• ベストアンサー
  • 困ってます

紫外吸収について

勉強不足で申し訳ありませんが、物質の紫外吸収について教えて頂けませんか?本には多重結合を持った化合物中を、紫外と可視領域の電磁波が通過すると電子の励起が起こって光が吸収される、とあるのですが、この説明からは単結合しか持たない物質は吸収を示さないのでは?と考えてしまうのですが間違いありませんか?二重結合を持たない化合物ではどんなものでも、最大吸収などは取れないものなのでしょうか?またそれならば、金属イオンの紫外吸収などはどういうことなのでしょう?ご回答よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数781
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

遅くなりまして申し訳ありません。過去に見たページを探し出せなくなって。(T T >>この説明からは単結合しか持たない物質は吸収を示さないのでは? そんなことはありません。しかし通常の紫外可視分光光度計では波長で200nm~700nm程度までしか測定できません。それより波長の短い(エネルギーの高い)領域では空気中の酸素、窒素、水、などなどが光を吸収してしまうため「真空紫外」領域用の分光光度計が必要になります。このような装置では実際に真空中で測定を行います。すると単結合の電子が励起される吸収が測定できます。 >>金属イオンの紫外吸収などはどういうことなのでしょう? 添付URLをご覧下さい。宝石屋さんのHPですが親切なものですねー。 遷移金属の発色はこんな風にして説明されています。またこの発色が遷移金属の特徴でもあります。このような軌道混成が遷移金属が化学合成の触媒として広く用いられる理由の基本にもなっています。

参考URL:
http://homepage3.nifty.com/such/shumi/shumi2/color.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざありがとうございました。真空紫外用の分光光度計というのは知りませんでした。またご紹介のHPも、私にもなんとか理解できる内容で大変分かりやすかったです。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ニトロフェノールのp,o異性体の色はどうしてoのほうが濃いのですか?

    ニトロフェノールのp,o異性体の色はどうしてoのほうが濃いのですか? いろいろなサイトで共役二重結合(電子が非局在化)があるものほど可視光線を吸収するからとありました。 またあるところでは 『電子というものは、狭いところに閉じ込めておくよりも広いところに放してやったほうが落ち着いて安定になります。一ヶ所の二重結合内に閉じ込めておかれるよりも、共役二重結合の非局在化で広々としたところに放たれたほうが落ち着きがよいのです。狭いところに閉じ込められた電子を揺さぶるには振動数の大きな電磁波が必要ですが、広いところに放たれた電子を揺さぶるには振動数の小さな電磁波で十分です。そのことは、吸収する光の波長という形で現れてきます。c=fλ です。cは光速で一定。振動数fが大きくなると波長λは小さくなります。逆に振動数fが小さくなると波長λは大きくなります。 共役二重結合が短いと吸収波長は短く、共役二重結合が長くなると吸収波長が長くなって、ついに目に見える「色」を吸収するようになり、物質に色がつくことになります。』 というのもありました。 しかし、p、もoもどちらも共役二重結合の数は同じように見えます。 どちらもキノイド状態のときでも考えましたが、まったく理由がわかりませんでした。

  • 1-メチルシクロヘキサノールの脱水反応

    触媒を用いて1-メチルシクロヘキサノールを脱水反応させたときに生じる生成物を求める問題を解いてみました。 私の回答は「メチルシクロペンテン」と「シクロペンタンに二重結合でCH2がついた化合物」の二種類ができるというものになりました。 考えは合っているかどうかとシクロペンタンに二重結合でCH2がついた化合物の命名法を教えてください。 お時間があったら、解説もお願いします。

  • ガラス吸収

    紫外光では電子が励起するため吸収が生じるのはなんとなく意味が分かるのですが、可視光や赤外光でも (波長が長い)吸収がおこるって聞いたのですが本当でしょうか?もし、起こるのならなぜおこるのでしょうか?

  • 定期試験の過去問が解けません

    化合物Aは無職の不飽和脂肪酸である。 (1)化合物Aを0.282g含む溶液の中和滴定を行ったところ0.05NのNaOH 20mlを必要とした。Aの分子量を求めよ。 (2)化合物Aを0.282g用意して水素添加を行ったところ水素の吸収量は0℃1気圧で22.4mlであった。Aに含まれる二重結合の数を求めよ。 (3)Aを四酸化オスミウムで酸化したところ9位と10位の炭素が水酸化したジオールが得られた。ふせい炭素の位置を考慮してAの示性式を示せ。 (1)のN(規定)はmol/lとして計算していいのでしょうか?   そうすると分子量は282になりました。 (2)状態方程式で反応に利用した水素のmolを求めてAのmolと対比して二重結合の量を求めることはできますか? 分子量が282だとしたら二重結合の数は1つですか? (3)9-10の間が二重結合ということだけは分ります。全体の炭素の数を求めることが出来ません。 おねがいします。

  • 化学、二重結合の判断の質問

    分子式 C7H14O2 の化合物Aを希塩酸中で加熱すると,化合物Bと分子式 C3H6O2 の化合物Cが得られた。 また,化合物Cは別の化合物Dより以下の方法でも得られた。 化合物Dを注意深く酸化すると化合物Eが生じ,さらに酸化すると化合物Fとなった。 化合物Fの1mol は触媒の存在下で水素1mol と反応し,化合物Cが得られた。 このとき、F1molと水素1molが反応したので付加反応よって二重結合 と解答にかいてあったのですが、なぜF1molと水素1molが反応したら付加反応なのですか また、付加反応なら三重結合もそうなのに、二重結合なのはなぜなのでしょうか

  • 紫外可視吸光度測定法について

    紫外可視吸光度測定法の問題で・・・ 「紫外吸光度測定法は電子エネルギーの吸収を利用したものであり、可視吸光度測定法は原子核間の振動エネルギーの変化を利用したものである」 という文が正しいか間違っているのか考えているのですが、ちょっと困っています。。 紫外可視吸光度測定法というのは、簡単に言えば、紫外線から可視光線まで波長を変えた光を試料にあてていって、試料中の物質の電子が光のエネルギーを受け取って励起(電子遷移)する現象を利用して、その励起の度合いをそれぞれの波長で測定するわけですよね?ということはこの問題の答えは「×」だと思うのですが、本を見るとなんか可視部と紫外部で違う、というようなことが書いてあってよくわかりません。 どなたかわかる方がおられましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • HSAB則の反応

    http://d.hatena.ne.jp/ao-1/20090721/1248188570 画像の反応についてですが、MeLiを使えばCH3が硬い塩基なのでケトンへ付加して、炭素の2、3位の二重結合が保持されると思われます。 ですが、開始化合物2,3位の二重結合とCH3を反応させ、ケトンC=Oを保持しつつ、メタ位にCH3をつけるにはどのような(a)反応剤と(b)金属塩を使えば良いでしょうか?

  • 化合物構造特定の問題がわかりません

    C8H12の化合物(a)を徹底的に水素化すると2モルの水素を吸収するが、活性の弱いPd触媒を用いると1モルしか吸収しない。(a)はオゾン分解によりC8H14O4(b)のみ生じるがメチル基を持たない。 (a)、(b)の構造式を答えよ という問題がわかりません オゾン分解をすると二重結合が分離されてケトン基かカルボニル基になるだけなのになぜHも増えているのでしょうか

  • 光の吸収について

    原子やイオンにはエネルギー準位がいくつもありますが、 基底種よりも励起種の方が光を吸収するような物質って存在するのでしょうか?

  • 最低励起エネルギーについて。

    この問題を今挑戦中です↓。 炭素数が4個で2個の二重結合が共役した構造を持つ1,3-ブタジエン CH2=CH-CH-CH2 と炭素数が8個で4個の二重結合が共役した構造を持つ1,3,7-オクタテトラエン CH2=CH-CH=CH-CH=CH-CH=CH2 では最低励起エネルギー(n=1の電子をn=2の状態に遷移させるのに必要なエネルギー)はどちらが大きいか? ※共役した二重結合からなる分子では、最も励起しやすい電子は分子全体に分布し、上記の化合物はいづれも直線状の構造と考え、n=1の状態の電子をn=2の状態に遷移させるのに必要なエネルギー E=3h^2/8(me)L^2[h;プランク定数、me;電子の質量、L;1次元箱型ポテンシャルの長さ]を用いよ。 この問題では電子一個の最低励起エネルギーが与えられていますが、求めるものは多電子分子の最励起歴エネルギーですよね・・・単純にすべての電子の数を与えられたEにかけて差を求めればいいのでしょうか?注釈の意味が理解できないので何をどうすればいいか見えてきません。 よろしくお願いします。長文すみません。