• 締切済み
  • すぐに回答を!

ブラックホールについての質問です

ブラックホールについての素朴な疑問なんですが、 なんで、特異点が出来てイベントホライズンの発生以降、 ブラックホールが有限時間内で物を取り込む事が出来るのでしょうか? ブラックホールから離れた位置の観測者から見ると、 物体がイベントホライズンに近づくにつれて潮汐力で、 相対論的効果によって物体の時間の進み方が遅れるように見え、 ブラックホールに落ちていく物体は最終的にイベントホライズンの位置で 永久に停止するように見えるとWikiにありました。 周りの物質を取り込んでブラックホールが成長する過程で、 イベントホライズン上で止まってしまうのに、 なんで、宇宙誕生から10億年という有限時間で超巨大ブラックホールが出来たのでしょうか?  http://www.astroarts.co.jp/news/2002/04/03quasars/index-j.shtml 参考URL  http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9654/b_h/bh_q4.html  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数357
  • ありがとう数13

みんなの回答

  • 回答No.7

「『永久に停止するように見える』だけだ」説は納得いかないですね。ここで言う「見える」とは、「一般相対性理論で計算すると、外部の座標系で測ったとき、物はいつまで経ってもイベントホライズンの外にある」という意味なんですから、「まだ何も落ちてない」ってことに他ならないんです。  だから、ご質問は「『見える』だけ」論じゃ済まない、かなり深い話であって、実はstomachmanも分かんないのです。  質点が落ちる、と考えてるうちは、ご質問の通り明らかに矛盾であり、ゆえにブラックホールなんか存在するはずがない(で、ホントにブラックホールは存在しないのかもしれません)か、あるいは、イベントホライズンの僅か上空の時空で一般相対性理論が破綻する、という結論になります。  さて、この矛盾を突き抜けて物が落ちるためには、質点じゃだめで、量子が落ちると考えねばならない。空間ばかりかイベントホライズンをも越えるトンネル効果とでも言いますか、要するに一般相対性理論だけじゃ事が済まなくなるわけですが、でも、量子重力の理論はまだはっきりしていないということもあって、どうもよく分からんわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホール

    ブラックホールにおいて物体は、潮汐力によって素粒子レベルまで破壊されるとwikiにあったのを見て気になったことがあるので質問しました。地球における潮汐力は太陽と月の引力云々が原因だと思ってるのですが、ブラックホールにおける潮汐力はどのようにしてひきおこされるのですか?あほな質問でしたらごめんなさい(笑) また、どうしてブラックホールでの潮汐力は大きくなるんでしょうか?お願いします。

  • たとえばの話です

    たとえばの話なのですが。 http://www.astroarts.co.jp/news/2007/01/23magellanic_clouds/index-j... マゼラン雲がもしも天の川銀河の横を通り過ぎずそのまま衝突したらどうなるのでしょうか。 生きている間には起こらないと思うのですが・・ どうなのでしょうか。

  • 老いた楕円銀河の周りに広がる紫外線を放出する謎の環

    老いた楕円銀河の周りに広がる紫外線を放出する謎の環としてNewsで見たんですが(http://www.astroarts.co.jp/news/2010/08/17uv-ring/index-j.shtml)、このときその謎の環が見つかった20数個の楕円銀河の名前を教えて下さい。

  • 回答No.6
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ブラックホールのシュバルツシルト半径は質量に比例しますから, ブラックホールの質量が増えればシュバルツシルト半径も増えます. 従って, 「ブラックホールによって遮られる領域」が大きくなるので「質量が増えたこと」はわかるんじゃないかなぁ>#5.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • shiara
  • ベストアンサー率34% (85/250)

回答ではなく、問題提起です。 外から見ると事象の地平線で永久に停止するように見える、というのは正しいと考えていますが、物体が落ち込んでブラックホールの質量が増えたとしても、その結果の重力の増加もブラックホールから出てこないのではないかと思われます。つまり、遠方の観測者にとっては、質量が増えたことが分からないのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

外から見ると事象の地平線で永久に停止するように「見える」という言葉が全てを物語ってますね. 「見える」と言っているだけで, 「永久に停止する」とは言ってません. だから, 「外からはそのように見えるだけで, 本人はしっかりと落ちている」と考えれば問題ない. ところで 0.9999.... をどのように定義しているのでしょうか>#3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

NO.3の肩もいっているように、 0.999999....=1 だという人がいるので間違った観念をもってしまう わけですね。こういう思考で。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>永久に停止するように見えるとWikiにありました。 「永久に停止するように見える」のと「永久に停止する」は違います。 外から「そう見えるだろう」と言うだけで、実体は「光さえも脱出出来ない場所」に既に落ちてしまっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>永久に停止するように見える 外部から相対的にそう「見える」だけなので。 実体は観測不可能な領域へ既に落ちてしまっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 十分理解できました。 こちらに代表して書きます。 質量が増えて成長する事によってイベントホライズン領域が拡大して、 その周辺の影響を確認する事でBHが観測されているという事なら 矛盾がないと思いました。 「停止するように見える」領域の拡大と解釈したら理解できました。 取り込まれる物体から見れば停止はしていないわけですから、 質量の増大に伴うイベントホライズンの拡大による周辺への影響 の観測でBHが確認されていると考えるとわかりやすくなりました。 このサイトは間違っていると思いました。  http://www3.osk.3web.ne.jp/~redshift/th1.html#th13

関連するQ&A

  • ブラックホールに落ち込む過程の解釈

    思考実験として、物質がブラックホールに落ち込むことを考えてみました。 物質はブラックホールに近づいていき、事象の地平面に近づきます。 そしてついには事象の地平面に差し掛かるわけですが、この様子を外部から見たとしたら、物質はいつまで経っても事象の地平面に到達しないかもしれません。 しかし落下する物質の視点では他の天体に落下するのと同様に、何事もなく事象の地平面に近づいていくわけです。 慣性質量と重力質量が完全に一致するなら、事象の地平面に到達した時点で落下する物質と外部の観測者との間の相対速度は光速度に達すると思われます。 外部の観測者にとっては落下する物体はいつまで経っても事象の地平面に到達しないのですが、これを物質の視点から見るなら、物質が事象の地平面に到達した瞬間に、事象の地平面の外側の時間経過が無限大になることを意味するはずです。 もしブラックホールは蒸発するというのが事実であるなら、どのような質量のブラックホールも有限の時間内に蒸発してしまうはずです。 ですから物質が事象の地平面に到達する直前に、まず外側で非常に長い時間が経過し、蒸発が進むと思われます。 蒸発が進んで事象の地平面の大きさが小さくなると、物質にとっての地平面外部の時間経過の早さが緩むことによって、遠のいた地平面に近づくことが可能になり、再び地平面に向かって落下するものと思います。 そしてまた地平面の直前まで落下したところで外部では大きな時間が流れ、蒸発が進み、以下同じ過程を繰り返すことによって、最後はブラックホールとともに蒸発するのではないでしょうか? もちろん実際にはこのように断続的な過程を経るわけではなく、事象の地平面に到達するか、あるいは直前の位置で、ブラックホールが蒸発するのに合わせて連続的に特異点の方向に向かっていくものと思います。 このような解釈は正しいでしょうか?

  • 新月とはいつの月でしょうか?

    新月とはいつの月でしょうか? 「2010年5月の月齢」 http://www.astroarts.co.jp/phenomena/moon/moon-calendar.pl 今月の月齢カレンダーでは、14日が月齢0です。 この日は月は見えないと思いますが、この見えない月を新月というのでしょうか? あるいは、翌15日の細い月を新月というのでしょうか?

  • 金星の内合

    もうすぐ金星の内合ですね。 今回の内合の日が,国立天文台によれば28日,Astroartsでは25日と異なるので不思議に思ったのですが,前者は黄経の合,後者は赤経の合ですか? 惑星の位置関係という点からすると黄経で合を決めるなら理解できる気がするのですが,赤経の合というものも考えるのはなぜでしょうか? 今回,最も太陽に接近して8°くらいだそうですが,この程度だと条件がよければ金星は肉眼で見えるでしょうか?

  • 遠い銀河

    およそ130億光年くらい離れた遠い銀河が発見されると、ビッグバンから数億年しか経っていない姿を見ているような記事がありますよね。 例えば、↓の記事。 http://www.astroarts.co.jp/news/2003/03/20nao624/index-j.shtml ここの後段を引用すると、 「そのひとつがおよそ128億光年の距離にあり、これまで人類が確認した銀河の中で最遠であることがはっきりしたのです。これは宇宙誕生から、わずか約9億年しか経っていない頃の、若くて生まれたばかりの銀河の姿」 だそうですが、もし9億年しか経っていない姿を見ているなら、光速で膨張したとしてもビッグバンの中心から9億光年しか離れていない場所に見えるはずではないですか? それがなぜ128億光年も離れた場所に見えるのでしょう? また、光速以上で膨張したなら、その光は地球には届かないので、やっぱり128億光年離れた位置に見えるのはおかしいくないですか? ビッグバンの中心がどこかは解りませんが、仮に地球とその銀河がビッグバンの中心を挟んで反対側(つまり地球から一番遠くなるパターン)で考えても、9億年しか経っていない姿が128億光年先の位置に見えるというのはどのように理解すれば良いのでしょうか?

  • 理論物理学 の 質問

    1,核反応の際のエネルギーは、本当にE=MC^2で間違いないでしょうか? 知ってる方、お願いします。 2、光速に近づくにつれて質量が増えるという一般相対論は本当ですか? 確かめられていますか?確かめられているなら方法を、確かめられてないならそう書いてください。 3、ローレンツ収縮の値は確かですか? 4、アインシュタインが、光より速いモノはないと思ったのはなぜですか? 又、本当ですか? そして、光速は、本当に不変ですか? できれば、光速の観測・測定結果が、年代別、時代別に、実験の内容と一緒にあると嬉しいです。 5、光速で移動しているヒトが光を見たら光速に見えるというアインシュタインの信念、 「光速度不変の原理」は本当ですか? 又、それを保証するデータはありますか? 6、光速度不変の原理は、 光と光が並行して走っているときも互いの速度が光速に見え、 正面からすれ違う時も互いに光速に見える、という理解でいいでしょうか?(相対論) 又、その証拠は何かありますか? 7、光速近くまで加速して、実際に素粒子の質量が増えたというデータはありますか? ココは詳しくお願いします。 理論だけでデータがないならそうとお願いします。 8、宇宙項の根拠を示せたヒトはどんなカタチでもいいのでいますか?仮説でもいいので。 9、相対論では、秒速30万KMで接近する光と、遠ざかる光を、同じ比速で扱っていますか? それとも、「違うモノ」として扱っていますか? 今の相対論は、近づく光も遠ざかる光も、ローレンツ変換にしろ質量増加にせよ同じに扱っていませんか?YES NOとできたらそのほかの情報も知りたいです。 10、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96 で、ローレンツ変換の式がありますが、 V=1(C)の時、t'とx'は、それぞれいくつになりますか? 又、この一種類の式で、 近づく物体と遠ざかる物体を両方記述できますか?できませんか?どちらですか? 11、特殊相対性理論のベーシックな式では、 地球   ・    ・ どこかの恒星系のどこかの星の観測者 (被観測者) というのは出せますが、 もし、地球が太陽系の上にあって、太陽系は銀河系の上にあって、 銀河系は宇宙のここでこんな運動をしていて、 どこかの恒星系のどこかの星の観測者の恒星系は、各銀河に乗ってこんな運動をしている、 となった時に、 今の式のままで全部正しくローレンツ変換できますか? それとも補正が必要になりますか?工夫とか。 又、そういった事を考えた人はいますか? 過去に、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96 のローレンツ変換の式が変化した歴史はありますか? 以上です。 できるだけ多く答えが得られることを望みます。 よろしくお願いします。

  • 初期高度がある場合の斜方投射

    斜めに物を投げる場合に、どの角度がもっとも遠くに飛ばせるか(空気抵抗無視)、という典型的な問題で、角度45度が正解となるものです。 しかし、投射する場所があらかじめ地表より高いところだった場合はどうでしょうか。 つまり初期高度がある、ということです。 wikiでも調べたのですが、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%9C%E6%96%B9%E6%8A%95%E5%B0%84 「物体の高度が再びy0となるx成分の位置をx1とすると」 (y0が初期の高度です) となっており、なぜか地表y=0ではなく、y=y0のときの飛距離を求めて終わっています。 しかし、y=y0の後も物体は運動をし続けるわけで、飛距離は伸びます。 そして、それは角度に依存するかと思います。 いかがでしょうか。計算してみるとやや複雑になってしまいそうなのですが・・・ 何かシンプルな求め方・考え方があるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 落下中の人工衛星、撃破すると?

     このカテか天文学のカテか、迷いましたが軌道計算の範疇と思われますので物理学に詳しい諸賢にお伺いします。  さて、米国が、ヒドラジンを積んだ人工衛星を軌道上で破壊し、墜落時のリスクを軽減しようと決断したのはご承知の通りです。 http://sankei.jp.msn.com/world/america/080215/amr0802150806002-n1.htm  一方、先年中国が軌道上の人工衛星を破壊する実験を行い「スペースデブリを増しやがった」という非難を浴びたことも記憶に新しいかと思います。 http://www.astroarts.co.jp/news/2007/02/02asas_debris/index-j.shtml  また、以前、毎日新聞が「弾道ミサイルを軌道上で撃破するとスペースデブリが増える」と述べ、嘲笑されたことをご承知の方もあるかも知れません。  衛星軌道を周回中の人工衛星を破壊すれば、似たような軌道を破片が漂う、というのは理解出来ます。  一方、弾道弾は軌道に乗る速度を獲得していないわけですから、途中で撃破されても破片はやがて落下するだろう、ということもなんとなく解ります。  では「現に落ちつつある衛星を途中で撃破した場合、スペースデブリは発生するのか否か」が解らなくなりました。  感覚的には「雲状に爆散した破片群が、それぞれの軌道を取りつつも、元々の衛星の軌道とそう変わらないコースで徐々に落下する」ような気がしますが、それで正しいでしょうか。 #厳密には衛星やミサイルの軌道要素や重量などによって異なってくるとは思いますが・・・。  なお、投稿子が疑問なのはあくまで物理学的な見解でありますので「米帝が悪事を隠蔽」「ユダヤ資本の陰謀」という如きの本筋に関係のない議論はお控え頂けると幸いです。

  • シュレーディンガーの猫の答2。

    シュレーディンガーの猫の答2。 この宇宙の中にある力の種類は有限か?無限か? (現在は4つ認定されています) この問いに対してどちらの答であるにせよ「証拠」や正しいと信じれる「根拠」は存在するでしょうか? 私は無いと思います 皆さんはどう思われますか? その上でこの問いを理論構築、応用すると以下の物理学上の謎が解明できると思います ・相対論と量子力学(確率での存在と確実な存在の反発) ・特異点の説明(ビッグバン) ・究極の宇宙の形 ・シュレーディンガーの猫の答 ・ブラックホールの中 解決の鍵を握るのは「π」でした πを10進法で表現すると無限になってしまう原因が これらの問題を解決する鍵になります 新・相対論 http://ichinarisoft.com/16soutai.htm ここに詳しく解説しておきました ムービーは若者向けに作られております 静かに読みたい方用のテキストも用意してあります 20分程度で読める内容です 猫の答は簡単に説明できそうなので↓に記述しておきます **シュレーディンガーの猫の答******************* 有限である科学的証拠はありません と言う事は「無限」である可能性を排除できません 従って観測によって「無」を判断する事が出来ないと 科学的に結論付けられます 量子論は「無」の空間が存在している事が大前提の理論です 科学的に「無」が成立できない以上量子論は成り立たないと結論付けられます 従ってコペンハーゲン解釈の「重ね合わせ」はその存在価値を大きく失い 常識的に考えれば「重ね合わせ」解釈は不要と言う事になります 解釈の模範解答は 「対象に影響を与えている全ての力の記述が出来ない、 それが確率的結果の原因と考えられる」 と、こんな感じに修正するべきであります 「重ね合わせ」が不用になったので 猫のパラドックスは存在しなくなり 解決した…と結論付けられます ■力は無限に存在できるか? 例えば一つの力を壁に当て拡散させたとする(丸く広がるイメージ) その場合力は無限に分解されたと言える 従って力は無限に存在するか?と言う問いは成立する 力は数と同じような存在であろう だから「有限」「無限」の問いが可能だ

  • FreeBSD(98) 2.2.8-R について

    rawite.exe とboot144.flp を組み合わせて、ブートディスクを作成したのですが。 実際、ブートディスクからブートさせると、 以下のようなエラーメッセージが出ます。修正方法はないでしょうか。 boot : 0:fd(0,a)kernel @ 0x2b9000 text=0x135000 Error:D0x135000 D:0x30 C:34 H:0 S:5 Error: D:0x30 C:34 H:0 S:5 Error: D:0x30 C:34 H:0 S:5 Error: D:0x30 C:34 H:0 S:5 Error: D:0x30 C:34 H:0 S:5 /       / / / Error: D:0x30 C:34 H:0 S:5 と なってしまいます。 意味がさっぱりわかりません。修正方法はないでしょうか。 宜しくお願いします。 パソコン環境の紹介 PC-9821 Ap/U2 http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Product_Spec_Details?prodId=PC-9821AP%2FU2 Bufferro 8.4GB http://buffalo.jp/products/new/98067_8.html Bufferro 4.3GB http://buffalo.jp/products/catalog/item/d/dsc-ueusp/index.html I-O DATA 1300MB MO https://www.iodata.jp/product/storage/mo/mof-xm1300/spec.htm I-O DATA CD-ROM https://www.iodata.jp/products/cd-rom/index.htm ICM CD-ROM http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9855/maker/icm/icm_drv.html MIDI SC-55 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BBSC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

  • ブラックホール

    ブラックホールの質量が大きくなると、脱出速度が光速以上必要になり、光でも抜け出せないとあります。 光(光子)は、質量ゼロですが、ブラックホールからの引力を受けるのでしょうか? ブラックホールが作る「場」の曲率無限大のため脱出できないのでしょうか? 御教示ください。