• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電子の放出・吸収について

中3です。化学について質問させてください。 化学結合やイオンなどの単元において、電子の放出・吸収という言葉は 頻出しますが、そもそも何がそれを可能にしているのでしょうか。 また、その何かがあると仮定して、どんなきっかけでこのような電子の振る舞いが 起こるのでしょうか。 電子の放出・吸収と聞くと、経験則からあたかも電子が物質的なもので、 空気中を浮遊しているかのように聞こえますが、電子は原子の構成要素の1つであるので、 それが間違っているのはなんとなく分かりますが、このような考え方からまだ抜け出せません。 学校では「原子Aは物質的に安定したいから電子を吸収(放出)する」と教わりましたが、 「物質的に安定」とは、どういうことですか? 回答をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数402
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

>電子の放出・吸収と聞くと、経験則からあたかも電子が物質的なもので、空気中を浮遊しているかのように聞こえますが、電子は原子の構成要素の1つであるので、それが間違っているのはなんとなく分かりますが、このような考え方からまだ抜け出せません。 電子は「物質的なもの」であると考えるのは正しいと思います。どうして「間違っている」と考えたのでしょうか。 物質を原子、または原子の組み合わせで出来たものだけに限定されているのではないでしょうか。物質は混合物と純物質に分けられます。純物質は化合物と単体に、化合物は分子性物質とイオン性物質に分けられます。この様に習うと電子は物質でないように思ってしまいますね。でも物質の構成要素はまた物質です。化学では物質というものを「化学物質」に限定して考えていますので混乱していまうのでしょう。ある決まった質量を持った塊はすべて物質です。イオンも物質です。陽子も中性子も物質です。力を受ければ加速されます。加速度は質量によってかわります。ぶつかれば衝撃が生じます。放射線にα、β、γの3つの種類があるというのはご存知でしょうか。α、βの2つが物質的な放射線です。電界の中では方向が変わります。曲がる方向や曲がり方が異なります。電荷の符号や質量が異なるからです。γ線は電界の影響を受けません。電波の仲間であるとされています。(α線はHeの原子核の流れ、β線は電子の流れです。) 電子も物質です。物質だからこそ空間をただふわふわと漂っているということが起こらないのです。漂うためには特別な条件が必要です。普通は何かの物質にくっついてしか存在できません。原子の中にいるか別の原子にくっつくかです。 その意味では Na → Na+ + e- と書くのはよくないです。 あたかも電子が空間をふわふわと飛び回っているようなイメージを持ってしまいます。この変化は相手がいて初めて起こることです。 「ナトリウムはイオン化傾向が大きいから電子を放出した方が安定である」という表現がされているのを時々見ます。でも間違いです。勝手に電子を放り出してイオンに変化するということは起こりません。放射性物質の変化と同じように考えることは出来ません。相手なしにどんどん変化するのであれば金属ナトリウムは存在しないことになります。 A + B → A+ + B- の変化が起こったとするとエネルギーは(A + B)で考えたものと(A+ + B-)で考えたものの比較です。AとA+との比較ではありません。 ナトリウムを灯油の中に保存するという場合はBが灯油です。灯油が電子をもらえないからNaもNa+になれないのです。 摩擦電気の説明でなんとなく「帯電」という言葉が使われているのも困ることです。プラスティックスが帯電すればイオンが出来ているはずです。ふわふわと正体不明の電子がごみのようにくっついているというものではないはずですね。こするという操作は磨くという操作に近いものですから物質の結合を断ち切ってしまう事のできるだけのエネルギーを供給しているのです。 電池の中でも電子は漂うことは出来ません。極板と極板の近くにいる物質の間でやり取りされるだけです。 電子が物質であるということがもっと強調されてもいいように思っています。 ボールを右手から左手に投げたとします。一時的にボールは空中に存在します。でもこれは続きません。安定状態ではボールは右手の中にあるか、左手の中にあるか、地面に落ちているかのどれかです。 「化学物質」は安定状態だけで物質を考えています。でも化学反応が起こるときは一時的にしろ空中を飛んでいるボールのような状態が実現します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

長文をどうもありがとうございます。 電子も物質であるということは全くの初耳で、 とても参考になりました。 もしよろしければ、こするという動作がどのようにして 物質にエネルギーを与えているのか、ということも お教え願いたいのですがよろしいでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#69788
noname#69788

量子力学によると電子は粒子性(物質性)と波動性をもっています。これは、あらゆる物質がそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>「物質的に安定」とは、どういうことですか? 良いところにお気づきになったと思います。「物質的に」ではなく「エネルギー的に」と言った方がよいでしょう。 単純に言うと物質Aが有ったとき、これが電子を放出・吸収する事でエネルギーが小さくなる(簡単に言うと熱を放出する)方向に物事が起きると言うことです。「熱力学」というものを勉強してください。中学生でも早すぎません。大学の教養課程の教科書を買って、高校の反応の熱の出入りの計算をしながら理解してください。 参考に大坂教育大学天王寺高校 岡博昭先生のページを貼ります。 >電子の放出・吸収と聞くと、経験則からあたかも電子が物質的なもので、空気中を浮遊しているかのように聞こえますが、電子は原子の構成要素の1つであるので、それが間違っているのはなんとなく分かりますが… 電子は出す方(供与体、ドナー、広い意味での塩基)から受け取る方(受容体、アクセプター、広い意味での酸)へと移動しますので、必ず「相手」があります。

参考URL:
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/okaindex.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

エネルギー的に安定、こう言い換えてみると、 エネルギーが安定方向に向かうのは自然な流れですので 理解しやすいですね。 >電子は出す方から受け取る方へと移動しますので、必ず「相手」があります。 これに関しては、接している原子どうしが電子をやりとりしていて、 電子が単体で浮遊しているのではない、ということで理解して 差し支えないでしょうか。

関連するQ&A

  • 原子の光の吸収と放出

    光は原子に吸収され、原子は電子のエネルギー状態が上がります。私が知りたいのはその後の状況です。 励起エネルギーは熱やスペクトル放出に変わるらしいですが、例えば銅イオンのような物質は、どっちの様式を主体に定常状態に戻るのでしょうか? また、この原理を聞いて、もしフォトンが多すぎた場合、銅イオンなどは光を吸収し切れなくて、ただ乱反射(透過)してしまうだけの場合があると思うのですが、そういうことってありますか?

  • イオンとは? 物質の定義?

    高1です。イオン、物質について質問させてください。 先日、学校の化学の先生に友人が、「イオンは物質なのか」と尋ねたところ、NOと答えたそうで、この「NO」とは、高校化学においての「物質」の定義を踏まえての「NO」だったと思うのですが、その回答に少し疑問をもってしまいました。 イオンとは、原子が電子を吸収するか、放出するかして 物質的に安定した状態になったもの、と教わったのですが、 そもそも原子とは物質ですよね? イオンが物質じゃないとすれば 一体なんなのでしょうか。イオンはイオンだ、ということでしょうか。何か根本的な矛盾があるような気がしてなりません。 また、「物質」の定義についてもご教授お願いします。 自分は、物質を「空間を占有する存在」と思っているのですが、 この定義からすると、電子・中性子・陽子などの素粒子も 物質ですよね。というのも、物質である原子の構成要素が 物質でないとすると、集合論的に矛盾する気がするからです。 つまるところ、この「物質とは何か」という問いに対する答えが、 イオンが物質であるかどうかという疑問を解決してくれそうで、 今回、あまりにも稚拙な疑問ではあるのですが質問させて 頂きました。ご教授の程、よろしくお願いします。

  • 水分子と各陽イオンの電子の吸収のしやすさの大小

    以前、希硫酸の電気分解について質問した者です。 急遽ひつような情報なのですが、ネットで探してもみつかりません。 電解液中の陽極における物質の電子放出のしやすさは 単原子イオン>H20>多原子イオン とネット検索ででてきましたが、 陰極における水分子と各陽イオンの電子の吸収のしやすさの 大小が分かりません。H20が電子を受け取るのか、 他の陽イオンなのかということが 溶質が変わっても分かるようにしたいのですが・・・

  • 光の屈折、反射、吸収

    光の屈折、反射、吸収に関する質問です。良くわかっていないので質問自体間違っているかもしれません。 質問1 光は屈折によって弱まることはないんでしょうか? 例えば吸収率0の物質によって屈折を延々と繰り返した光は、屈折を繰り返した前と後で全く同じエネルギーを持っているんでしょうか。屈折により方向を変えた光はエネルギーを失わないんでしょうか。 質問2 光は反射する際、タイムロスしないんでしょうか? 例えば真空かつ無重力の空間で光を発射し30万Km先に届く時間と、15万Km先に反射板(鏡)を設置し反射して戻ってくる時間は完全に一致しているんでしょうか? 完全に一致しているとすると、反射物質に吸収され放出される時間は0という事になりますが、日常の常識的に考えると吸収して放出するんだからそれが全く同時に行われるというのは想像しにくいんですが、説明お願いします。また、タイムロスがあるとすると最も早く反射する物質は何なんでしょうか。その時間はどのくらいなんでしょうか。 質問3 光を吸収した原子はその分のエネルギーもしくは質量をどこに持つんですか? あと、光を吸収する物質と、光を吸収し放出する物質(反射する物質)は原子レベルでは何が違っていて、振る舞いが異なるんですか? その違いは何なんでしょうか? いっぱい質問してすいません。一つでもいいので、やさしく教えてください。よろしくお願いします。

  • 原子の電子の受け取り時のエネルギーについて。

    原子が何らかの現象で電子を受け取り、陰イオンになる時、何故原子は電子を受け取るだけなのに、エネルギーを放出するのでしょうか?教えて下さい。

  • 光の吸収について

    原子やイオンにはエネルギー準位がいくつもありますが、 基底種よりも励起種の方が光を吸収するような物質って存在するのでしょうか?

  • 電子親和力

    この前化学の授業の時に黒板に『電子親和力が大きいほど陰イオンになりやすい』とかいてあったのですが、意味がよくわかりません。 電子親和力とは1価の陰イオンになるときに放出するエネルギーと教科書に書いてあるのですが、なぜそのエネルギーが大きいと陰イオンになりやすいのでしょうか?どなたか化学に詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

  • γ(ガンマ)作用はなぜ起きる?(放電の原理)

    放電の実験です。 電界によって加速させた電子を原子にぶつけて、電子を電離させることをα作用。 そうしてうまれた正イオンが陰極にぶつかると、二次電子放出する、それをγ作用というそうです。 しかしなぜ正イオンが陰極にぶつかると、二次電子を放出するのでしょう。その間の理屈が抜けていて、理解できません。 ご教授願います。 上記がメインの質問です。 しかし、もしよろしければ以下の質問もよろしくお願いします。 陰極が電子を放出しても、正イオンがその電子を吸収して、二次電子はすぐになくなるのでは? 陰極が電子を放出したら、今度は陰極が正イオンになるのでは?

  • イオン化エネルギーと電子親和力

    「イオン化エネルギーと電子親和力とはなにか。説明せよ。」という問題が問題集に載っていました。答はイオン化エネルギーが「原子から電子1個を取り去るのに必要なエネルギー」、電子親和力が「原子が電子1個を取り入れて、1価の陰イオンになるときに放出するエネルギー」との事です。 ひとつ疑問に思ったのが、なぜイオン化エネルギーの答を《1価の陽イオンになるのに必要なエネルギー》としなかったのでしょうか。電子親和力のほうは陰イオンと書きながら、なぜイオン化エネルギーは書かなかったのでしょうか。この問題集は結構答えが完璧なので、それなりの理由があって書かなかったようにも思えます。それとも単なるミスでしょうか。

  • イオンのなり方がよくわかりません。

    普通の周期表に載っている形のイオンはなんとか考えられるのですが、水酸化物イオンなどがどうしてそうなるかがわかりません。 どうしてOH-になるのか。 例えば、アンモニアはNH3なのに、どうしてアンモニウムイオンになるとNH4+になるのか。 わざわざHを増やさなくてもプラスマイナスバランスが取れてるのに(化学結合がごっちゃになってます;) それから、高一なのですが、周期表を見なくても原子記号を言われれば電子の図が思い浮かぶまで覚えこんだ方がいいですか? 化学をこれから勉強するのに、覚えておかなくてはいけない事項などもありましたら、教えて下さい。