• 締切済み
  • 困ってます

RC造の断熱材厚みについて

こんばんわ。皆さん、いつもお世話になります。 RC造での断熱材(ウレタン吹きつけ)の厚みを調べたいのですが、次世代省エネ基準の”断熱材の熱抵抗値の基準値と必要な断熱材の種類と厚み”のRC造住宅の場合をご存知の方いらっしゃいませんか?御教授お願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1154
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • irororo
  • ベストアンサー率23% (17/72)

熱貫流抵抗と言うのを調べて、グラスウールやスタイロフォームと比較して計算すればよいのではないでしょうか。 たぶんグラスウールの70%程度の厚みになると思います。 RCで断熱に興味をお持ちならば、外断熱にすることがまずは大事かと思います。 RCのウチ断熱はRCの欠点がそのまま結果となりますが、外断熱はすばらしい効果が得られると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材の厚みについて

    現在、埼玉県内で次世代省エネ仕様で新築住宅を 住宅メーカーにお願いして建てていただいておりますが、 壁の断熱材の厚みが違うような気がしたので、質問してみました。 使用されている断熱材は、マットエースプラスと書かれており、 ネットで調べたところ、厚みが85mmで、高性能 グラスウール16K、熱抵抗2.2m2・K/Wでした。 一方、次世代省エネ基準というのをネットで調べたところ、 IV地域で、充填断熱工法の場合、高性能グラスウール16Kだと 壁の断熱材の厚みは、90mmとなっていました。 わずか5mmですが、足りないように思いますが、 基準をクリアしているのでしょうか? それとも、熱抵抗だけクリアしていれば、次世代省エネ基準 と言えるのでしょうか? 以上、参考になるご意見等いただければ助かります。 (参考)当方の住宅条件は、下記のとおりです。 木造軸組工法 IV地域

  • 省エネ基準の断熱材の厚みについて

    エコポイント適合証明書を検討しています。 グラスウール10Kを壁と天井に使用するのですが、省エネ基準の断熱材の厚みや熱抵抗値などを満たすには、例えば厚みを100と希望しても、熱抵抗値が2.2だと厚みが110必要とあります。 これを厚み150にすれば厚みはクリアしますが、熱抵抗値はクリアしません。 どちらか一方(厚みか熱抵抗値)をクリアすれば、基準は満たすことにつながるのでしょうか? それとも両方満たすことが必修なのか教えていただきたいです。 また、開口部で補完するトレードオフについても詳しい方がいましたら、お願いします。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 回答No.1

次世代省エネ基準の”断熱材の熱抵抗値の基準値と必要な断熱材の種類と厚みについてはよくわかりませんが、RC構造の断熱は結露防止のためのウレタン吹きつけで木造のように外部との断熱とは意味が違うと思います。コンクリートは湿度をある程度調節できる為、真夏の建築現場のコンクリートむき出しの場所はすごく涼しくまたコンクリートも熱を持ちません。しかしウレタン吹きつけ完了後は湿気を帯び蒸し暑くなります。吹き付けの厚みは20ミリ前後ですが参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屋根の断熱材の厚さ検討について

    色々資料を探して調べていたのですが、屋根部分の断熱材の厚みを決めるのによく分からない点が出てきました。 http://www.house-support.net/seinou/syoene.htm 上記のURL 次世代省エネ基準値が記載されている部分で III~V地域のにおける次世代省エネ住宅の断熱材の厚みの外張断熱工法で 壁の必要抵抗値が1.7なのに対して 屋根は4.0でした。 しかし、さらに下に進んで 開口部の断熱性の部分では流出する熱エネルギーの割合が図で示されており 壁が19%に対して 屋根は6%でした。 単純に考えると屋根より壁の方が4倍熱エネルギーが流出するのだから、 屋根の断熱を1とした場合には壁に4の断熱が必要と考えるのですが、 抵抗値は屋根のほうが2倍以上になっていました。 たしかに暖気は上に上がるので屋根の断熱も必要というのは分かるのですが、 必要熱抵抗値と流出エネルギー部位の値が相違しているので、混乱してしまいました。 なにか納得できる簡単な説明を出来る方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

  • 断熱材を探しています

    はじめまして。 住宅の床下点検口の裏に貼り付ける断熱材を探しています。次世代省エネルギー住宅基準を満たす性能を有し、価格も安いものがないでしょうか。条件は1枚のサイズが600×600程度で、厚みは30mm、年間4000枚程度のボリュームです。

  • 断熱と通気について

    今、東京で在来木造で建築中です。 断熱材について質問です。 次世代省エネ基準を満たす厚みで、内部発泡ウレタンの断熱材を壁、屋根に施す予定です。(気密・断熱のことを考えこの工法を選びました。) 壁には、サイディングの下に 通気層を設けますが、屋根には、通気層を設けない予定です。 次世代省エネ基準を満たしている断熱材であれば、通気層を設けなくても大丈夫なのでしょうか? それとも、次世代省エネ基準は、通気層を設けることを前提として決められているものなのでしょうか? 通気をとるということは、断熱材にも負担を少なくするということは、素人目でも明らかなのですが、今回、高さの関係上、屋根の通気をとることを断念せざるおえない状況です。ただ、ここまで断熱にこだわったので、本当はどうなの?というところが知りたいです。 お金をかければ いいのですが、なかなか予算も限られています。 とうとう、5日に屋根やさんが入ってきてしまいます。 お手数をおかけします。 よろしくお願いします。

  • 断熱材について

    スチール板に断熱材を付けている際に 内部側から600℃の熱が発生する時、 断熱材を通りスチール板に到達した時の熱は 何℃になっているのでしょうか?? 断熱材50mm 表面積:0.3m2 熱伝導率0.10W/M・k また、到達した時の熱が50℃以上の場合 断熱材の厚みをいくつにすれば 50℃以下にできるのでしょうか?? 宜しくお願い致します。

  • 断熱材の厚みについて

    2×4で建築を予定しています。 業者に概算見積りをだしてもらい、家の仕様についても説明してもらいました。 断熱材の仕様なんですが、これで十分でしょうか? 地域はIII地域です。 外周壁  高性能グラスウール16K 90mm 屋根天井 高性能グラスウール16K 140mm 床下   スタイロフォーム 50mm 次世代省エネ基準に満たすには、天井は200、壁は100に したほうが良いのでしょうか?

  • 次世代省エネ仕様じゃない断熱

    オール電化で新築予定ですが、断熱材が次世代省エネの厚みでは ありません。 住んでいる地域が東北で、IIの地域ですが 押出法ポリスチレンフォームの断熱材が30mmです(壁) 次世代基準は50mm・・ 次世代省エネについては あまりわかりませんが いまからの住宅はこの基準をクリアしていたほうがいいのでしょうか? 最近はこの基準を元に ほとんどの家が建てられているのでしょうか アドバイスお願いします。

  • 断熱材の種類について

    断熱材の種類についてお尋ねします。グラスウールと、発砲ウレタンという種類の断熱材がありますが、どちらが優れているのでしょうか?また、それぞれの長所・短所などの特徴を教えて下さい。私が検討している住宅メーカで、A社は壁にグラスウール100mm、B社は壁に発砲ウレタン55mm使用しているとこの事ですが、どちらの方が良いのでしょうか?

  • 発砲ウレタン(断熱材)

    現在、木造で新築予定です。 断熱材の件で色々と過去ログを読んだのですが、再度聞かせてください。 現在の予定では、断熱は「発砲ウレタンの吹きつけ」という方法になっています。 床下25m/m 壁30m/m 小屋裏50m/m という見積りになっているのです。(奈良県在住) 気になっているのは、断熱材の厚みがこれで十分なのか?というのと、過去ログでは発砲ウレタンは木材を腐らせるというのがあったので、少し不安に思っています。 ロックウールなどの断熱材の方が良いのか?他のものが良いのか?は素人のため判断も難しく困っていますので、良きアドバイスをお願いします。

  • 日本一の断熱材

    先日、住宅展示場に行きました。 そこで断熱材に発砲ウレタンを使っている工務店が「現在の断熱材の日本一は発泡ウレタン」と言っていました。 私も前から発泡ウレタンは性能良さそうだと思って見ていましたが「日本一」と言われると大げさな気がして??? 日本一を決めるのは難しいと思いますが、この断熱材はいいよ!というのを教えて下さい。

  • 次世代省エネ対応 断熱材の厚みについて

    某ハウスメーカーで新築を建てようとしております。 次世代省エネ基準対応で建てる予定で、我が家は神奈川県なのでIV地域、木造軸組構法です。 仕様書を見ると天井はロックウールの175mm(100+75mm)なのですが、壁が75mmのロックウールしか入っておりません。 「平成11年省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)における住宅の各部位及び地域別の断熱材必要厚さ一覧表」のIV地域の壁はロックウールの場合は84mmとなっております。 ハウスメーカーのホームページには『壁には100mmのロックウールを使用し、1階の床には発泡ポリスチレンを使い、「次世代省エネルギー基準」もクリア。』と謳っていたので営業に問い合わせたところ、「HPにはそう書いてますが、通気性の観点から仕様が75mmに変更されています」と言われました。 その時は納得したのですが、壁の断熱材がロックウールの75mmで次世代省エネ基準クリアとなるのでしょうか? ご存知の方、ご教示願います。