• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

扶養控除の修正申告について

会社勤めの配偶者特別控除対象の妻を持つ給与所得者です。 妻の勤務先は雇用主は一社なのですが、給与所得の内訳として、 主となる雇用主とそれ以外の支払者の大きく分けて二種類の所得がありました。 源泉徴収票は前者の給与所得分のみ発行されており、 昨年からは急きょ後者のものも雇用主が発行するようになりました。 (ただし、後者の源泉徴収票は雇用主として発行の義務はなく、また税務署には通知しないと雇用主は言っていたようです) 妻の所得は両者とも源泉徴収自体はされていたのですが、過去確定申告はしておりません。 私は過去、前者の源泉徴収のみで年末調整をしており、配偶者特別控除を受けておりました。 また、住宅ローン減税を受けておりますが、控除枠全額は使い切れていません。 その妻の勤め先に税務調査が入りました。 その際、前者の所得に加え、後者の所得も合算して源泉徴収票を発行するようにとの指導がありました。 それに伴い、昨年分に加え、さらに2年さかのぼって後者の源泉徴収票も発行されました。 また、後者の所得を妻の所得に加えると、年間130万を超えることになるため、 過去3年にさかのぼって確定申告をすることになりました。 当然、私の給与控除のほうも配偶者特別控除分が無効になるため、妻が妻自身の確定申告をするときに、 私の分の修正申告もしてくる予定です。 そこで教えていただきたいのですが、 ・私の修正申告をしたことは私の勤務先に知られることはあるのでしょうか。 ・株の損失繰越のため確定申告をしており、源泉徴収票の原本はそのときに使用しているため手元にありません。  私の修正申告のために改めて源泉徴収票が必要になりますでしょうか。 ・もし源泉徴収票が必要であった場合、会社にさかのぼって再発行を依頼すると、理由等を聞かれそうなため、 できれば源泉徴収票の再発行をせずに修正申告をしたいのですが、代わりになるものはありますでしょうか。 質問の前に以下の質問は参照いたしました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1365677.html 以上、私の至らないことで誠に申し訳ありませんが、 どうしたものか悩んで仕方がありません。 ご教授のほどよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2012
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#135013
noname#135013

>前者と後者の賃金のみであればいわゆる丙欄適用者であるため確定申告は不要」との記載がありました。 ちなみに妻は常勤ではなく、前者、後者ともに毎回採用通知を受け取る日雇いであるため、前者と後者の労働日は重複しません。  こちらに該当している訳ですね。  所得税法基本通達 121-4(一の給与等の支払者から給与等の支払を受ける場合)  法第121条第1項第1号に規定する一の給与等の支払者から給与等の支払を受ける場合とは、その年中の同一時点においては2以上の給与等の支払者から給与等の支払を受けることがない場合をいうのであるが、2以上の給与等の支払者から給与等の支払を受ける場合であつても、当該給与等の全部について法第190条の規定が適用されるときは、これに該当するものとする。 >妻はその条件に当てはまるため妻の確定申告は不要なのではないかと思ったわけです。 上記に該当していれば貴説のとおり申告不要です。 もっとも、申告不要は申告不可ではありませんので、還付となるなら申告すれば、との意見では#4さんと同意見ですが。 >主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額が二十万円以下である場合に該当はしませんでしょうか。  主従は甲欄乙欄のはなしですので、本件丙欄には無関係の話です。 なお、上記通達の解説は下記です。 【解説】  確定申告書は、1か所から給与等の支払を受け、その収入金額が2,000万円以下で、その全部について所得税が源泉徴収され、かつ、給与所得および退職所得以外の所得が20万円以下の場合には提出する必要はないものとされている(所法121条1項1号)。  ところで、日雇労務者が、1年間に2回以上勤務先を替えた場合の給与等については、それが1か所からのものとみるか、または支払者ごとに計算した複数の支払者からのものとみるかによつて確定申告の要否が異なることになるが、1か所から給与等の支払を受ける場合とは、その年中の同一時点においては2か所以上の給与等の支払者から給与等の支払いを受けることがない場合をいうものとされている(所基通121-4)。  したがつて、複数の勤務先から給与の支払を受けている場合であつても、現に同一時期に2か所以上に勤務していない場合には、日額表丙欄適用の給与以外に所得がないかぎり、1か所から給与等の支払を受ける場合に該当するので、確定申告をする必要はないことになる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

たびたびのご回答、本当にありがとうございます。 >こちらに該当している訳ですね。 > 所得税法基本通達 121-4(一の給与等の支払者から給与等の支払を受ける場合) はい、そのように認識しております。 >還付となるなら申告すれば、との意見では#4さんと同意見ですが。 その点についてはあまり重視しておりませんでした。 私の修正申告をするついでになりそうなので、申告も考えはじめてはいますが… >したがつて、複数の勤務先から給与の支払を受けている場合であつても、現に同一時期に2か所以上に勤務していない場合には、日額表丙欄適用の給与以外に所得がないかぎり、1か所から給与等の支払を受ける場合に該当するので、確定申告をする必要はないことになる。 妻の勤務先が確定申告は不要であると言っているのはこの通達に合致するためだと思われます。 妻は「同一時期に2か所以上に勤務していない場合には、日額表丙欄適用の給与以外に所得がないかぎり」に合致いたします。 今までお教えいただき、妻の確定申告は必須ではなく、それに伴う新たな税金の支払は発生しないと思われることがわかり、一つの心配は解決しました。 本当にありがとうございました。 本当に恐縮なのですが、私の修正申告等につきましてももしご存じであればご教授いただけませんでしょうか。 本当に申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 修正申告

    修正申告について教えて下さい。 保育園に提出する資料の中で源泉徴収票があり提出したところ子供が扶養から洩れている為修正申告をする必要があるのと事でした。 年末調整時に洩れているようで(どこで洩れたかは不明ですが)・・・。 確定申告だったら今の時期は終わってますよね?修正申告の期限はいつまでなんでしょうか?会社ではなく本人がするものでしょうか?その場合どのような手続きか必要でしょうか?

  • 修正申告と過年度損益修正について

    今年から青色申告(控除65万円)に切り替える為、去年まで現金主義で帳簿していたものを発生主義にしなければいけないと言われました。 そこで、去年の11、12月分の売上げを修正申告しようと思っていました。 (1)取引先は1社で、120万円(源泉徴収12万円)=>取引先は現金主義の為、去年の源泉徴収票はこの2か月分は含まれていませんでした。その為、自分も現金主義にした経緯があります。(前々年は発生主義で申告しました) そもそも、この源泉徴収の12万円も去年の取引先が発行した源泉徴収票と額が違うので認められるのかも不安ですが。。 修正申告した際は延滞税みたいなものがかかってくるんでしょうか?虚偽でもなく、帳簿の主義変更で違約金が発生するのは納得いかない話です。 (2)また、過年度損益修正で来年の確定申告に計上する方法もあるみたいですが、修正した額は本年度分の所得として計算されてしまうのでしょうか? 本年度の所得で計上されると来年の住民税が高くなってしまうので不安なのですが。 お分かりになる方いましたら、よろしくお願いします。

  • 修正申告は必要ですか?

    修正申告は必要ですか? 3月の確定申告で、過小申告があったことに気が付きました。 50万ほどの売上が計上されておりませんでした。 ただ、今回初年度ということもあり、所得から基礎控除や 扶養控除などを差し引いた金額が赤字で、所得税非課税となっており、 修正申告をしたとしても、所得税は非課税のままです。 こういった場合でも、修正申告は必要となりますか? よろしくお願い致します。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#135013
noname#135013

>本当に恐縮なのですが、私の修正申告等につきましてももしご存じであればご教授いただけませんでしょうか。 ご質問者については、修正申告は必要でしょう。 住民税も追加になりますね。 過年度分は現金払い、現在進行の分は金額異動の連絡が会社にいくものと思いますが、奥様の所得の詳細までは会社への報告はされることは無いものと思います。 で、この件を会社に知られる事をひどく気にしておられるようですが、ご本人の副業がバレたというのと違って、配偶者の所得違いによる住民税の連絡なんて通常の会社では気に留めないのでは? また、あえてこちらから説明するなど、無用と考えます。 なお、既に回答済みですが、源泉徴収票は不要です。 署に原本があるからです。 どれくらいの増差税額がでるかは、#6さんが言っておられるとおり、金額を明示して頂かなくてはわかりません。 国税庁で申告書作成コーナーがH17年からあるようなので、ご自身で計算されてみてはいかがですか? 自説云々との発言もあるようですが、正規の取扱として丙欄なら申告不要は確かです。 どうせ税務署にいくなら、申告した方がよいか不要のままがよいか署でお尋ねになればよいです。 署員は税金を徴収するのが仕事ですが、正規に不要のものまであえて申告しろ、などと言いませんからご安心を。

参考URL:
https://www.keisan.nta.go.jp/h19/ta_top.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろんな観点からのアドバイスおよび回答、ほんとうにありがとうございました。 丙欄適用に関しても貴重なお答をいただきありがとうございました。 >ご本人の副業がバレたというのと違って、配偶者の所得違いによる住民税の連絡なんて通常の会社では気に留めないのでは? >また、あえてこちらから説明するなど、無用と考えます。 ほんとうにありがとうございます。 精神的にもずいぶん楽になりました。 週明けにはなりますが、さっそくお教えいただいた知識をもとに税務署で真摯に相談し、確定申告や追徴の修正申告を終え、払うべき税金をしっかり支払ってきます。 市県民税課で住民税の現在進行分の追徴分との差額を一般徴収で支払いできないかも相談してまいります。 増差税額についても、過去の確定申告票を見直して国税庁のサイトを利用する等してお金の準備を進めたいと思います。 回りくどい書き方だったり、意味がよくわからない質問だったとは思いますが、丁寧にお答えいただきまして本当にありがとうございました。

  • 回答No.6

>に該当すると思いたいのですが… 自説を曲げる気がないならそれでよいでしょう。 >1.妻の所得のさかのぼっての確定申告が必要な場合、どれだけの税金… お書きの情報だけでは判断できません。 また揚げ足を取られるかもしれませんが、一般には、普通に源泉徴収されているサラリーマンなら、追納はなく還付になることが多いです。 特に丙欄適用ならなおのことです。 >2.妻が配偶者特別控除枠から外れるため、私のさかのぼっての修正申告… それぞれの年で、 (1) 配偶者特別控除はいくら取っていたか。( 配偶者特別控除は定額ではない) http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm (2) 「課税される所得」がいくらで『税率』はいくらであったか。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm が分からないと判断できません。 利息分としての『延滞税』、およびペナルティとしての『過少申告加算税』等については、 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm >3.修正申告をすることにより会社への連絡はされるのか… 同じことを何度も聞くのはやめなさい。 >私は会社への連絡があってから会社へ事情を説明すればいいのか… 税金に関する限り、会社に説明する必要などありません。 >が確認が取れていないので… 信用できないなら、このようなネットで相談する必要はないでしょう。 >追納分を自分で納めることは一般的に可能なのでしょうか… 脱税の尻ぬぐいを誰がしてくれるというのですか。 自分の不始末は自分で処理するのが当たり前です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびほんとうにありがとうございました。 冷静に考えることができなくなっておりまして、 いままでお教えいただいたことを頭の中で整理することができなくなっておりました。 まずはお教えいただいた知識をもとに税務署で相談し、確定申告・修正申告を終え、税金をしっかり支払い、市県民税課で追徴分の支払方法を相談してまいります。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.4

>会社側の職員への説明資料に、「前者と後者の賃金のみであればいわゆる丙欄適用者であるため確定申告は不要… それは、あなたの会社が社内で作成した文書のようでしたか。 それとも、国税庁や国税局、税務署等からの資料を、引用あるいは添付したものでしたか。 たぶん前者なのでしょう。 やはりそういう規定はありません。 ただ、丙欄の場合は源泉徴収税率が高く、本来納めるべき税金よりは多く取られているのが通例であり、確定申告をすれば一部、あるいは全部が戻ってくる場合がほとんどなのです。 このとき、戻ってくる権利を放棄して確定申告をしないことは、法に触れるわけではありません。 国や自治体としても、本来納める必要のない税金を納めてくれる国民は大歓迎なのです。 とはいえ、たいへんな失礼を承知で申し上げますが、100万や 150万程度の給与の方が、払いすぎた税金を返してもらわないなどと、見栄を張るのはどうかとも思います。 >主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額が二十万円以下である場合… その件は良いですけど、最初のご質問文に「2社目以降は 20万円以下」と書いてありましたか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

度重なる質問への回答、本当にありがとうございます。 確定申告の要否につきましては、ANo.5のmidmt様が回答していただいている、 「所得税法基本通達 121-4(一の給与等の支払者から給与等の支払を受ける場合)」 に該当すると思いたいのですが… >100万や 150万程度の給与の方が、払いすぎた税金を返してもらわないなどと、見栄を張るのはどうかとも思います。 私の文章が拙くて申し訳ございません。 妻はいままで確定申告はしておらず、還付金ももらっていません。 私が気にしているのは、 1.妻の所得のさかのぼっての確定申告が必要な場合、どれだけの税金が発生するか  …所得税法基本通達 121-4に合致すれば不要なので、これについての新たな税金は発生しないかも 2.妻が配偶者特別控除枠から外れるため、私のさかのぼっての修正申告でどれだけの税金が新たに発生するか  …少なくとも過少申告していたことになるので追加で支払いを行う税金は発生する 3.修正申告をすることにより会社への連絡はされるのか。私は会社への連絡があってから会社へ事情を説明すればいいのか、事前に説明をしたほうがいいのか…  …mukaiyama様がANo.1でおっしゃってくれた、 >所得税の修正を行えば、連動して住民税も変更になります。 >住民税が給与から天引きになっているなら、住民税の変更通知も会社に届くことになるかもしれません。 >住民税の追納分は自分で納められないか、市町村役場に聞いてみてください。 が確認が取れていないので…(修正申告の際、もしくはそのあとに聞くべきことなのかもと思っておりまして)。 追納分を自分で納めることは一般的に可能なのでしょうか。 ただ、私の住民税は給与天引きなので、住民税の変更通知にかんしてはやはり会社に連絡がいくような気がしています… 少なくとも私の分については支払うべき税金を払っていなかったのははっきりしております。それ自体は真摯に受け止めて支払ってすっきりしたいと思っています。 本当にお手数をおかけして申し訳ございません。

  • 回答No.3
noname#135013
noname#135013

>妻の給与は前者の所得も後者の所得も共に丙欄適用で確定申告の必要はないということのようです。 丙欄の場合の申告不要は#1さんの示しておられる  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm 内の  (注)給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。 の規定にかかっているケースが多いほか、年に複数箇所からの給与の支払を受けても、同一の時期でない場合には、1の給与の支払者からの給与と見なされるとの規定があるからです。 ところで、上記150万円規定には該当しないのですか? 雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外 っていうのは社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、損害保険料控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除および扶養控除ってことですけれどね。

参考URL:
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ほんとうにありがとうございます。 妻の丙欄適用者の場合の確定申告不要については、今回の税務調査に伴う会社側の職員への説明資料に、「前者と後者の賃金のみであればいわゆる丙欄適用者であるため確定申告は不要」との記載がありました。 妻はその条件に当てはまるため妻の確定申告は不要なのではないかと思ったわけです。 ちなみに妻は常勤ではなく、前者、後者ともに毎回採用通知を受け取る日雇いであるため、前者と後者の労働日は重複しません。 150万規定については前者と後者の源泉徴収前の賃金を合算し、控除を加味すると過去3年分のうち2年は150万を少し超えてしまいます。 申し訳ございませんが、現状はこのような状態です。 お手数をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 回答No.2

>妻の給与は前者の所得も後者の所得も共に丙欄適用で確定申告の必要はない… そんなルールは聞いたことがありませんが、どこに書いてありましたか。 ネット上には間違った情報も氾濫しています。 信頼できるサイトでしたか。 出典をよく吟味して対処しないと、税務から二度も三度も呼び出しを受けることになりますよ。 たしかに、甲欄であろうが乙欄であろうが、合計して 103万円を超えていなければ、申告しなくてもおとがめはありません。 自分が損するだけです。 しかし、ご質問では 103万は優に超えているとのことであり、2カ所以上からの給与があるにもかかわらず、適正な年末調整は受けていないようですから、確定申告の義務が残っているものと判断されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

重ね重ねのご回答ほんとうにありがとうございます。 もうお一方の補足にも記載させていただきましたが、妻の丙欄適用者の場合の確定申告不要については、今回の税務調査に伴う会社側の職員への説明資料に、「前者と後者の賃金のみであればいわゆる丙欄適用者であるため確定申告は不要」との記載がありました。 妻はその条件に当てはまるため妻の確定申告は不要なのではないかと思ったわけです。 その後丙欄の給与の確定申告で検索していたところ、以下の事例がありました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3842935.html このなかのANo.1の(3) >(3)同一時点で二箇所以上から給与をもらう場合であっても、給与の額が二千万円以下であり、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額が二十万円以下である場合。 に該当はしませんでしょうか。 本当にお手数をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1

>ただし、後者の源泉徴収票は雇用主として発行の義務はなく、また税務署には通知しないと雇用主は言っていたようです… それは、税法上の「給与」ではなく、「事業所得」に区分される『報酬』の扱いだったのではないですか。 報酬の場合は、源泉徴収されても源泉徴収票ではなく『支払調書』ですが、これは必ずしも受取人への交付は義務づけられてはいません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm >妻の所得は両者とも源泉徴収自体はされていたのですが、過去確定申告はしておりません… いくらもらったかにもよりますが、基本としては、確定申告をしないのはいけないことです。 給与所得者で、確定申告をしなくてよい例のどれかに当てはまるならよいのですが。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm >私は過去、前者の源泉徴収のみで年末調整をしており… 基本的には、それもいけないことです。 >後者の所得も合算して源泉徴収票を発行するようにとの指導がありました… 源泉徴収票と言われたのなら、「報酬」ではなくふつうの「給与」であると認定されたのでしょうね。 >・私の修正申告をしたことは私の勤務先に知られることは… 公務員には守秘義務というものがあり、あなたの税金に会社は関係しませんから、関係ない者に口外することはあり得ません。 ただ、所得税の修正を行えば、連動して住民税も変更になります。 住民税が給与から天引きになっているなら、住民税の変更通知も会社に届くことになるかもしれません。 住民税の追納分は自分で納められないか、市町村役場に聞いてみてください。 >私の修正申告のために改めて源泉徴収票が必要になりますでしょうか… 給与部分は当初の申告から変更ないわけですから、必要ありません。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 あとからこんな心配するくらいなら少しでも後ろめたいことは しないに限るとつくづく思い知らされています。 >いくらもらったかにもよりますが、基本としては、確定申告をしないのはいけないことです。 質問を掲示してから大事なことを記載し忘れていたのに気付きました。 妻の給与は前者の所得も後者の所得も共に丙欄適用で確定申告の必要はないということのようです。 この場合、妻の確定申告はそもそも不要で、私の修正申告だけ行えばいいのでしょうか。 >住民税の追納分は自分で納められないか、市町村役場に聞いてみてください。 ありがとうございます。聞いてみます。 これが可能ならひとまず安心できます。 >給与部分は当初の申告から変更ないわけですから、必要ありません。 重ね重ねありがとうございます。 今年の妻の所得は前者も後者も合算で特別控除枠を超えないように調整 できていますので、もっと早くすればよかったと後悔しています。

関連するQ&A

  • 扶養控除

    妻の年収が確定しないので年収140万円で配偶者特別控除の申告をして年末調整をしました。 年収が確定してお互いの源泉徴収票がきてから年収のランクが違えば確定申告しようと思いますがそれでよろしいでしょうか。

  • アルバイトにおける源泉徴収票と扶養控除申告書

    アルバイトにおける源泉徴収票と扶養控除申告書 1.7月からはじめたアルバイトですが、9月ころにはやめる予定です。 この際、確定申告のために年末に源泉徴収票はもらえるのでしょうか。 2.扶養控除申告書を提出しておけば月88000円以下の所得だと 所得税はかからないとのことですが、それ以上の所得の場合、 所得税のかかり方はどうなりますか。 88000円以上の所得が見込まれる場合でも申告書を提出しておいた方が よいのでしょうか(確定申告でもどってくると思いますが)。 3.別のアルバイトでは給与明細を出していないようなのですが、 このようなところでも年末に源泉徴収票をもらうことはできるのでしょうか。 従業員のために発行する義務はあるのでしょうか。 お願いいたします。

  • 源泉徴収票&扶養控除等申告書について教えてください。

    こんにちは、ちょうどいい質問が見当たらなかったので皆さん、ぜひ教えてください。 以前会社員でしたが、扶養控除内で働きだしたことと複数のアルバイトを掛け持ちしており、いい加減なアルバイト先もありわからないことでいっぱいです。 宜しくお願いします。 ・源泉徴収票はアルバイト先が複数ある場合、全部のアルバイト先に発行してもらうことは可能ですか? ・源泉徴収票は扶養控除等申告書を出さないと発行してもらえないのでしょうか?逆に扶養控除等申告書を出したところ以外からは発行できないのでしょうか? ・源泉徴収票はアルバイト先に請求すれば、アルバイト先は発行しなきゃいけないという義務はあるのでしょうか?もしあるとすればどんな法律で規定されているのでしょうか。 ・所得税がひかれていないアルバイト先に源泉徴収票を発行してもらう必要はあるのでしょうか? ・源泉徴収票の発行を請求する時期はあるのでしょうか? 世間知らずで恥ずかしい質問ですが、教えてください。 所得税のひかれていない会社から、いきなり扶養控除等申告書の提出を源泉徴収票を発行するために出してくれといわれました。おそらく別のアルバイト先に以前に扶養控除等申告書を出したような気もしており一箇所しか提出できないはずなのにどうしたことかと思っています。 宜しくお願いいたします。

  • 申告納税額に変化ない場合、確定申告の修正申告は必要ですか

    前年の収入先を、3つのうち1つを入れ忘れて確定申告してしまいました。 忘れた分の源泉徴収票では収入47万円(所得控除後の金額は38万円)ほどで、源泉徴収税額は0円です。 もともと2つの収入先で申告したとき、所得よりも控除のほうが大きく上回り、申告納税額は0円で、源泉徴収された所得税の還付を受け取る予定でした。 今回入れ忘れた3つめの収入を足して再計算したところ、大赤字が小赤字になったくらいで、申告納税額は0円に付き、還付金も変化ないです。このような場合、私は修正申告する必要ありますか? また、私の収入が増えたことで夫につけていた配偶者控除が外れるのですが、夫も、もともと大赤字だった為、納税額は変化ありません。夫のほうの修正申告は必要でしょうか? どうか教えてください、宜しくお願いします。

  • 過去の配当金収入の修正申告をしたいのですが

    パート主婦です。 夫の扶養からは抜けています。 平成12年から複数の事業所から給与をもらうようになり、確定申告をするようになりました。 そして、配当金収入について申告すると総合課税20%でとられ過ぎた源泉徴収税が戻ることを知りました。 過去5年まではさかのぼって修正申告できるということで、今から平成9年10年11年分の修正申告をしようと思います。ちなみに、この3年間は勤務先が一ケ所でしたので、確定申告はしていません。 年収がその年によって違いますが だいたい150万円から170万円程度で 配当金収入が約30万円です。 勤務先の事務員さんが、過去の源泉徴収の再発行を嫌がって、再発行しないと頑張っています。 源泉徴収票は子供の保育料算定資料で市役所に原本を提出してしまい手元には、市民税県税の通知書しかありません。 税務署に市民税県税の通知書で申告できるか尋ねたところ、「勤務先が倒産して代表者行方不明などのケースしか源泉徴収票以外のものは認められない。 勤務先には源泉徴収票再発行の義務がある。再発行してもらってください。」といいます。 なんとか説得して再発行してもらったとして 1.どの程度税金が戻るのでしょうか? 2.税金は戻ったけれど別の住民税追徴などが来ることはあるでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。

  • 103万円以内の修正申告

    去年の年収が、75万円くらいだったのですが、確定申告しました。 そして税務署から電話がきたのですが、「源泉徴収された金額が源泉徴収票では0円となっている」といわれました。 実際は、毎月徴収されてました。 そして税務署から修正申告の書類が届いていました。 この場合は、修正申告すべきなのでしょうか?修正申告するとしたら、また税金をはらわなくてはいけないと思うので質問しました

  • 市県民税の控除額の修正申告の可否について

    市県民税の控除額の修正申告の可否について伺いたいです。 去年会社が倒産してしまい、今は他のバイトで勤めております。 収入の申告は毎年会社に任せており、 年明けに会社からもらった源泉徴収票にて 妻や母親の控除、社会保険控除などの書類を持参し税務署で申告し 源泉徴収の還付金を受け取りの手続きを行っていました。 しかし、今年は前の会社を辞めてしまっていた事もあり源泉徴収分の還付金の申告を忘れてしまいました。 つまり還付金を受け取っていないだけではなく、市県民税の課税所得から引かれるはずの控除額が100万円以上 抜け落ちてしまい、思いの外高い税金額になってしまいました。 市県民税の払い込み用紙を本日郵便で受け取り、控除部分が基礎控除のみ記載されていたことでその事を思い出しました。 明日以降出来るだけ早い時期に税務署にや市役所に修正申告に行きたいと考えていますが、 今の時期になって(源泉徴収の還付金はともかくとして)市県民税の課税所得から引ける控除額の修正を 申告で受け付けてもらえるものなのでしょうか、もし可能なら(税務署で毎年申告している)通常の手続きで良いのか、 特別な手続きが必要なのかも教えていただけると助かります。 自分のミスで起こしてしまったのですが控除額が差し引かれていない市県民税額がとても高額で困っています。

  • 妻の扶養控除について

    私(男)は会社員として働いています。今年の3月に妻と結婚し、妻は私の扶養配偶者となり現在アルバイトしております。しかし妻は今年9月28日にバイトをやめて今は無収入です。 先日、私の会社から以下の2種類の書類を提出するように言われました。 A「平成22年分給与所得者の扶養控除等申告書」 B「平成21年分給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」 そして先日妻のバイト先からも以下の紙が送られてきました。 C「平成21年度分 給与所得の源泉徴収票」(”支払金額″の欄に1,063,600円 ”源泉徴収税額"の欄に12,900円と記載) 【質問】 (1) C の支払金額である1,063,600円が妻の所得になるのですか? (2) その場合、妻の所得が106万であり、103万以上になるのでAの書類の控除対象配偶者欄に妻の名前を書くことはできないのでしょうか? (3) Bの書類の配偶者特別控除額を記載した場合、  106万(現前徴収票の支払金額)-65万=41万  となり、この金額を早見表でみると配偶者特別控除額が36万となりました。  この36万とはどういう意味ですか? (4)全体として、妻の収入が103万を超えたので年末に追徴金とか取られるのですか?その場合いくらですか? (5)その他、何か他に支払わなければならないものや、私の給料が変更することとかありますか? 無知なものですみませんが、どうぞよろしくお願いします。

  • 「給与所得者の扶養控除等申告書」無しでの申告

    A4サイズの「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書(緑字の用紙)」を渡されること無く、会社がその会社での給与だけを 税務署に申告することは在り得るのでしょうか? 主人の職場のことなのですが、去年入社しました。(そこは個人経営のようです。) こちらでは生命保険の控除などあるのですが、会社側はそれらを知りません。 本当は源泉徴収票をもらって、私が確定申告に行きたいのですが、会社側は源泉徴収票をくれず、 「税理士さんに言ってあるから」という一言だけのようで、 すでに申告が終わったのかどうかがはっきりしません。 もうすく締め切りの14日で、私だけが急いていて、聞いても、主人は「うるさいなぁ」というムードになってしまいました。 毎年確定申告に行っているので、手続きは知っているのですが、源泉徴収票をもらえないことには、前に進みません。 「給与所得者の扶養控除等申告書」無しで、手続きが終わっているということは、よくあることなのでしょうか? 扶養が何人とか、保険の控除とか、それだけを申告しに行くということはできるのでしょうか?

  • 給与所得者の扶養控除等申告書の書き方

    過去の質問も探してみましたが、理解出来なかったので質問です。旦那が20年分『給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』と『給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書』の2枚の紙を会社からもって帰ってきたのですが記入の仕方がわかりません。 私は平成20年の2月に結婚の為勤めていた会社を退職して(1月、2月あわせて約34万の給料)退職金は約100万くらいでした。その後3、4、5、6月と雇用保険約43万を受け取りその後旦那の扶養に入って妊娠したので働かずに今に至ります。 (1)平成20年中の所得見積もり額は給料分の34万だけの記入で大丈夫でしょうか?(退職金と雇用保険も記入するべきでしょうか?) (2)給与所得者の配偶者特別控除申告書の欄にも記入することはありますか? (3)平成20年分の源泉徴収票を前務めていた会社からもらってないみたいなのですが、請求したほうがいいのでしょうか?源泉徴収票があると34万しか受け取ってないですがお金は申告すればいくらか戻ってくるのでしょうか? わかりにくい文面かもしれませんが詳しい方がいたらご教授願います。