て上記のような処理であっていますか? 2、材料費に本工事材料、仮設材料など補助科目を設定しているんですが、一枚の請求書に仮設材料費や外注費などが含まれている場合、分けて仕訳を行った方がいいんでしょうか? 3、設備機器や建具は    勘定科目 材料費    補助科目 買入部品費 であっていますか? 回答宜しくお願いします。

  • 建設業の原価(労務費)について教えてください。

    従業員数名の小さな警備会社を、また兼業として土木工事業を営んでおります(売上比率としては警備8、土木工事2といった感じです)。 今のところ、経理・会計・青色申告は税理士さんにはお願いせず、自分でやっています。この度、建設業の許可を取得すべく県のホームページから申請書の書式をダウンロードしたのですが、工事原価報告書という書類がありました。今まで原価計算というのは特にしていませんでした。 そこで教えていただきたいのですが、工事についての材料費、外注費、経費は今までの帳簿から拾っていけばなんとか出せると思うのですが、労務費はどう計算したらよいのでしょうか?従業員の給与全額計上で良いのでしょうか?逆に、警備業メインなので全く計上しない方が良いのでしょうか?もしくは売上8:2くらいの割合なので、給与の2割を計上したらよいのでしょうか?無知でお恥ずかしいのですがよろしく御教授下さい。