• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

...wouldn't come out.

  • 質問No.4185865
  • 閲覧数455
  • ありがとう数88
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 97% (2043/2087)

NHKラジオ英会話講座より
The key got stuck in the keyhole and wouldn't come out.
(鍵が鍵穴に入ったまま、どうしても抜けなかった。)
(質問)wouldの使い方を教えて下さい。
 「意思」を表すwouldでしょうか?「自分としてはどうしても鍵を抜きたい」という強い意思を表す為のwouldと考えました。couldでは「出来るか、出来ないか」の可能性を表現するので、この文章には似つかわしくないと判断したのですが如何ですか?類似の例文をいくつが教えていただけませんか? 以上

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 65% (2757/4212)

こんにちは。先のご質問にも回答していますのでそちらもご参照下さい。

ご質問1:
<「意思」を表すwouldでしょうか?>

その通りです。

1.助動詞willには「強い意志」「固執」の用法があります。

2.ご質問文では、前半にgot stuckという「詰まって離れない状態」が示唆されており、これが一種の暗示になっています。

3.そこから、このwouln’tが「どうしても~しない」という強い固執を表すものだと判断できるのです。


ご質問2:
<couldでは「出来るか、出来ないか」の可能性を表現するので、この文章には似つかわしくないと判断したのですが如何ですか?>

はい。ここでは相応しくありません。

1.理由は、鍵に「はずれる」能力自体がないからです。

2.ここはcome outという自動詞ですから、canを使うと「鍵が(自分から)はずれることができない」という意味になってしまいます。

3.この文脈なら、「鍵をはずすことができない」というように、鍵を目的語にして、人の能力として使うことはできますが、鍵を主語にするのは違和感があるのです。

その場合は、鍵を「人」のように擬人化することになりますが、ここでは相応しくありません。

3.一方、ご質問文では、主語は「鍵」という物なのにwouldが使われています。このwouldの用法は主語が物でも「擬人化」して使われることがよくあるのです。
例:
The door will not open.
「戸はどうしても開こうとしない」→「どうしても開かない」
この例文では、戸にまるで「意志」があるかのような擬人的な使い方をしています。


ご質問3:
<類似の例文をいくつが教えていただけませんか?>

この用法は肯定文、否定文でも使われます。

1.肯定文:
He will do that.「どうしてもそれをしようとする」
He will have his own way.「自分の思い通りにしようとする」

2.否定文:
He won’t consent.「どうしてもうんと言わない」
The door won’t open.「なかなか開かない」

3.wouldはその過去の用法です。

以上ご参考までに。暑さ厳しいことと思いますが、暑さに負けずお勉強頑張ってください。こちらは22~25度と過ごしい日が続きますので、夏は日本には帰りたくありません(笑)。
お礼コメント
tommy0313

お礼率 97% (2043/2087)

 いつもお心遣いいただき感謝いたしています。今回の質問は以前教えていただいた記憶がベースになっています。少しづつ身についてきています。これもParismadam様を初め皆様のお陰です。
>1.助動詞willには「強い意志」「固執」の用法があります。
>このwouldの用法は主語が物でも「擬人化」して使われることがよくあるのです。
 とても勉強になりました。「擬人化」は面白い表現ですね。注意して英語に接してみます。英語を学ぶ楽しさを教えてくださって本当に感謝しています。今後とも宜しくお願いいたします。敬具
 尊敬と感謝を込めて!!
投稿日時:2008/07/21 08:20

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 51% (585/1140)

「無生物主語」というヤツですよね。

>まず、、、
・Sorry, but I will not do that even if you pay me.   悪いけど、おカネをもらっても僕はそんなことしないよ。
、、、ご質問の would は↑これと同様、「意思」を表す willの過去形ですね。

>しかし、鍵を持って開けようとしている「自分(人間)」の意思ではなくて、「鍵(モノ)」そのものの意思ということで、「鍵があたかも意思を持ったように、鍵穴の中で踏ん張って出て来ようとしなかった ⇒ 要するに、引っ掛かって抜けなかった」という解釈でも全然構わないと考えます。

>物語などでは「無生物主語」をそのまま訳した方が臨場感がある場合も多々ありますよね。
・The sun would not peek though the heavy layers of clouds.
、、、日は重くのし掛かった雲から顔を出そうとしなかった。

>ただ、ご指摘の通り、意味的に could という訳にはいきませんね。

>例文もいくつか挙げられていますが 、、、
・My bike won't go at all.
・This house won't be the same without you.

ご参考まで。
お礼コメント
tommy0313

お礼率 97% (2043/2087)

 ご回答有難うございました。とても勉強になりました。
>would は↑これと同様、「意思」を表す willの過去形ですね。
>>物語などでは「無生物主語」をそのまま訳した方が臨場感がある場合も多々あります。
 しっかり記憶したいと思います。参考例も覚えるには大変役立ちます。有難うございました。今後とも宜しくお願いします。まづは御礼まで。
投稿日時:2008/07/21 08:04
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (26/94)

wouldを辞書で引きますと、「wouldn't:(否定では)強い拒否」の意味があります。この場合、主語は「The key」なので、「どうしても抜けてこなかった」のです。
would
《過去における主語の強い意志・主張・固執;(否定では)強い拒否》(強形で発音される)どうあっても…しようとした,…しようとしてきかなかった,必ず…した. / We didn't get in the house;the door would not open. その家にははいらなかった,玄関のドアがどうしてもあかなかったのだ.
(プログレッシブ英和中辞典 第2版 ゥ小学館 1987.)
お礼コメント
tommy0313

お礼率 97% (2043/2087)

 ご回答有難うございました。とても勉強になりました。
>《過去における主語の強い意志・主張・固執;(否定では)強い拒否》(強形で発音される)どうあっても…しようとした,…しようとしてきかなかった、,必ず…した。
 しっかり覚えたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。敬具
投稿日時:2008/07/21 08:00
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (5664/11798)

こんにちは。

過去から見た未来とも考えられますが、
この場合は、(擬人法的に?)「意思」であると解釈するのが妥当と考えられます。

ほかの例
My car wouldn't start this morning.
今朝は、クルマが動かなかった。
(動こうとしなかった。動くことを拒絶した。)
お礼コメント
tommy0313

お礼率 97% (2043/2087)

 ご回答有難うございました。とても勉強になりました。覚えては忘れの繰り返しですが、回答者の皆様のお陰で少しづつ前進しています。今後とも宜しくお願いいたします。敬具
投稿日時:2008/07/21 07:57
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ