• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

光の屈折、反射、吸収

光の屈折、反射、吸収に関する質問です。良くわかっていないので質問自体間違っているかもしれません。 質問1 光は屈折によって弱まることはないんでしょうか? 例えば吸収率0の物質によって屈折を延々と繰り返した光は、屈折を繰り返した前と後で全く同じエネルギーを持っているんでしょうか。屈折により方向を変えた光はエネルギーを失わないんでしょうか。 質問2 光は反射する際、タイムロスしないんでしょうか? 例えば真空かつ無重力の空間で光を発射し30万Km先に届く時間と、15万Km先に反射板(鏡)を設置し反射して戻ってくる時間は完全に一致しているんでしょうか? 完全に一致しているとすると、反射物質に吸収され放出される時間は0という事になりますが、日常の常識的に考えると吸収して放出するんだからそれが全く同時に行われるというのは想像しにくいんですが、説明お願いします。また、タイムロスがあるとすると最も早く反射する物質は何なんでしょうか。その時間はどのくらいなんでしょうか。 質問3 光を吸収した原子はその分のエネルギーもしくは質量をどこに持つんですか? あと、光を吸収する物質と、光を吸収し放出する物質(反射する物質)は原子レベルでは何が違っていて、振る舞いが異なるんですか? その違いは何なんでしょうか? いっぱい質問してすいません。一つでもいいので、やさしく教えてください。よろしくお願いします。

noname#21287
noname#21287

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1423
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

答えれる事だけ書きますね。 大量の光子を物質に向けて飛ばしたとき、 要するに光を物質に照射した時ですが、 光子は一度物質に吸収されてから、あらゆる方向に発散されます。 原子のなかの電子が励起され、基底状態に戻るまでには わずかですが時間がかかるはずです。 よって、タイムロスは起こるでしょう。 ところで、「あらゆる方向に発散される」と書きました。 ではなぜ屈折・反射の現象は、ある一方向にのみ光の筋が見えるのか。 これは、光を照射した対象物が原因です。 「ブラッグの法則」ってのを検索してみてください。 屈折を繰り返した光がエネルギーを失うかについてですが、 一部の光子は全く違う方向に発散され、同じ方向に進む光子の量が減るので、 光の強度は低くなると思います。 エネルギーについてはわかりません>< 原子はエネルギーを吸収すると、激しく振動します。 物が温かくなるという事です。 そして、一部は光として発散します。 アスファルトに日光が当たって、熱くなるのもそのためです。 アスファルトは日光が当たると、そのエネルギーを受け取り、 温度が高くなります。 一部のエネルギーは、光として発散されています。 その発散された光は、赤外線だったり、可視光線だったりと色々です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

つまらない質問に答えて頂きありがとうございます。 > 「ブラッグの法則」ってのを検索してみてください。 「ブラッグの法則」というのを少し調べてみました。細かいところは解りませんでしたが、なんとなく解ったような気がします。 質問1が根本から間違っていたことが解りました。確認ですが、屈折と反射というのは原子の振る舞いは同じ現象で、ただその物質の構造が違うだけということで良いんでしょうか。ついでに言えば透過も同じで良いんでしょうか。 またエネルギーの話ですが、反射や屈折が原子によってコピーされた光と考えると、オリジナルではないから比較することが適切でないかもしれないし、そもそも勘違いだったので質問1は取り消します。 > 原子のなかの電子が励起され、基底状態に戻るまでには > わずかですが時間がかかるはずです。 勉強になりました。反射(放出)は、原子のなかの電子が励起され基底状態に戻る現象なんですね。だとすると物質の違いによって反射に要する時間差はないような気がしてきました。 くだらない質問なんですが、例えば水素原子のように電子を1個しか持っていない原子の励起に必要な光のエネルギーを1とすると、ヘリウム原子のように電子を2個持っている原子の励起にはエネルギーも2倍必要になんでしょうか。 > 屈折を繰り返した光がエネルギーを失うかについてですが、 > 一部の光子は全く違う方向に発散され、同じ方向に進む光子の量が減るので、 > 光の強度は低くなると思います。 光の強度を光子の数とすると、屈折する際に強度を失ってしまうんですね。 > 原子はエネルギーを吸収すると、激しく振動します。 > 物が温かくなるという事です。 すいません、よく理解できませんでした。はじめ電子レンジのマイクロ波が水分子を振動させるのをイメージしたんですが、違いますよね。

質問者からの補足

physicsacheさんの回答で大体の疑問は解決したんですが、以下の2つがまだ良く解らないので誰か教えてください。 Q.光が反射に要する時間(原子が光を吸収して放出する時間)はどの位か? Q.光を吸収(熱エネルギーに変換)する物質と反射(放出)する物質の原子の振る舞いの違いは、何が異なるためか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

(1)反射と屈折、吸収と放出 これらはマクロに見たかミクロに見たかの違いになるでしょう。原子レベルで言うと吸収して放出する事になります。いくつかの原子からの波の重ね合わせとしては反射、屈折になります。屈折は媒質の中で速さが遅くなると起こります。これは吸収、放出を繰り返すとタイムロスを生じるという質問の中の事とつないで判断してもいいことだと思います。 (2)電子レンジの電波を水が吸収する 分子の振動は電波や赤外線の振動数領域にあります。外から与えるエネルギーが多いと吸収だけが目立ちます。でも0℃の物質でも100℃の物質でもその温度に応じた赤外線を出しています。赤外線センサーで温度が分かるのはこの関係を利用しています。 (3)光は電子の領域でのエネルギーが関係しています。熱に関係の深い赤外線は分子、原子、イオンの振動が関係しています。光を吸収した物体の温度が上昇するためには電子の遷移で受け取ったエネルギーを振動に渡す仕組みが必要です。いくつかのステップを通って徐々に熱に変換されていく事になるでしょう。いろんな相互作用が必要です。原子一つがふつうに光を吸収してもその原子の運動が激しくなるという事は起こらないと考えられます。吸収と放出は平衡状態になるでしょうから吸収した光は放出する事になるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなりましたが、回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 光の反射と屈折について

    光の屈折と反射について教えてください。 光がある屈折率が大きい透明体を通過する際、物質中では電子に邪魔をされて光の速度が遅くなっていて、その物質から出た瞬間、またもとの光速に戻ります。そのときの 光のエネルギーの変化はどのようになっているのでしょうか?物質での吸収分や光速が戻ったときの光の状態に変化は? また、反射についても、ホイヘンスの原理でもいきなり 境界面に平面波が当たると反射するところから解説してあって、光が当たった面で一端エネルギーが吸収されて 入射光と同じ角度で逆向きの光を放出する現象とは書いてありません。このような解釈でよいのでしょうか? そのときも、入射光と反射光ではエネルギー変化がありそうですが。その辺がよくわかりません。

  • なぜ光は反射するの?

     例えば、鏡に光が入射したとき、光は反射されますよね。それは、原子レベルでその現象を見たときどのような現象が起きているのですか? 光が入射することによって、その光を受けた鏡面では微視的に見ると何が起きて反射しているのでしょうか?光子の話や鏡の原子構造の話とかで説明できるのでしょうか?    もうひとつ質問なのですが。  例えば、木材に光を入射した場合と鏡に入射した場合とでは、反射光の光の強さ?が異なりますよね。これは、光子エネルギーが吸収されたり、なにかしら失われることによって説明できるのでしょうか?  なんだかふと疑問に思ったので、どなたか教えてください!!宜しくお願いします。

  • 原子の光の吸収と放出

    光は原子に吸収され、原子は電子のエネルギー状態が上がります。私が知りたいのはその後の状況です。 励起エネルギーは熱やスペクトル放出に変わるらしいですが、例えば銅イオンのような物質は、どっちの様式を主体に定常状態に戻るのでしょうか? また、この原理を聞いて、もしフォトンが多すぎた場合、銅イオンなどは光を吸収し切れなくて、ただ乱反射(透過)してしまうだけの場合があると思うのですが、そういうことってありますか?

  • 光の反射

    金属光沢は、光を自由電子が吸収して励起され、 すぐにそのエネルギー分を光で放出するのでピカピカに見えると聞きました。 この過程はピカピカ感の無い普通の「反射」とは別の現象なのかと思いますが、 だとしたら普通の反射はどういう仕組みで起きるのでしょうか?教科書には 入射角反射角などのどんな風になるかばかりで、どんな仕組みで起きるかは 書いてません。

  • 波の反射について

     単純なことをお聞きします。  媒質1中を波が移動して、媒質2に反射すると、反射波として跳ね返ってきます。このとき、媒質2に屈折波として移動する波があります。  質問です?反射波はエネルギーロス無く反射されます。では屈折波のエネルギーは、何処から生まれるのですか?エネルギーといった概念がおかしい考えなのでしょうか?  お願いします。

  • 電子の放出・吸収について

    中3です。化学について質問させてください。 化学結合やイオンなどの単元において、電子の放出・吸収という言葉は 頻出しますが、そもそも何がそれを可能にしているのでしょうか。 また、その何かがあると仮定して、どんなきっかけでこのような電子の振る舞いが 起こるのでしょうか。 電子の放出・吸収と聞くと、経験則からあたかも電子が物質的なもので、 空気中を浮遊しているかのように聞こえますが、電子は原子の構成要素の1つであるので、 それが間違っているのはなんとなく分かりますが、このような考え方からまだ抜け出せません。 学校では「原子Aは物質的に安定したいから電子を吸収(放出)する」と教わりましたが、 「物質的に安定」とは、どういうことですか? 回答をよろしくお願いします。

  • 光の吸収について

    原子やイオンにはエネルギー準位がいくつもありますが、 基底種よりも励起種の方が光を吸収するような物質って存在するのでしょうか?

  • 光の反射のメカニズム

    光の反射の理由を調べていたら、色彩について説明しているサイトがありました。 そこには、光のエネルギーを受け取った電子がエネルギーの低い状態に戻るために光を発する。 というようなことが書かれていました。 また、ある質問ページでは、光の反射の理由を尋ねた質問者さんに、同じような回答がされていて、 さらに、金属は自由電子があるからよく反射する。とも言われていました。 しかし、これらのメカニズムでは、 1.金属より自由電子の少ないプラスチックの下敷きやフローリング、水面が鏡のように映る理由を説明できない。 2.鏡の一点だけ見ても、見る方向によって映る像が変わる理由を説明できない。 (電子のエネルギー放出には方向があるということでしょうか?) 3.光よりはるかに周波数が低いマイクロ波が反射する理由を説明できない。 (周波数の低い電磁波でもいろいろな角度からたくさん当てれば電子にエネルギーを与えられるのでしょうか?) などの問題がある気がします。 それとも、何か見落としがあるのでしょうか? 私のような物理にあまり詳しくない人間にもわかりやすく答えていただけると幸いです。

  • 金属面での反射光は偏光されないことについて

    一般に物体に光が当たって反射された光は偏光されているが、 物体が金属である場合は偏光されないことを知識としては 知っているのですが、理屈が分かりません・・・。 たとえば水面でも反射は起こるので水を考えてみましたが、 水と金属の違いで知っているものといえば、自由電子があるかないか の違いくらいしか思いつきません。 高校の先生が昔、「金属の場合は一度光を吸収して再び放出するような 感じになるから偏光でなくあらゆる方向に振動する波がでてくる」というような ことをおっしゃっていました・・・。光のエネルギーを吸収・放射するというと 私は光電効果・誘導放射(放出?)しか知らないのですが、関係ありますでしょうか? 詳しい方、よろしくお願いいたします。 (関係あるとして考察すると、太陽光の場合あらゆる振動数の光が当たるので 電子が基底状態からいくつかのエネルギー段階まであがって落ちてくるから 反射光が単色でない上に偏光でない・・・? 金属以外の場合は電子が各殻に固定されているから 電子は光のエネルギーを吸収も放出もしないから・・・。)

  • 全反射の反射について

    誘電体の全反射の反射率と反射による位相のズレがあるかどうかについて知りたいと思っています. スネルの法則より,屈折率が高い方から低い方に臨界角を超える入射角で光を入れると全反射しますが,ちょうど臨界角の場合,境界面に波ができるためロスがありそうですが(←これが正しいかどうかもわかっていません) 臨界角より大きい角で入射する場合はロスはないのでしょうか? ロスがある場合は,どのようにして求めればよいのでしょうか? また,この時の反射は自由端で考えればよいのでしょうか? 回答どうぞよろしくお願い致します.