• ベストアンサー
  • 困ってます

屋根の断熱材の厚さ検討について

色々資料を探して調べていたのですが、屋根部分の断熱材の厚みを決めるのによく分からない点が出てきました。 http://www.house-support.net/seinou/syoene.htm 上記のURL 次世代省エネ基準値が記載されている部分で III~V地域のにおける次世代省エネ住宅の断熱材の厚みの外張断熱工法で 壁の必要抵抗値が1.7なのに対して 屋根は4.0でした。 しかし、さらに下に進んで 開口部の断熱性の部分では流出する熱エネルギーの割合が図で示されており 壁が19%に対して 屋根は6%でした。 単純に考えると屋根より壁の方が4倍熱エネルギーが流出するのだから、 屋根の断熱を1とした場合には壁に4の断熱が必要と考えるのですが、 抵抗値は屋根のほうが2倍以上になっていました。 たしかに暖気は上に上がるので屋根の断熱も必要というのは分かるのですが、 必要熱抵抗値と流出エネルギー部位の値が相違しているので、混乱してしまいました。 なにか納得できる簡単な説明を出来る方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1202
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

屋根裏、天井の断熱は施行が一番簡単で、断熱材の厚みを300ミリでも簡単に施工できます。 ところが、壁面は四寸角の柱を使用の場合で120ミリ以上の厚みの断熱材を充填することは現実的でないし、外張り断熱の場合は、サイディング材の固定用の釘の長さから50ミリぐらいの厚みに制限されるのが現実です。50ミリの範囲でより高性能な断熱材を使用して断熱性を向上させます。 次世代省エネ基準は、現実的な施工性を考慮し、簡単なところで得点を稼ぎ、家全体としてK値(熱還流率)を一定水準以下に抑えようとしています。注文建築の場合は、施主の意向で壁面の断熱を基準以上に強化し(点を稼ぎ)、その他の部分はコスト削減をするという設計思想も可能です。 >開口部の断熱性の部分では流出する熱エネルギーの割合が図で示されており壁が19%に対して屋根は6%でした。 考えれば分かることですが、総二階建ての家を考えると屋根や天井の面積が壁面積にくらべて最小になりますが、平屋建てで座敷を庭に付き出す伝統的な日本家屋では、屋根・天井の面積の比率が壁面積にくらべて大きくなります。これらの構造の違いによる比率のばらつきをまったく無視して平均的な「一戸建ての数値」を挙げたものです。「サラリーマンの年収が480万円」なとどいう統計的表現と同じで、現実の一軒、一軒を考えると全てが異なる比率をしめします。 この数字から学ぶべきことは、「日本の家屋の熱損失の半分は開口部からである」ということです。 アルミとガラスの熱抵抗値が少なく、ガラスの厚みが壁の100分の1程しかないために開口部はK値(熱還流率)が極めて大きいのです。ですから、開口部をどれだけ、どのように配置するかで、家全体の断熱性が大きく作用されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。納得です。大変参考になりました☆

関連するQ&A

  • 断熱材の厚みについて

    現在、埼玉県内で次世代省エネ仕様で新築住宅を 住宅メーカーにお願いして建てていただいておりますが、 壁の断熱材の厚みが違うような気がしたので、質問してみました。 使用されている断熱材は、マットエースプラスと書かれており、 ネットで調べたところ、厚みが85mmで、高性能 グラスウール16K、熱抵抗2.2m2・K/Wでした。 一方、次世代省エネ基準というのをネットで調べたところ、 IV地域で、充填断熱工法の場合、高性能グラスウール16Kだと 壁の断熱材の厚みは、90mmとなっていました。 わずか5mmですが、足りないように思いますが、 基準をクリアしているのでしょうか? それとも、熱抵抗だけクリアしていれば、次世代省エネ基準 と言えるのでしょうか? 以上、参考になるご意見等いただければ助かります。 (参考)当方の住宅条件は、下記のとおりです。 木造軸組工法 IV地域

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 断熱と通気について

    今、東京で在来木造で建築中です。 断熱材について質問です。 次世代省エネ基準を満たす厚みで、内部発泡ウレタンの断熱材を壁、屋根に施す予定です。(気密・断熱のことを考えこの工法を選びました。) 壁には、サイディングの下に 通気層を設けますが、屋根には、通気層を設けない予定です。 次世代省エネ基準を満たしている断熱材であれば、通気層を設けなくても大丈夫なのでしょうか? それとも、次世代省エネ基準は、通気層を設けることを前提として決められているものなのでしょうか? 通気をとるということは、断熱材にも負担を少なくするということは、素人目でも明らかなのですが、今回、高さの関係上、屋根の通気をとることを断念せざるおえない状況です。ただ、ここまで断熱にこだわったので、本当はどうなの?というところが知りたいです。 お金をかければ いいのですが、なかなか予算も限られています。 とうとう、5日に屋根やさんが入ってきてしまいます。 お手数をおかけします。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • tel0463
  • ベストアンサー率45% (64/142)

国が熱抵抗値を地域ごとに定めているだけなので、何とも言えませんが、屋根が夏場に受ける日射の熱のほうが、屋根が冬場に放出する熱よりウェートが大きいからと判断されているのではないかと・・・。 リンク先の開設ページより、 >開口部の断熱性 >窓などの開口部は、厚みはなく隙間があるため、流出する熱エネルギーの割合は >約48%にもなると言われています。 ここで記載のある図中の数値は 冬の暖房時に流出する熱のエネルギー全体を100としたときの それぞれの割合であって、夏場の事については触れていません。 夏の日射熱がもたらす負荷はかなりのものですから、そのあたりを勘案して屋根と壁の断熱材の熱抵抗値を国が決めているとおもいます。 省エネのバイブルである、 住宅の省エネルギー基準の解説(財団法人 建築環境・省エネルギー機構著)を斜め読みしてみたんですが、規定時の具体的な根拠は見つかりませんでした。 まぁ、モデルケースを想定し、学識者様方が大きく破綻の無いように数値を決めた事は間違いないと思います。 ところで、次世代省エネのなかで、 ・壁の厚みを付加して天井の厚みを薄くする。 ・開口部の断熱性能を高めて天井の厚みを薄くする。 このように、トレードが可能なことから、rokopopさんのおっしゃるように、 >屋根より壁の方が4倍熱エネルギーが流出するのだから、 >屋根の断熱を1とした場合には壁に4の断熱が必要と考える ということの裏付けになっているようにおもいます。 大切なのは、夏場と冬場のバランスでしょうね。 私も勉強になりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。確かに壁厚を厚くするのは難しいですよね。 大変参考になりました。

  • 回答No.1
  • tai-yu
  • ベストアンサー率32% (231/721)

入っていく熱量と出て行く熱量の違いでは? 入ってくるのは屋根の方がおおい。出て行くのは天井があるから壁の方がおおい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • ルーフバルコニーの屋根の断熱性能について

    レベルの関係で、必要とされる断熱材の厚みが確保できません。 また、予算の都合で断熱材(スタイロフォーム)の性能や厚みをある程度落としたいという考えもあります。 ウッドデッキが直射日光をさえぎる事から、ある程度は遮熱効果を期待できるのではと考えますが、いかがでしょうか? 他の壁、屋根につきましては、次世代省エネ基準に適合させています。 1階部分の天井は現しで、構造用合板24mmの上に断熱材で勾配をとり、FRP防水の予定です。(合板下地・・・) 実際に体感されての意見、性能面からの専門的な意見をお聞かせ願います。

  • 省エネ基準の断熱材の厚みについて

    エコポイント適合証明書を検討しています。 グラスウール10Kを壁と天井に使用するのですが、省エネ基準の断熱材の厚みや熱抵抗値などを満たすには、例えば厚みを100と希望しても、熱抵抗値が2.2だと厚みが110必要とあります。 これを厚み150にすれば厚みはクリアしますが、熱抵抗値はクリアしません。 どちらか一方(厚みか熱抵抗値)をクリアすれば、基準は満たすことにつながるのでしょうか? それとも両方満たすことが必修なのか教えていただきたいです。 また、開口部で補完するトレードオフについても詳しい方がいましたら、お願いします。

  • RC造の断熱材厚みについて

    こんばんわ。皆さん、いつもお世話になります。 RC造での断熱材(ウレタン吹きつけ)の厚みを調べたいのですが、次世代省エネ基準の”断熱材の熱抵抗値の基準値と必要な断熱材の種類と厚み”のRC造住宅の場合をご存知の方いらっしゃいませんか?御教授お願い致します。

  • 断熱材

    ガルバリウム鋼板屋根の木造住宅で、屋根直下階の天井断熱材はグラスウール使用の場合厚み50ミリ程度でいいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 断熱材の厚みについて

    2×4で建築を予定しています。 業者に概算見積りをだしてもらい、家の仕様についても説明してもらいました。 断熱材の仕様なんですが、これで十分でしょうか? 地域はIII地域です。 外周壁  高性能グラスウール16K 90mm 屋根天井 高性能グラスウール16K 140mm 床下   スタイロフォーム 50mm 次世代省エネ基準に満たすには、天井は200、壁は100に したほうが良いのでしょうか?

  • 屋根瓦の種類と天井断熱材について

    いつも参考にして大変役に立っています。 今年に新居を建てようと考え、ハウスメーカーと仕様の話をしています。木造従来工法の家ですが、外壁はALC、壁断熱材はグラスウール100mm、サッシはペアガラスにLow-e仕様と断熱にはかなり気を使ってオプションなど組んでいます(シックハウスや暖房器具の関係で高気密にはしませんが)。しかし、屋根がカラーベストで天井断熱(勾配天井)にネオマフォーム20mmが標準仕様なので断熱性能に疑問があります。そこで質問ですが・・ 1、屋根材質をカラーベストと瓦にした場合の断熱効果はどれほど違うのか? 2、天井断熱材がネオマフォーム20mmで断熱性能が十分といえるのか、また厚みを増すならどのくらい必要か?(次世代エネルギー基準IIIかIVにはいる地域ですが断熱材の必要厚さを見ると100mmくらいは無いといけないように思うのですが・・勾配天井なので夏の暑さが気になります。) 屋根材質の選択によっても天井断熱の方法が変わってくると思うのですが、どなたかお知恵をお貸しください。

  • 屋根の断熱材について

    高気密高断熱住宅の断熱材について質問です。 現在の仕様は、 屋根・アキレスQ1ボード45mmなのですが、 夏の遮熱を考えたときに 60mmにあげたほうがよいか検討中です。 新築予定地は、神奈川県湘南地方です。 ちなみに、その他の仕様は 屋根は(屋根だけ詳しく書きます) ガルバリウム 野地板 木毛セメント板 通気層 アキレスQ1ボード45mm 天井はアキレスQ1ボード 45mm 外壁は 〃 30mm(ガルバリウム) 基礎は 〃 30mm サッシは トステム シンフォニー+low-e複層 玄関ドアは トステム BFフォルマk3仕様 です。 工務店のQ値計算は2.43という数字ですが、 これで十分でしょうか。 現在依頼している工務店は高高住宅の施工例が少なく、 次世代省エネ基準によるアキレスの仕様を採用したようです。 ですが、高高住宅を手がける他の工務店さんは メーカーが示す仕様以上のものを採用するところもあるようなのですが。 来週には契約で、タイムリミットが迫っております。 わかる方、よろしくお願いします。 情報が不足しているようでしたら、随時追加します。

  • 断熱材を探しています

    はじめまして。 住宅の床下点検口の裏に貼り付ける断熱材を探しています。次世代省エネルギー住宅基準を満たす性能を有し、価格も安いものがないでしょうか。条件は1枚のサイズが600×600程度で、厚みは30mm、年間4000枚程度のボリュームです。

  • 屋根断熱材

    現在、静岡県で新築中です。2x4です。二階にLDKを持っていくため、屋根の断熱材について悩んでいます。夏場はこのあたりはかなり暑くなるのです。メーカーのほうではロックウール75mmを予定しています。ちなみに壁はロックウール50mmで、床はスタイロフォーム20mmです。ロックウールよりスタイロフォームのほうが断熱効果は上だとこのサイトなどで言っています。ロックウールをスタイロフォーム50mmに変えた場合、断熱効果と費用の上昇はどうでしょうか。断熱効果があまり変わらないのであれば、メーカーの標準で行こうと思いますが、断熱効果がかなり変わり、値段もそこそこに抑えられるのであれば変更しようと思います。 どなたかアドバイスをお願いいたします。