• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ロケットの乗り心地って?

実際、どうなんでしょうか? (まさか、運良く実際に乗った人にご回答頂けるとは思いませんが!?) 例えば、次の各状態では・・・ ・打上げ時 ・軌道上を周回している時(飛行機でいう水平飛行?所謂、安定状態) ・帰還時(大気圏再突入時) やはり飛行機と同じで打上げ(離陸)と帰還(着陸)が最も危険でGが何倍もかかったり機体(カプセル)がガタガタと物凄く揺れるのかなぁ? あと、軌道上では乗り心地は空気抵抗も無くてスィーと滑るように行ってとても良さそうですが?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数6
  • 閲覧数512
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • ruehas
  • ベストアンサー率68% (816/1194)

こんにちは。 G(加速重力)、振動、騒音、このようなものは打ち上げ時が最も酷いようです。 現行のソユーズや中国製の資料は持っていないので分かりませんが、アポロ計画では打ち上げ時の加速が6Gを越えましたが、現在のスペース・シャトルではそれが3Gに抑えられています。これは恐らく人体よりも機体や計器の安全を保つためですが、乗組員への負担はそうとう軽くなったのではないでしょうか。 シャトルは機体を持ち上げられるだけの推力に達してから打ち上げ台と切り離されます。テレビで見ていますとたいへんゆっくりに感じられますが、このときに発生する加速度は1.6G、乗組員にはジェット旅客機の離陸のときの5倍という重力が一瞬のうちに掛かります。固定フックが爆破し、ブースター・エンジンはフル回転、音速の壁を突破するまでのおよそ数十秒間、その振動と爆音はこの世のものではないそうです。あれだけの物が大気圏内で音速を超えるんですからね。 このあと、ブースター・エンジンが切り離され、空気抵抗が薄くなりますと、騒音も振動もほとんど感じられなくなるようです。そして、ここから数分の間、3Gまでの加速は比較的緩やかになります。 3Gといいますと、二人の人間に体中を押さえ付けられているという状態になると思います。では、ここで手足を動かせるかどうかですが、自分の手の重さが普段の三倍ということですから、かなり不自由ではありますが、やってできないことではないと思います。ですが、二人分の体重を支えて起き上がるというのは、これはまず難しいのではないでしょうか。 軌道速度に達し、エンジンを切りますと自分の体重も含めてGは「0」になるわけですが、ここまでの時間は打ち上げから概ね7~8分の出来事です。打ち上げそのものはほんの数分なのですが、それまでの数時間、宇宙飛行士は缶詰状態ですので、事前のトイレにはたいへん注意を払っているそうです。 再突入から着陸までに発生するGは最大で1.5Gということです。滑走路の手前で減速するときには瞬間的に2.5Gが発生します。 このGは空気抵抗によって落下速度が減速されることによって発生するものです。重力がしだいに発生してくるということですから、ジェット・コースターのような内蔵が浮き上がったり股座に風穴が空くといった不快な落下感覚は発生しません。 1.5Gですから子供を肩車させた程度であり、打ち上げのときのように急激なものではありません。音速の壁を出るときに衝撃や揺れがある程度で騒音や振動はほとんどないそうです。 ですが、身体の体液移動といいますのは無重力状態で緩やかに起こるものですが、ここではそれが急激に元に戻ろうとしますので、これを不快に感じない宇宙飛行士はいません。まして打ち上げとは違い、再突入といいますのは軌道上での減速からほぼ1時間という長丁場であり、訓練や対策が施されていなければ気絶することもあり得るわけですから、身体にとってはかなりのストレスになると思います。 無重力というのはいったいどのような感覚なのか、死ぬまでに一度でいいですから体験してみたいものです。二時間足らずで地球一周ですから、夜昼の感覚がなくなってしまいますよね。乗り心地といえるかどうかは分かりませんが、トイレ、食事、シャワーなどは最悪だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 具体的かつとても興味あるお話でワクワクしながら拝見しました。 同じく、私も一度でいいから何とか大気圏外に出て無重力を体感したいと思いますがまあ、かなわぬ夢なのでせめて飛行機の擬似無重力位は頑張って体験してみたいと思っています・・・

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • fba
  • ベストアンサー率26% (64/241)

無重力(正確には微小重力)20秒ほどとか2Gだったらやった事あります。宇宙飛行士が飛行機で訓練するのと同じ奴です。  無重力はふわふわ浮いている感じとは違いますね。水の抵抗を無視すれば水中に潜っているときの方が近いです。とにかく何かに掴まったりせずに止まっているのが難しい(ほぼ不可能)ですが、向きを変えたりするのは割と簡単に慣れました。無重力になる瞬間には一瞬上下が逆になったような感じがしましたが、これは他の人も同じかどうかは分かりません。  2Gも自分をもう一人背負っているという感覚よりは熱でも出して自分の体が重く感じるときの感覚のほうが近いです。  個人的には無重力の間はおよそ2m×2m×2mの実験スペースが非常に広く感じられたのが面白かったです。2畳くらいの面積になるはずですが、6畳くらいはあるような感じがしました。上下が無いので壁も天井も床も関係ないせいではないかと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 微小重力体験者の方なのですね。 お話、興味深く拝見させて頂きました。

  • 回答No.4
noname#215107
noname#215107

この間乗せてもらいました・・・・というのは冗談ですが、 スペースシャトルの打ち上げ時は、最大で3Gまでだそうです。 一般人でも健康な人なら十分に耐えられる加速度だと思います。 ただ、加速度が継続するので辛いといえば辛いと思います。 ジェットコースターだと、一時的に7Gとか8Gが掛かるものがあります。ただ、長時間ではないので、乗っている人は耐えられます。 シャトル打ち上げ時の機内の映像を見ましたが、やはり振動は大きいようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 参考になりました。

  • 回答No.3

>・打上げ時  1990年に日本人初の宇宙飛行士として、 ソユーズに乗った秋山さんの体験談だと、 打ち上げ時は、砂利道を走るトラックに 乗っているようだったとか。  轟音と振動がすごかったようです。 >・帰還時(大気圏再突入時)  空中爆発したスペースシャトルの 爆発直前までの機内映像を見たのですが、 窓の外を時々炎がよぎるのが 見えて、搭乗員の人たちは、それぞれの 席に座って何か操作をしていました。  時々シャトルが小刻みに揺れて、みんなの 肩がプルプルって揺れてるような感じでしたが、 全体的には穏やかな様子に見えました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ソユーズに乗った秋山さん・・・懐かしいですね。 ロシアのロケットは見るからに旧式のディーゼルトラック然?としていてまさにその比喩には納得です。笑 帰還時もこれまた危険と隣り合わせというか、普通の人はまだまだとてもロケットやシャトルには乗れないな、といったのが正直な感想です。

  • 回答No.2
  • Scull
  • ベストアンサー率26% (248/951)

◎打ち上げ時はロケットが最大加速をしますので、乗り心地は最悪でしょう。また、数時間シートにくくりつけられていてトイレにも行けません。 打ち上げ時の事故もない訳ではなく、精神的には落ち着かないでしょうね。 ◎軌道上では「乗り心地も何もない」でしょう。無重量状態ですから、加速しない限りは振動も何もない。ふわふわ浮いています。 ◎再突入の時には低高度衛星軌道速度(7.9km/s)を0にまで減速する訳ですから、悪いとしか言い様はないでしょう。帰還時の事故もありましたから、乗員も大変緊張すると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 あ、なるほど軌道上では無重力状態でしたね。乗り心地ではなくて浮き心地?になるのでしょうかね。笑 やはり、打上げと帰還が最も危険で緊張の連続なのですね。

  • 回答No.1

乗ったわけではないので実際のところはわからないので想像になるのですが。 ・打上げ時・・・機械を振動から守るために振動対策をしているだろう        からGにさえ耐えれれば少しキツイジェットコースタ        ーみたいなものか? ・軌道上・・・無重力なので楽そうに見えるが、無重力ゆえに上下感覚       がない、飲食や排泄がしづらいなどがあるため結構不快       かな? ・帰還時・・・無重力で弱った体、周囲を包む明らかに高温っぽい大気       摩擦熱の発光など心理的な圧力がきついか。 ・結論・・・ストレスに強く、無重力対策をしっかりしてればそんなに       乗り心地はそれほど悪くないかも!?www

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 各、具体的かつ考察に富んだ回答で参考になりました。 そうですね、打上げ時と帰還時さえ乗り越えられれば安定飛行?に移った無重力状態は決して悪くはないかも?ですね。

関連するQ&A

  • ロケットの乗り心地って??

    実際、どうなんでしょうか? (まさか、運良く実際に乗った人にご回答頂けるとは思いませんが!?) 例えば、次の各状態では・・・ ・打上げ時 ・軌道上を周回している時(飛行機でいう水平飛行?所謂、安定状態) ・帰還時(大気圏再突入時) やはり飛行機と同じで打上げ(離陸)と帰還(着陸)が最も危険でGが何倍もかかったり機体(カプセル)がガタガタと物凄く揺れるのかなぁ? あと、軌道上では乗り心地は空気抵抗も無くてスィーと滑るように行ってとても良さそうですが?

  • ロケット、人工衛星の不思議

    3つ質問します。 Q1:ロケット打ち上げで点火後は歩行速度ぐらいでゆっくりリフトアップして行きますが何故倒れないのでしょうか? Q2:有人衛星が地球に帰還(大気圏再突入)する時、もしその衛星にロケットエンジンと充分な燃料があったとすれば落下運動に入ったらロケット逆噴射でゆっくり降下着陸出来ますか?(火の玉にならないで降下) Q3:周回軌道で地球をまわってる人工衛星が地球に落下しないのは地球の引力と衛星の遠心力が同じだからでしょうか?

  • 今の大気圏再突入の方法以外、もっと安全な帰還方法って無いんでしょうか。

    今の大気圏再突入の方法以外、もっと安全な帰還方法って無いんでしょうか。 ゆ~っくり斜めに大気に入って、ゆ~っくり周回しながら下りるとか? そりゃ、速度や角度が問題になるんだろうけど。(弾かれたり、グシャッとか) 何だか、余りに危険過ぎって感じでがしています。 それに、大気圏再突入時、機体の温度は何度くらいまで上がるのですか。 300度、800度、1300度……。 調べたけど、色んな説がありました。 また、機体のエアロブレーキコントロールって、どうするのでしょうか。 空気抵抗を何らかの方法で押さえて、 機体に対するストレスを小さくするのかなあ。 どなたか、いろいろ教えて頂ければと思います。 お待ちしています。

  • 大気圏再突入時の摩擦熱

    スペースシャトルなどが衛星軌道から帰還する際、大気圏再突入の摩擦熱で機体の周囲は最高で1500度にもなることは存じています。 それがコロンビア号の事故にもつながったわけですよね。 疑問なのは、なぜそんな高い摩擦熱が発生するような高速度で再突入を行なわなければならないかについてです。 もちろんシャトルはエンジンを噴射せず、滑空状態で着陸地点に近づくので、長い翼がない三角翼のシャトルでは揚力が得られないから、気体の安定のために高速で着陸してくることは理解できます。しかし地上よりはずいぶん希薄な大気圏への再突入時には揚力はあまり関係ない話ですよね? それなら、減速してある程度低速でゆるやかに再突入することはできないものなのでしょうか? どなたか、わたしのようなおばかにもわかるような解説をしてくださいませんか?

  • 貨物機が着陸時、速度が落ちにくいのは何故ですか?

    荷物満載で飛ぶため、旅客機より重量が重い貨物機。 離陸時はスピードが出にくく、着陸時はスピードが落ちにくいそうです。 離陸時に機体が重いと速度が出ないのは分かるのですが、 着陸時の速度は、機体が重ければ早く落ちると考えるのですが、 速度が落ちにくいのは何故ですか?

  • 飛行機が着陸に備えて車輪を出すタイミング

    飛行場から10キロほどの近所に住んでいます。着陸態勢に入った飛行機が我が家の真上をよく飛んでいくのですが、どれも既に車輪を出してるようです。ところが、離陸時には文字通り離陸するや否や車輪を格納し始めるように見えます。車輪は機体内にあるほうが空気抵抗がすくないから早く格納してしまうのだろうとは思うのですが、着陸時には15分くらいまだ時間があるのに車輪をもう出す理由は何でしょうか?

  • 飛行機搭乗時、いつ耳に負担がかかるのか・・・?

    飛行機の搭乗に際して、一番耳に負担がかかるのは一体「いつ」なのでしょうか? 離陸して機体が上昇している間はずっと同じ位、負担がかかるのですか? それとも、離陸してぐんぐん上がっていっている時だけ? 同じように着陸態勢に入った時の下降時も・・・ 子ども達との飛行機で、いつ授乳を・・(いつ飲み物を)と毎回迷っていますのでご存知の方に教えて欲しいです。ベストタイミングを!

  • 大気圏再突入時の速度について

    カテゴリが物理学か天文学か迷ったのですが、大気圏再突入について興味があったので質問させていただきます。 ここでいろんな人の質問をみて、以下については理解できました。 ・シャトル等が周回軌道を維持するためにマッハ20以上でかっとんでいること、 ・大気圏に再突入する際は、少しだけ減速して軌道離脱すること、 ・減速しすぎると突入角度がつきすぎて燃え尽きたり急激ななGで乗員が潰れちゃうこと、 ・極超音速で大気圏に突入するため高度70kmあたりで空力加熱で火だるまになること、 そこで新たに質問なのですが、 (1)必要な燃料等を軌道上で補給できるとして、軌道離脱の際に乗員が死なない程度のGで水平方向の速度を落とそうとした場合、大気圏に突入する前(大気の影響を受ける前)にどの程度の速度まで落とせるでしょうか。 (2)打ち上げに関してですが、重力に逆らって周回軌道に打ち上げることと、周回軌道を維持する速度を得ることでは、どちらが燃料を必要としているのでしょうか? (言い方を変えると、(1)のような水平方向の減速に必要な燃料がどれくらいになるかが知りたい) (3)無人で補助ロケットを周回軌道に上げておき、軌道上でシャトルにドッキンクできれば、(1)のようにして再突入時の空力加熱を軽減して危険を軽減できないものでしょうか?(補助ロケットの打ち上げコストで乗員の安全を買うイメージ) 以上、意見よろしくお願いします。

  • ロケットや人工衛星が「軌道に乗る」とは?

    初歩的な質問ですみません・・・ ・ロケット(人間の乗った宇宙船やカプセル)や人工衛星がはるか地球上空(すなわちそこはすでに宇宙)で〇〇軌道に乗った、とか言いますが、あれって上昇中に次第に重力が無くなっていきある地点で軌道の(見えない)帯のようなものにぽっかりと乗るということでしょうか? ・次に軌道上を回っている(スペースシャトルなどが)地球に帰還する場合、多分エンジンをふかし軌道から離脱すると思うのですがこれって相当強力に噴射しないと(最初、地球から離れるのと同じくらい?)重力のある大気圏に再突入出来ないものでしょうか?

  • 人類は月へどうやって降りたのか?

    NASAは実は月へは行っていないとか、ここでも時々書き込まれます。 正直、私は半信半疑です。 もし実際に月面に降りたとした場合、どのように降りて、どうやって離陸したのかがわかりません。 重力は地球の1/6ですが大気がありません。 あの当時は宇宙から帰還した船がパラシュートを使って海へ降りていたような気がしますが、月面へどのように降りたのかが一番疑問に感じています。スペースシャトルも帰還の再は翼を使って着陸しています。 重力が少ないとは言え、離陸のときは燃料とタンクを切り離したりしたのでしょうか? 着陸の再にその燃料やエンジン等はどうしたのか? 30年前にはたしてどのような技術があったのか、わかりやすく教えてください。