• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

星新一の作品名が分からなくて……。

もう一度読みたい作品があるのですが、タイトルが分からないのです。 星新一の作品であることと、その内容はほぼ分かっているのですが、 作品タイトルが分からないため収録図書を探そうにもお手上げ、 という状態です。 内容は、 人類が発生するまえの大昔の地球に宇宙人がやってきて、 そのうち、この星に進化する生物が現れたらその生物の ために幸せに暮らせるための色々なものや、 世界が平和に暮らせるためにはどうしたらよいかという本などを 地中深く埋めてひとまず去ります。 その後人類は進化してゆき、その宇宙人の品々は結局見つかることなく 戦争のための爆弾実験でこなごなになってしまった……、 という話だったと記憶しています。 是非、もういちど読みたい物語だと思いますので、 どうかタイトルと、ご存じであれば収録図書もお教え願います。

noname#46433

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数143
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

#1さんと同じく「ボッコちゃん」に収録されている「おみやげ」だと思います。 また、小学校の国語の教科書(光村図書)にも掲載されていました。 光村の「光村ライブラリー」でも読むことができるようです。 http://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/popup/200201_027.htm

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/ボッコちゃん-星-新一/dp/customer-reviews/4101098018

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます。 光村図書の教科書掲載の情報で、かなり確信がもてました。 小学校のときに授業で読んで、とても印象ぶかかった 物語でしたので……。

関連するQ&A

  • 星新一さんの作品のタイトルがわかりません。

    星新一さんの作品についての質問です。 小学生のときの教科書に星新一さんの作品が掲載されて読んだのですが、そのときの作品がまた読みたいのです。しかしなんという作品か分からず困っております。 内容はわりとはっきり覚えており、宇宙人が人間が人類として発達するまえの地球に降り立ち、宇宙人は、じゃあ未来、人間が進化して自分でものを考えられるようになったらそのための助けとしての薬の作り方や、幸せになれる法律みたいなものの作り方を地球に埋めて去っていくのです。しかしのちに、人間が進化して文明を築いたあと、その土地は人間のせいで砂漠になってしまい、あまつさえそこで戦争をして爆弾を落とし、その宇宙人のプレゼントを壊してしまうのです。 このような内容だったのですが、できれば収録されている本のタイトルも教えていただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。

  • 星新一さんの作品で

    星新一さんの作品で 「鏡の中の犬」という作品があるのですが、 収録されている本のタイトルがわかりません。 ご存知の方がいましたら教えてください。 お願いします。

  • 星新一のショートショートでベスト作品は?

    小学生5年の時、学校の図書室にあった 文庫の「ノックの音が」を 読んで星新一さんに夢中になりました。 その中の ・逃走中の銀行強盗が藁人形を買って、閉じ込められる話 ・カブトムシのピンの話 説明がおおざっぱですが、この2つがすごく印象に残っています。 それ以来ショートショート作品は文庫でほぼ全部読んだはずですが なにしろ作品数が多いのでもう忘れているものもあります。 大人になった現在、読み返すのもおもしろいと思うので 星新一作品のファンはたくさんおられると思いますので 一番よかった作品名を教えてください。 題名でなくて内容を言ってくれればたぶんわかります。 (どこに収録されてるかもわかればなおありがたいです)

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

「ボッコちゃん」に収録されている「おみやげ」という話でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます、探してみます。

関連するQ&A

  • 星新一の作品のタイトルを教えて下さい。

    星新一の作品で、内容は覚えているのですがタイトルを忘れてしまいました。覚えている部分で内容を書きますので、『新潮文庫のどの本に収録されているか』を知っている方は教えて下さい。 内容  数人の人々が、全能の神というかマザーコンピュータというか、そんな感じの機械の言うことを素直に聞いて、狩り・採集・農作業などの原始的な生活をしている。その機械は、その昔文明が発達していたころに作られたもので、その文明が滅びただか人間が滅びを選んだだかしたときに全人類の記憶を消してその機械に従うように仕向けた。そして話の最後にその機械が壊れてしまう。 ひどく曖昧で申し訳ありませんが、確かこんな内容だったと思います。 では、よろしくお願いします。

  • 星新一さんの作品で・・・

    星新一さんのショートショートで、探している作品があるのですが、 題名等を忘れてしまい困っています。 内容は、近未来の世界(彼の作品ってほとんどそうですが)で、 ふれてはならないタブー、言ってはいけない言葉というのがあり、 本などのすべての記録からもその言葉は抹消されていて・・・ というものです。禁句は「戦争」だったと思います。 作品のタイトル、収録されている本(できれば新潮文庫)を ご存知でしたら、教えてください。

  • 星新一さんの作品タイトル

    星新一さんの作品でタイトルがわからないので教えてください。 世界中の紙がバクテリア(?)ですべて無くなり、人類が紙に代わる物質を考えるという話です。 宜しくお願いします。

  • 星新一さんの作品

    新潮社刊の星新一さんの本を集めています。 角川刊の星さんの作品は、新潮社からは出版されていないのでしょうか。 「50音順に作品をほぼ並べた」というページを見たのですが、全部の作品が載っているのではないようです。 角川は、同じ内容でも作品タイトルを変えて出版することがあるように思うので、読まなければ内容が違うのかわかりません。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 星新一に詳しい方がいたらお願いします

    星新一の作品名を思い出したいのですが、 星新一のwikiや年表を見ても載っていなかったので 詳しい方いらっしゃいましたら、ご回答お願いします。 多分、星新一が宇宙塵という同人誌に関わっていた頃のことだと思うのですが、 タイトルにカタカナの「シ」がつく小説を作ってはいないでしょうか? もちろん、ショートショートではありません。 宇宙か星をテーマにした小説だった気がします。 そのタイトルをご存知の方、よろしくお願いします。

  • 星新一の作品を探しています。

    一度見たことはあるのですが、タイトルや文庫の名前がわからず探している本があります。 星新一の作品で、内容は、 いまより近未来の話で、いたるところに広告が出ている世界で 別荘を当てた人が、広告だらけの街から離れてのんびり暮らせる、 だけど実際は別荘だけでなく、野に咲く花にすら広告があった、、、 なんていう話だったと思います。 わかる人いますでしょうか?

  • 星新一のこんな作品知りませんか 「カード」

    星新一さんの作品で、もう一度読んでみたいのですが、題もどの本に収録されていたのかもわかりません。新潮文庫だったことだけは間違いありません。 内容は、 ある日男がカードを拾う。拾ったときに自分の指紋が付く。何か、ただならぬ存在感のあるカード。それを持ってから彼の身の回りに信じられないようないい?ことが起こる。 「安全のカード」かと思っていたのですが違いました。 どの短編集に入っている何という話か、教えてください。

  • 星新一氏の作品タイトル

    中学生時代、星新一さんの作品を読み漁っていた時季があるのですが (それまであまり読書しなかったので入門用に先生に薦められた) おかげで?かどうかは判りませんが現国の点数が急によくなり 毎回ほぼ満点を取れるようになってよけいに良いイメージが残っています すみません話が逸れました・・ 火星に罪人が島流しみたいに連れて行かれ たしかボールのような機械だけをを持たされていて ある回数が来ると爆発するのですが そのボタンを押すとコップ一杯の水が得られて 宇宙食や水分補給には絶対に必要なもの・・・ そんなストーリーだったと思います 主人公の生と死への葛藤が子供心に強烈な印象を残しました どうしてもタイトルが想い出せないのです この作品の題名と収録の本のタイトルをご存知の方 どうぞ宜しくお願いいたします

  • 星新一さんの作品を探しています

    星新一さんのショートショートの中で、探している作品があります。 タイトルを忘れてしまったのですが、ストーリーは以下のようなものです。 電車に乗っている人々が、それぞれ心の中で考えていることが描写されていく。 ある人はだれかの悪口、ある人は自分の行った悪事について、などなど、 他人に知られては都合の悪いことばかり。 そのうち、乗客の一人が降りようとして自分のカバンの中の異常に気が付く。 ある特殊なガスが入ったボンベからガスが漏れていたのである。 ガスは車内にも漏れていたが、持ち主は「自分はもう降りるからいいや」と降りてしまう。 そのガスは、人の心がわかる(あるいは、心の中で思っていることを表してしまう)という 作用をもたらすものだった。 少し違っているかもしれませんが、大体こんな内容でした。 タイトルと、収録されている本の題名をご存じの方、教えてください。 お願いします。

  • 宇宙人について

    私は心霊に関して、少し研究をさせてもらっているのですが、 宇宙人については門外漢なので、多少なりとも教えてください。 まず、人類ですが哺乳類の中の霊長類。そしてホモサピエンスですが、 進化の過程が特殊で隕石落下の影響から恐竜が絶滅し、小動物だった 哺乳類が氷河期を生き延びて人類に至った。 ということですね。 では隕石落下が無かった場合、生物の進化は恐竜の進化系となるわけです。 もしも有機物が宇宙全般に行き渡っていると仮定すれば、水、海水から 魚類が生まれ、陸に上がってという進化を経て恐竜から人間に似た 人類が生まれることはありえると思うのです。 すると哺乳類、霊長類の人類は宇宙から見たら、稀有な存在かもしれません。 それを宇宙人は調べに来ていると思えますが、どうでしょうか。 そして有史以前にも宇宙人達は来ていて、地球に文明を作ったと思われます。 その宇宙人はアトランティスに、アフリカとは違う人類を遺伝子操作で誕生させ 独自の文明を作らせた。 と思うのですが。ご意見をお願いします。