• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

キリスト教で最も戒律の厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?

キリスト教で最も戒律が厳しい(あるいは信仰の篤い)宗派はどこでしょうか?(クリスチャンの方に質問です) 私は20代前半の男です。これまでの二十余年、無宗教(厳密に言えば家系は父母ともに浄土真宗です)を貫いてきましたが、今現在クリスチャンになること(=洗礼を受けること)を検討しています。 聖書を学生時代に読んで大きな衝撃を受け、また実際にクリスチャンの知己を得た体験がきっかけなのですが、私の現在のスタンスとしては、日本語で聖書を読み、あれこれと自分の頭をたよりに思索にふけるという、いわば無信仰の自由主義神学派の様な曖昧なものです。 私としてはそろそろ聖書を「読む」ことから「生きる」ことにシフトしなければ、これ以上安らかな心境で生きてゆけないという危機的な情況に対峙しており(精神が弱いのです)、教会に通うことも検討しているのですが、その際にどの宗派を選ぶのかという点で迷いが生じています。 もちろん、細かな教義を一つ一つ検討するのが良い方法だとは思うのですが、これまでさんざんエセ自由主義神学の方法で自分勝手に聖書を解釈してきた私にとって、そうした出口のない教義問答に明け暮れていたらいつまでも洗礼に辿り着けない気がするのです。 そこで至ってシンプルに、己を律するという意味合いも含め、最も戒律の厳しい宗派に身を投じてみたいと考える様になりました。 もちろんパウロが云う様に「律法よりも信仰が先立つのだから、戒律の厳しさを尺度にするのは本末転倒」というご批判があるかもしれませんが、自分にはやはり、その信仰を他者に対し裏付ける律法の遵守がとても重要なのです。これは勝手な意見ですが、やはり上の言葉を隠れ蓑に、多少戒律に違反したって構わないじゃないかと言って過度の飲酒や姦淫を平気で行う「なんちゃってクリスチャン」だって少なからずいると聞きますし、そういう信仰の薄い信者の多い宗派に入って幻滅する位なら、いっそ自己のマキシムに厳格に生きる無信仰者でいるほうがよっぽどマシだと本気で思うのです。 モルモン教などの新興派閥も含め、この宗派は戒律が厳しい、といわれるキリスト教宗派があれば、あるいは実際に信仰されていれば、その内実を教えてください。カトリックやバプテスト、エホバの証人などは厳しいと聞きますが、実際の所をお聞かせ頂ければ幸いです。

noname#69262
noname#69262

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数7573
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

プロテスタントです。 ご忠告致します。 モルモン教、エホバ、ものみの塔、統一教会はキリスト教ではありません。 背景にきちんとした教団がある教会では上記の宗教をキリスト教と認めていませんから。 キリスト教を騙った邪教という位置付けでいます。 そこだけはぜひ認識しておいて下さい。 それからプロテスタントよりもカトリックは厳しいと思われていますが、実は逆なのです。 ローマ法王は日本でお葬式に置ける一連の行事を信者に全て認めました。 つまりお焼香、手を合わすなどですね。 これは私の教会の牧師から聞きました。 うちの教会では認めていません。聖書に「してはいけない」と書いてありますから。 あなたの受洗にあたって「戒律が厳しいからOK」ではないと思います。 受洗はスタートです。ゴールではありません。 それと >そういう信仰の薄い信者の多い宗派に入って幻滅する位 →人は神ではありません。完璧な人はいないのです。 なぜあなたは裁くのでしょう? 教会にあなたは何を求めていくのでしょう? 「人を見ずに神を見よ」と言いたいです。 背景にきちんとした教団がある教会の信者は大抵まじめなクリスチャンですよ。 色々と教会に行って見ると良いです。(なるべく家の近所が良いです) 頭ばっかりで考えているとどうしても視野が狭くなります。 それに牧師や神父や信者を見て教会を判断するようになりますしね。 「人を見ずに神を見よ」です。 最後はあなたと神の関係です。 人に左右されるものでは決してありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な返信ありがとうございました。 実際の信者の方に色々とご忠告頂き、考えさせられる点がありました。  ただ誠に僭越ですが、最初に若干付け加えさせて頂きたい点があります。  私はmarimarimariruさんに比べてどう考えても浅学だと思いますが、聖書に基づく信仰全てにエキュメニズムを適合させたいと考えています。ですから例え統一教会やものみの塔がフランスでセクト扱いされていようが、逆にセクト認定された教団がプロテスタントやカトリックを邪教扱いしようが、聖書に基づいた信仰すべては「最広義」に於いてキリスト教であるという(いささか極端ではありますが)見解から全てをスタートしたいと考えています。原始キリスト教だってルター派だって、もともとは異端扱いされた所から始まっているわけですし…。もちろん、モルモン教などは聖書以外にも教典があるじゃないか、純粋な聖書に基づく信仰ではない、と言われればその通りかも知れませんが、とりあえず今の私にとっては統一教会もエホバの証人もキリスト教の一派なのです、過激な思想かも知れませんが私の信条なので許して下さい。  「人を見ずに神を見よ」この言葉には本当に頭が下がりました。おっしゃる通りだと思います。私は現在過度の人間不信に陥っている節があって、同じ信仰を共にできる同胞の存在を希求しています。それが結果として、牧師や信者の方を見て教会を判断してしまう本末転倒に傾斜してしまうのだと思います。ただ仰る通り、本来の信仰に於いてはその様な判断は偏狭な相対主義に他ならず、信仰とは何の関わりもないことだという貴方のご意見には反論する余地がありません。その通りだと思います。  宗派にこだわらず、まずは近所の教会に足を運んでみることにします。どうも有り難うございました!!  

質問者からの補足

marimarimariruさんは文面から察するに、非常に敬虔なクリスチャンでいらっしゃる様ですね。色々とご忠告を頂いて自分自身少し凹んだ箇所もありましたが(笑)、世の中にはやはり立派な考えを持たれたクリスチャンがいらっしゃるのだなと思い、救われた気がします。   信者を見て教会を判断するのは良くないと言った矢先ですが、プロテスタントに惹かれる気持ちが強くなりました。

関連するQ&A

  • キリスト教と宗派について

    米国のあるキリスト教のテレビコマーシャルが少し前に話題になりましたが、お覚えていらっしゃる方も多いと思います。 そこに登場していた方の検索をしたら、ある方のキリスト教信仰歴のことで少々興味を持ちました。 子供の頃通っていた教会は近所の日本基督教団で、大学時代は大学の近くで福音ルーテル教会で、その後は教会や宗派の名前は書いてありませんでしたが、家の近くの教会に通われたそうです。 そして、そのコマーシャルに出られたわけですが、そこの団体はキリスト教右派と言われているそうで、上に書いた日本基督教団とは考え方が違うと思います。 キリスト教のことはよくはわかりませんが、とりあえずキリスト教であれば、細かな宗派や考え方は問わずにいろんな教会に通うというのはありなんですか? 一つの宗派で洗礼を受けて、そことのつながりの教会で一生信仰をもつのかと思っていましたが、別にそんなことはないのでしょうか? そのコマーシャルに出演した方も、キリスト教信者ということだけで特にその団体を信じているというわけでもなさそうにも思えますし、どうなんでしょうか? 宗教のカテゴリーがないのでとりあえず歴史カテゴリに置いておきます。よろしくお願いいたします。

  • キリスト教信仰に向いていないのでしょうか

    キリスト者の方に質問です。 聖書の記述で大宣教命令に違和感があります。 宣教・伝道はそれ程重要なことでしょうか。 個人的にキリスト教に関心はあるのですが、献金・奉仕も継続するのは不可能に近いです。 このような場合、キリスト教を信仰することは難しいでしょうか。 行動力が不足している人間も向かない気がします。 無教会主義に関してはどのように思われますか。 自分自身、教義の思い込みのように錯覚する時が多々あります。 哲学のように計画的に思考することは到底向いておらず聖書解釈も疲れます。 自分が可能な方法で歩んできましたが、 ここまで行き詰っているということは、やはり宗教に向かない性格なのでしょうか。 個人的には教会組織に頼らずに歩んでいきたいと思っています。 独りでは、やはり行き詰ってしまうのでしょうか。 教会員では無いので、牧師にも相談できず困っています。

  • 私は大阪市で10年以上キリスト教を信仰していたクリ

    私は大阪市で10年以上キリスト教を信仰していたクリスチャンです。でも教会に10年以上通い続けて来ましたが牧師先生から聖書の勉強や神学の勉強を受けた事は殆どありませんでした!だから聖書の事やキリスト教の考え方などが話しあえる事が出来る友達が欲しいです!!また自分なりに一生懸命、新約聖書を読み完読しました!けれども本を読みのが苦手なので今でも旧約聖書は読み続けています。 質問ですがクリスチャン同士がチャットやメール出来る有名なfecebookではないチャットアプリはないでしょうか?!そして、もう10年以上もクリスチャンとして教会に通い続けて来たので、ほかの宗教もやる気もありませんし信じませんしキリスト教以外興味ありません。今まで通って行た教会は辞めました。だから大阪市内で日本のキリスト教会を探しています!天王寺区ぐらいで日本のキリスト教会を探しています!良い教会があればいいのですが、、、。 自分自身で探すしかないかな?!w 回答よろしくお願いしたしますm(_ _)m

  • キリスト教、洗礼についてです。

    キリスト教、洗礼についてです。 現在、日本イエスキリスト教団(プロテスタント)に通って救道者用の学びを受けております。 通い出して9か月くらいになるのですが、洗礼のことを牧師様が良く話すようになりました。 「受けなさい」とは言われないのですが、学び=洗礼ということを知り、洗礼を受けるべきかどうか悩んでおります。 洗礼を受けないとクリスチャンにもなれないし教会員にもなれなく毎週礼拝献金してますが毎月の決算報告書も頂けなかったり(これは構わないのですが)聖歌隊とか参加できない事も多く寂しい時があります。 しかし悩んでいる理由はこれだけではなく、もともと昔、洗礼も聖餐式もない無教会に通っていたということもあり、(無教会は受けなくても信仰により天国には入れるとの教えです) 本当に洗礼は必要なのか?洗礼を受けなければ天国に近づく事はできないのか?と考えが私の中にあります。 聖書を読んだり祈ったりしてますが答えがみつかりません・・ カトリック、プロテスタント、救道者などキリスト教関係者の方で洗礼された(もしくはしようと思った、しないと決めた)きっかけは何ですか?何かアドバイスを下さい。

  • キリスト教系私学不合格後の信仰

    キリスト教系私立小学校目指して1年子供と切磋琢磨しましたが不合格でした。 その中で教会に導かれ、自分も洗礼を受けようと聖書の教えを学んで いたのですが不合格になったことによって夫より 「神様にお願いすれば叶うんじゃなかったのか?(嘲笑)」 などと信仰に対して心無い言葉をかけられてそれがきっかけで 教会へ行くことができなくなってしまいました。 今回の不合格によって信仰することを無駄、馬鹿げた事と思われて しまったようです。 そして私にも確かに神様を信じていても、落ちてしまったことにわだかまりが 出来てしまいました。 今後私が家族の反対や自分の中の不信感に打ち勝ち信仰を持つにはどうすればよいでしょうか・・・。

  • わたしのキリスト教史の理解は正しい?

     キリスト教にとても興味があります。でも、キリスト教にはいろいろな種類があるようで、どうもそれぞれの関係や歴史的経緯がよくわかりません。  わたしが聞いたところでは以下のような歴史的な変遷があったとのことです。 (1)紀元前は「神」の教えを旧約聖書で定め、これを人々は守ることに努力した。 (2)その中でも、より厳格な規律に身をおく者たちがいた(十戒の厳守)。 (3)そこで、その者たちはユダヤ教という教徒を名乗りキリスト教から独立した。 (4)その後、キリストの誕生により新約聖書が作られた。 (5)ところが、キリストとその弟子たちによって作られた新約聖書の解釈について、のちの人々の間でズレが生じ始めた。 (6)そこで、本来の教えを信じ、それに従うべく独立する者たちがさまざまな宗派を作った。 (7)それが、カトリック、プロテスタント、セブンスデイ、などである。 (8)そしてそれらに追随して独立しないで留まったのがバプテストである。 (9)その後、エホバの商人、ものみの塔などが本来の教えを貫徹すべく独立し派生していった。  とまあ、こんな感じで理解してますが、これで正しいのでしょうか? いや、わたしが聞きたいのはあくまでも歴史的流れであり、どの宗派の教えが正しいか否かとは関係ありませんので、それぞれに信仰をお持ちのお方には、どうぞ質問の意図をご理解戴きたく思います。  キリスト教を理解しようとすると、どうしても多くの宗派の存在や多少の教えのズレを無視できません。もともとひとつしかなかったはずの「神」や聖書の教えがどうして分裂していったのかが知りたいのです。できましたら、それぞれの宗派の違いや派生原因なども簡単に教えて戴けると幸いです。  どうか宜しくお願いいたします。

  • キリスト教についての質問です

    私はキリストや神を信じ、キリスト教の教えを信じて生きてきました。 しかし、私は洗礼を受けておらず、(聖餐はもちろん遠慮しております)礼拝なども数回しか行っておりません。 しかし聖書は読みましたし、結婚式も協会で行おうと考えております。 最近不安になってきたのですが、こんな洗礼を受けて居ない私でも神は啓展の民と認めて下さるのでしょうか?また、その場合はどのような宗派に分類されるのでしょうか? 一人で悩んでいます。ご回答を頂けると嬉しいです。

  • キリスト教について質問します。

    昔、プロテスタント系の教会に通っていたのですが、そこで疑問に感じた事を質問します。キリスト教について詳しい方、教えて下さい。  (1)クリスチャンはなぜ祈っているだけなのでしょうか?基本的に聖書勉強をして、祈って終わりという事が多いような気がするのですが・・・。これは何故なのでしょうか?  (2)「礼拝」と「信仰」という概念がありますが、これはどういう意味なのでしょうか?何故、かくも信仰、信仰と信仰をやたらと持ち上げるのか、そして礼拝とは一体何なのか?質問しても誰も答えられなかったもので。  この二つについて教えて下さい。

  • キリスト教の衆派について

     彼女がクリスチャン(二年前から)なのですが,彼女の教会はどこの衆派にも属さず, 単純に聖書を拠り所としているだけらしいです.  その割に,シンガポールやドイツで世界中から人を集めた大規模な聖書研究の合宿等が行われたりしているようです。  もやっとした質問なのですが,そのような(自称?)独立した教会の,キリスト教界隈における位置づけや,(もしあれば)教義の特色等を教えていただきたいです.

  • キリスト教の「愛」と「天国」について

    クリスチャンにとって死後天国へ行くことはどの程度重要なのでしょうか? もし天国へ行くこと、神の近くで永遠に暮らすことが最終目的であり信仰の理由の全てなら 「愛」を謳うキリスト教の教義とは逆にすごく自己中心的な気がしてしまいます。 敬虔なクリスチャンが周囲に無償の愛の振舞いをするのは、 あくまで天国へいくための手段であり、教義がそうなっているから、という理由だけなのでしょうか?