• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

次世代省エネ基準対応なら断熱性はいいと信じてよいですか?

断熱性のいい快適な家を建てたいと思っています。 大手ハウスメーカーだと次世代省エネ基準対応というところが多いのですが、断熱材の種類や厚さ、構造は、メーカーによって違いがありますよね。そのあたりのことをハウスメーカーの営業さんに聞いても、「次世代省エネ基準対応ですから(断熱性はいい)」という答えだったりします。 まあ、あまり専門的なことを言われても理解できないかもしれませんが、他社より断熱材が薄かったりすると、本当に大丈夫だろうかと思ってしまいます。(断熱材が厚ければいいというものでもないでしょうが) そこで、質問なのですが、次世代省エネ基準対応だったら、細かいことは気にしなくても、断熱性はよいと信じてよいのでしょうか?それとも、何か注意すべきポイントがありますか?屋上つきの家を建てたいと思っているので、特に屋根の断熱が気になります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数393
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9

当方、新築取得のために猛勉強の最中です。 断熱性や気密性に関してはかなり情報を集めたつもりです。 >断熱性のいい快適な家を建てたいと思っています。 ということであれば、次世代省エネ基準では(かなり)不足であると思います。 基準というのは、業者が対応できるように甘くできている部分があるので、あくまで最低限と捕らえた方が良いようです。 断熱や機密に関して意識の高いメーカーで話を聞いたり資料を取り寄せてみることをお勧めします。 高断熱高気密で検索するといろいろヒットします。(し過ぎる?) 断熱材は厚ければ良いものではないですが、薄い場合は論外と思った方が良いようです。(材料自体の断熱性考慮の上で) 屋根の断熱に関しては、壁の2倍程度は欲しいと思います。

参考URL:
http://www.mokusei-kukan.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 教えて頂いたページ、参考になります。 私もいろいろ調べているのですが、どうも情報にふりまわされて、調べれば調べるほど混乱してしまっている状況です。でもがんばって勉強します!

関連するQ&A

  • 次世代省エネ基準と実際の断熱性

    例えば次世代省エネ基準II地域仕様で家を建てた場合に、完成した家が本当にその断熱性能があるかどうか確認することはできますか? C値は実測できるようですが、K値は断熱材の種類と厚さで決まる値のようですし、Q値はC値・K値から計算して決まる値のようです。でも、断熱材の隙間があったり、そのほかいろいろな要因で(どんな要因があるかはわかりませんが)十分な断熱性能がでない可能性もありますよね。 そこで、完成後に実際の熱損失量を測定し、本当に基準を満たしているか確認することはできるのでしょうか?そして、もし基準を満たしていないことがわかった場合、改善を要求したり、何らかの保障をしてもらうことができるのでしょうか?

  • 次世代省エネ仕様じゃない断熱

    オール電化で新築予定ですが、断熱材が次世代省エネの厚みでは ありません。 住んでいる地域が東北で、IIの地域ですが 押出法ポリスチレンフォームの断熱材が30mmです(壁) 次世代基準は50mm・・ 次世代省エネについては あまりわかりませんが いまからの住宅はこの基準をクリアしていたほうがいいのでしょうか? 最近はこの基準を元に ほとんどの家が建てられているのでしょうか アドバイスお願いします。

  • 次世代省エネ対応 断熱材の厚みについて

    某ハウスメーカーで新築を建てようとしております。 次世代省エネ基準対応で建てる予定で、我が家は神奈川県なのでIV地域、木造軸組構法です。 仕様書を見ると天井はロックウールの175mm(100+75mm)なのですが、壁が75mmのロックウールしか入っておりません。 「平成11年省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)における住宅の各部位及び地域別の断熱材必要厚さ一覧表」のIV地域の壁はロックウールの場合は84mmとなっております。 ハウスメーカーのホームページには『壁には100mmのロックウールを使用し、1階の床には発泡ポリスチレンを使い、「次世代省エネルギー基準」もクリア。』と謳っていたので営業に問い合わせたところ、「HPにはそう書いてますが、通気性の観点から仕様が75mmに変更されています」と言われました。 その時は納得したのですが、壁の断熱材がロックウールの75mmで次世代省エネ基準クリアとなるのでしょうか? ご存知の方、ご教示願います。

その他の回答 (10)

  • 回答No.11
  • 301007
  • ベストアンサー率22% (27/121)

建物の断熱性の実績があるのは、北海道の建築が一番ではないでしょうか? 暖房についても。。 そこら辺を調べると、回答にヒットするかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。お礼が遅れてすみません。いろいろ勉強してみようと思います。

  • 回答No.10
  • 301007
  • ベストアンサー率22% (27/121)

No.6です。 営業さんにくいさがって尋ねるのでなく、ご自身で直接メーカーなどに問い合わせて調べて、大方のところご自身で出した結果を営業さんや住宅メーカーの設計士さんにアドバイスを受け決断する、、でないと、営業さんは会社の利益が大きい、都合が良いのが社員として当然、最善であるのですから。 何もかも、民間になると言うことは、インフラにおいてもそういうレベルまで『自己責任』を求められると言うことです。。これからの世の中・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに、どこの営業さんもいいことしか言いませんね。客観的データ・数値の載った資料を請求してみます。

  • 回答No.8

>壁・床の断熱は次世代省エネでだいじょうぶですか? そうですね。ただ北海道だともう一声欲しいところですが。 あとは、次世代基準では窓はLow-E必須でない可能性がありますが、これからの時代はLow-Eのペアガラスを採用した方がよいでしょう。窓からのロスは無視できない量だし、温暖な地域でも窓からの熱というのはかなり問題になりますので、それを防止できるように遮熱タイプのLow-Eが望ましいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 Low-Eガラスですね。どこのメーカーも「断熱ペアガラス」というのは使っているのですが、Low-Eというやつなのか調べてみます。 予算とのかねあいで、どこまで理想を追求できるかはわかりませんが。

  • 回答No.7

次世代基準でまだ不足である性能としては、 1.屋根・天井部分の断熱 2.気密性 の2点です。1については次世代基準より2割増以上欲しいです。 2についてはC<=1.0が望ましいです。(次世代基準はC<=2.0)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 具体的な数値を挙げてもらって、参考になります。 壁・床の断熱は次世代省エネでだいじょうぶですか?

  • 回答No.6
  • 301007
  • ベストアンサー率22% (27/121)

断熱材の名前、種類、厚み、重さ、などとあとは、機密性、屋根外壁の断熱性能、間取りの通気性、天井の高さ、部屋の広さ、床など足にさわる材質、暖房機の種類によるのではないでしょうか。 「次世代省エネ基準対応」という言葉でなく、明確に素材、量を教えてもらって、専門家に聞き、その長所短所をしって、その上で了承しないと、施工も上手下手、緻密性によっても、長持ちの仕方が違うのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりきちんと調べて、納得してからの方がいいですよね。あまり説明してくれず、「次世代省エネですから」という営業さんもいるのですが、もっとくいさがって納得いくまで聞いてみようと思います。

  • 回答No.5

次世代少エネ基準に対応と言っても 通常はその地域の最低基準でしかありません。 ですので基準の施工であっても満足のいくものではありません。 施工状況によっては本来の断熱性能は得られないからです。 (断熱材の目的及びちゃんとした施工方法を知らない大工が殆どです) 予算的に問題がなく更なる良い性能を求められるのであれば 現在の地域がわかりませんがIまたはIIの地域などの 基準で建てることをおすすめします。 参考に、住宅金融公庫の鉄筋コンクリート住宅用の基準です。 http--www.jyukou.go.jp-yusi-koukojutaku-pdf-rc_ji.pdf

参考URL:
http--www.jyukou.go.jp-yusi-koukojutaku-pdf-rc_ji.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 住所はIV地域です。 基準ギリギリではなく、余裕でクリアできるくらいじゃないと不十分でしょうか?I、II地域仕様までは予算的に難しいと思います。

  • 回答No.4
noname#14334
noname#14334

ご希望のハウスメーカーが創業時から、或いは20年前、30年前から 「次世代省エネ基準対応」レベルの家を作っているなら信用できますが 流行のように最近から「対応」しているならわたしの感覚からすれば 信用性が薄いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 信用性薄いですか・・・

  • 回答No.3

断熱材についてはその後の電気代に影響するので心配しますよね。私も3年前に大手メーカーで新築しました(軽量鉄骨2階建)。それまでは鉄筋コンクリートの2階建てに住んでいましたが、断熱については驚くほどすばらしいと実感しています。 前の家では断熱材も使っておらず、夏は2階の部屋では、壁や畳まで熱く、いくらクーラーをかけても止めるとすぐに部屋がもとどおりになっていましたが、今では壁や床が熱く感じることもなく、夜寝るときにエアコンをかけてもすぐ涼しくなります。冬もとても快適です。電気代もオール電化にしたにもかかわらず(以前はガス、灯油も使っていました)、また部屋の数・広さも増えたのに前より減っています。大手メーカーで建築される予定でしたらまず大丈夫と思います。 あと、我が家では夏の暑さに懲りていたので、できるだけ軒(ひさし)を深く、西向きの窓については断熱ガラスを使ってもらいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 うちも軽量鉄骨の予定なので参考になります。 さしつかえなければメーカー名(イニシャルだけでも)を教えていただけませんか? うちは予算の関係で、最大手のメーカーではなく、大手の中ではマイナーな方のメーカー数社で検討しています。だからやっぱりちょっと不安です。

  • 回答No.2
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

断熱・機密性能を基準としていますので、施工会社によってその構造は変わります。 ですので、細かい数字より基準を充たした性能を保障させる形になります。

参考URL:
http://www.dan-netsu.co.jp/obj/dng.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 基準をみたしていれば十分なのかが心配です。

  • 回答No.1
  • AKKIRA
  • ベストアンサー率27% (39/143)

屋上付きの家って戸建鉄筋コンクリート等の陸屋根ですか! 二階部屋は暑いですね。夏場や冬場の工事だと工法によってはひびが入ることもあるし屋上の補修にかかる費用も馬鹿にならなくて、建築後数年で木造作りの瓦屋根を載せるところもあるくらいです。 以前はプレキャストコンクリの家に住んでいたのですが問題が多いので木造建てに変えました。 暖かさ&涼しさから言えば日本瓦で屋根裏20cm以上の断熱材、雨戸は2重になった断熱雨戸(または二重窓・・サッシの部分から熱が移動するのでお奨めでない) 外壁は厚めモルタルで壁厚厚みは断熱材を入れ30cm程度、居間等の床は2重床で断熱材封入。 1階窓枠は高さ2.2m以上で上部に小窓サッシであれば快適です。鉄筋やプレハブは機密性は高いですが木造を超える断熱材料が必要です。木造の場合5寸(15cm)程度の柱を使用し、接着剤を用いて張り合わせて(強化して)あれば建具に狂いを生じることは全くないです。 やはり涼しい家は木造です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 屋上は主人がどうしても欲しいということなので尊重するつもりです。だから、屋上つきの家の実績の多い鉄骨系ハウスメーカーで建てようと思っています。 木造がいいという話もよく聞くんですけどね。

関連するQ&A

  • 断熱:次世代省エネ、フラット35

    質問ばかりですが... 1)次世代省エネ基準を調べていると「ガスよりもIHが望ましい」とかかれていました。それほど水蒸気に敏感なものなのでしょうか?  ガス調理にするのであれば次世代省エネ基準ほどの高気密は避けたほうが良いのでしょうか? 2)次世代省エネ基準に適合させようとするとコストはかなりかかりますか?いろいろ調べていると、断熱材や材料はそれほど高くないようなことが書かれていますが....。 3)フラット35を利用しようとする場合、中間検査があるとHPに書かれていました。この検査は誰が行うのでしょうか?  よく基礎や断熱工事で手抜きなどとききます。気にしすぎかもしれませんが、とても気になります。第三者に監理を頼もうかとも考えています(コストにもよりますが...)が、中間検査があるのであれば工事の質は保障されると考えていいのでしょうか?

  • 断熱と通気について

    今、東京で在来木造で建築中です。 断熱材について質問です。 次世代省エネ基準を満たす厚みで、内部発泡ウレタンの断熱材を壁、屋根に施す予定です。(気密・断熱のことを考えこの工法を選びました。) 壁には、サイディングの下に 通気層を設けますが、屋根には、通気層を設けない予定です。 次世代省エネ基準を満たしている断熱材であれば、通気層を設けなくても大丈夫なのでしょうか? それとも、次世代省エネ基準は、通気層を設けることを前提として決められているものなのでしょうか? 通気をとるということは、断熱材にも負担を少なくするということは、素人目でも明らかなのですが、今回、高さの関係上、屋根の通気をとることを断念せざるおえない状況です。ただ、ここまで断熱にこだわったので、本当はどうなの?というところが知りたいです。 お金をかければ いいのですが、なかなか予算も限られています。 とうとう、5日に屋根やさんが入ってきてしまいます。 お手数をおかけします。 よろしくお願いします。

  • 次世代省エネ基準

    現在住宅新築中(基礎工事中)のものです。 エコポイントがもらえる、次世代省エネ基準と言うのは どのような仕様ならもらえるのでしょうか? 自分でも調べてみたのですが、断熱材は「密度や厚み」 ということが分かるのですが、サッシはどのようなものを 使えばいいのですか? 今のところ、普通のアルミサッシ(複層ガラス)の仕様で 契約しているのですが、これではポイントはもらえませんか? ちなみに、住んでいるところは福島県のIII地域です。 乱雑な文章で分かりにくいかもしれませんが、 どなたかお答え下さい。 お願いします。

  • 次世代省エネ基準って、過剰品質??

    次世代省エネ基準って、過剰品質?? 家を建てる予定のものです。いろいろ勉強不足なのですが、 最近エコポイントとか話題になってますね。 これにより、次世代省エネ基準というものを知りました。それで、業者に聞いてみると次世代省エネ基準にクリアするためにコストをかけてもエコポイント以上にコストがかかるだけで、効果がそんなにないよといいます。 でもホームページとか見るとそれが当たり前というような記述もあります。 実際どうなんでしょう?次世代省エネ基準ではなく、新省エネ基準ぐらいでも十分に快適なののでしょうか?次世代省エネ基準ぐらいは絶対必要なのでしょうか? ちなみに居住地は中部地方です。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 2×4の次世代省エネ

    2×4工法で新築工事を考えていますが、断熱仕様が、床が50mm押出しポリエスチレンフォームで、壁天井が90mmロックウールとなっています。そこで教えてほしいのですが、次世代省エネにしたいと考えていますが、この場合断熱材の厚みはどのようにしたらよいのでしょうか?

  • 仕様規定の次世代省エネでトレードオフとかいますか?

    仕様規定の次世代省エネでトレードオフとか4%・2%・根太レス部の断熱材10%低減って使っていますか? 私の設計(下請も含め)の場合は、天井・屋根の半減など含めほぼフル使用しています。※設計者、建主の意向を考慮のうえですが 皆さんはいかがですか?

  • 真壁で次世代省エネ基準は可能ですか?

    木造在来軸組工法で新築を計画中なのですが。古民家のような感じで建てたく、外壁も内壁も真壁の漆喰塗りがいいなーと思っています。 ただ4寸角の柱を使っても断熱層が狭くなり理想である次世代省エネ基準に達しないのではないかなーと迷っております。何かよい方法がありましたら教えてください。

  • RC造の断熱材厚みについて

    こんばんわ。皆さん、いつもお世話になります。 RC造での断熱材(ウレタン吹きつけ)の厚みを調べたいのですが、次世代省エネ基準の”断熱材の熱抵抗値の基準値と必要な断熱材の種類と厚み”のRC造住宅の場合をご存知の方いらっしゃいませんか?御教授お願い致します。

  • ルーフバルコニーの屋根の断熱性能について

    レベルの関係で、必要とされる断熱材の厚みが確保できません。 また、予算の都合で断熱材(スタイロフォーム)の性能や厚みをある程度落としたいという考えもあります。 ウッドデッキが直射日光をさえぎる事から、ある程度は遮熱効果を期待できるのではと考えますが、いかがでしょうか? 他の壁、屋根につきましては、次世代省エネ基準に適合させています。 1階部分の天井は現しで、構造用合板24mmの上に断熱材で勾配をとり、FRP防水の予定です。(合板下地・・・) 実際に体感されての意見、性能面からの専門的な意見をお聞かせ願います。

専門家に質問してみよう