• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

2010年南アフリカワールドカップについて

  • 質問No.3722529
  • 閲覧数105
  • ありがとう数62
  • 回答数4

お礼率 44% (328/743)

2010年ワールドカップの開催地は南アフリカですが、
南アフリカは世界で一番治安の悪い国だと聞いたことが
あります。たくさんの観戦客も来るでしょうしなぜそんな場所で
ワールドカップが開催されるのでしょうか?その国を活性化させるとかそういう目的なんですかね?
ネットで調べると赤信号でも止まってはいけないとか犯罪に巻き込まれる確立が200%だとか恐ろしいことが書いてあります。
当然警備などを徹底させると思いますが、わざわざそんな治安の
悪い国で開催しなければいけない理由って何かあるのですかねー?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 43% (1108/2545)

南アフリカが立候補したとき、投票に参加した面々の危機管理意識の希薄に尽きます。
南アフリカがアパルトヘイトを敷いていたとか、エイズが多いとかは既知の事実で
当然犯罪が多いことも薄々は気付いていたことでしょう。

しかし、実際の犯罪状況についてはどれだけですか?って感じで
治安がそこまでひどいとは把握していなかったのでしょう。
実際にこれだけ騒ぎが大きくなった現在でも何とかなるんじゃないか
という空気が蔓延しています。

南アフリカが選出された理由は金がある、運営能力があると認められた点で
実際にこの要件を満たす国はアフリカではごく限られてきます。
直接的には立候補地のロビー工作が奏功した結果ですが
南アフリカの場合はアパルトヘイトの解除も心理的に良い方向へはたらいています。

つまり、国際社会に復帰して最初の檜舞台がご褒美として与えられたのです。
英国連邦の一員であることも見逃せません。バックには英国がいるはずです。
こうした諸々の事情を鑑みれば、他のアフリカ諸国は勝ち目がなかったともいえます。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 15% (82/544)

FIFAのブラッター会長が、会長選挙時にW杯の大陸間持ち回りを提唱し、アフリカ等の票のとりまとめを行いました。
これで2010年はアフリカでもW杯を行うことになり、他大陸から立候補できなくなりました。
あとはアフリカ内での南アのロビー工作で決まりました。
2014年のブラジルも同様で、南米協会で立候補を1本かしてしまいました。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (372/1109)

開催国持ち回り方式(のちに廃止)によって2010年度がアフリカ開催となり、立候補したのは南アフリカとエジプトなどでした。
まぁこれらの国々なら何処が開催しても経済や衛生など問題があったわけでしたらね・・・

五輪のときもそうですが、いろいろ経済事情などを抱えていても時間がある(開催する5、6年ぐらい前に決まる)ので、そこまでなんとかしろ、という感じですね、いつも。治安が悪ければ国を挙げて警備を強化しろ、ということでしょう。そこまでして開催させるのは同じ国や地域ばかりでなく公平に開催しようという考えが優先されているからです。

そういう意味では北京五輪も心配ですし、2014年大会も同じく治安が悪く経済的にも問題あるブラジルが開催するのがこれも不安ですね。


http://ja.wikipedia.org/wiki/FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (330/1104)

これまでアフリカで大会が開かれたことはありませんので
サッカーが世界のスポーツであることを証明するためにも
アフリカでの開催を望んでいる人が多いのだと思います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ