• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ光は反射するの?

 例えば、鏡に光が入射したとき、光は反射されますよね。それは、原子レベルでその現象を見たときどのような現象が起きているのですか? 光が入射することによって、その光を受けた鏡面では微視的に見ると何が起きて反射しているのでしょうか?光子の話や鏡の原子構造の話とかで説明できるのでしょうか?    もうひとつ質問なのですが。  例えば、木材に光を入射した場合と鏡に入射した場合とでは、反射光の光の強さ?が異なりますよね。これは、光子エネルギーが吸収されたり、なにかしら失われることによって説明できるのでしょうか?  なんだかふと疑問に思ったので、どなたか教えてください!!宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数930
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

物性は専門でないので、不正確だったりあいまいな箇所があると思いますが、分かる範囲で説明してみます。 原子で光が散乱されるのはご存知ですか? イメージ的には、No.1さんがおっしゃったようにボールが硬いものにぶつかって弾かれた、ということになります。 固体の中でも同じことが起きます。 X線の回折実験というのが高校物理で出てきます。X線が原子にあたると、跳ね返されてくる、というやつです。 もっとエネルギーが下がって、紫外線くらいになるとちょっと話は違ってきます。 何が起こるかと言うと、単純にカーンと弾かれてくるのではなく、光が吸収される現象が起きてきます。有機化合物なら、ベンゼンなどは紫外線を吸収しますね。 もうちょっとエネルギーが下がって可視光でも状況は同じで、光の吸収が起こるために色素は着色してきます。 木材も、中身は多種多様な有機物の塊で、光の吸収が強く起こります。 では金属と木材の違いはなんなのか? 金属の中身は、有機化合物のように個々の分子が詰まっているのではなく、いわゆる金属結合といって、自由電子が金属イオンの詰まっている中を飛び回っている状態です。 これは、電子が分子やイオンの中にとらわれている有機化合物および塩の中身とは大きく異なった状況です。 電子はかなり好き勝手に飛び回ることができ、その性質は電子が何も無い空間を気ままに運動しているというかなり乱暴に思えるモデルで、よく表すことができます。 細かいことは省きますが、金属が可視光を強く反射するのは、この自由電子のおかげです。外からやってきた光(可視光)によって、自由電子の”気体”が揺り動かされ、光は反射されます。 有機化合物でも金属光沢を発するものがあります。 パイ共役化合物といって、分子内をある程度自由に動くことのできる電子(パイ電子)を持つ化合物があります。分子をうまく設計すると、固体状態で分子同士のパイ電子が相互作用し、電子が固体全体を運動できるようになります。すると、上述した自由電子と同様の状況となり、炭素や窒素、硫黄などでできた化合物なのに金ぴかになったりします。 白川先生がポリアセチレンでノーベル化学賞をとられましたが、あのようなパイ共役高分子は半導体的な性質を持っており、ちょっといじってやると金属光沢を発します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 物理的に詳しく説明していただきありがとうございます。量子の世界って不思議ですね。大学ではこういった話の授業が少なかったので難しい専門用語が多かったのですが、自分で頑張って調べてみます!本当にありがとうございました!!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • ewyr-05
  • ベストアンサー率23% (49/213)

手のひらを太陽にかざすと良く分かります。 どうも人間のからだは光を通過出来るようです。 木材のカンナクズを光にかざしましょう。 光は通過します。 この事から、通過率と吸収が関係があるらしいです。 海面は理想の電波反射体である。 こんな事を連想しました。 でも、光は50mでも進むんです。 塗装した鉄はあまり光を反射しませんが、 電波は反射します。 これは、光が塗料に吸収された(内部に通過した) こう見るべきでしょう。 鉄を0.1ミリのカンナクズと同じ厚さにしても、 光も電波も通過出来ません。 原子配列や密度に関係があるかもしれません。 きっと専門家さんが詳しく教えてくれるよ。 ^_^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます!違った観点からのイメージ話でイメージが掴めました。これから電磁波や量子の勉強をしたいと思うようになりました。ありがとうございました!!

  • 回答No.4
  • YomTM
  • ベストアンサー率25% (14/56)

 少し違った切り口で説明してみます。  ボールが壁にぶつかって跳ね返るのは、微視的に見ると、電子雲の反発です。  一方で、光子には粒子性と波動性がありますが、粒子性でこの現象を解釈するのは乱暴なような気がしますので、波動性で考えます。  海の波や、ロープの振動をイメージしてみてはいかがでしょうか?防波堤や、ロープの固定端では、波やロープは反射されます(見えるのは、直接波と反射波の合成波ですが)。しかし、砂浜や、ロープの自由端では、あまり反射が起こりません。  No.2やNo.3の方が正確だと思いますが、あくまでイメージ的なご説明ということでご理解くだされば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます!光の性質って本当に不思議ですね。非常に分かりやすい話でイメージが出来ました。ありがとうございました!!

  • 回答No.2

光は電磁波の一種です。波の長さ、つまり波長の違いにより、ラジオたテレビで使用する電波だったり、赤外線だったり、紫外線だったり、X線やγ線の放射線になります。 この電磁波は電界(電気的雰囲気)と磁界(磁気的雰囲気)の変動が伝わっていくもので、物質中の電子は、電界によって力を受け、振動を始めます。 そもそも電磁波は、電荷が振動することによって発生しているとも言えるので、この物質中の電子の振動によって二次的な電磁波が発生します。 この二次的な電磁波を見ているのが反射光と言えるでしょうね。従って、物質中の原子の結合状態、その挙動によって、反射光は色々な様相を示すと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます!光に関する様々な現象は、不思議で本当に面白いですね。ますます興味を持つようになりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • abcdsfg
  • ベストアンサー率16% (68/415)

イメージとしては、ボールが何かにぶつかると跳ね返る・弾むのと同じだと思えばいいのでは? 堅いものにぶつかると、大きく弾むけど。やわらかいものだと小さい。 光の場合、堅いものが鏡にあたると思えば

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます!わかりやすい話で頭の中でイメージできました。

関連するQ&A

  • 光の屈折、反射、吸収

    光の屈折、反射、吸収に関する質問です。良くわかっていないので質問自体間違っているかもしれません。 質問1 光は屈折によって弱まることはないんでしょうか? 例えば吸収率0の物質によって屈折を延々と繰り返した光は、屈折を繰り返した前と後で全く同じエネルギーを持っているんでしょうか。屈折により方向を変えた光はエネルギーを失わないんでしょうか。 質問2 光は反射する際、タイムロスしないんでしょうか? 例えば真空かつ無重力の空間で光を発射し30万Km先に届く時間と、15万Km先に反射板(鏡)を設置し反射して戻ってくる時間は完全に一致しているんでしょうか? 完全に一致しているとすると、反射物質に吸収され放出される時間は0という事になりますが、日常の常識的に考えると吸収して放出するんだからそれが全く同時に行われるというのは想像しにくいんですが、説明お願いします。また、タイムロスがあるとすると最も早く反射する物質は何なんでしょうか。その時間はどのくらいなんでしょうか。 質問3 光を吸収した原子はその分のエネルギーもしくは質量をどこに持つんですか? あと、光を吸収する物質と、光を吸収し放出する物質(反射する物質)は原子レベルでは何が違っていて、振る舞いが異なるんですか? その違いは何なんでしょうか? いっぱい質問してすいません。一つでもいいので、やさしく教えてください。よろしくお願いします。

  • 光の反射

    金属光沢は、光を自由電子が吸収して励起され、 すぐにそのエネルギー分を光で放出するのでピカピカに見えると聞きました。 この過程はピカピカ感の無い普通の「反射」とは別の現象なのかと思いますが、 だとしたら普通の反射はどういう仕組みで起きるのでしょうか?教科書には 入射角反射角などのどんな風になるかばかりで、どんな仕組みで起きるかは 書いてません。

  • 光の反射と屈折について

    光の屈折と反射について教えてください。 光がある屈折率が大きい透明体を通過する際、物質中では電子に邪魔をされて光の速度が遅くなっていて、その物質から出た瞬間、またもとの光速に戻ります。そのときの 光のエネルギーの変化はどのようになっているのでしょうか?物質での吸収分や光速が戻ったときの光の状態に変化は? また、反射についても、ホイヘンスの原理でもいきなり 境界面に平面波が当たると反射するところから解説してあって、光が当たった面で一端エネルギーが吸収されて 入射光と同じ角度で逆向きの光を放出する現象とは書いてありません。このような解釈でよいのでしょうか? そのときも、入射光と反射光ではエネルギー変化がありそうですが。その辺がよくわかりません。

  • 反射された光の減衰率について

    光の透過率について、以下のような場合どう考えればいいのか分かりません。なにかの参考書の問題として解いているわけではないのですが、気になって仕方ありません。どなたかご教授お願いいたします。 ============================================================= 光を吸収するある媒質中で、強度Iの光が鏡などの界面で全反射した場合、反射後の光強度(I2)の減衰曲線はどのようになるのでしょうか? ランベルト・ベールの法則から、I2=I*exp(-kx) ---> k:吸収係数,x:経路長 の式に従って、光の強度は指数関数的に減衰していくと思うのですが、その減衰していった光が途中で反射された場合、反射した点からの経路長で再び強度を計算すればよいのでしょうか? この場合、反射が起こる点で、曲線の形(減衰のしかた)が変わってしまうと 思うのですが、この考え方で大丈夫なのでしょうか? ============================================================== 入射前から反射後までの合計経路長で計算する方が、 なんとなくイメージしやすいのですが、 この考え方が間違っていましたら、 どこが間違いなのかも教えていただければ幸いです。 かなり分かりにくい文章になってしまったかもしれませんが、 よろしくお願いします。

  • 光の反射のメカニズム

    光の反射の理由を調べていたら、色彩について説明しているサイトがありました。 そこには、光のエネルギーを受け取った電子がエネルギーの低い状態に戻るために光を発する。 というようなことが書かれていました。 また、ある質問ページでは、光の反射の理由を尋ねた質問者さんに、同じような回答がされていて、 さらに、金属は自由電子があるからよく反射する。とも言われていました。 しかし、これらのメカニズムでは、 1.金属より自由電子の少ないプラスチックの下敷きやフローリング、水面が鏡のように映る理由を説明できない。 2.鏡の一点だけ見ても、見る方向によって映る像が変わる理由を説明できない。 (電子のエネルギー放出には方向があるということでしょうか?) 3.光よりはるかに周波数が低いマイクロ波が反射する理由を説明できない。 (周波数の低い電磁波でもいろいろな角度からたくさん当てれば電子にエネルギーを与えられるのでしょうか?) などの問題がある気がします。 それとも、何か見落としがあるのでしょうか? 私のような物理にあまり詳しくない人間にもわかりやすく答えていただけると幸いです。

  • 光の反射について

    光が反射するのに光自身の波長や面の色は関係あるのでしょうか? というと質問が不適切かもしれません。要は俗な言い方で「ピカっ」とまぶしく光る反射の事です。 物は基本的に吸収される波長の色がその色(見える色)なので、それ以外は反射しているといえばそれまでですが、そうではなくてまぶしい光のように反射するのに波長や面の色は関係あるのでしょうか? 鏡面のように滑らかかどうかだけでしょうか?

  • 境界面での光の反射と透過 エネルギーが保存しない?

    境界面での光の反射と透過 エネルギーが保存しない? フレネルの式から境界面での光の反射と透過を計算しています。吸収がある媒質の場合、振幅反射率と振幅透過率が以下のように書けると思います(垂直入射)。 r = ((n1-i*k1)-(n2-i*k2)) / ((n1-i*k1)+(n2-i*k2)) t = 2*(n1-i*k1) / ((n1-i*k1)+(n2-i*k2)) しかしこの式に基づいて透過波を計算すると、 入射波より透過波の方が振幅が大きくなったり、 かつパワー反射率とパワー透過率の和が1 と 等しくなくなったりします。 エネルギーが保存しないのは物理的におかしいと 思うのですが、フレネルの式はなにか間違って いるのでしょうか? 吸収がない場合にはちゃんと和が1 になってくれます。 ここのところずっと悩んでいます。 よろしくお願い致します。

  • 鏡面反射率と拡散反射率の関係を教えて下さい

    今光の反射について独学で勉強しているのですが(CG方面から) 、こんがらがってしまったので、助けて下さい。 実世界において、物体の反射率が、100%を越えるコトは無いですよね? 鏡面反射率は入射光のうち鏡面反射する割合 拡散反射率は入射光のうち拡散反射する割合 という理解をしています。 この理解だと 入射光=鏡面反射光+拡散反射光+その他(吸収などにより消えた分) で必ず  鏡面反射率+拡散反射率 <= 100%  になると考えているのですがどうでしょう、間違った理解をしてますでしょうか? CG作成時は現実にありえない数値が設定できてしまうので確信が持てません、どうか御教授ください。 CG作成にはPov-Rayなるものを使用しております。

  • 反射率について

    空気中でガラスの反射率を入射光の角度ごとに計算しようとしています。 絶対屈折率が1.51です。入射光の角度をθとします。 以上の条件で反射率は計算できるでしょうか。 (光の吸収は無視します)

  • 球体の鏡での光の反射について

    先日テレビで球体の鏡の中に入るとどう見えるかという実験を見ました。 光源を球体の鏡の中に入れて実験していましたが、光が反射を繰り返して中が光に溢れるのかと想像していましたが違いました。 トンネル内で音が反響するように、球体の中で発した光は逃げ場がないので無限に反射して光に溢れるのかと思いましたが、実際にはそうならないようです。なぜでしょうか? 光はどこに行ったのですか? 球体の鏡の中には光源と実験をする人とカメラが入っていたようでした。 実験で使っていた鏡は全反射鏡みたいでした。 人の皮膚や服などが光を吸収してしまうのでしょうか?