• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

プロテスタントでのマリア崇拝は?

●キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、カトリックはマリアも崇拝しているようですが、プロテスタントではマリアを崇拝してはいけないのですか。(マリアが描かれている絵画は結構多いと思いますが) ●またプロテスタントでは、十字架にキリストの像を入れないのですか。 わかる方がおられたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2580
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • nacam
  • ベストアンサー率36% (1238/3398)

>カトリックはマリアも崇拝しているようですが これは誤りです。 カトリックでも聖母マリアを崇拝する事は禁止されています。 トリエントの公会議にて、 「神には崇拝を、三位一体(キリストの事)には礼拝を、聖人には崇敬を聖母マリアには超崇敬を行う」と規定しています。 つまり、聖母マリアは、特別な敬意の対象であって、崇拝の対象ではないのです。 カトリックでは、聖母マリアを敬意の対象として祈るのにたいし、プロテスタントの多くは、神への崇拝をカトリックよりも重視するために、質問者のような誤解を生じるのです。 聖母マリアを全く崇敬の対象としないのは、ネストリウス派(アッシリア教会)です。 ほとんど対象としてみない教派には、単性派教会(コプト教、アルメニア教会、エチオピア教会、ヤコブ派教会)があります。 >十字架にキリストの像を入れないのですか。 信仰の対象としてのキリスト像は、カトリック・プロテスタント共に禁止です。 キリスト教において、十字架は、信仰の対象ではなく、神のいる方向を示す目印にしかすぎません。 神は、世界に普遍的に存在していますが、キリストが十字架に掛けられて神の下に行かれたため、キリストの昇天した十字架を神の下へ通じる道であるとして、十字架の方向に向かって神に拝むのです。 十字架は、神のいる方向を単に示すだけのものですから、そこにキリストの像が有るほうが良いのか、必要ないのかは、各教会や司祭などの考え方によります。 礼拝・信仰の対象外のアクセサリーとしてならば、ほとんどの教会で問題にならないはずです。 ただし、十字架の方向に向かって拝む、ましてそこにキリストの像が有る場合、外からは、あたかも偶像崇拝に見えてしまう事は否定できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • キリスト教の偶像崇拝について

    キリスト教では偶像崇拝は禁止しているとのことですが、教会の祭壇にキリストが十字架にかけられた像がある写真をよく見ます。 また、絵画でもキリストを描いたものがたくさんあると思うのですが、キリストの像を拝むことやキリストを描くことは、偶像崇拝とは異なるのでしょうか? キリスト教のことをよく知らないので、その区別があまりよくわかりません。 すみませんがお教えいただけましたら助かります。 よろしくお願いいたします。

  • プロテスタントと十字架

    よくキリスト教の人は十字架のペンダントをしていますが(そういうイメージ),これをしている人は皆さんカソリックの方で,プロテスタントの方ではないのでしょうか? プロテスタントでは偶像崇拝を良しとしないということは知っていて,最近HPなどでクロスのペンダントやロザリオについて調べてみたところ,カソリック系の話しばかりでプロテスタントの話しが出てきません. カソリックは教会内に売店があるとか書いてありましたけど... プロテスタントの教会員の方,この関係を良くご存知の方,教えてください.

  • プロテスタントとキリストの母マリア

    聖書には、キリストの母マリアについての記述は少ないのですが、 1.ルカ伝によれは、マリアは天使ガブリエルから「恵まれた方おめでとう」と言われている。 2.神であるイエスキリストを生んだ母である。キリストは、聖霊を父、マリアを母として   生まれている。 これらを考えると、普通のただの女性ではないと思いますが、 プロテスタントの人はマリアをどう思っているのでしょうか。教えてください。 因みに私は、個人的にキリスト教を信仰し、毎日聖書を読んでいます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

聖書の言葉からイエスを信じてますね。だから十字架とか像は見ないです。ただ聖霊というのがマリア様に見えてるのかもしれない。 崇拝してはいけないというより必要はないという感じ、僕達は聖書を中心にして物事を解釈しますが、カトリックの方は神秘主義というのかな 。プトテスタントから見ればなぞです。 まあ最終的にイエスを信じればそれでいいのでは?と思う どちらが間違い、正しいと言うより救われた事を感謝するなら批判している気持ちはないですね それぞれ救われ方とそして持ち場があり、本当に相手を尊敬しあった時に神様はもっと強くなれるのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • tyr134
  • ベストアンサー率51% (849/1654)

プロテスタントは、もともとカトリック派(ローマ教皇庁)に反発して分裂していった結果、個々に成立していきました。 現在のキリスト教は三つの大きな流れがあると思ってください。 ・1つが、日本でキリスト教と言って一番イメージされるのが、バチカン(ローマ教皇庁)を中心に纏まっているカトリック派。 こちらは、ローマ教皇がペテロの後継者であり、全ての教会の頂点に立つという主張をしています。 ・2つ目が、正教会派です。この派は、初期の段階でカトリック派(ローマ教会)と主導権争い(ローマ教会が頂点ではなく、全ての教会は平等と主張など)をしていましたが、1054年の「大シスマ」によってお互いを「破門し合う」という所にまで対立が深まりました。 その後も東西教会という形で、統合を目指したり対立を深めたりを繰り返し現在にいたります。 (東が正教会、西がカトリックを指します) ギリシア正教会・ロシア正教会など、地域的に細かな差がありますが、大枠では一定の教義・原則に従っています。 ・3つ目が、プロテスタント派です。こちらは、近世においてカトリックに反発した「宗教改革」で生まれたと、日本では一般的な認識ですね。 個人的には「宗教改革」というのは語弊があり、「宗教分裂」と言うべきだと思ってます。(まぁ、改革意識があったのは事実でしょうが) つまり、「プロテスタント」というのは、一つの纏まりを持った教派・教団では無いんです。 言ってしまえば、16世紀移行にカトリックに反発して分離した教団・宗派と、その後に再分裂した教団・教派に対する(カトリック・正教会と差別するための)呼称と言って良いかと思います。 つまり、教団・宗派ごとに教義があり、一括りに「プロテスタント派」とする事は出来ません。 (まぁ、カトリック派や正教会派に対抗する時には、ゆるい連合をする事もありますが、普段は個々別々に活動しています。もちろん、お互いに争うこともあります) >●キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、カトリックはマリアも崇拝しているようですが、プロテスタントではマリアを崇拝してはいけないのですか。(マリアが描かれている絵画は結構多いと思いますが) 上記で、プロテスタントに大枠な教義・典礼は無いと書きましたが、それでも一定の特徴みたいなモノは存在します。 その一つが、「聖書主義」とも言える立場です。 聖書を重視した考え方ですので、当然、偶像崇拝を禁止したり否定的になります。 また、聖書を通して神・救い主としてのイエス・キリストを信仰する事に重きを置きます。 よって、多くのプロテスタント派では「聖母マリアは、イエスの母としては重要であるが、信仰の対象としては重要でない」という立場が多くなります。 絵画に聖母マリアが描かれる理由ですが、「聖書の物語の再現」という意味合いが強いと思います。 >●またプロテスタントでは、十字架にキリストの像を入れないのですか。 これも、上記と同じ理由(偶像崇拝の禁止・否定)の現れとして、多くの宗派ではキリストの像を飾ったり身につけたりはしません。 また、同じ理由で教会の外観もシンプルでスッキリしたモノが多いです。 まぁ、日本の教会で外見に十字架やマリア像などが飾ってあればカトリック派の教会、教会の看板だけで建物や庭がシンプルならプロテスタント派の教会という場合が多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な回答、ありがとうございました。

  • 回答No.1

神以外を崇拝してはならないという掟がありますので、マリアを崇拝することは禁止されています。 が、神を生んだ人間としては敬われています。 何故マリアを信仰してはいけないのかというと女神崇拝になってしまうから。 キリスト教は布教の際に各地にあった女神崇拝を悪魔崇拝だと塗り替える戦略をしました。 だから女神崇拝を復活させるようなマリア崇拝は断じて許さなかったわけです。 プロテスタントはカトリックが十字架に死体を乗せたものを拝んでいることを偶像崇拝であると厳しく批判しました。 偶像崇拝はプロテスタントではしません。 十戒でも禁止絶対禁止になっています。 しかし、カトリック側は十字架を偶像として拝んでいないと主張しています。 プロテスタントは十字も切らないようです。 でも教会には十字架がある。 あくまでシンボルであり、それを偶像として拝んでいるのではないそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • プロテスタントとカトリックの違い

    カトリックとプロテスタントの違いがよくわかりません。 最近、クリスマスの語源がchrist(キリスト)とmas(ミサ)からきていると知ったのですが、もともとカトリックの人しかクリスマスをお祝いしないのでしょうか。カトリックとプロテスタントの人のクリスマスの過ごし方に何か違いがあれば教えて下さい。

  • プロテスタントのキリスト者がカトリック私学に就職

    私はプロテスタント(日本基督教団)のクリスチャンです。 私は中学校・高等学校の教員免許を持っており、中高一貫校の私学への就職を検討中です。特に、専任教諭(いわゆる終身雇用)での採用を希望しています。 質問の概要は、「プロテスタントのクリスチャンがカトリックの私学に就職することが可能か、またその妥当性」についてです。 キリスト教主義教育の私学の専任教諭の求人(専任教諭)を見ると、「キリスト教に理解のある者が望ましい」との文言が入っている場合があります。 そのとき、応募先の私学が日本基督教団に属する学校であれば、私にとって問題はありません。同じ日本基督教団なので、採用に関しては有利に働くと思います。 しかし、応募先の私学がカトリックの学校の場合、私のようなプロテスタントのクリスチャンは、敬遠されるでしょうか?プロテスタントとカトリックでは、同じ聖書を使っている点では共通しています。しかし、マリアの解釈や、神父・牧師の権威、その他いろいろな点に関して、大きな違いがあります。 私自身としては、もちろん、日本基督教団に属する私学に就職できれば一番よいのです。ただ、限られた数の私学の中で就職難の中、そのようなぜいたくを言っていられない現実もあります。 そのことを、私の通う教会の教会員に相談しました。すると、聖書を使うという点では同じだから、私がカトリックの私学に就職することは可能だろうと言われました。むしろ、キリスト教の基礎知識を知っているという点では、たとえカトリックの私学であっても、無宗教の人が応募したときより私のほうが優遇されるだろうと言われました。 そこで、お聞きしたい点が2つあります。 1点目は、プロテスタント(日本基督教団)のクリスチャンが、カトリックの学校に就職したとき、次第にカトリックの教義を受け入れられるものでしょうか?私自身は、正直申し上げて、今の時点では、カトリックの教会のミサに出席したときには、やはり違和感を感じてしまいます。マリアの像に向かって礼をするところや、カトリックのミサの形式主義的な点には、違和感を覚えます。そのような私ですから、やはりカトリックの学校は避けたほうがよいでしょうか?または、聖書を使っている点では同じだから、カトリックの学校も応募したほうがよいでしょうか? 2点目は、採用する私学側のスタンスについてです。もしカトリックの私学が求人をしたとき、応募した人間が、私のようなプロテスタントのクリスチャンであれば、どのような印象をもちますか?同じ聖書をもとにして、キリスト教の基礎知識を理解している点で、私を優遇しようとするのでしょうか?または、カトリックとプロテスタントの違いを重視して、私のような人間の採用を避けようとするものなのでしょうか? この質問は、キリスト教主義教育の学校にお詳しい方や、キリスト教に理解のある方にぜひご回答いただきたいと思います。 ぜひ率直なご回答を頂きたいと思います。よろしくお願いします。

  • キリスト教のプロテスタントについて

    キリスト教のプロテスタントについて ●カトリックでは儀式を執り行う人を司祭といいますが、プロテスタントでは何と呼ぶのでしょうか? ●その職は牧師が行うのですか? ●カトリックの関係者や信者が、バチカンなどのカトリックの教会を見学することは許させるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • カトリックとプロテスタント

    キリスト教の方には失礼な質問かもしれません。もうしわけありません。カトリックとプロテスタントとの宗派で、大きな違いはなんなんでしょう??教えて下さい!

  • キリスト教のプロテスタントとカトリック

    キリスト教の教会に行ってみたいと思っていますが、プロテスタントとカトリックのどちらにしたらよいかわかりません。 どういう違いがあるのでしょうか? あと、プロテスタントにはいろいろな派があって一様ではないと聞いています。 どういったものがあるのか教えてください。

  • プロテスタントの方に質問 <エキュメニズムについて

    私は成人洗礼のカトリック信者です。受洗して7年、カトリック教会とその歴史について自分なりに勉強を重ねているのですが、常に引っかかってくるのが、プロテスタント教会との関わりです。 毎年1月に「キリスト教一致週間」という期間を設けて、ミサにプロテスタントの牧師さんに来ていただいて講演をしていただいたり、ミサ典礼で使われる聖書も新共同訳を推奨され、伝統的な「主の祈り」も聖公会との共通口語訳に切り替えられました。 カトリック側としてはプロテスタントの教会への歩み寄りを一生懸命模索しているというのが、信者としての私の印象です。 けれども、プロテスタントの教会に通っている人を実際に知らないので、そういうカトリックの動きがどのように捉えられているのかが掴めません。 本当に今でもプロテスタント信者はカトリックを「悪の温床」「偶像礼拝者」だと思っているのでしょうか。 また、キリスト教徒でない方のカトリック観も教えていただけると嬉しく思います。

  • カトリックとプロテスタントの違い

    キリスト教のカトリックとプロテスタントの違いがわかりません。 また、ユダヤ教とどんな関係があるのでしょうが・・キリスト教にもその他の教派がありますよね?モルモンと統一教会、エホバの証人は別として・・・・・

  • キリスト教の基本なんですが、[カトリック]と[プロテスタント]の違いっ

    キリスト教の基本なんですが、[カトリック]と[プロテスタント]の違いって何ですか? 教えてください!

  • カトリックとプロテスタント

    求道中の者です。 現在バプテスト教会に通っています。 いずれ洗礼を受けるつもりですが、最近カトリック教会にも 興味が出てきました。 洗礼の前に色々な教会に行くのも悪い事ではないかと思いまして。 そこで質問です。 (1)カトリックでは祈りはどういう感じですか? 現在は結構自由に祈っています。いつも気軽に思った事を 祈る感じです。カトリックでは何か司祭を通じてでなければ 聞き入れられないと聞いた事があるのですが? どうなんでしょう? (2)カトリックでは異言はどういう扱いでしょうか? 勿論教会内では言わない方が良いでしょうが。 今通っている教会では重視しないが止める事もないといった 扱いでした。勿論教会内では語りません。 (異言についての反論はここでは議論しません) (3)プロテスタントで身につける象徴の様な物はありますか? カトリックではメダイやロザリオ (これは身につけるものではないですが)ですが プロテスタントの者が十字架等を身につけるの はおかしいですか? (4)カトリックは人間関係難しい(笑)ですか? (5)ずばりカトリックとプロテスタントの長所と短所は? 又ここが素晴らしい!といった主観的な意見も歓迎です。 以上一つだけでも良いの回答頂けば嬉しいです。

  • キリスト教・カトリック・プロテスタント 3つの違いは?

    こんにちは。 先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。 プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。 私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。 3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか? 生活に関係するルールや習慣などを教えてもらえるとありがたいです。 私の知人の生活を見ると、、、 <カトリック> ・神父さんがいる教会(ほとんどのカトリック信者の知人が毎週日曜日にミサに通い、行かなかった日は良くない事をしたと思っている) ・お酒・たばこは禁止 ・恋人はいても婚前交渉は禁止(避妊も禁止) ・夕食の前にお祈りをしている <プロテスタント> ・牧師さんのいる教会(気が向いた時に行く) ・お酒・たばこOK ・婚前交渉OK(避妊もOK) ・夕食のお祈り(する人としない人がいる) <キリスト教> ?キリスト教ってカトリックとプロテスタントのことじゃないの? 他の少数派のグループのこと? といった印象です。よろしくお願いします。