解決済み

菅原道真の和歌について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.3500698
  • 閲覧数1700
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

菅原道真公の和歌と伝えられ、同一と思われる次の和歌の二通りの表現に出くわしました。
「心だに誠の道にかないなば 祈らずとても神や守らん」
「心だに誠の道にたがいなば 祈らずとても神や守らん」
上の「かないなば」と「たがいなば」はどちらが正しいのか教えてください。
なお、「たがいなば」は「違わなければ」の意味との説がありますが、私には「違うならば」のように感じられ、それでは意味が反対になってしまうなあと疑問になります。
古文に詳しい方が解説くださればありがたいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 55% (100/180)

「かなひなば」が正しいと思います。

文法解釈すると、「かなふ(ハ行四段活用動詞『かなふ』連用形)」+「完了助動詞『ぬ』未然形」+「接続助詞順接仮定条件『ば』」ということになります。
直訳すると、「もしかなったならば」です。
歌意としては、「もし心さえ誠心誠意の人道に添うたならば、祈らなくても神様は守ってくれるだろう」という内容です。

「たがひなば」が、「違わなければ」という意味だという説がある、とのことですが、信頼できる資料によるものでしょうか?
質問者の指摘どおり、「違うならば」の意味であり、歌意が通らなくなってしまいます。
「違わなければ」という意味にするなら、「たがはずは」または「たがはざれば」(無理に順接確定条件を接続させると考えた場合、「たがはねば」)などのように、打消の助動詞が入らなければなりません。
打消の助動詞「ず」の未然形に古く「な」の活用形はありますが、「たがひ」という連用形には接続できません。

藤原時平左大臣の讒言により、太宰権帥に左遷された菅公が、自らの清廉潔白を和歌に託したものでしょう。
お礼コメント
hrnsn19

お礼率 100% (2/2)

大変遅れて申し訳ありません。
ご親切かつ詳細なご説明ありがとうございます。よく分かりました。
「たがひなば」は漠然と間違いではないかと感じておりましたが、明快なご説明をいただき確認でき、胸のつかえが取れたようなすっきりした気分です。本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2007-12-01 11:23:01
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (945/3036)

お礼コメント
hrnsn19

お礼率 100% (2/2)

ズバリ!のご解答ありがとうございました。疑問氷解!
投稿日時 - 2007-11-10 08:06:03
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ