• ベストアンサー
  • 困ってます

反射された光の減衰率について

光の透過率について、以下のような場合どう考えればいいのか分かりません。なにかの参考書の問題として解いているわけではないのですが、気になって仕方ありません。どなたかご教授お願いいたします。 ============================================================= 光を吸収するある媒質中で、強度Iの光が鏡などの界面で全反射した場合、反射後の光強度(I2)の減衰曲線はどのようになるのでしょうか? ランベルト・ベールの法則から、I2=I*exp(-kx) ---> k:吸収係数,x:経路長 の式に従って、光の強度は指数関数的に減衰していくと思うのですが、その減衰していった光が途中で反射された場合、反射した点からの経路長で再び強度を計算すればよいのでしょうか? この場合、反射が起こる点で、曲線の形(減衰のしかた)が変わってしまうと 思うのですが、この考え方で大丈夫なのでしょうか? ============================================================== 入射前から反射後までの合計経路長で計算する方が、 なんとなくイメージしやすいのですが、 この考え方が間違っていましたら、 どこが間違いなのかも教えていただければ幸いです。 かなり分かりにくい文章になってしまったかもしれませんが、 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2085
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#185706
noname#185706

どちらで計算しても同じです(当たり前ですが)。 強度の初期値を I0 とすると 経路長 L1 を隔てた反射点での強度は I1 = I0×exp(- k L1)。 反射点から経路長 L2 を隔てた点での反射光の強度は I2 = I1×exp(- k L2) = I0×exp(- k L1)×exp(- k L2) = I0×exp[- k(L1 + L2)]。 >反射した点からの経路長で再び強度を計算・・・この場合、反射が起こる点で、曲線の形(減衰のしかた)が変わってしまうと 思うのですが、 強度の「初期値」がリセットされるだけで、指数関数的減衰の形が変わるわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答ありがとうございました。 >反射点から経路長L2を隔てた... I2=I0×exp[-k(L1+L2)] ありがとうございました。 式をみて自分の勘違いに気づけました。 反射光の初期値をリセットしないまま減衰カーブの形を考えてました。 しょうもない勘違いで質問してしまいましたが、 丁寧にご回答いただきありがとうございました!

関連するQ&A

  • 境界面での光の反射と透過 エネルギーが保存しない?

    境界面での光の反射と透過 エネルギーが保存しない? フレネルの式から境界面での光の反射と透過を計算しています。吸収がある媒質の場合、振幅反射率と振幅透過率が以下のように書けると思います(垂直入射)。 r = ((n1-i*k1)-(n2-i*k2)) / ((n1-i*k1)+(n2-i*k2)) t = 2*(n1-i*k1) / ((n1-i*k1)+(n2-i*k2)) しかしこの式に基づいて透過波を計算すると、 入射波より透過波の方が振幅が大きくなったり、 かつパワー反射率とパワー透過率の和が1 と 等しくなくなったりします。 エネルギーが保存しないのは物理的におかしいと 思うのですが、フレネルの式はなにか間違って いるのでしょうか? 吸収がない場合にはちゃんと和が1 になってくれます。 ここのところずっと悩んでいます。 よろしくお願い致します。

  • 透明樹脂内の光強度はどのように算出するの

    質問1: 厚さ10mmの透明樹脂Aの透過率が0.95のとき、厚み1000mmであればその透過率は ランベルト(Lanbert)の法則を用いて0.95^(1000/10)≒0.0059でよいでしょうか (この値(0.0059)は、入光する前の光の垂直強度?1が、出光面を出たら0.0059になるとの理解でよいでしょうか) 質問2: 厚み1000mmの上記透明樹脂A(厚さ10mmの透明樹脂Aの透過率が0.95)において、500mm位置の光強度は、入光する前の光強度を1とすると、単純にランベルト(Lanbert)の法則式を用いればよいのでしょうか、それとも、樹脂内の任意位置なので、距離の逆二乗則に減衰すると考えるのでしょうか。 質問3: ランベルト(Lanbert)の法則が成り立つのは、面光源(平行光線)だけでしょうか、点光源でも成り立ちますか。また、質問2を考える場合は、透明樹脂のどのような光学特性を参考にすればよいのでしょうか? よろしく、ご指導お願いいたします。

  • ランベルトベールの法則での界面の反射率の取り扱い

    ランベルトベールの法則では試料の全体の透過率をT, 試料入射前の光強度をIin, 試料透過後の光強度をIout, aを試料の吸収係数, lを試料の厚さとした場合, T=Iout/Iin, =exp(-al), ----(1) という法則が成り立つ, とよく説明がされています. また, 吸収係数aと消衰係数k*は次の関係にあります. a=4πk*/λ. 従って, k* =aλ/4π =a(c/f)/4π f:周波数, c:光速 =ac/2w, ---- (2) w:角周波数 となります. ここで疑問なのですが, 以下のように光が試料を透過する現象を式で表すと, 上述したランベルトベールの法則と若干の矛盾が生じます. 入射光の複素電界を<Ein>, 試料を透過した光の複素電界を<Eout>とすると( <>は複素数を表す), <Ein>=E'exp(-iwt+ikr), <Eout>=E'<t0t1>exp{-iw(t+t')+ik(r+<n>l)}=E'<t0t1>exp(-n''kl)exp{-iw(t+t')+ik(r+n'l)}, と書けると思います. なお, E':入射光の振幅, w:角周波数, t,t':時刻, k:波数, r:位置, <t0>と<t1>:試料の界面による複素振幅反射率(今回は試料の前面及び後面のみの反射率を考え, 多重反射については無視), <n>:試料の複素屈折率で<n>=n'-in''. このとき, 上述した試料の全体の透過率をTとすると, T=(|<Eout>|/|<Ein>|)^2, =|<t0t1>|^2exp(-2n''kl), ----(3) ここで, 屈折率の虚部とは消衰係数のことですので(n''=k*), (2)式を考慮すれば, T=|<t0t1>|^2exp(-al), ※kは波数ですのでk=w/cとしました. kとk*の混同に注意, わかりづらくてすみません... となります. (1)式と(3)式を比べると, ランベルトベールの法則では試料界面の振幅透過率については考慮されていないように見えますが, ランベルトベールの法則とは界面の反射率は無視しているのでしょうか. また, 私が何か誤解しているのでしょうか. アドバイスいただけたら嬉しいです. 宜しくお願いします.

  • 光の吸収について

    材料に光を当てた時、材料は光を吸収して温度が上昇すると思うのですが、この温度上昇を、光の強度や材料の吸収係数等から計算で出すことってできますか? 参考になる文献等があればそちらも教えてください。よろしくお願いします。

  • 吸収係数

    光の透過率の式 T=(1-R)^2×exp(-αL)  から 吸収係数 α=(-ln(T1)+ln(T2))/(L1-L2)を導きたいのですがどうすればよいかわかりません。 ご指導お願いします。 物質表面での反射があるため、吸収係数をもとめるには、厚さがL1、L2の2種類の試料の透過率T1、T2とします。Rは材料表面の反射率です

  • ランベルトの法則について

    光の吸収についてランベルトの法則として、 I=I0*exp(-αx) (I0:入射光量、α:吸収係数) が知られていますが、吸収されなかった残りの光が、透過物体の終端面で100%反射した場合、折り返しの光は再び透過物体中で吸収されるのでしょうか、それとももはや吸収されることはないのでしょうか、詳しい方ご教示願います。

  • 反射率+透過率 が 1 にならない理由について

    電磁波の問題のですが・・・ http://laboratory.sub.jp/phy/25.html のページの一番下の「透過・反射」のところです。 最後に、反射率(R)+透過率(T)=1 とありますが、計算しても 1 になりません。 (ε_n)/(μ_n)  nは任意の数 が、常に一定と仮定すれば R+T=1 となります。 しかし、実際は媒質によって変わってきますよね? ってことは常に R+T=1 は成り立たない気がします。 もし成り立たないなら、物理的にどういった意味があるのでしょうか?

  • 色と光の関係+赤外線反射物質

    以下の質問に対する回答と、間違っている文章がありましたらご指摘ください。 ・リンゴ 青緑色の光を吸収し、それ以外の光は反射 →青緑色の補色である赤色をリンゴの色として認識 Q1.リンゴが不透明であるのは、透過率がゼロだから?散乱しているから? Q2.半透明とは? ・ガラス 可視光線領域の電磁波の吸収帯がない為、可視光線を反射もしくは透過。 ※透明であるのは、吸収・散乱がない為。 Q3.赤外線を反射させる物質とは、赤外線領域に吸収帯を持たず、散乱するということ? Q4.かき氷等の光の散乱の際、可視光線以外の電磁波(赤外線等)も散乱している? どうぞよろしくお願いします。

  • 光ファイバの光の伝播

    そもそも光ファイバは、全反射させる必要があるのでしょうか。 光の入射角に角度を付け全反射させて、光を伝播させるよりは、入射角をゼロにしてまっすぐ光を導波させる方が、光の減衰を無くしたり、経路の短縮に繋がるのではないのでしょうか?

  • 反射率について

    空気中でガラスの反射率を入射光の角度ごとに計算しようとしています。 絶対屈折率が1.51です。入射光の角度をθとします。 以上の条件で反射率は計算できるでしょうか。 (光の吸収は無視します)