• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

定年の延長について

会社で定年を延長するという話が出てます。60から65へ引き上げると言うことです。 現在は一度退職して再雇用という形で旧来の半分近い給与で60歳以降は希望者対象に雇用しています。(私は定年してないから金額や退職の手続きは口伝) これが、就業規則の定年の数字が変わるなら、再雇用ではないので給与を下げる理由がないと思うんですが、60歳以降は賃金を下げると就業規則に書けば自由に変更できるんでしょうか? 社長の説明では、すべて現行と同じ扱いだけど、はっきりと65まで雇用確保していることを言う方が働く側は雇用の心配をしないでいいと言ってます。確かにその通りだし、会社には働く気の人がほとんどですからそれ自体は問題ないんですけど。現行通りで60以降給与減額、賞与なし、60で退職金もらって65ではなしってのは本当にしてもいいのでしょうか?仕事内容は何も変わりません。 それができるなら就業規則に書けば50歳から給料3割カットとか自由に作れるってことですよね。またできるなら就業規則にどう書いてあればこういうことができるのか教えて下さい。 別に会社に不満があるわけではなく、不用意に問題となるような変更をしたら、あとで問題が起きないか心配なんです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1563
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

今回のケースですと、不利益変更にはなりません。 いままで60歳で定年だったのが、65歳に延びていますので。 判例では、定年延長のために、50歳から労働者の 賃金を減らした場合でさえ、 適法となっています。(減額割合や代替措置を勘案した上で) 最後の質問の場合は、不利益変更の程度が大きいので、 違法となる可能性があります。 間違った回答もあるようなので、正確にお答えしますと、 まず、最高裁は秋北バス事件で 新たな就業規則の作成又は変更によって、労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは、合理的なものであるかぎり、個々の労働者において、これに同意しないことを理由として、その適用を拒否することは許されない、 と述べ、就業規則の変更が合理的かどうかを判断基準としました。 (就業規則に同意しなくても、手続きを踏んで合理的な限り有効なのです) そして、定年延長に伴う賃金引下げについて、第四銀行事件で、 就業規則の変更の合理性の有無は、具体的には、労働者が被る不利益の程度、使用者側の変更の必要性の内容・程度、変更後の就業規則の内容自体の相当性、代償措置その他関連する他の労働条件の改善状況、労働組合等との交渉の経緯、他の労働組合又は他の従業員の対応、同種事項に関する我が国社会における一般的状況等を総合考慮して判断すべきである、 と述べました。第四銀行事件は賃金が64ないし67パーセントに減額される事件でした。 この結論に納得いかない部分は私にもありますが、 これが判例ですので、ご留意ください。 なお、みちのく銀行事件で就業規則変更が認められない事件がありましたが、これは、賃金カーブの形を変えるもので、高年労働者の賃金が 大幅にカットされ、一方中堅若手の賃金が増額されたもので、 変更時の高齢労働者に対する配慮が少なかった(高齢労働者は 賃金カーブ変更の恩恵を受けていないので)認められませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

明快な回答ありがとうございます。 延長という利益があるので、60までの不利益変更でなく60以降の話であればそれほど問題はないということですね。 また、そういう就業規則をきちんと手続きを踏んで作成していれば、個々の従業員が会社ともめる心配もないんですね。 年収が60%までくらいなら不利益すぎるとはならないがそれ以上だと不利益の度合いが大きすぎるという判断がされる可能性があるということですか、ある程度正確に検討した方がいいということを経営側に伝えてみようと思います。

関連するQ&A

  • 定年退職となってしまいますか?

    私が相談された内容となりますがよろしくお願いします。 58歳入社時に口頭で(雇用契約は無し)65歳までは正社員として、その後は双方の話し合いにより嘱託として再雇用できるとのことだったが、60歳誕生日を4ヶ月過ぎた後、会社の方から「就業規則で60歳誕生日で定年とするといった規定があるから、この後の給料締日以降は嘱託としてなら再雇用する」といった申し出があった場合、会社からの申し出に応じなければ退職となるのでしょうか?  ちなみに入社当時から就業規則で60歳定年規定、再雇用制度の導入はされています。また、60歳誕生日時点で会社からの定年、再雇用の話はなく、給料は正社員時と同じ給料が支払われているため、会社側もそのまま正社員として雇用する意思があったのだと思われますが、本人は確認しておりません。  私は、入社時の話が口頭であること、就業規則に規定がある以上会社側の申し出が不当であるとまで言えないのではと思っております。  いかがなものでしょうか?  (詳しい内容での再度の質問となります。よろしくお願いします)

  • この定年退職は有効?

    就業規則で60歳の誕生日で定年とするといった規定がある場合で、誕生日時点では、定年の話はせずそのまま同条件で雇用し、3ヶ月が過ぎた時点で定年で嘱託として再雇用に応じてもらえれば、雇用するがそうでなければ、定年退職としたいといった申し出は有効になりますか?

  • 定年 再雇用

    小生は、来年6月で定年になりますが、会社の制度として60歳定年再雇用があり、就業規則には、定年の条文で社員は満60歳の誕生日をもって、定年とする。ただし、定年到達者で引き続き勤務を希望する場合は、定年到達日の翌日から1年毎の更新で、満65歳まで準社員として再雇用する。   と  記載されています。 その 再雇用の話は、60歳の定年 1ヶ月に会社から再雇用の条件等の話があるとの事ですが、それまで話が無いのは不安です。再雇用の条件を満足しない場合は、定年退職になると思いますが、通常の場合定年、再雇用の話は、どれくらい前からあるのでしょうか。 この件で、関係するURLがあれば教えてください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • hisa34
  • ベストアンサー率58% (710/1205)

>60で退職金もらって65ではなしってのは本当にしてもいいのでしょうか? ここを完全に間違って解釈してしまいました。60歳で退職金がもらえるのならば既得権侵害の問題はありません(スミマセン)。 そうすると、後は60歳からの労働条件の問題ですから、新たな労働条件を就業規則に規定して、過半数労働者の代表から意見を聞いて、就業規則を変更することは可能です。 肝心の労働条件の中味については、次のURLにあるように高年齢雇用継続給付等との組み合わせを考えて決めるのが経営的でしょう。http://www.o-tasuke.net/teinenencho/seido/seido-saiteki.html 最後の >それができるなら就業規則に書けば50歳から給料3割カットとか自由に作れるってことですよね。またできるなら就業規則にどう書いてあればこういうことができるのか教えて下さい。 は、 完全に現役世代に対する「不利益変更」ですから、給料を3割カットしなければ会社が潰れてしまうとか、所謂「合理的」理由がなければ就業規則の変更は認められない(無効となる)でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

現在払っている部分についての変更は不利益変更で簡単にはできないが、新規定年延長部分は白紙状態で雇用確保のメリットもあるので、ある程度自由度があるんですね。 高齢者給付金と合わせて考えて、60以降の給与計算方法は模索中です。 わかりやすい回答を皆さんがしてくださったのでよくわかりました、ありがとうございます。

  • 回答No.5

そうです。 割合は本当に具体的事案をみないとなんともいえません。 下記の事例で60数パーセントにしてもOKとされた原因の一つに、 事例の会社は地銀とはいえ、地域ではかなりの高レベルの賃金を もらっていた銀行だったのです。 ですから、質問者の方がお勤めの会社がどのくらいかの賃金かにも よるのです。裁判所では業界や地域の平均賃金なども参考にされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • hisa34
  • ベストアンサー率58% (710/1205)

>60で退職金もらって65ではなしってのは本当にしてもいいのでしょうか? こうした変則な定年延長を考え出してくるんですねー この変更で一番いけないところはここでしょうかね。60歳までの退職金は既得権です。百歩譲って「60歳から65歳までの勤務期間は退職金の計算期間に入れない」と変えるのならば致し方が無いかも知れません。 65歳に定年を延長して“損”があるのはどこかに「不利益変更」があるからです。就業規則の不利益変更は無効です(裁判で争うようになるかも知れません)。なお、就業規則を変更するためには過半数労働者代表の意見を聞かなければなりません。この際、代表が反対・変更の変更を意見することができます。 こんな定年延長なら「継続雇用制度」とする方が適正です。 http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/special/special_04/nyumon01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

厚労省は、年金受給を65歳に変更した際、年金受給の空白期間をなくし、生活の安定を確保するためとして定年制延、定年廃止、再雇用のいずれかを制度化するよう企業に求めたものです。  定年延長等後の給料については、定年前に受けていた基本給やボーナスを減額しているところが多かったと記憶しています。当社は7割です。  雇用条件等は、会社と組合が交渉し、組合の同意を得て就業規則として定めています。貴方は自由にといっていますが、会社の一存ではできません。内容について疑問あるいは納得できないならば、組合執行部に方針を確認することが適切だと思います。参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。実際にしている会社があるということで少し安心しました。 現在の再雇用は何の文章もなくただ希望者を会社が認めれば給与は減額、賞与なし、役職も降りて新たな退職金もなしで今まで通りの仕事をする状態で再雇用しています。 就業規則などにその文を入れるなどして60以降も働けるとなった方が安心であるという。従業員よりの要望で今回定年延長を就業規則に明記することが始まっています。再雇用状態と同じ条件での定年の延長を考えています。 そういう状態なので決める現時点ではトラブルは発生しないでしょう。 7割なら7割、6割なら6割と決めて就業規則には数字を入れて書く必要があるということでしょうか? 現在会社が考えている草案では給与はその従業員との話し合いとされています。 これは基本給が6割程度になって、賞与ないから実質は5割くらいになるんですが優秀な人は普通の給与で雇うケースもあり得るためだと思います。 60以降の給与の条件をどのくらい明確にしておく必要があるのでしょうか? 私はまだまだ定年に届かない若輩でありますけど、だからこそ今は問題がないってだけではあとで私たちの世代が文章の不備でもめたりするんではないかと心配です。

  • 回答No.1

基本的には変更は自由です。 但し変更する時点で労使双方が納得する必要があります。 納得したのであれば労働基準局に変更届を提出します。 基準は変えれるが、社長の独断で勝手に変えれないという所がミソですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

つまり合意すればどのような変更も可能なんですね。 就業規則にはどのように明記すればよいのでしょうか? 60定年というものがなくなれば60から給与減額する根拠がなくなるような気がします、根拠を示すことなく給料を減額することは問題ないのでしょうか? 再雇用についての情報はいっぱい見つかるのですが定年の延長という内容で、給与について言及している情報が見つからなくて不安なのです。 個人的に、定年延長という言葉を聞くと、すべての労働条件変更なしで定年時期が後ろに動くというイメージなので、給与もそのまま、退職金は新定年退職時というのが普通ではないかと思ってしまいます。

関連するQ&A

  • 退職か定年延長か

    わが社は就業規則では65歳定年を謳っているのですが、専務ということで特別扱いというか、何の規定も作らずにそのまま雇用、現在66歳になる社員がいます。この社員が今月末で退職、再雇用を希望してきました。 しかし、社会保険の手続きとしては月額変更にとどまるとの事、その他雇用保険は手続きの必要なし、と聞きましたがこれでよいのでしょうか? そうなると、年金基金などの脱退金や、退職金共済の退職金などは請求できないということでしょうか? 定年延長をしたことは不利益だったのでしょうか?

  • 雇用保険

    会社を定年退職した場合は、自己都合退職ですか?それてとも会社都合でしょうか? 就業規則には、60歳定年で、再雇用有りとあります。 再雇用を要請して、雇用されなかった場合は会社都合になるなど、条件があるようなら、それも教えてください。

  • 定年後の再雇用の基準について(長文)

    労組の無い職場です。 従来の就業規則では、定年後の再雇用に関しては「希望するもの全てを再雇用する」と定めてありました。 本年4月からの「高年齢者の雇用の義務化」に伴い新たな再雇用の基準が作られました。その基準の中に 「定年前2年間の出勤率が8割以上であること、および定年日直前の月の勤務率が8割以上であること」と示されております。 再雇用の基準作りは「労使で十分な協議の上」と厚生労働省はゆってますが、協議はなんら為されず、慶弔の見舞金、祝い金を出すだけの「親睦会」の会長と再雇用に関する協定が交わされました。 従来の就業規則の変更はまだ為されていません。 以上が現状です。そこで質問です。 1.でっち上げの「労使協定」は有効か? 様式が整っているため、労基署には受理されたようだが、それを覆す手段はあるのか。 2.就業規則の変更は為されてないが、その場合従来の「全員再雇用」とでっち上げ「協定」はどちらが有効か? 3.再雇用する場合の出勤率の算定に、会社は労災や年休取得の日も「欠勤」扱いしてるがそれは適法なのか。

  • 定年退職について

    私の母が4月で定年退職を迎える予定です。 しかし、会社側からは何も言われず、4月以降も働くことになるんでしょうか? 就業規則では、60歳で定年退職と書いてあります。 一度、会社に確認をした方が良いですよね?

  • 高齢者雇用における定年延長について

    職場の就業規則には、60歳の定年と、その後も資格を持つ者は62歳まで嘱託として雇用を延長する、と書かれていますが、最終的には理事長が決定する、とも書かれています。 60歳で定年を迎えた職員Aさんは、介護福祉士の資格を持っており、 就業規則にある資格を持ってはいるのですが、過去に言葉遣いの悪さで注意を受けたり、便箋に謝罪文を書いたことがあります。 そしてAさんは、管理職から、嘱託で雇わないと言われたのですが、本人は解雇と考えています。 しかし、管理職の者は、今までに問題があった経緯から、自己都合退職してもらえるはずだ、と説明しています。 これは、自己都合かそれとも解雇になるのでしょうか? 過去のささいなことを取り上げて雇用を延長しないのに、自己都合だというのは法的に問題はないのでしょうか? 高齢者雇用の最近の実情から見て、どう考えたらいいのか教えて下さい。

  • 定年退職時の雇用保険

    中小企業に勤める会社員です。もうすぐ60歳で一応定年となります それから先は就業規則では「会社が必要と認めたときは、嘱託として 期限を定めて再雇用することがある。」とだけで 実際にはここ数年 60歳で退職する者がほとんどです。 小生も出来れば雇用継続を望みたいのですが 認めてもらえない 場合の雇用保険の取り扱いですが (1) 自己都合退職となるのか会社都合退職となるか? (本人が希望しているのに自己都合退職とされることは納得できない) (2) 会社都合退職と認められた場合でも特定受給資格者となれるか? (給付日数は一般退職(定年会社都合退職含む)と特定受給者とでは大きく違う) 以上どなたかご教授お願いいたします。

  • 改正高年齢者雇用安定法で事業主が行うべき措置

    平成25年4月1日から施行される改正高年齢者雇用安定法において、事業主が継続雇用制度を導入し、経過措置を利用する場合、必ずしも就業規則を変更する必要があるのでしょうか? 現在、当社の就業規則には、「定年後引き続き雇用する場合は定年後再雇用規定による」という内容が記載されております。 既にある定年後再雇用規定と労使協定を、継続雇用対象者に係る基準を定める内容に変更し、就業規則は現行のまま使用することは、法律違反となるのでしょうか? また、この定年後再雇用規定と労使協定を変更する場合、変更の届けは必要でしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答お願い致します。

  • 定年関する就業規則について

    弊社の就業規則の定年退職の条文は下記の通りですが、4月からの法改正でこのままでよいのか、若しくは監督署に変更届けを出さないといけないのか教えてください 第40条 (定年退職) 従業員の定年は、満60歳を定年年齢とし、満60歳に達した日の属する月の末日を退職日とし、その日の就業時間をもって従業員としての身分を失う。但し、定年に達した者であっても、本人が希望する者の内、下記に定める基準に合致した者については、嘱託社員として再雇用を行う。 1.勤労意欲に冨み、引き続き勤務を希望していること 2.直近の健康診断の結果、業務遂行に問題ないこと 3.業務上の能力、適正に欠けるものがないこと 以上宜しくお願いします。

  • 定年がないけど給与はカットしたい

    小さな鉄骨製作会社勤務です。就業規則の見直しをしています。今まで労使あ、うんで経営してきたらしく、就業規則に定年が明記されていません。定年がないということを会社の売りにしたまま(明記されていないのをいいことにハローワークに定年がない会社ですと募集をかけていたらしい)60歳以上の従業員の給与を見直すことを規約にもりこめないか調べてみてといわれました。現在の賃金規定に「昇給は、基本給について行うものとし、原則として毎年4月に~」とある規定を「給与の見直し」とすることで減給もありうる旨明記し、60歳以上の従業員について減給する手はどうですかと提案してみました。会社は60歳以上の人の給与を半額位に減給したいらしい(半分の出勤でもいい)のですが、一旦退職するという手続きをとらずに正社員のままで多額の減給をするって、法律違反になりませんか?あるいは、月の半分位しか来なくっていいですよって言うのもこれすなわち契約が変わることだから、退職させるってことになってしまいますよね?

  • 定年を迎えた社員の再雇用時の社会保険料について

    いつもお世話になっています。 今回は「本年10月初めに定年を迎え、65歳まで嘱託職員として再雇用する社員」の社会保険(健康保険・年金保険)料についての質問です。 当社では、60歳定年退職の規定と併せて「希望者を65歳まで嘱託職員として再雇用する」継続雇用制度を設けています。 嘱託職員としての再雇用ですので、給与は正社員時よりもかなりの減額(標準報酬月額2段階以上の変更)になることは間違いありません 通常の給与変更であれば、3ヶ月後に月額変更届(随時変更届)を提出して、月額変更という形になるのでしょうが、この事例の場合はどうなのでしょう? 私としては、 ・60歳で定年退職の旨を就業規則で定めてあるので、同日喪失同日加入(60歳の誕生日の翌日をもって、現在の加入資格を喪失・同日改めて嘱託職員としての給与条件にそぐう条件で再加入) でよいと思うのですが・・・。 詳しい方、ご回答よろしくお願いします。