• 締切済み
  • 困ってます

裁判で鑑定医は、誰が選ぶんですか?

本日(4月28日)の三橋歌織被告の裁判で、懲役15年の判決が出ましたが、 その裁判過程で、 精神鑑定を、検察側と弁護側が請求し、裁判所が鑑定の必要性を認め、鑑定医がそれぞれ検察側と弁護側へ1人ずつ計2名で実施した。 と書いてあり、なんだかその先をよく読むと・・・ 裁判所が鑑定医を検察側と弁護側へ一人ずつ計2名を準備したらしんですが、 普通、鑑定医の先生方を法廷で使う場合は、 裁判所側で準備するもんなんですか? それとも検察側、弁護士側でそれぞれ準備するもんなんですか? 裁判所が準備するって何か変じゃありませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数170
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

中立な立場である裁判所が用意します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

えっ、検察側と弁護士側が用意するんじゃないんですか? 裁判所はあくまでも、その鑑定の必要性が、あるか?どうか?をまず見極めるのではないんですか?

関連するQ&A

  • 精神鑑定

    前から疑問ではありましたが、裁判で被告人に精神疾患などの疑いがあるとされる場合、 「精神鑑定」というのが行われますよね。 そこで、検察側と弁護側、両方とも、それぞれ、自分たちの思惑通りに ことを運ぶために、精神科医の方に、カウンセリングを 実施してもらい、実際の裁判へも…両方の医師に証人として、 それぞれ出廷してもらう。 そこでの結果を聞き、どちらが信用できるか…ということですが、 いつも思うのは、弁護側が依頼した医師のカウンセリング時間が 極端に短い!ということですね…。 これは、どの裁判を傍聴しても、そうなんですけれど、 どうしてなのでしょうか。 実際の判決でも、カウンセリング内容が、検察側ほど、 濃い内容でもないし、時間も短い…というのが例によって 指摘され、言うまでもなく、 検察側の医師の意見が信用できる、とされます…。 (大抵、責任能力の有無で、 ”能力はある!”と判定される場合が多いですよね?) …なんとなく、分かるような…気はするのですが…。 ずばり、どうしてでしょうか。

  • 裁判の鑑定人の証言について

    光市殺人事件の差し戻し審で、 弁護側が申請した加藤幸雄・日本福祉大教授(犯罪心理学)の証人尋問で 「親密な関係にあった実母が自殺したため、孤立して12歳から自立できず、通常の18歳の人格ではなかった」 との鑑定人証言がありました。 この鑑定人の鑑定をどの程度採用するか、判断するのは裁判官ですよね? 弁護側の鑑定人が中立であるかどうかの判断は難しいと思います。 では、検察側と弁護側が双方鑑定人を擁立し、両者の鑑定が食い違った場合、 どちらの鑑定がより妥当かはどうやって判断するのでしょうか?

  • 検察側と弁護側、原告と被告の座る位置

    ずいぶん昔の話ですが、刑事裁判における検察側と弁護側の席について、正面を裁判官席だとして、その右側が弁護側、左側が検察側だったように記憶しています。 しかし、先日観た判決前の法廷の様子のニュースでは、逆になっていました。 どちらに座るかは裁判所によって、あるいは裁判官によって異なるのでしょうか? 民事訴訟における原告側と被告側もまちまちなのでしょうか?

  • 光母子殺害事件で弁護側ばかり・・・

    光母子殺害事件で差し戻しがありましたが、弁護側の詭弁(奇弁?)ばかりが報道され検察側からの動きが見えてません。 よくアメリカの裁判ものにあるように、参考人や証人などに対して、被告側と原告側の弁護士が質問をし、矛盾点等を巡って論理を戦わせるというようなことは無いのでしょうか? 今見るところ、弁護側の準備したシナリオ通りの台詞を法廷で発表してるだけのような感じがします。助かりたいが為の後付のいい訳をただ発表させるだけで、検察側からの質疑が無ければ、嘘の追求ができないと思うのですが、それはされているけれども報道されてないだけなのでしょうか。それとも、差し戻しというのはこういうものなのでしょうか?

  • 精神鑑定について

    先日、他人の乳児の足の骨を折ったという罪で、 懲役になった主婦がいましたよね。 もう、5年以上も前の事件です。 弁護側は、「心身こう弱」(心神喪失)であると、 精神鑑定を依頼しましたが、被告には責任能力がある、と棄却されました。 精神鑑定をすると、結審までに、5年もかかるのですか? 詳しい方、学んでる方、教えてください。 また、参考文献(書籍)などもあったら、紹介してください。 あと、「心身こう弱」の「こう」が私のPCでは、出てこないんですが、 どういう字ですか?

  • 裁判員制度は本当に公平なのでしょうか?

    以前学校で裁判員制度は素晴らしいものだ!という内容のビデオを見せられました。 しかし、裁判員制度は本当に公平と言えるのでしょうか? 被告を見た目で判断したり(見た目がかっこいいから悪い事をする筈がない等)弁護側や検察側が裁判員の感情に訴えかける劇場的な演出をしたりしてしまうのではないでしょうか? 皆さんの意見をお聞かせください

  • 裁判で趣味も取り扱うのか

    単なる疑問なのですが、とある事件で容疑を掛けられた人がいるとして、その人の趣味趣向は裁判で何らかの判決材料にされるのですか? 単なる趣味趣向が、あたかも証拠のように取り扱われるのでしょうか? あくまで一例ですが、この人はアダルトビデオを家に持っているから、痴漢をした可能性が高いですなどです。また、そのような事(趣味趣向などについて)を検察側に言われた場合、弁護側はどのように弁護するのでしょうか?

  • メルボルン事件で有罪の論拠を知りたい

    ニュースで、メルボルン事件という麻薬事件を知りました。 さっそく、検索して、事件の概要を知ろうとしました。 でも、弁護側の言い分は、すぐに探せるのですが、 検察側や裁判所の、主張や判断は、探せませんでした。 面倒臭くて、十分に探し切れませんでした。 インターネット上の、詳しいサイト、御存知ないでしょうか。 この事件、弁護側の冤罪の主張に、飛躍があり過ぎて、 なんか、よくわかりませんでした。 だって、総重量20kgのスーツケースが二重底になってて、 13kgの麻薬が入ってたんでしょう? 重さが、変でしょう? 有罪になった日本人が、どういうプロフィールの人達なのか、 わからないしね。 スーツケースが盗難した時の経緯も、よくわかんない。 弁護側のキャンペーンは、肝心な所が、わかりません。 だから、検察側とか、裁判所の言い分を知りたいと思いました。 御存知のかた、いらっしゃいませんか。    

  • 判決の決定要因について教えて下さい

    ――― 刑事裁判では弁護側、検察側がそれぞれの主張の下に対抗要件として物的証拠を提示します。 検察側の主張を覆すためには弁護側にそれを裏付けるための証拠が必要となります。あるいは弁護側の提示した証拠が証拠として弱く、検察側の優勢となることもあります。そんなことを繰り返しながら、公判の最後に裁判官の判決が下る。 では、このよう場合はどうなのでしょうか。 たとえば詐欺や横領では物的証拠が登場すると、圧倒的に被告が不利になり、弁護側も無罪を主張するというよりは減刑要因を探し始めます。この時、もしも真実が刑法38条1と2の規定に該当する場合、弁護側はどうやって被告の「罪を犯す意思がない」「行為の時に重い罪に当たることとなる事実を知らなかった」ことを証明するのでしょうか。 詐欺や横領は故意犯ですが、質問の被告は、行為は上役からの指示、言い包められたなどの理由があったために行為が犯罪になることを知らず、かつ上役がそれら犯罪に関わる金銭を持ち逃げしたということで、結果的に詐欺や横領となってしまったという場合なのですが、その場合はどうなるのでしょうか? 物的証拠はあるが、善意、無過失であったという場合です。

  • 検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか?

    裁判で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか? つまり、(特に事実認定において)検察側の主張にも弁護側の主張にもそれなりの妥当性があると思われる場合、その間(あいだ)を取った量刑を出して、無難に被告を裁いてしまうことは許されるか、ということです。原則的には犯行事実は「有った」か「無かった」のどちらかでしょうから、このような判決は本来あってはならないのでしょう。しかし、人間は全知全能の神ではないのですから、いろいろ考えてみたけれども「よくわからない」ということもあるんじゃないでしょうか。その際、「間(あいだ)を取る」というのは極端を避ける術としてあってもよい(また実際の判決でもある)と私は思うのですが、どうでしょうか? また、来年度から裁判員制度が実施されます。裁判員に選ばれ、量刑を決める立場になった際、「どちらが正しいか、よく分からない」という理由で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った量刑にするのは、合議の際に認められるのでしょうか?それとも、裁判官に「そんなテキトーに判断を下してはならない。」と再考を促されるのでしょうか? さらに、「犯行事実」に疑いのない場合でも、被告の責任能力が争われ、弁護側と検察側の精神鑑定の結果が食い違ってくることもあると思います。現在は、裁判官がどちらかの意見を採用して(あるいはどちらも採用せずに)、「犯行当時は善悪を判断する能力はあった」とかの理由を付記して、心神喪失とか心神耗弱とか、法律上の基準に当てはめて、最終的な判決を示していると思います。ですが、もし自分が裁判員になって判断する立場になったら、「間(あいだ)を取って、無難に裁いておきたい。」と思うだろうと、考えます。つまり、「この人は心神喪失!」とか、「この人は正常な精神状態だった!」とか、の法的な枠に入れ込んで量刑を決めたくありません。だって、確かに「正常」とは思えないような感じのする、被告がいて、さらに「お医者さん」の意見も割れているのですから。 こういう際も、「間(あいだ)を取って」というのは、判断理由としては許されないのでしょうか?また合議の際、「間(あいだ)を取った」判決であると直接に言っていなくても、「どうもこいつは、間(あいだ)を取った判断をしている。」と思われれば、問い詰められるのでしょうか? 恥ずかしい話ですが、私はよく日常生活で「間(あいだ)を取った」判断をします。ビジネスの世界でもリスクを避けるために、A社から50%、B社から50%、受注するというようなことは、よくあることなのではないでしょうか?やはり司法の場では、間(あいだ)を取った判決で「(真実と正反対の判決をしてしまうという)リスクを避ける」という自己保身的行動は認められないのでしょうか? 私自身は法律には素人で、法律に詳しい方からすると浅薄な意見であるかもしれませんが、自分が裁判員に選ばれ「人を裁く立場に立つ」ということを想像したときに純粋に気になりました。ご意見を頂ければと思います。