• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アイドリング不調

平成6年式のZ32ターボに乗っています。 中古で買ってから3年になります。 今年1月頃、突然アイドリングが不安定になりました。 通常750rpmくらいのところ1000rpm前後でふらつきます。 少しアクセルを開けると一旦ストールしそうになってから回転が上がります。 これまで、寒いと回転が上がることはありましたが、不安定ということはなく、10分もすれば普通に戻りました。 ところが今回は40分くらい走っても、状況が変わりません。 その後、エンジンを停止して、10分後くらいにエンジンをかけると、 温まっているためか普通に戻ります。 でも、翌朝は同じことが起こります。 ディーラーでみてもらったところ、 「水温が上がらなくてコンピュータで診断できません。 水温サーモスタットが壊れて、 常時開放になっているのかもしれません。 しかし、点検するにはかなりばらさないとわかりません。 他に異常がなければ、様子見してはどうですか。」 と言われました。 不満ですが、一応、ちゃんと走るし、燃費もそれほど変化ないので、 そのまま走ってました。 で、5月になり、暖かくなってきて、やっと? 普通に戻りました。 水温計で見るかぎりは中央よりやや下で、 変わってるようには見えませんが。 しかし、また冬になると再発するんでしょうか? このまま放っておいても問題ないでしょうか?

  • g_g
  • お礼率95% (1731/1819)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1713
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

Q.放っておいても他に問題は起きないんでしょうか。 これから、夏に向けて気温が上がってきますから、始動性が問題になる様な事は無いと思いますし、エンジンが掛ってしまえば支障無く走行出来るとは思います。 しかし、夏とは言え水温が上がるまで余計に時間が掛りますし、結果として水温が低い状態で走る時間が長くなり、冷間時補正が掛る時間の増加により燃費が悪化する事となります。又、最近の様に気温があまり上がらない日には、一定速度で走り続けると水温が下がってしまう可能性も有り、燃費の悪化は勿論、各摺動部などのクリアランスが大きい状態で走る事ともなり、エンジンにとってあまり良くない状態となってしまいます。 今すぐどうこうなる訳では有りませんが、長く乗られるようなら、早めに修理した方が良いと思いますよ。 ※1回の走行距離にもよりますが、頻繁にオイルゲージをチェックする事をお勧めします。 ※短距離走行ばかりの場合、エンジンオイルが未燃ガソリンで希釈される可能性が有ります。(オイル量が増加する=希釈されてしゃばしゃばに⇒潤滑不良⇒エンジンが・・・) ※真夏だけを考えれば支障は無いかも知れません。(駐車中でも40℃位は水温が有りますから) 通常なら、サーモスタットは1000円程度の部品ですから、何も迷う事無く交換となりますが、VGの場合は構造上工賃が高くなってしまうのは仕方ないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくご説明ありがとうございます。 問題がない訳ではないんですね。 やっぱり持っていって診てもらうことにします。 まだまだ大事に乗りたいと思いますし。 再度のご回答、ありがとうございました。

質問者からの補足

ながらく放置してしまい、申し訳ありませんでした。 暑くなってきて改善したと思ったのは大間違いでした。思いっきり再発しました。エアコンも入れてないのに回転が1500rpmから落ちてこない~(TT) あまりにも酷いのでディーラーで修理することにしました。ディーラーでも「サーモスタットが原因とは特定できないが、ひとつずつつぶしていくしかないですね」と言われ、「お金かかってもしゃーないから頼みます」とあずけました。 結局、サーモスタットがいかれており、交換したら完璧に直りました(^^) 問題ないのがこんなに気分がいいなんて~♪ ただ、かなりのばらしと劣化によるラジエターホースの交換必須などで4万円ほどかかりましたぁ~(TT) いーんです、直れば~・・・ とても参考になるご意見、ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

>水温が上がらなくてコンピュータで診断できません。 まずは、異常が有る事が分かっているのですから、そこを何とかしてからでなければ、他に異常が有ったとしても判断出来ません。 それと、水温が上がりきらないと言う事は、冷間時補正が切れていない為に、質問に有る様な症状が出ている様にも感じます。 と言う事は、水温管理をしっかりすれば正常になる可能性も有る訳ですから、不具合が出ている内に、手間は掛っても水温の確認をしておくべきでしたね。 それと、気温が上がってきて症状が出なくなったと言うなら、益々サーモスタットの異常が疑わしい様に思えます。もし、車載コンピューターの不具合なら、気温に関係無く不具合が出ると思うのですが。 ちょっと記憶に無いのですが、VGのサーモスタットってVバンクの間に在るんでしたっけ?だとすると、最悪Tベルト交換と変わらない様な手間が掛る様な気もしますね。 確かに、手間とそれに掛る工賃を考えると、様子を見た方がと言うのも頷ける気がしますが、気温が上がって症状が改善と言う、症状の変化が有ったのですから、再度ディーラーなり整備工場なりで見積もりを取ってはどうでしょうか?今度は症状が出る条件(気温が低い)が分かっているのですから、違った対応になると思いますよ。 ※ちなみに、サーモスタットの異常は自己診断では出ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これまでもこのディーラーではお世話になってますが、対応はよいと思います。 今回の言い分も妥当なものみたいですね。結構お金かかるみたいに言われましたし。 結局、サーモスタットの異常だとして、放っておいても他に問題は起きないんでしょうか。 夏は大丈夫ならこのまま過ごして、冬に再発して気になるんなら、ばらしてもらうことを考えようかな。 それとも今から万全にすべきか・・・。迷います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

私のエスティマも同じような症状でした。 私のは信号で止まる際に、ストールしそうになったり 朝、エンジンをかけると勝手にレーシング(ブンブンと空ぶかし)してました。 これは変だと思い、速攻ディーラーへ・・・ コンピュータ診断では異常がなく、やはり様子見で帰されました。 しかししょっちゅうストールしそうになるので、やはり見てもらい コンピュータそのものを交換しました。 それ以降、まったく症状がでなくなりました。 ディーラーは「コンピュータプログラムの異常ですね」と言っていました。 この場合は、診断では異常と出ないそうです。 平成6年式のZ32ターボという事でクレームとはならないでしょうが コンピュータそのもの交換すえればOKかもしれません。 自信はないので、参考意見(アドバイス)と受け取ってください(^^;) v

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コンピュータが壊れることもあるんですね。 覚えておきます。 コンピューター交換となるとお金かかりそうだな~。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ’94サバーバンエンジン不調

    94年サバーバンの事で教えて欲しいのですが、エンジンを掛けたすぐは(エンジンが冷えてる時)アイドリングは安定しているのですが、5~10分ぐらい経つと不安定になり、回転が落ち込みます。一度アクセルを踏むと回転はアイドリングが安定していた時より上がり、徐々に回転が落ち込んできます。あと不安定の時、油温か油圧計か分からないのですが、針が真ん中より上がったり下がったりしています。何が原因なのでしょうか?アドバイスをおねがいします。あと水温計の見方が分からないのですけど、どのあたりで安定するのでしょうか?よろしくお願いします。

  • アイドリングが高くなってしまいました。

    ボルボ940 96年です。  スロットルバルブとアイドルコントロールバルブを自分でキャブクリーナーを使用して清掃したところ、アイドリングが高くなってしまいました。 エンジン始動直後は900rpmぐらいで問題ないのですが水温計の上昇と共にアイドリングも高くなっていき、1400rpmぐらいで落ち着きます。 この状態でシフトレバーをドライブやリバースに動かすとショックも大きく心配です。 元の800~900rpmに戻すにはどうしたら良いでしょうか? 知見のある方がいらっしゃいましたらご教授ください。

  • BMW E46 318i 前期 アイドリング不調

    以前からオーバークール気味だったのですが、多分サーモスタットの劣化で、信号待ちに気づいたら水温計がオーバーヒートの赤ラインまで行っていて、低いアイドリングで車が振動しだしました。 その日以来、信号待ちや停車直前、バック駐車などの時に回転が400rpmくらいまで落ちて700rpmまで上がります。 ガタガタいいます。 PとNではアイドリングは800くらいで普通だと思われます。 DかRに入れると一瞬落ち込んで低いアイドリングでなんとか保っている状態です。 アクセルは問題なくふけます。 部品はサーモ、水温センサー、ラムダセンサー、エアマス、カムシャフトセンサー、エアフィルター、プラグ、ハイテンションコード、IGコイル、燃料フィルターは交換済みです。 ホース類にひびもなく、ディーラーやボッシュに数件出しましたが故障履歴が出ず、特に問題ないとの結果で終わってしまいました。 排ガスは無臭です。 水滴も出てますし、燃費も今までと変わりありません。 DISAはたまにガチャガチャなりますがこれはアイドリングと関係あるんでしょうか… 距離120000km 不調発生からもう半年近くです。 アイドリング不調以外はまだまだいけます。 だからまだ手放したくないです。 どなたか分かる方いらっしゃらないでしょうか?

  • ヴィヴィオのアイドリングが高い

    スバル ヴィヴィオRXR平成6年式B型KK4に乗っているのですが、暖気運転終了後(水温が上がり走行している)もアイドリングの回転数がタコメーターで2400rpm位あります。 エンジン音も大きいです。 スロットルのアイドリング調整用ニードルネジは、いっぱいに締まっています。 スロットルの二次側ホース(エンジンに行くほう スーパーチャージャーに行くほう)は亀裂等があるか確認しましたが、特に見当たりません。 スロットルのバタフライも清掃しました。 ほかに確認するところはないでしょうか?

  • ディーゼルエンジン始動直後の回転数

    失礼します! 平成5年の日産サファリに乗っています。 北海道に住んでいますが、寒くなってくるこの時期からエンジンが冷えきった状態から始動するとアイドリングが不安定になり、最悪ストールします。 対処としてグローを十分に温め、アクセルを少し踏んだ状態でセルを回して始動しています。 ノンアクセルでのアイドリングは550~600rpm程度ですが、当然一気に1400rpmあたりまで回ります。 エンジンを労る方法としてエンジン始動直後は高回転まで回さず、アイドリングが落ち着くまである程度の暖機運転(1分ほど)をしたのち低回転域で暖機走行する、と心がけています。 そこで気になったのが 「この車にとっての低回転域、高回転域とはどのくらいなのか?」 また、 「十分に水温があがった際の1400rpmは低回転域だが、エンジン始動直後などの水温があがっていない場合の1400rpmは高回転にあたるのか?」 という点です。 タコメーターは6000rpmまで表記され、4200rpmあたりからレッドゾーンになっています。 誤解を招くと申し訳ないので先に説明させていただきますが、この質問は単にエンジンの仕組みの理解を深めたいだけであり、修理の必要性や方法、原因究明を問うものではございません。 ‥‥恐縮ですが回答いただけたら幸いです!

  • 水温計が下がります

    95年式BMW318is(M42)に乗っております。 現在約14万kmです。 最近、水温計が中心位置から最大で1/4程度の位置まで下がる事があります。 サーモスタットも交換致しましたが改善されません。 また、水温計が下がるとアクセルを踏んでもレスポンスが今一悪い感じです。 上記の状態になった場合、一度エンジンを止め、再度エンジンをかけると アイドリングが不安定でストールする事もたまにあります。 アイドルバルブの清掃もしましたが、効果は得られませんでした。 また、この状況になってから燃費も悪くなりました。 O2センサーは11万kmで交換しております。 水温計センサー、テンプセンサーを交換してみようかとも考えております。 すべてDIYでメンテナンスしております。 水温計が下がる原因と、アイドリングが安定しない原因は個々にあるかも しれませんが、何か良いアドバイスがありましたら宜しくお願いいたします。

  • ジムニーの水温計が誤作動します。

    スズキジムニーJA11Vの水温計が異常に高温を示すようになりました。サーモスタットの故障かと思い取り外したのですが変わりません、エンジンスタートしてアイドリングを2分ぐらいするとぐんぐん水温計が上がります、どこが悪いのでしょうか、また修理は簡単にできるでしょうか?

  • アイドリング不安定 コールドスタート直後

    H23年式インサイトZE2です。 コールドスタート直後夏冬問わずギアをPからDに入れるとアイドリング回転数が通常900くらいから500に下がってから1200くらいまで一瞬上がります。特にエアコンONの状態でギアを入れると1200どころか1500くらいまで回ります。もちろんアクセルは踏んでません。 ギアを入れてからほんの1、2秒くらいの出来事ですが 最近になって気になるようになりました。でもしばらく走らせた後エンジンを止め、再びエンジンをかけてギアを入れた時は症状は出ません。あとはエンジンかけたあと水温計の表示が消えるまでパーキングのままエンジンかけっぱにする癖があります前にディーラーにも相談しましたが原因がわかんなかったそうです。

  • 車のエンジンがかからない(アイドリングしない)

    車(セリカZZT-230 11年式 AT エアフィルターをBOXタイプからむき出しタイプに交換 マフラーを純正から5zigenのA-specに交換)のエンジンが完全冷却時にうまくかかりません。 純正の水温計(デジタル)がひと目盛でも動けば全く異常はでません。エンジンもしっかりかかります。 今までは、キーを回すと2,000回転近くまで吹けあがり、1,000回転前後でアイドルをしエンジンが暖まってくると落ち着いてくる感じでした。 それがある日突然、キーを回すと2,000回転近くまで吹けあがった直後に「ガクン」と音がして一気に600回転前後でアイドルをするようになりました。 現在は、キーを回すと2,000回転近くまで吹けあがり、そのままアイドリングを保てずにスーッとエンジンが落ちてしまいます。 何回キーを回しても同じ症状のため、今は少しアクセルを踏みながらエンジンをかけて、エンジンが暖まるまで待ってからアクセルを離します。そうするとちゃんとアイドリングします。ただ、アイドリングの回転数が低くエアコンをつけるとエンジンがガタガタいいます。 これまでに、ECUのリセット、バッテリー交換、プラグ交換、エアフィルター交換、エンジンオイル交換、オイルフィルター交換、アイドリングコントロールサーボの清掃を行いましたが、改善は見られませんでした。 異常か所や、対処方法をご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

  • ターボ車のアイドリングについて

    Z32のツインターボに乗っていますが、ターボ車の取り扱いについて教えてください。 主に通勤に使っていて、たまに瞬間的にアクセルを踏み込みます。6000回転~7000回転位までエンジンを廻した場合、エンジンを止める前にアイドリングをする必要があるでしょうか? また、あるとすれば、何分くらい必要でしょうか? 長時間の高速、高回転での運転でなければ、アイドリングは必要ないという話もありました。 家(もしくは会社)に着く前の、数分間は30~50km/hで走ります。 また、始動時のアイドリングは必要なのでしょうか? 必要な場合は、何分くらいでしょうか? 詳しい方、教えていただけますか。 ※ターボタイマーを付けるまでの考えはありません。