• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

光の吸収: あらゆる波長の光を吸収するわけではないのに

こんにちは,光の吸収について勉強しています. 物質の電子のエネルギー準位は,とびとびのレベルをとるために,吸収する波長が限られる.基底準位と励起準位の差分エネルギーに相当する波長を持つ光が吸収される. と理解しております.すなわち,物質は何でもかんでも全ての光を吸収するわけではない,ということですね.すると, 1.例えば,何かの透明でない板(木でもプラスチックでも)があったとして,それが透けて見えない理由はなんでしょうか.この板の中にはあらゆる波長の光が吸収される程多くの色々な物質が入っているということでしょうか?  2.青い板があったとして,これは青以外の波長の光を吸収しているということですが,なぜ透けていないのでしょうか? 表の青色は,裏面からの透過光(を含んでいる)とは思えませんが. 3.Siの単結晶板も透明でありませんが,Siのバンドギャップは赤外域の波長(1200nm)に相当するようです.なぜ可視光を透過しないのでしょうか. 光の吸収を勉強していて,当たり前に思えていたことに疑問を覚えました.何か勘違いしているかも知れず,これも危惧しております.どうか,回答お願い申し上げます.宜しくお願いします.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数8670
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

よいご質問だと思います。実は深く掘り下げると奥の深い話になってきます。 とりあえずは基本部分のみ説明しましょう。 ご質問では透明ではないという理由をお考えですが、その場合には、単に吸収だけではなく散乱、反射も考えなければなりません。 まずは吸収からいきましょうか。 基本的には、 >物質の電子のエネルギー準位は,とびとびのレベルをとるために,吸収する波長が限られる.基底準位と励起準位の差分エネルギーに相当する波長を持つ光が吸収される. その理解でよいです。 ではその吸収する波長幅はどの程度になると思いますか? 幅が0になるでしょうか。実は0にはなりません。 このスペクトルの広がりには大きく分けると均一広がりと不均一広がりがあります。均一広がりの代表的なものは、励起準位の寿命です。 寿命が短いと幅は広くなります。(これは有限時間の波では単一周波数にはなりえないからでフーリエ変換すればわかります) 言い換えると励起準位自身が幅を持っているということを意味します。 次に不均一広がりですが、一つはドップラーシフトです。分子・原子毎にこのシフトがランダムにおきますので、全体として広がりを持ちます。特に気体では顕著ですが固体も格子振動していますので生じています。もう一つは原子・分子が周囲の原子・分子の影響を受けて共鳴する励起準位にずれが生じます。これも一つの原子・分子では広がりは見えませんが、集合体としては広がりを持ちます。 上記に書いた均一広がりや不均一広がりの原因はあくまで代表例であり、このほかにも色々あります。 さて、次にでは物質にはどの位の共鳴する励起準位があるのでしょうか? 構造が単純な原子でも実はかなりの数があります。それが分子となり、さらには分子の集団となるとき、その数は非常に多くなってきます。 つまり、整理すると、一つ一つの励起準位を取り上げても広がりがあり、それが更に沢山存在するわけですから、それらは重なり合い全体に吸収する部分が容易に生じるわけです。 そのため普段見かける物質の大半は幅広い範囲で吸収を示し、まったく吸収を示さない波長はほとんどありません。もちろん吸収の程度にはかなり差がありますが。 さて、吸収の次は散乱です。 一番わかりやすいのは磨りガラスです。ガラスは本来透明ですが、沢山の傷により光は色んな方向に散乱します。当然光源側に戻る成分もあり、透過率は100%では無くなります。また透過した光も散乱されているため、透明ではなく濁っています。 散乱の物理的原理を説明し出すと大変なので詳細は省略しますけど、基本的には原子・分子で一度光が吸収されてまた光として再放出される時に環境がランダムなので、方向もランダムになるという現象です。(環境が均一ならば入射光と同じ方向に進む光になり、これは透明体と同じです) 最後には反射です。 ガラスでも水面でもそうですが、斜めから光を入れると反射が強くなります。 つまり透過光量は少なくなります。 極端なのは金属反射です。実は金属のような導電体では光の電場を打ち消すように自由に動ける電子がいるため、この電子により電場か打ち消され、進入できません。その場合、その光のほとんどが反射してしまうわけです。(わずかには吸収されますので、それが金属毎に微妙に違う光沢の色になります) つまり金属はそもそも電場を打ち消されて進入できないので、光を通さないわけです。 さて、これで吸収、散乱、反射の三現象がわかりました。 >1.例えば,何かの透明でない板(木でもプラスチックでも)があったとして,それが透けて見えない理由はなんでしょうか まず、木で考えると、木を非常に薄くすることを考えてみます。カンナくずはその代表例です。すると光が散乱されるけど透過することがわかります。 これにより、まず強い吸収があることがわかります。 また散乱もあることがわかります。 反射は? たとえば木の表面をカンナがけしてきれいな面にすると、正反射の位置で太陽光を反射させてみると表面が輝き光が反射しているのがわかります。つまり反射もあるわけです。でも木が見えるということは、単に反射のためだけではなく散乱もあるということに気がつくでしょう。でないと木が見えません。 プラスチック板でもなんでもやはり同じですね。 >2.青い板があったとして,これは青以外の波長の光を吸収しているということですが,なぜ透けていないのでしょうか? こちらももうわかると思います。 青い板が見えるのは基本的には散乱によります。 ただ青く見えるのは何故でしょうか。それは青以外の波長は散乱より吸収が強いからということに他なりません。散乱時点でも吸収が強い波長の場合には散乱するより吸収が強くなるわけですね。 たとえばプラスチックの青い板をうんと薄くするとどうなるでしょうか。青いセロハンになるわけです。青い光は吸収が少ないけど他の色の吸収は強いわけです。 ただ青いといっても、青の光をまったく吸収しないわけではありませんから、厚みをますと結局光は透過して見えることはなくなります。 >3.Siの単結晶板も透明でありませんが,Siのバンドギャップは赤外域の波長(1200nm)に相当するようです.なぜ可視光を透過しないのでしょうか. バンドギャップより長波長はエネルギーが低いので透過しますね。 で、半導体の場合には単純に一つの準位ではありません。いくつもの吸収する準位があります。そのためそれら準位の重ね合わせとして幅広く吸収が生じています。 つまりバンドギャップEgより短波長では吸収領域が幅広く存在しているわけです。 もう一ついうと、光により励起された電子は価電子帯にいるわけですから、その構造はかなり金属と似ています。そのため見かけは金属と似た感じの金属反射のような感じに見えるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 光の吸収について

    原子やイオンにはエネルギー準位がいくつもありますが、 基底種よりも励起種の方が光を吸収するような物質って存在するのでしょうか?

  • 紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルについて

    「紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルが幅広になる理由を述べなさい」という問題について、ご教授願います。 講義の内容や、文献をあたった結果から以下のように自分なりに考えました。 「分子が紫外線や可視光を吸収すると基底状態にあった電子が励起され励起状態となる。このときのエネルギー差に相当するエネルギーを持った波長の光が吸収されスペクトルとなる。しかし、分子の持つエネルギーはほかに、振動エネルギーや回転エネルギーなどがあるため、実際に吸収するエネルギーの値は一定ではなく幅を持ったものとなる。このため、吸収される光の波長にも幅が生まれ結果としてスペクトルに幅が生まれる。」 この内容について、合っているか間違っているかを教えて頂きたいのが1点目の質問です。 そして、課題のヒントとして 「分子の基底状態は振動により核間距離に幅がある。フランクコンドンの原理にあるように吸収は核間距離を変化させずに起こる。基底状態から励起状態に遷移するためには励起状態に存在を許容する準位がなければならない。といったことを考えよ」 というものが与えられたのですが、これをどのように考えたらいいのかがわかりません。これが2点目の質問です。 以上の2点について、考え方の方向性やヒントを示していただけるだけでも構いませんので、ご解答をお願いします。

  • 物質の色と温度

    分子の励起エネルギーは飛び飛びの値しかとれない。よって,分子が吸収できる光のエネルギーも,飛び飛びの値しかとれない。分子が吸収する光のエネルギーと光の振動数との関係は,E=hνという式によって表されるので,分子が吸収する光の振動数も飛び飛びの値をとる。 物質の色というのは、電子のエネルギー準位間のエネルギー差によって決まる。 分子が色を持つには,分子が可視光に相当する振動数の光を吸収する必要があるが,これに相当する励起エネルギーは分子内の電子遷移に対応する。 これってつまり、物質に光エネルギーではなく、熱エネルギーを加えても物質の色は変化するのでしょか??

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • vq100mg
  • ベストアンサー率62% (17/27)

電子レンジのマイクロウェーブも同じ電磁波ですが、物質に吸収され熱になります。 励起など無縁の光量子エネルギしかもっていません。 電磁波と物質の相互作用は励起だけではありません。 電場により物質を構成する陽子と電子の位置関係が変化します(誘電分極)。 電波の領域なら配向分極、光の領域では原子分極、電子分極で、少し反応形態は違うのですが、交番電場に追従した振動が生じます。 この振動の一部が分子や格子の熱振動に乗り移ることになります。 これは誘電損失として吸収される過程ですが、導体の抵抗損としての吸収もあるでしょう。 金属は反射の際、電界に応じて動く伝導電子が格子振動に阻まれる事で損失を与えます。 カーボンのような抵抗体が黒いのは、反射させるほど導電率が高すぎず、透過するほど低くもなく、丁度良いのでしょう(自由空間の特性インピーダンスと上手く整合がとれている)。  このような基本的な損失機構に加え、不均一な物質の場合には、異なる屈折率(特性インピーダンス)の界面で繰り返し生じる反射や透過が、損失を助長するのだと思います。 ところで題意によれば、Siの可視域のみならず、長波長領域の透明度が気に成りませんか。 それは導電率に依存するそうです。 そこでの吸収は励起とは無縁の抵抗損が演じているようです。 > 物質は何でもかんでも全ての光を吸収するわけではない, 確かに吸収率の波長依存は大きいでしょう。 でも、吸収皆無の波長は存在しないのではありませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

3.Siの単結晶板も透明でありませんが,Siのバンドギャップは赤外域の波長(1200nm)に相当するようです.なぜ可視光を透過しないのでしょうか. Siの厚さに依存します。 Siは確かに可視光を吸収しますが、Si表面に光が到達した瞬間に全てが吸収されるわけではありません。入射する光の強度を Io とすると、Si表面からの深さzでの強度 I は  I=Io・exp(-α(λ)z) となり、深さとともに光は減衰して行きます。α(λ)は吸収係数で、α(λ)は長波長側ほど小さく、長波長の可視光の方が短波長のものより深くまで到達します。0.1umの厚さのSi板だったら、きっと透けて見えます。10umもあれば可視光では不透明になるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

>とびとびのレベルをとるために, のエネルギー順位ですが、一見ひとつの軌道と見える軌道、たとえばSP3のメタンあたりを連想してください、でも、複数の順位に分かれている。 たとえば、紫外の吸収エネルギーは、比較的ブローな吸収で幅広い範囲を持っています。一方、赤外では、指紋領域では鋭いピークがありますが、C=O結合の関係するブローナカーブがあります。これは、ひとつの固定した軌道ではなく幅広いエネルギーを吸収します。 たとえば、1200nmの光だけを吸収する軌道があったとします。1199nmの光のうちたまたま何かの影響をうけて軌道が1199nmに移動していた軌道があったので1199nmの光も吸収された。ところが、励起する関係で1200nmの光の吸収分しかエネルギーが使われなかった場合には、差のあまったエネルギーは原子や電子のもつ熱エネルギーとして蓄えられ、電子の軌道がずれます。ずれたけっか、1201nmの光を吸収すると励起できる軌道ができて、1201nmの光も吸収できるようになる、 というような雰囲気で考えてください(正確にはエネルギーバンドやエネルギー順位がぶしつの持つ熱エネルギーによって多少変かすした順位になってどうのこうの、不確定性原理がどうのこうのという議論になりますので、ない様の正確さはまったくありません)。 光の透過は、なにも吸収だけが関係するのではありません。 反射や回折があります。ぶしつにあたった光が反射される場合、TV放送程度の電波(光の一種です)を反射するには、3cm位の隙間のある金網で9割以上反射できます。ところが、マイクロはになると、一般程度の滑らかさが必要です(衛生放送のパラボラアンテナの滑らかさを思い出してください)。入った光が反射してしまう場合があります。光がぶつかり跳ね返るのですが、ぶしつは剛体ではありません。電子雲なんて電子が雨後いているだけですからこうしとの衝突の前後で、入社速度と反射速度には多少の違いが出ます。これをうまく使うと、入ってきた光を全部吸収してしまう「物」ができます。黒体、と呼ばれる実験装置があります。これです。 「電場暗室」と呼ばれる部屋があります。これも、反射をうまく使って電波が消える様にしています。 光のかいせき、反射と同じです。原子の粒にぶつかって原子間距離の合わない波長の光を反射してしまうのです。 見え方。人間の目は、十分明るいとどの光の波長でも白く見えます。十分暗い光は、どの光でも黒く見えます。 3.シリコン単結晶は見たことがない(せいぜい科学博物館の展示品程度)ので回答不能。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#142909
noname#142909

物質の密度が高いと光は透過できません。 例えば板を薄くスライスすれば光が透過しますね 物を見る場合たいていは反射光を見ています青い物は青以外の色を吸収するので青く見えます。 といっても人間が青く見えるような光を反射している訳で可視光以外の物も反射しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 光伝導性の問題です。

    半導体、絶縁体のバンドギャップは Si (Eg=1.9×10^-19J), Ge (Eg=1.3×10^-19J), Cds (Eg=3.8×10^-19J)である。 どの物質が可視光の波長全体にわたる光伝導性をしめすか? ただし、可視光の波長領域は450nm~600nmとする。 という問題なのですがどうやって解いたらいいのかわかりません。 誰か教えて下さいおねがいします。

  • ガラス吸収

    紫外光では電子が励起するため吸収が生じるのはなんとなく意味が分かるのですが、可視光や赤外光でも (波長が長い)吸収がおこるって聞いたのですが本当でしょうか?もし、起こるのならなぜおこるのでしょうか?

  • 光の吸収について

    物体に近赤外光を照射したとき分子の官能基にそれぞれ独自の近赤外光を吸収する波長があり、近赤外域における吸収は、全て赤外域での基準振動の倍音または結合音による振動によって生じます。 そこで質問なのですが、倍音は基本音が起こった時にしか起こらないのでしょうか?倍音のみ起こることはないのでしょうか? あと、官能基には基準振動があり、基準振動エネルギーと同じ光エネルギーが照射されたらエネルギー準位が遷移し、分子には電子エネルギー準位、振動エネルギー準位、回転エネルギー準位がありますが光が照射されたときどのエネルギー準位が遷移するのかはどのように決まるのでしょうか?

  • 励起子再結合による光の放出について

    半導体における励起子再結合による光の放出についてなのですが 放出する光の波長がバンドギャップよりも一般的に長いのは 不純物準位により非輻射緩和が起こるせいなのですよね? それだとドナー準位だと納得出来ますが、アクセプター準位しか持たないものだと吸収した光に対して、1割とか2割くらいのエネルギーしか持たないということになるのでしょうか?

  • 原子の光の吸収と放出

    光は原子に吸収され、原子は電子のエネルギー状態が上がります。私が知りたいのはその後の状況です。 励起エネルギーは熱やスペクトル放出に変わるらしいですが、例えば銅イオンのような物質は、どっちの様式を主体に定常状態に戻るのでしょうか? また、この原理を聞いて、もしフォトンが多すぎた場合、銅イオンなどは光を吸収し切れなくて、ただ乱反射(透過)してしまうだけの場合があると思うのですが、そういうことってありますか?

  • Siが可視光で光触媒活性を示さない理由

    Siが可視光で光触媒活性を示さない理由 シリコンのバンドギャップは1eVほどであるため、可視光で簡単に励起され光触媒活性を示すと思ったのですが違うようです なぜですか?

  • 光のエネルギーについて

    何度も質問してすいません。 化学を忘れしまっていたので 質問させていただきます。 光の波長からエネルギーを求めるとき λν=c E=hν より E=h×c/λ (c:真空中の光速、h:プランク定数6.626×10のマイナス34じょうJ) で求められる ということであってるでしょうか? cは多分どの本見ても載っているかと思いますが 自分で調べろとおっしゃられるかと思いますが 教えていただけるとうれしいです。 (化学からかなり離れていたもので) 後単位は E:ジュール λ:nm であってますでしょうか? また、有機化合物の励起一重項、励起三重項のエネルギー準位を求めるために蛍光、りん光の極大吸収波長で上に示した計算でエネルギー準位が求められると考えていいのでしょうか? このときの単位は J/molになるのでしょうか? また蛍光、りん光寿命はシャッターを閉めてから発光が1/e(37%ぐらい)になるまでの時間であってますでしょうか? 一時期化学勉強していたのですが、ブランクがありいろいろ忘れてしまったので質問させていただきました。

  • 光の散乱

    光の散乱についてですが、 原理といして、1つのフォトンを吸収し、仮の電子状態に励起した後、元の準位に遷移する際、光が発生すると理解しているのですが、 そもそも、吸収するフォトンのエネルギーは準位間のエネルギーと等しいので、なぜ仮の電子状態に励起されるのかがわかりません。

  • ◆ 光分析方法に関してです ◆

    光分析の質問と確認です。よろしくお願いします。 ・UV-vis スペクトル 物質が入った液体に、さまざまな波長の光(普通は、λ=200~800nmくらいかな)をあてて、吸収を見るものですよね? ですので、例としてλ=500nmにのみ一個の山がでたら、物質は500nmの光、即ち緑色の光をすっているので赤紫っぽい色に見えるのですよね? ・Emission スペクトル UV-visで取ったデータをみて、先の例でみれば500nmにのみピークが出ているとしているので、500nmの波長の光をあてます。 そして、その光によって分子内の電子が励起される。その後励起された電子が降りてくるので、その時に放つ光(蛍光や燐光)を測定するものですよね? ここで疑問です、波長が500nmの光を当てた際に励起された電子が、基底状態に戻る時に放つ光の波長があります。 この、励起するさいに当てた光と、蛍光や燐光として放たれた光とで、何か関係式などありますか? それは、もし100nmの光で励起したら、蛍光や燐光も100nmの光を出す。といった関係のことです。 ・Excitation スペクトル ここで、先のはだいたい概念はあっていたとおもうのですが、これが問題なのです。 (もし上の方も間違っていたら、↑は撤回で、指摘してください) 私が知っているのは、UV-vis Spectraと同じような形状の波形を描くということだけなのです… 詳しく説明していただけたら、幸いです。 以上、私が合っていると思っているUV-visとEmissionと、さっぱり謎なExcitationです。 多々ありますが、よろしくお願いします。 ちなみに、上記の分析を用いて、濃度などを測るとうことは私はやりません。 私は合成をしているので、あくまで自分で合成した物質の同定や、物性比較のため知る必要がでてきたからです。 できれば詳しくよろしくお願いします。

  • 可視光と近赤外光

    ある参考書で近赤外光は可視光や赤外光に比べて物質を透過しやすいと書いてあったのですが、実際どの程度透過しやすいのでしょうか? またその透過しやすさは他の波長の光と比べて明らかに違いがあるのでしょうか? 可視光など他の光と比べて教えてもらえるとありがたいです。 よろしくお願いします。