• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

土地境界線確認の立ち会いについて

こんにちは。初めて利用させて頂きます。 実家の土地は階段状に整地された区画にありますが、上の土地の持ち主がアパートを建てるというので、土地家屋調査士さんが境界確認の立ち会いを求めて来ているそうです。 その調査士さんがおっしゃるには、境界標が擁壁の付け根の5.5cmほど実家の土地に入ったところに設置されているそうですが、擁壁は高さ1mほどで傾斜もきつく、例え5.5cmこちらの土地に入り込んだ位置に垂直の擁壁をたてたところで、工事費用の割にいくらも拡張できないでしょうし、こちらがそのような工事のために土地に立ち入ることを承服するわけもないので、狙いが判りません。 ちなみに実家の土地と下の土地との境界標も同様の位置にあり、上の土地のさらに上との境界も同様だと思われます。 先方の狙いはなんでしょうか? 確認に応ずることで不利になることはありますか? このような場合、どのように対処すればよろしいでしょうか? ご教示下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数860
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんばんわ。 今の現状のお話から想定すると、 通常のもたれ式擁壁での勾配でしたら1:0.3(3分勾配)とよばれて いる勾配での擁壁だと思います。 となると、擁壁立ち上がりが1mで、30センチぐらいの相手側に傾いている擁壁だと思われます。 そして隣地の方と質問者さんの筆界(隣地境界線)の距離の寸法がたとえば20mだとしますと 20m×0.3m=6m2 となると二坪ちかくの面積を現在隣接者の方は使えるはずなのに 使えない状態になっていることになります。 二坪だったら車一台ぐらいはとめれますよね。 確かに質問者さんのおっしゃるように見た目ではたいして変化もありませんが、実際の土地の公簿面積(法務局にでている登記上の面積)と現在の土地利用可能面積がつりあっていない事になります。 調査士の方はこの辺は敏感に感じているはずです。 実際、土地利用を有効にできていないわけですから。 あとは建物や駐車場の配置、出入り口は設計者の腕で有効利用できる わけですから。 まちがいなく、隣接者委託の調査士の方もすでに資料はそろえてるはずですが、心配でしたら立会い前に資料だけでも確認されたらいかがでしょうか。一度、土地を購入されたときの地積測量図(土地寸法の確認)や、 土地の要約書(公簿面積の確認)を探してみて、なければ法務局に出向いて所得していただいて この二つを用意して確認してみてください。 そして、立会い時に調査士の方に”うちの土地の一筆の境界標間の距離をチェックしてみてください。” といってください。そして”うちの面積が公簿面積を確保していれば問題はない”といえば相手は何もいいませんし、 質問者さんも損害を受けるわけではないです。 垂直擁壁(L型擁壁)に工事しなおすのは、お互いに悪い話とは思いません。筆界がいまより明瞭になりますし、 防犯の為に擁壁の天端に背の高いネットフェンス(忍びがえし付)をつけてほしいとか、 計画建物を質問者さん宅寄りにされては日照の問題や 覗かれの問題があるのでうちの土地側には駐車場にしてくれとか 立会い時に隣接者の方と今後のことをたくさんお話されて、理解し折り合って、また主張するところは主張して、お話された方がいいですよ。 ではでは

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございます。 20m×0.3mの拡張で実際に車一台余分に停められるのかは少し疑問ですが、私どもの土地も同様の理屈で広げられることを考えると、面積が大きく表示されるのは魅力ですね。 戴いたアドバイスに従いまして、こちらの要望は伝えたいと思います。有り難うございました。

関連するQ&A

  • 土地の境界線問題で悩んでます。

    土地の境界線問題で悩んでます。 以前隣人が当方が思う境界線より外側に塀を作ったため揉めていたのですが、 隣人が3年ほど前に引っ越し、 最近になり土地の売却に伴い測量するので境界線の確定を申し出てきました。 どうなっているのか確認のため地積測量図で調べてみたら登記されておらず、 実地でも特に印はありません。 ただ公図を測ってみると塀の造られている部分はどうも筆界を越えておりましたが、 塀は造られて20年以上経っているため、 おそらく時効取得になると思っております。 現状では隣人は立ち会いは民民での境界線確認を求めてきており、 当方としては後でまた揉めると困るので、 官民での境界線確認をお願いしようと思っておるところです。 ここで質問なのですが、 ・隣人宅は二方が密接した家屋に囲まれており、そういった場合でも土地家屋調査士は筆界と一致する調査は可能なのでしょうか? ・官民の場合の依頼の場合は土地家屋調査士に測量する費用を当方が負担しなければならないのでしょうか? (ちなみに当方は自分の土地を測量する気はないです) ・もしその塀の部分が時効取得されていた場合は先方に登記のやり直しを依頼できるのでしょうか? ちなみに隣人は税理士なので法知識には長けていそうで大変困っております…。 以上三点ですが、足りないところがあれば後で加えます。 宜しくお願い致します。 ・ 私としては第三者

  • 土地境界立会い

    今度、隣が土地を売却するので、立ち会ってくれと、測量士にいわれ、立会いのとき、隣が「境界標と境界標を直線で結んだ線で境界を決める」といったので、それに同意して、立会いのサインをした。私の土地は もともと市有地でそれを祖父が市から購入したものです。2つの境界標は四角いコンクリートのがんじょうなものでできてます。立会いをした当時は、境界付近は、竹やぶだらけで、人が足を踏み入れることができないほどだったのですが、測量士が測量のとき、竹やぶをきれいにはらったところ、低い古いくずれた石垣のあとみたいなのが出てきて、今度はそれをもとに、境界をきめたいから、確認書にサインしてくれといわれました。古い石垣をもとにきめると、私の土地が減ってしまいます。一度境界標の線で合意したにもかかわらず、後からいわれてもこまっているのですが、どう対応すればいいのでしょうか?境界標とおりに境界線がきめられないとすれば、境界標の意味がないと思いますが。 立会い証明書にサインしたのですが、これは「土地境界を意義なく 確認した」ということではないのでしょうか?それで、土地境界の線は決定したのではないのですか?一度、両者が合意して、決定した境界線を後で変更できるのですか?立会い証明書と土地境界確認書とは別のものなのでしょうか?

  • 土地の境界線を決める時の費用の負担等

    隣人が新築のためにこちらの家との間の塀の位置を確定するために境界線を 明確にしたいと言って来たため、土地家屋調査士を入れて調査をすることになりそうです。 現在、隣人の建てた塀がありますが、それを壊して新しい塀を建てる際に、それを 私たちの家のほうに5センチほどずらして建てたいと言ってきたのですが、根拠がない話なので 断りました。 先方では、調査をすると自分の土地が広がると思い込んでいるようです。 土地家屋調査士を入れて境界線を確定するには、その2軒だけではなく、周辺のその他の家も 巻き込んで大変な作業なことになることもあると聞きました。また、場合によると、私たちの 土地の測量も必要になる、等の話を聞くと、費用も相当掛かるものと想像しています。 私たちは今まで50年以上も現在の塀で特に問題もなく過ごしてきて、これからも静かに暮らして 行きたいだけなので、そのような話を聞けば聞くほど、大変なことに巻き込まれたという 思いがあります。 そこで、境界線を決めたいのであれば立ち合い等の協力はするが、費用の負担は勘弁して 欲しいと考えるのですが、これは身勝手な考えでしょうか?通常境界線の画定のための費用 分担をどのように行うかがよく分からないため、ご教示ください。 また、仮に本当に先方が言うとおり境界線が私たちの家のほうに数センチ寄った方にあった ことが調査の結果としてわかった後で、時効取得であると主張をすることは可能でしょうか? また、土地家屋調査士を選定する際のアドバイスがあればお願いします。 土地家屋調査士は公正な調査をする、とされていますが、先方側に任せてしまうこともなんだか 不安もあります。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • 0621p
  • ベストアンサー率32% (852/2623)

先方の狙いはというと、測量のために境界を確定させたいということです。土地を売るためかもしれないし、アパートを建てるためにきちんとした測量図面が必要なのかもしれません。 確認に応ずることで不利になるとかいうことではなく、確認には応じて境界に納得すればそれで良いし、納得できなければその旨を言えばいいのです。 測量のための境界の確認ということは、あなたの土地についても売る時などに必要になる可能性もあります。お互いさまのことですから、隣接地から申し出があれば協力しておくべきです。今回その境界について確認して筆界確認書を交わすならば、あなたの土地の測量の際にその部分は境界が確定して済んでいる事になりますので、相手の費用でそれができるわけですからお得とも言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございます。 境界標はすでにありますので、追認ということになるのでしょうか? 皆様のアドバイスに従いまして、立ち会いには応じ、こちらの要求をきちんと伝えようと思います。有り難うございました。

  • 回答No.1
noname#46287
noname#46287

まず原則としては「土地家屋調査士」というのは立派な資格者ですから、きちんとした根拠のある筆界に基づき境界を確定させることが職務の一つです。 その原則に基づいて考えれば土地家屋調査士に「狙い」というものは特にないでしょう、ということが第一義です。 依頼主がどういう依頼をしようとも、よほどにあくどい人間でなければ故意に違う筆界での境界確認をさせようとはしないでしょう。 周囲の状況も同様みたいですからそれが正しい筆界であり境界標の位置で良いのでは?と思いますが。 逆に、何かを疑うためには地積測量図とか公図とか、調査士の言っていることと矛盾する資料が必要になってくると思いますので、そういうものをご自身でも調べてみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 何か面倒に巻き込まれるようなことはなさそうですね。

関連するQ&A

  • 土地の境界線

    平成16年に建物つきで土地を購入したのですが、元の地主が測量し、私どもの建物が地主の土地に出ていることで土地家屋調査士の立会いで境界線を確認し、そのとき境界線から出ている説明を受け、借りていることで確認書に印鑑を押しましたが出ている部分を壊して境界線から内側に戻さないといけないのですか? 元の地主から平成1年にMさんが買って平成16年に私どもが購入しました。もともと出ている状態で購入しました。どのような条件になっているのか今ではMさんと地主は現在は亡くなっていません。 知合いに相談したところ20年間、請求などが無かった場合は権利が建物を持っているほうが有利と聞きましたが不動産ごとは素人なのでどのようにしたらいいのか分かりません。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

  • 土地の境界線の確認

    最近、隣地の水田の開発話があり、境界の立会がありました。ところが、自分の家の土地は字界にあり、土地家屋調査士の配布した公図に よると我が家の境界が約4mも出ているとの話でした。字界の赤線部分は当家の堺に付属していて、赤線に接する水路は隣の字界になります。 配布された構図は、それぞれの字界を4m離して作図されていたため、番地のない空白部分が生じてしまっていました。土地家屋調査士と不動産屋は、これを市の土地と称して当家の土地を詐取しようとしています。市に出向き、公図を取り寄せたところ、字界は点線になっていて、そこを切り貼りしたら大体一致しました。当然ながら、自分の子供のころから(現在57歳)現況は変わっておらず、この水路で水。浴びや魚取りをして遊んでいました。境界の不一致は至る所に存在をしているのは承知していますが、今回のように「隣地との境界がわずかに一致しない」のではなく、業者が結託して意識的に字界を不一致にして他人の土地を詐取しようとするのは違法にはならないでしょうか。 なお、小字の中心に幅3.9mの道路があるのですが、そこには30cmの水路と90cmの赤線しかなく、道路が記載されていません。この場合は、どうなるのでしょう。 わかりにくい説明ですみません。

  • 土地の境界標の設置について

    土地の境界標がなくなっている事に気付いた場合、どこに問い合わせをしたらもう一度境界標を打ってくれるのでしょうか? 土地家屋調査士に依頼するのか、測量してくれる業者に依頼するのか。それとも役所に依頼したら行ってもらえるのか。その依頼先や手続き方法等について教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 土地の購入の境界線について。

    土地の購入の境界線について。 境界不明瞭でもめそうな土地を安く購入する予定です。 もし、うまく話がまとまらなければ、接道義務が果たせず、建築できない土地になります。 通常は売主が土地家屋調査士に依頼して成功した場合のみ購入となるのでしょうが、今回は破格の為、それは難しそうです。 ただし建築できないなら不要な土地となります。 自腹で先に土地家屋調査士に依頼し、成功したら購入すべきでしょうか? それでもしダメだったら、土地家屋調査費は取られるのでしょうか?(概算で20万円) 成功、失敗の場合であらかじめ報酬を決められないものでしょうか? ちなみに測量図はなく、公図のみです。 売主は境界を把握しておりました。 隣地がそれを拒んだ場合を想定しております。

  • 土地境界協議(立会い)

    地方に所有する土地に関して、土地家屋調査士から土地境界協議(立会い)についてお願いの文書が送られてきました。隣接の土地所有者の遺産相続問題に関する裁判資料として境界確定図を作成するためとのことです。立会い前の現地現況調査測量についても許可を願っています。この場合、立会いすべきでしょうか、行かないと不利になるのでしょうか。また注意すべき点はどのようなことでしょうか。時間もかかるし、面倒なのですが立会いのため現地まで出かける旅費など請求するのは可能でしょうか。土地家屋調査士は相続裁判における地裁鑑定人となっています。仮に代理人をたてる場合は現地の他の土地家屋調査士にたのめばいいのでしょうか。よろしくアドバイスください。

  • 土地境界の確認立会いの費用は誰が負担?

    遠隔地に土地を所有しています。隣地の所有者が土地を売るので、境界確認に来るよう要請を受けました。10年ほど前の当該土地入手時(相続)に、土地家屋調査士を入れて隣地立会いのもと境界を確定してあります。今回、買うのが金融機関なので慎重なのかも知れません。 立会いは良いのですが、遠いので新幹線代などは出してほしいのすが、通常は立会いに関わる費用は誰が出すのでしょうか。 写真を送るのでそれで確認しては、という案も出されています

  • 土地の境界線

    土地の境界線で困っています。 うちには昔からうちの家の前に道路に面して一メートルない小さい建物があります。何年か前にそれが町道にはみでていて下げてきくれといわれたのを父が簡単にのけれないと言っていたら、そのときの地域の組合長さんが「それならやっちゃる」とうちの土地のまわり一面を1.5メートル昔泥あげ場だってということにされているというのです。 最近土地家屋調査士さんにみてもらったら確かに川から1.5メートルはうちの土地ではないとなっているそうです。杭もありました。 でも10年前にうちは立て替えたのですが、そのときは家は川から横30センチもないところにたっていましたし、いまも当時の一部の離れがそこにのこっています。それでもやはりうちの土地とは主張できないのでしょうか?町道にはみでたこの社をさげればこの土地を取り戻すことはできるのでしょうか?

  • 自分で境界標の位置のずれを修正出来ますか

    どうぞ宜しくお願い致します。 自分の土地にある 土地の境界標が少し斜めにずれているのですが、 所有者全員の立会いがあれば、 土地家屋調査士に依頼することなく、 自分で境界標の位置を修正して良いというのは、 本当でしょうか? ご解答どうぞ宜しくお願い致します。

  • 境界線のトラブル

    皆さんのお知恵の程お願いします。 土地の境界線のご相談なのですが・・・隣地の花壇が境界線が登記よりこちらに約40cm程入っている事でトラブルとなり隣地立会いのもと市役所に再度測定くい打ちをお願いしたところ隣地は『法的根拠がないと認めない』とその地点を認めませんでした。(隣地の土地が少なくなるため) 現在の測定距離と登記図面とでは明らかにこちらが少なくなっています。しかも隣地の味方の土地家屋調査士?と名乗る男が来て『そんな民事的な事を市役所に頼むのはおかしい。民間の土地家屋調査士でやるべき。そもそも地球は動いており過去に登記した図面等全く関係がない』と説教されました。更にその土地家屋調査士は名刺も一切出さず散々こちらが悪いと文句を言われ困っています。果たして本当に調査士かどうか・・・・ この場合はちゃんとした土地家屋調査士又は弁護士に相談しないとならないでしょうか? 恐らく隣地は調査士、弁護士が来ても『その地点は認めない』と言うと思われます。 土地家屋調査士+弁護士であれば強制的にその地点を認めさせる事が可能なのでしょうか? それと強制的に認めさせた場合その花壇を撤去する強制力はあるのでしょうか? 何卒宜しくお願いします。

  • 境界確認書について

    土地家屋調査士の資格がない不動産業者が、一般家庭に境界確認書の押印を求めることはできるのでしょうか。

専門家に質問してみよう