• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

星新一さんのこういうお話のタイトルは?

友人が思い出せなくて困っているのですが、ご存知の方いらっしゃったらぜひ教えてください。 星新一さんの作品で、以下のような世界観の作品だそうです。 「未来ではほとんどの作業をボタンひとつで行えるようになったため、人間はさらに進化(退化?)し、指が1本になっている」 なんというタイトルで、どの作品集に収められているのでしょうか?? もう一度読み返したいそうなので、ヒントになりそうなことありましたら、何でもいいのでぜひお願いします。 いただいた回答は友人に伝えて、後ほど結果をご報告しますネ! どうぞよろしくお願いします。

noname#4980

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数259
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

自信ありません。 本棚にある文庫本の目次をパラパラと見て、タイトルに「ボタン」を使っていたので、お知らせします。 作品は「ボタン星からの贈り物」 新潮文庫の「妖精配給会社」に収められていました。 指が、一本なのは地球人では無いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。 友人に話したところ「それだ!!」ということになりました! 「もう分かったの!?すごいね!」と、大変喜んでいました(^^) わたしもさきほど図書館に行って、「ボタン星からの贈り物」を見て参りました。出てる出てる、指一本の宇宙人! 星新一節絶好調、みたいな作品でしたね。 とってもとっても助かりました。ありがとうございます♪

関連するQ&A

  • 星新一さんの作品のタイトルがわかりません。

    星新一さんの作品についての質問です。 小学生のときの教科書に星新一さんの作品が掲載されて読んだのですが、そのときの作品がまた読みたいのです。しかしなんという作品か分からず困っております。 内容はわりとはっきり覚えており、宇宙人が人間が人類として発達するまえの地球に降り立ち、宇宙人は、じゃあ未来、人間が進化して自分でものを考えられるようになったらそのための助けとしての薬の作り方や、幸せになれる法律みたいなものの作り方を地球に埋めて去っていくのです。しかしのちに、人間が進化して文明を築いたあと、その土地は人間のせいで砂漠になってしまい、あまつさえそこで戦争をして爆弾を落とし、その宇宙人のプレゼントを壊してしまうのです。 このような内容だったのですが、できれば収録されている本のタイトルも教えていただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。

  • 星新一さん

    星新一さんのおすすめの作品はなんですか?

  • 星新一さんの作品で・・・

    星新一さんのショートショートで、探している作品があるのですが、 題名等を忘れてしまい困っています。 内容は、近未来の世界(彼の作品ってほとんどそうですが)で、 ふれてはならないタブー、言ってはいけない言葉というのがあり、 本などのすべての記録からもその言葉は抹消されていて・・・ というものです。禁句は「戦争」だったと思います。 作品のタイトル、収録されている本(できれば新潮文庫)を ご存知でしたら、教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • kira26
  • ベストアンサー率30% (13/43)

「気まぐれロボット」・・・? すみません、全然自信ありませんけど(^^ゞ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「気まぐれロボット」。星新一さんの作品ってめちゃくちゃたくさんあるのに、パッと出てくるのがすごいですね! 今回友人の探していたのは#3さんが見つけてくれた「ボタン星からの贈り物」でしたが、タイトルを聞くと「気まぐれロボット」もどんな話なのか気になりますねー(^^) 回答ありがとうございました♪

  • 回答No.1

こんにちは(*゜ー゜*) 多分短編集に収まっていたと思うのですが・・。 随分前に読んだので私もタイトルは覚えていません(^^ゞ でも星新一さんの作品はほとんどが短編なのでね~。 そのお話に出くわすまで、再度読み直すってのはどうでしょう?また違った面白い話に出くわすかもしれませんし・・。 大変無責任な回答でごめんなさ~い(^.^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます! わたしも星新一さんの作品はだいぶ読んだのですが、なんせあの数ですから、これぞというときになんというタイトルだったか、なかなか思い出せないですねー。 ほんと、全部読み返すのも非常によい手です。絶対、忘れてた面白い話にめぐり合いますもんね♪ わたしも星作品、また読み返そうと思います。

関連するQ&A

  • 星新一さんのほのぼのショート

    星新一さんのショートショートが好きです。 星新一さんのショートショートと言えば、シュールでブラックなものが多いのですが「未来イソップ」収録の「ある夜の物語」のような、こころ温まる話にも惹かれます。一冊の単行本に1話ぐらいこんな話があったらいいなぁと思います。 そこで質問ですが、星さんの文庫本のなかで一話ぐらい(もちろんそれ以上でも可)「心温まる・イイ話」がある文庫本を教えていただけないでしょうか。

  • 星新一さんのショートショート

    星新一さんのショートショートで「我は神なり」がオチになっている作品が掲載されている書籍名を教えてください。

  • 星新一さんの作品で

    星新一さんの作品で 「鏡の中の犬」という作品があるのですが、 収録されている本のタイトルがわかりません。 ご存知の方がいましたら教えてください。 お願いします。

  • 星新一さんの作品タイトル

    星新一さんの作品でタイトルがわからないので教えてください。 世界中の紙がバクテリア(?)ですべて無くなり、人類が紙に代わる物質を考えるという話です。 宜しくお願いします。

  • 星新一氏の小説に「その可能性は多い」…?

    先日、星新一氏の本(ショート・ショート作品)を読んでいたのですが、 その中に、「ああ。その可能性は多い。」といったセリフを見ました。 「可能性」における「多い・少ない」という表現は無い筈ですが、 星新一氏の書いたものなのですから、間違っていない様な気もします。 それか、校正者の犯したミス・誤謬かも知れません。 皆さん、どう思われますか?

  • 星新一さんの作品

    新潮社刊の星新一さんの本を集めています。 角川刊の星さんの作品は、新潮社からは出版されていないのでしょうか。 「50音順に作品をほぼ並べた」というページを見たのですが、全部の作品が載っているのではないようです。 角川は、同じ内容でも作品タイトルを変えて出版することがあるように思うので、読まなければ内容が違うのかわかりません。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 星新一さんの全ショートショートを読みたいのですが。

    星新一さんの全ショートショート作品を 通勤電車の中で少しずつ読みたいと思ってます。 全話が入っているのをとさがしてたところ 「ショートショート1001」というのを見つけたのですが、 3冊にしか別れてないので持ち運ぶにはかなり重そうです。 この本は1冊あたりどれ位の重さがあるのでしょうか? 全作品が入っているのはこの本しかないのでしょうか? 電子出版だともっとありがたいのですが・・・。

  • 星新一さんの「ノックの音が」以外に

    「ノックの音が」以外に星新一さんの本を読みましたがあまりピンときません。 ボッコちゃん、おのぞみの結末などです。 おすすめの作品がありましたらよろしくお願いいたします。

  • 星新一さんの作品のタイトルを教えてください。

    星新一さんの作品をもう一度読んでみたいのですが、タイトルがわかりません。内容は、非常に快適で恵まれた生活が保障されているのですが、その生活はすべて広告で成り立っているという話です。たとえば、冷蔵庫を開けると、健康ドリンクの広告が流れるという具合で、その状況さえ受け入れれば、安定した生活が与えられるというような内容だったのですが、タイトルがわかりません。できれば、本のタイトルもわかれば助かります。

  • 星新一さん

    小説家、星新一さんの短編集で 目の無い男の子が出てくる話の題名を教えてもらえませんか? ちょっとその話が入っていた短編集の本の題名すら思い出せないんですが… 内容は、 生まれつき目の無い男の子とその両親の話で 目は無いが感覚でわかる 人間の進化の過程なんじゃないかということで、医者が男の子の検査をする 両親が暗闇の中、男の子が渡してくれたワイングラスを落とすというシーンがある といった感じです 断片的でわかりづらいかもしれませんが この話の題名わかる方がいらっしゃれば、教えて下さい! よろしくお願いします!